[PR]

日別キーワード

第34位  阿弥陀 - 2018年02月12日


関連するイメージは見つかりませんでした



阿弥陀
『阿弥陀如来』より : 阿弥陀如来(あみだにょらい)は、大乗仏教の如来の一つである。梵名は「アミターバ」(अमिताभ, Amitābha)、あるいは「アミターユス」 (अमितायुस्, Amitāyus)といい、それを「阿弥陀」と音写する。「阿弥陀仏(阿弥陀佛)」ともいい、また略して「弥陀仏」ともいう。 梵名の「アミターバ」は「無限の光」、「アミターユス」は「無限の寿命」の意味で、これを漢訳して・無量光仏、無量寿仏ともいう。西方にある極楽浄土という仏国土(浄土)を持つ(東方は薬師如来)。 経典・儀軌 浄土三部経 「浄土三部経」の内、『無量寿経』と『阿弥陀経』の成立時期については、無量寿経の成立時期と編纂者を参照。 『観無量寿経』については、サンスクリット原典が2011年現在発見されていない。中央アジアで作成されたと考えられる。 『仏説無量寿経』 一切の衆生救済のために王位を捨てて、世自在王仏のもとで法蔵菩薩と名乗り修行し、衆生救済のための五劫思惟し、浄土への往生の手立てを見出し、衆生救済のための「四十八願」を発願したのち、改めて誓いを立て修行し、それが成就し仏となった報身仏と説かれる。 (Wikipedia:阿弥陀)

阿弥陀信仰
浄土教(じょうどきょう)とは、阿弥陀仏の極楽浄土に往生し成仏することを説く教え。「浄土門」、「浄土思想」とも。 阿弥陀信仰について 「阿弥陀信仰」とは、阿弥陀仏を対象とする信仰のことで、「浄土信仰」とも言われる。日本では浄土教の流行にともない、それぞれの宗旨・宗派の教義を超越、包括した民間信仰的思想も「阿弥陀信仰」に含めることもある。また阿弥陀仏は多くの仏教宗派で信仰され、「阿弥陀信仰」はひとつの経典に制限されない懐の広さを持つが、ともすれば偶像崇拝や、阿弥陀如来のみを尊び、他の仏を排する一神教的信仰思想に陥りやすい側面もある。 浄土について 「浄土」という語は中国での認識であるが、思想的にはインドの初期大乗仏教の「仏国土」がその原義であり、多くの仏についてそれぞれの浄土が説かれている。しかし中国・日本においては、浄土教の流行にともない、浄土といえば一般に阿弥陀仏の「西方極楽浄土」をさす。 関連経典について 日本の浄土教では、『仏説無量寿経』(康僧鎧訳)、『仏説観無量寿経』(畺良耶舎訳)、『仏説阿弥陀経』(鳩摩羅什訳)を、「浄土三部経」と総称する。 (Wikipedia:阿弥陀信仰)

阿弥陀寺 (那智勝浦町)
阿弥陀寺(あみだじ)は、和歌山県東牟婁郡那智勝浦町にある真言宗御室派の寺院。山号は妙法山。本尊は阿弥陀如来。那智山の一角をなす妙法山の中腹にある。 起源 寺伝では、大宝3年(702年)、唐の僧・蓮寂が法華三昧を修し、法華経を書写して山頂に埋経し、その上に釈迦如来を安置したのが今日の奥の院の基とされ、これを開創であるとする(『紀伊国名所図会』熊野篇)。近世紀州藩の編纂した地誌『紀伊続風土記』は、阿弥陀寺は空海の開基であるとし、平安初期の弘仁6年(815年)に妙法山を訪れ、釈迦如来を本尊として開創したとする。『紀伊続風土記』はその典拠として寛文年間の寺記を参照し、貴賎男女を択ばず納骨を受け入れた諸仏救世の道場であったこと、女人高野と号されたことを伝えている。しかし、この空海開基説は「貴賎男女を択ば」ないことが女人高野の連想を生み、そこから後世に付会されたものとするべきものであり、歴史的な開創年代は奈良時代ごろであると考えられている。 (Wikipedia:阿弥陀寺 (那智勝浦町))

阿弥陀仏
『阿弥陀如来』より : 阿弥陀如来(あみだにょらい)は、大乗仏教の如来の一つである。梵名は「アミターバ」(अमिताभ, Amitābha)、あるいは「アミターユス」 (अमितायुस्, Amitāyus)といい、それを「阿弥陀」と音写する。「阿弥陀仏(阿弥陀佛)」ともいい、また略して「弥陀仏」ともいう。 梵名の「アミターバ」は「無限の光」、「アミターユス」は「無限の寿命」の意味で、これを漢訳して・無量光仏、無量寿仏ともいう。西方にある極楽浄土という仏国土(浄土)を持つ(東方は薬師如来)。 経典・儀軌 浄土三部経 「浄土三部経」の内、『無量寿経』と『阿弥陀経』の成立時期については、無量寿経の成立時期と編纂者を参照。 『観無量寿経』については、サンスクリット原典が2011年現在発見されていない。中央アジアで作成されたと考えられる。 『仏説無量寿経』 一切の衆生救済のために王位を捨てて、世自在王仏のもとで法蔵菩薩と名乗り修行し、衆生救済のための五劫思惟し、浄土への往生の手立てを見出し、衆生救済のための「四十八願」を発願したのち、改めて誓いを立て修行し、それが成就し仏となった報身仏と説かれる。 (Wikipedia:阿弥陀仏)

阿弥陀如来
阿弥陀如来(あみだにょらい)は、大乗仏教の如来の一つである。梵名は「アミターバ」(अमिताभ, Amitābha)、あるいは「アミターユス」 (अमितायुस्, Amitāyus)といい、それを「阿弥陀」と音写する。「阿弥陀仏(阿弥陀佛)」ともいい、また略して「弥陀仏」ともいう。 梵名の「アミターバ」は「無限の光」、「アミターユス」は「無限の寿命」の意味で、これを漢訳して・無量光仏、無量寿仏ともいう。西方にある極楽浄土という仏国土(浄土)を持つ(東方は薬師如来)。 経典・儀軌 浄土三部経 「浄土三部経」の内、『無量寿経』と『阿弥陀経』の成立時期については、無量寿経の成立時期と編纂者を参照。 『観無量寿経』については、サンスクリット原典が2011年現在発見されていない。中央アジアで作成されたと考えられる。 『仏説無量寿経』 一切の衆生救済のために王位を捨てて、世自在王仏のもとで法蔵菩薩と名乗り修行し、衆生救済のための五劫思惟し、浄土への往生の手立てを見出し、衆生救済のための「四十八願」を発願したのち、改めて誓いを立て修行し、それが成就し仏となった報身仏と説かれる。 (Wikipedia:阿弥陀如来)

阿弥陀三尊
阿弥陀三尊(あみださんぞん)は、仏教における仏像安置形式の一つである。 阿弥陀如来を中尊とし、その左右に左脇侍の観音菩薩と、右脇侍の勢至菩薩を配する三尊形式である。根拠は無量寿経・観無量寿経である。 観音菩薩は阿弥陀如来の「慈悲」をあらわす化身とされ、勢至菩薩は「智慧」をあらわす化身とされる。 脇侍の観音菩薩は、頭上の髻の正面に阿弥陀の化仏(けぶつ)を表し、勢至菩薩は同じ位置に水瓶を表すので、両脇侍は比較的区別がつけやすい。 日本では、東京国立博物館が収蔵する「銅造阿弥陀如来及両脇侍像(法隆寺献納)」(重要文化財、飛鳥時代)や、橘三千代の念持仏と伝えられる法隆寺の「銅造阿弥陀如来及両脇侍像(伝橘夫人念持仏)」(国宝、飛鳥時代、大宝蔵院収蔵)などが古い作例である。 形式 主に下記の形式がある。 三尊とも立像(りゅうぞう) 三尊とも坐像 中尊坐像・脇侍立像 中尊坐像・脇侍跪坐(きざ)中尊は坐像、脇侍は跪坐とするものは、来迎形式の阿弥陀三尊像である。 (Wikipedia:阿弥陀三尊)

阿弥陀寺 (京都市左京区)
阿弥陀寺(あみだじ)は、京都市左京区大原 (京都市) 大原の北側に位置する古知谷にある浄土宗知恩院派の寺院。山号は光明山、院号は法国院。
1609年(慶長14年)3月、弾誓上人が開山した念仏道場である。
1613年(慶長18年)5月23日、開山の弾誓は、当寺の本堂脇の巌窟内で即身仏となった。その後、弾誓の遺体が石棺に納められ、本堂の隣にある石廟に安置された。開山の弾誓を本尊(「植髪 尊像」)として祀っているため、「弾誓仏一流本山」とも呼ばれるようになった。
1721年(享保6年)2月4日には、開山の弾誓の遺徳を慕って訪れた近江国の念仏行者澄禅が、やはり即身入定を果たしている。
本尊 - 開山弾誓自作の植髪像と伝えられる。
阿弥陀如来坐像 - 鎌倉時代。重要文化財。
(Wikipedia:阿弥陀寺 (京都市左京区))

阿弥陀経
『阿弥陀経』(あみだきょう)は、大乗仏教の経典の一つ。原題は『スカーヴァティー・ヴィユーハ』(梵: Sukhāvatī-vyūha)で、「極楽の荘厳」「幸あるところの美しい風景」の意味である。サンスクリットでは同タイトルの『無量寿経』と区別して『小スカーヴァティー・ヴィユーハ』とも呼ぶ。略称は、『無量寿経』の『大経』に対して、『小経』と呼ばれる。『阿弥陀経』は、弟子の質問に答える形の経ではなく、釈迦自ら説く形式の経であるため「無問自説経」ともよばれる。 1世紀ころ、北インドで成立したと推定されている。サンスクリット原典、漢訳、チベット訳が現存する。 日本では、一般に『仏説阿弥陀経』(鳩摩羅什訳)を指す。詳細は下記の『仏説阿弥陀経』を参照のこと。 サンスクリット原典も古くから日本に伝えられ、円仁の請来目録にその名が見られる(『梵漢両字阿弥陀経』)。江戸時代から出版・研究されてきた。 サンスクリット原典 日本に伝えられていた原典が1894年に英訳され、フリードリヒ・マックス・ミュラーにより出版されている(「オクスフォード本」と称される『東方聖典叢書』第49巻)。 (Wikipedia:阿弥陀経)

阿弥陀寺 (京都市上京区)
阿弥陀寺(あみだじ)は、京都市上京区寺町通今出川上ル鶴山町にある浄土宗の寺院である。山号は蓮台山。院号は総見院。本尊は阿弥陀如来。 由緒 天文24年(1555年)、玉誉清玉が近江国坂本に創建したのがこの寺の始まりとされ、その後清玉が織田信長の帰依を得、上京今出川大宮に移転。 天正10年(1582年)、信長が本能寺で討たれると、清玉上人が自ら現地に赴いて信長の遺灰を持ち帰って、墓を築いたとされる。後に信忠の遺骨も、二条御新造より拾い集めて、その横に墓をなした。さらに本能寺の変の名の分からぬ犠牲者大勢も、阿弥陀寺に葬って供養したという。 天正13年(1585年)、現在地に移転した。延宝3年(1675年)11月25日に大火あって、信長公の木像、武具・道具類などの遺物が焼失した。焼け残ったものは大雲院に移されたが、同院でも再び火災にあってほとんど現存しない。 美作国津山藩の4代藩主森長成は毎年6月2日に法要をし、信長公百年忌も執り行ったと云うが、森家の改易後は御茶湯料の寄進はなくなったとする。 (Wikipedia:阿弥陀寺 (京都市上京区))

阿弥陀寺 (那智勝浦町)
阿弥陀寺(あみだじ)は、和歌山県東牟婁郡那智勝浦町にある真言宗御室派の寺院。山号は妙法山。本尊は阿弥陀如来。那智山の一角をなす妙法山の中腹にある。 起源 寺伝では、大宝3年(702年)、唐の僧・蓮寂が法華三昧を修し、法華経を書写して山頂に埋経し、その上に釈迦如来を安置したのが今日の奥の院の基とされ、これを開創であるとする(『紀伊国名所図会』熊野篇)。近世紀州藩の編纂した地誌『紀伊続風土記』は、阿弥陀寺は空海の開基であるとし、平安初期の弘仁6年(815年)に妙法山を訪れ、釈迦如来を本尊として開創したとする。『紀伊続風土記』はその典拠として寛文年間の寺記を参照し、貴賎男女を択ばず納骨を受け入れた諸仏救世の道場であったこと、女人高野と号されたことを伝えている。しかし、この空海開基説は「貴賎男女を択ば」ないことが女人高野の連想を生み、そこから後世に付会されたものとするべきものであり、歴史的な開創年代は奈良時代ごろであると考えられている。 (Wikipedia:阿弥陀寺 (那智勝浦町))

阿弥陀堂だより
『阿弥陀堂だより』(あみだどうだより)は、南木佳士の小説、及びそれを原作とした日本映画。 あらすじ パニック障害を病んだ妻を連れて帰郷した夫と、阿弥陀堂を守る老女との交流を描いた。 映画 2002年10月5日、東宝系にて公開された。本作品に出演している北林谷栄が第26回日本アカデミー賞助演女優賞を、小西真奈美が新人俳優賞を、それぞれ受賞している。キャッチコピーは、忘れていた,人生の宝物に出逢いました ロケ地 長野県飯山市を中心とした奥信濃と呼ばれる地域で行われた。 スタッフ 監督/脚本:小泉堯史 音楽:加古隆 エグゼグティブプロデューサー:原正人、椎名保 プロデューサー:柘植靖司、桜井勉、荒木美也子 製作:「阿弥陀堂だより」製作委員会 (アスミック・エース、日本出版販売、IMAGICA、テレビ東京、住友商事、博報堂、角川書店) キャスト 上田孝夫:寺尾聰 上田美智子:樋口可南子 幸田重長:田村高廣 幸田ヨネ:香川京子 助役(小百合の父):井川比佐志 村長:内藤安彦 田辺:塩屋洋子 中村医師:吉岡秀隆 小百合:小西真奈美 おうめ婆さん:北林谷栄 言葉 おうめ婆さん: 小説っていうのは嘘の話でありますか、それともほんとの話。 (Wikipedia:阿弥陀堂だより)

阿弥陀寺 (京都市上京区)
阿弥陀寺(あみだじ)は、京都市上京区にある浄土宗の寺院。山号は蓮台山。院号は総見院。本尊は阿弥陀如来。
1555年(天文24年)玉誉清玉が近江国坂本 (大津市) 坂本に創建したのがこの寺の始まりとされ、その後清玉が織田信長の帰依を得、上京今出川通 今出川大宮通 大宮に移転。信長が本能寺で討たれると、信長とその子織田信忠の遺骨を持ち帰り、阿弥陀寺に葬ったという。1585年(天正13年)現在地に移転した。
織田信長・信忠の墓
森蘭丸兄弟の墓
皆川淇園の墓
俳僧蝶夢の墓等
京都府京都市上京区寺町通今出川通 今出川上ル鶴山町14
浄土宗の寺院
京都市上京区の寺
(Wikipedia:阿弥陀寺 (京都市上京区))

阿弥陀寺
阿弥陀寺、正字: 阿彌陀寺(あみだじ)は、日本各地にある仏教寺院である。阿弥陀如来を本尊としている場合が多い。 寺院 東北地方 宮城県仙台市にある時宗の寺院 – 阿弥陀寺 (仙台市) 福島県会津若松市にある浄土宗の寺院。若松城の御三階、藤田五郎(斎藤一)の墓がある – 阿弥陀寺 (会津若松市) 福島県郡山市にある真言宗の寺院 関東地方 茨城県那珂市にある真宗大谷派の寺院。浄土真宗二十四輩の第14番 – 阿弥陀寺 (那珂市) 埼玉県さいたま市浦和区上木崎6丁目9-1(〒330-0071) 阿弥陀寺 (さいたま市浦和区) さいたま市浦和区神明2丁目7(〒330-0065) 阿彌陀堂 (さいたま市浦和区) さいたま市西区高木980番地(〒331-0071) 浄土宗 阿弥陀寺 (さいたま市西区) さいたま市北区土呂町(〒331-0804) 浄職院土呂阿弥陀堂 埼玉県行田市城西4丁目6-33(〒361-00571) 阿弥陀寺 (行田市) 埼玉県熊谷市永井太田(〒360-0237) 阿弥陀寺 (熊谷市) 埼玉県秩父市荒川贄川(上郷地区)(〒369-1911) 阿弥陀寺 (秩父市) 東京都練馬区にある時宗の寺院 – 阿弥陀寺 (練馬区) 神奈川県足柄下郡箱根町にある浄土宗の寺院 – 阿弥陀寺 (箱根町) 中部地方 長野県長野市にある浄土真宗本願寺派の寺院 長野県諏訪市にある浄土宗の寺院 長野県飯山市にある真宗大谷派の寺院 長野県伊那市にある曹洞宗の寺院 = 東海 = 愛知県豊橋市王ヶ崎町にある臨済宗妙心寺派の寺院 – 阿弥陀寺 (豊橋市) 愛知県岡崎市桜形町にある浄土宗西山深草派の寺院 – 阿弥陀寺 (岡崎市桜形町) 愛知県岡崎市丸山町にある真宗大谷派の寺院 – 阿弥陀寺 (岡崎市丸山町) 愛知県岡崎市岡町にある浄土宗の寺院 – 阿弥陀寺 (岡崎市岡町) 愛知県西尾市花ノ木町にある浄土真宗本願寺派の寺院 – 阿弥陀寺 (西尾市花ノ木町) 愛知県西尾市国森町にある真宗大谷派の寺院 – 阿弥陀寺 (西尾市国森町) 愛知県西尾市行用町にある浄土宗の寺院 – 阿弥陀寺 (西尾市行用町) 愛知県碧南市天王町にある浄土宗の寺院 – 阿弥陀寺 (碧南市) 愛知県半田市岩滑高山町にある浄土宗西山深草派の寺院 – 阿弥陀寺 (半田市) 愛知県常滑市大和町にある浄土宗西山深草派の寺院 – 阿弥陀寺 (常滑市) 愛知県大府市北崎町にある真宗大谷派の寺院 – 阿弥陀寺 (大府市北崎町) 愛知県大府市神田町にある真宗大谷派の寺院 – 阿弥陀寺 (大府市神田町) 愛知県日進市大字浅田にある浄土宗の寺院 – 阿弥陀寺 (日進市) 愛知県名古屋市守山区にある寺院 – 阿弥陀寺 (名古屋市守山区) 愛知県名古屋市港区にある寺院 – 阿弥陀寺 (名古屋市港区) 愛知県名古屋市中区にある浄土宗の寺院 – 阿弥陀寺 (名古屋市中区) 愛知県稲沢市にある真宗大谷派の寺院 – 阿弥陀寺 (稲沢市) 愛知県清須市にある浄土宗の寺院 – 阿弥陀寺 (清須市) = 北陸 = 福井県三方郡美浜町にある曹洞宗の寺院 近畿地方 三重県桑名市にある浄土宗の寺院 – 阿弥陀寺 (桑名市) 三重県津市岩田町にある浄土宗の寺院 – 阿弥陀寺 (津市) 滋賀県高島市にある真言律宗の寺院 – 阿弥陀寺 (高島市) 京都府京都市左京区大原古知平町にある浄土宗鎮西派の寺院 – 阿弥陀寺 (京都市左京区) 京都府京都市上京区にある浄土宗深草派の寺院 – 阿弥陀寺 (京都市上京区) 京都府京都市西京区にある浄土宗西山深草派の寺院 – 阿弥陀寺 (京都市西京区)(千代原観音) 京都府相楽郡精華町にある西山浄土宗の寺院 – 阿彌陀寺 (精華町) 大阪府和泉市にある真言宗の寺院 – 阿弥陀寺 (和泉市) 大阪府河内長野市にあった寺院 – 阿弥陀寺(石仏寺) 兵庫県神戸市兵庫区にある浄土宗の寺院 – 阿弥陀寺 (神戸市兵庫区)(魚御堂) 和歌山県和歌山市田屋にある浄土宗西山深草派の寺院 – 阿弥陀寺 (和歌山市田屋) 和歌山県和歌山市粟にある浄土宗西山深草派の寺院 – 阿弥陀寺 (和歌山市粟) 和歌山県和歌山市中の島にある浄土宗西山深草派の寺院 – 阿弥陀寺 (和歌山市中の島) 和歌山県和歌山市中之島にある寺院 – 阿弥陀寺 (和歌山市中之島) 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町にある真言宗の寺院 – 阿弥陀寺 (那智勝浦町) 中国地方 島根県出雲市下古志町にある浄土宗の寺院 – 阿弥陀寺 (出雲市) 山口県防府市にある華厳宗の寺院 – 阿弥陀寺 (防府市)(東大寺別院) 地名 上野国那波郡今井郷阿弥陀寺村 武蔵国足立郡阿弥陀寺村。 (Wikipedia:阿弥陀寺)

阿弥陀くじ
『』より : (Wikipedia:阿弥陀くじ)

阿弥陀佛
『』より : (Wikipedia:阿弥陀佛)


阿弥陀 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

阿弥陀 - アマゾン検索


「阿弥陀」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す