[PR]

日別キーワード

第37位  横溝正史 - 2018年02月12日


関連するイメージは見つかりませんでした



横溝正史
横溝 正史(よこみぞ せいし、1902年(明治35年)5月24日 - 1981年(昭和56年)12月28日)は、日本の小説家、推理作家。本名は同字で「よこみぞ まさし」。当初は筆名も同じ読みであったが、誤読した作家仲間にヨコセイと渾名されているうちに、セイシをそのまま筆名とした(エッセイ「本名と筆名」による)。兵庫県神戸市東川崎(現在の中央区、神戸ハーバーランド界隈)生まれ。 金田一耕助を探偵役とする一連の探偵小説で有名。また、薬剤師免許を持っていた。 1902年(明治35年)5月24日、兵庫県神戸市東川崎に父・宜一郎、母・波摩の三男として生まれる。父親は岡山県浅口郡(現倉敷市)船穂町柳井原出身。 1920年(大正9年)3月、神戸二中(現・兵庫県立兵庫高等学校)を卒業、第一銀行神戸支店に勤務。 1921年、雑誌『新青年』の懸賞に応募した「恐ろしき四月馬鹿(エイプリル・フール)」が入選作となる。これが処女作とみなされている。 1924年、大阪薬学専門学校(大阪大学薬学部の前身校)卒業後、一旦薬剤師として実家の生薬屋「春秋堂」に従事していたが、1926年に江戸川乱歩の招きに応じて上京、博文館に入社する。 (Wikipedia:横溝正史)

横溝正史シリーズ
横溝正史シリーズ(よこみぞせいしシリーズ)は、横溝正史の推理小説を原作とした、金田一耕助を主人公とする連続ドラマ、あるいは2時間ドラマのシリーズ。 横溝正史シリーズ、横溝正史シリーズII - TBS系列で1977年、1978年に放送された古谷一行主演の連続ドラマ。古谷一行の金田一耕助シリーズを参照。 昭和推理傑作選・横溝正史シリーズ - フジテレビ系列で1990年代に放送された片岡鶴太郎主演の2時間ドラマシリーズ。片岡鶴太郎の金田一耕助シリーズを参照。 (Wikipedia:横溝正史シリーズ)

横溝正史ミステリ大賞
横溝正史ミステリ大賞(よこみぞせいしミステリたいしょう、英称:YOKOMIZO SEISHI MYSTERY AWARD)は、株式会社KADOKAWA(社内ブランド・角川書店)が主催しテレビ東京の協賛により行われる日本の公募新人文学賞である。 沿革 1980年(昭和55年)、探偵小説作家の横溝正史にちなんでミステリ作家を発掘するために設けられた。大賞受賞者には、金田一耕助像と副賞として400万円が、優秀賞には30万円が授与される。また、第22回から第30回まで設立されていた、最終候補作の中からテレビ東京が独自にテレビドラマ化を前提とした作品を選出する、テレビ東京賞受賞者には賞金100万円が授与され、受賞作はテレビ東京(第27回の受賞作までは『水曜ミステリー9』、第28・29回は『水曜シアター9』、第30回は単独枠)でドラマ化されている。 (Wikipedia:横溝正史ミステリ大賞)


横溝正史 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

横溝正史 - アマゾン検索


「横溝正史」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す