[PR]

日別キーワード

第45位  信楽 - 2018年02月12日


関連するイメージは見つかりませんでした



信楽
信楽(しがらき) 信楽町 - 滋賀県甲賀郡に属していた町。現・甲賀市 信楽焼 - 甲賀市信楽町地域で焼かれる焼き物。タヌキの焼き物が有名。 信楽駅 - 滋賀県甲賀市信楽町長野に置かれた信楽高原鐵道の駅。 (Wikipedia:信楽)

信楽高原鐡道正面衝突事故
『鉄道事故』より : 信楽高原鐵道列車衝突事故(しがらきこうげんてつどうれっしゃしょうとつじこ、信楽高原鉄道事故、信楽列車事故 とも)は、1991年(平成3年)5月14日に信楽高原鐵道において発生した列車衝突事故である。 事故概要 1991年5月14日10時35分頃、滋賀県甲賀郡信楽町(現・甲賀市信楽町)黄瀬の信楽高原鐵道信楽線・小野谷信号場 - 紫香楽宮跡駅間で、信楽発貴生川行きの上り普通列車(SKR200形4両編成)と、京都発信楽行きの西日本旅客鉄道(JR西日本)直通下り臨時快速列車「世界陶芸祭しがらき号」(キハ58系3両編成)とが正面衝突した。先頭車のキハ58形は前部が押し潰された上に全長のほぼ1/3が上方へ折れ曲がり、SKR200形は先頭車が2両目とキハ58形とに挟まれる形で原形を留めない程に押し潰された。JR西日本側乗客の30名、信楽高原鐵道側乗員乗客の12名(うち運転士と添乗の職員が4名)、両者合わせて計42名が死亡、614名が重軽傷を負う大惨事 となった。 (Wikipedia:信楽高原鐡道正面衝突事故)

信楽高原鐵道正面衝突事故
『信楽高原鐵道列車衝突事故』より : 信楽高原鐵道列車衝突事故(しがらきこうげんてつどうれっしゃしょうとつじこ、信楽高原鉄道事故、信楽列車事故 とも)は、1991年(平成3年)5月14日に信楽高原鐵道において発生した列車衝突事故である。 事故概要 1991年5月14日10時35分頃、滋賀県甲賀郡信楽町(現・甲賀市信楽町)黄瀬の信楽高原鐵道信楽線・小野谷信号場 - 紫香楽宮跡駅間で、信楽発貴生川行きの上り普通列車(SKR200形4両編成)と、京都発信楽行きの西日本旅客鉄道(JR西日本)直通下り臨時快速列車「世界陶芸祭しがらき号」(キハ58系3両編成)とが正面衝突した。先頭車のキハ58形は前部が押し潰された上に全長のほぼ1/3が上方へ折れ曲がり、SKR200形は先頭車が2両目とキハ58形とに挟まれる形で原形を留めない程に押し潰された。JR西日本側乗客の30名、信楽高原鐵道側乗員乗客の12名(うち運転士と添乗の職員が4名)、両者合わせて計42名が死亡、614名が重軽傷を負う大惨事 となった。 (Wikipedia:信楽高原鐵道正面衝突事故)

信楽高原鐵道列車衝突事故
信楽高原鐵道列車衝突事故(しがらきこうげんてつどうれっしゃしょうとつじこ、信楽高原鉄道事故、信楽列車事故 とも)は、1991年(平成3年)5月14日に信楽高原鐵道において発生した列車衝突事故である。 事故概要 1991年5月14日10時35分頃、滋賀県甲賀郡信楽町(現・甲賀市信楽町)黄瀬の信楽高原鐵道信楽線・小野谷信号場 - 紫香楽宮跡駅間で、信楽発貴生川行きの上り普通列車(SKR200形4両編成)と、京都発信楽行きの西日本旅客鉄道(JR西日本)直通下り臨時快速列車「世界陶芸祭しがらき号」(キハ58系3両編成)とが正面衝突した。先頭車のキハ58形は前部が押し潰された上に全長のほぼ1/3が上方へ折れ曲がり、SKR200形は先頭車が2両目とキハ58形とに挟まれる形で原形を留めない程に押し潰された。JR西日本側乗客の30名、信楽高原鐵道側乗員乗客の12名(うち運転士と添乗の職員が4名)、両者合わせて計42名が死亡、614名が重軽傷を負う大惨事 となった。 (Wikipedia:信楽高原鐵道列車衝突事故)

信楽高原鐵道事故
『信楽高原鐵道列車衝突事故』より : 信楽高原鐵道列車衝突事故(しがらきこうげんてつどうれっしゃしょうとつじこ、信楽高原鉄道事故、信楽列車事故 とも)は、1991年(平成3年)5月14日に信楽高原鐵道において発生した列車衝突事故である。 事故概要 1991年5月14日10時35分頃、滋賀県甲賀郡信楽町(現・甲賀市信楽町)黄瀬の信楽高原鐵道信楽線・小野谷信号場 - 紫香楽宮跡駅間で、信楽発貴生川行きの上り普通列車(SKR200形4両編成)と、京都発信楽行きの西日本旅客鉄道(JR西日本)直通下り臨時快速列車「世界陶芸祭しがらき号」(キハ58系3両編成)とが正面衝突した。先頭車のキハ58形は前部が押し潰された上に全長のほぼ1/3が上方へ折れ曲がり、SKR200形は先頭車が2両目とキハ58形とに挟まれる形で原形を留めない程に押し潰された。JR西日本側乗客の30名、信楽高原鐵道側乗員乗客の12名(うち運転士と添乗の職員が4名)、両者合わせて計42名が死亡、614名が重軽傷を負う大惨事 となった。 (Wikipedia:信楽高原鐵道事故)

信楽高原鉄道事故
『信楽高原鐵道列車衝突事故』より : 信楽高原鐵道列車衝突事故(しがらきこうげんてつどうれっしゃしょうとつじこ、信楽高原鉄道事故、信楽列車事故 とも)は、1991年(平成3年)5月14日に信楽高原鐵道において発生した列車衝突事故である。 事故概要 1991年5月14日10時35分頃、滋賀県甲賀郡信楽町(現・甲賀市信楽町)黄瀬の信楽高原鐵道信楽線・小野谷信号場 - 紫香楽宮跡駅間で、信楽発貴生川行きの上り普通列車(SKR200形4両編成)と、京都発信楽行きの西日本旅客鉄道(JR西日本)直通下り臨時快速列車「世界陶芸祭しがらき号」(キハ58系3両編成)とが正面衝突した。先頭車のキハ58形は前部が押し潰された上に全長のほぼ1/3が上方へ折れ曲がり、SKR200形は先頭車が2両目とキハ58形とに挟まれる形で原形を留めない程に押し潰された。JR西日本側乗客の30名、信楽高原鐵道側乗員乗客の12名(うち運転士と添乗の職員が4名)、両者合わせて計42名が死亡、614名が重軽傷を負う大惨事 となった。 (Wikipedia:信楽高原鉄道事故)

信楽高原鐵道衝突事故
『信楽高原鐵道列車衝突事故』より : 信楽高原鐵道列車衝突事故(しがらきこうげんてつどうれっしゃしょうとつじこ、信楽高原鉄道事故、信楽列車事故 とも)は、1991年(平成3年)5月14日に信楽高原鐵道において発生した列車衝突事故である。 事故概要 1991年5月14日10時35分頃、滋賀県甲賀郡信楽町(現・甲賀市信楽町)黄瀬の信楽高原鐵道信楽線・小野谷信号場 - 紫香楽宮跡駅間で、信楽発貴生川行きの上り普通列車(SKR200形4両編成)と、京都発信楽行きの西日本旅客鉄道(JR西日本)直通下り臨時快速列車「世界陶芸祭しがらき号」(キハ58系3両編成)とが正面衝突した。先頭車のキハ58形は前部が押し潰された上に全長のほぼ1/3が上方へ折れ曲がり、SKR200形は先頭車が2両目とキハ58形とに挟まれる形で原形を留めない程に押し潰された。JR西日本側乗客の30名、信楽高原鐵道側乗員乗客の12名(うち運転士と添乗の職員が4名)、両者合わせて計42名が死亡、614名が重軽傷を負う大惨事 となった。 (Wikipedia:信楽高原鐵道衝突事故)

信楽焼
信楽焼(しがらきやき)は、滋賀県甲賀市信楽を中心に作られる炻器で、日本六古窯のひとつに数えられる。一般には狸の置物が著名であるが、後述のように多様な発展を遂げている。 信楽は、付近の丘陵から良質の陶土がでる土地柄である。長い歴史と文化に支えられ、伝統的な技術によって今日に伝えられて、日本六古窯のひとつに数えられている。信楽特有の土味を発揮して、登窯、窖窯の焼成によって得られる温かみのある火色(緋色)の発色と自然釉によるビードロ釉と焦げの味わいに特色づけられ、土と炎が織りなす芸術として“わび・さび”の趣を今に伝えている。信楽の土は、耐火性に富み、可塑性とともに腰が強いといわれ、「大物づくり」に適し、かつ「小物づくり」においても細工しやすい粘性であり、多種多様のバラエティーに富んだ信楽焼が開発されている。 信楽は、奈良、山城などの畿内と東海地方とを結ぶ交通路でもあり、茶湯の中核として発展した京、奈良に近いことから、後に茶陶信楽焼が発展した大きな要因と考えられている。 (Wikipedia:信楽焼)

信楽高原鐵道信楽線
信楽線(しがらきせん)は、滋賀県甲賀市の貴生川駅から信楽駅までを結ぶ信楽高原鐵道の鉄道路線である。 信楽高原鐵道の唯一の路線であり、滋賀県内の鉄道路線で唯一の非電化路線でもある。旧国鉄の特定地方交通線を転換した路線で、信楽焼の産地である信楽に通じている。 信楽線のうち、全長の約半分を貴生川駅と紫香楽宮跡駅の間の勾配区間が占める。路線は、貴生川駅を出るとすぐに右カーブし、田畑の間を抜けていく。その後は山間部に入り、急カーブの連続と33‰の勾配で小野谷信号場(休止中)の先まで走り、新名神高速道路と国道307号との立体交差地点を過ぎると平地を走る。 勅旨駅 - 玉桂寺前駅間にある第一大戸川橋梁は、1953年8月の集中豪雨によって鋼製の橋梁が流失し、翌1954年にプレストレスト・コンクリート橋として再建された。これは従来スパン10メートル程度に留まっていたものをスパン30メートル程度にまで拡大したもので、これがきっかけとなって長いスパンの道路・鉄道橋へのコンクリート橋の応用が始まった。 (Wikipedia:信楽高原鐵道信楽線)

信楽高原鉄道信楽線
『信楽高原鐵道信楽線』より : 信楽線(しがらきせん)は、滋賀県甲賀市の貴生川駅から信楽駅までを結ぶ信楽高原鐵道の鉄道路線である。 信楽高原鐵道の唯一の路線であり、滋賀県内の鉄道路線で唯一の非電化路線でもある。旧国鉄の特定地方交通線を転換した路線で、信楽焼の産地である信楽に通じている。 信楽線のうち、全長の約半分を貴生川駅と紫香楽宮跡駅の間の勾配区間が占める。路線は、貴生川駅を出るとすぐに右カーブし、田畑の間を抜けていく。その後は山間部に入り、急カーブの連続と33‰の勾配で小野谷信号場(休止中)の先まで走り、新名神高速道路と国道307号との立体交差地点を過ぎると平地を走る。 勅旨駅 - 玉桂寺前駅間にある第一大戸川橋梁は、1953年8月の集中豪雨によって鋼製の橋梁が流失し、翌1954年にプレストレスト・コンクリート橋として再建された。これは従来スパン10メートル程度に留まっていたものをスパン30メートル程度にまで拡大したもので、これがきっかけとなって長いスパンの道路・鉄道橋へのコンクリート橋の応用が始まった。 (Wikipedia:信楽高原鉄道信楽線)

信楽線
『信楽高原鐵道信楽線』より : 信楽線(しがらきせん)は、滋賀県甲賀市の貴生川駅から信楽駅までを結ぶ信楽高原鐵道の鉄道路線である。 信楽高原鐵道の唯一の路線であり、滋賀県内の鉄道路線で唯一の非電化路線でもある。旧国鉄の特定地方交通線を転換した路線で、信楽焼の産地である信楽に通じている。 信楽線のうち、全長の約半分を貴生川駅と紫香楽宮跡駅の間の勾配区間が占める。路線は、貴生川駅を出るとすぐに右カーブし、田畑の間を抜けていく。その後は山間部に入り、急カーブの連続と33‰の勾配で小野谷信号場(休止中)の先まで走り、新名神高速道路と国道307号との立体交差地点を過ぎると平地を走る。 勅旨駅 - 玉桂寺前駅間にある第一大戸川橋梁は、1953年8月の集中豪雨によって鋼製の橋梁が流失し、翌1954年にプレストレスト・コンクリート橋として再建された。これは従来スパン10メートル程度に留まっていたものをスパン30メートル程度にまで拡大したもので、これがきっかけとなって長いスパンの道路・鉄道橋へのコンクリート橋の応用が始まった。 (Wikipedia:信楽線)

信楽高原線
『信楽高原鐵道信楽線』より : 信楽線(しがらきせん)は、滋賀県甲賀市の貴生川駅から信楽駅までを結ぶ信楽高原鐵道の鉄道路線である。 信楽高原鐵道の唯一の路線であり、滋賀県内の鉄道路線で唯一の非電化路線でもある。旧国鉄の特定地方交通線を転換した路線で、信楽焼の産地である信楽に通じている。 信楽線のうち、全長の約半分を貴生川駅と紫香楽宮跡駅の間の勾配区間が占める。路線は、貴生川駅を出るとすぐに右カーブし、田畑の間を抜けていく。その後は山間部に入り、急カーブの連続と33‰の勾配で小野谷信号場(休止中)の先まで走り、新名神高速道路と国道307号との立体交差地点を過ぎると平地を走る。 勅旨駅 - 玉桂寺前駅間にある第一大戸川橋梁は、1953年8月の集中豪雨によって鋼製の橋梁が流失し、翌1954年にプレストレスト・コンクリート橋として再建された。これは従来スパン10メートル程度に留まっていたものをスパン30メートル程度にまで拡大したもので、これがきっかけとなって長いスパンの道路・鉄道橋へのコンクリート橋の応用が始まった。 (Wikipedia:信楽高原線)

信楽高原鐵道
信楽高原鐵道株式会社(しがらきこうげんてつどう)は、滋賀県で旧国鉄特定地方交通線の鉄道路線である信楽線を運営している鉄道事業者。甲賀市や滋賀県などの出資による第三セクター方式で設立された、第三セクター鉄道の一つである。本社は滋賀県甲賀市信楽町長野192番地。 1987年(昭和62年) 2月10日 会社設立。 7月13日 西日本旅客鉄道(JR西日本)信楽線を転換し、信楽線開業。 1989年(平成元年)12月1日 信楽焼製の干支切符・記念切符を発売開始。以後毎年発売。ただし記念切符は以後不定期。 1991年(平成3年) 5月14日 信楽線において、JR西日本から乗り入れの臨時快速列車と信楽高原鐵道の普通列車が正面衝突事故(信楽高原鐵道列車衝突事故)を起こす。 12月8日 列車運行再開。 1995年(平成7年)12月18日 SKR300形投入。 2001年(平成13年)11月6日 SKR310形投入。 2013年(平成25年) 4月1日 地域公共交通の活性化及び再生に関する法律に基づく鉄道事業再構築実施計画により上下分離方式に移行。 (Wikipedia:信楽高原鐵道)

信楽高原鉄道
『信楽高原鐵道』より : 信楽高原鐵道株式会社(しがらきこうげんてつどう)は、滋賀県で旧国鉄特定地方交通線の鉄道路線である信楽線を運営している鉄道事業者。甲賀市や滋賀県などの出資による第三セクター方式で設立された、第三セクター鉄道の一つである。本社は滋賀県甲賀市信楽町長野192番地。 1987年(昭和62年) 2月10日 会社設立。 7月13日 西日本旅客鉄道(JR西日本)信楽線を転換し、信楽線開業。 1989年(平成元年)12月1日 信楽焼製の干支切符・記念切符を発売開始。以後毎年発売。ただし記念切符は以後不定期。 1991年(平成3年) 5月14日 信楽線において、JR西日本から乗り入れの臨時快速列車と信楽高原鐵道の普通列車が正面衝突事故(信楽高原鐵道列車衝突事故)を起こす。 12月8日 列車運行再開。 1995年(平成7年)12月18日 SKR300形投入。 2001年(平成13年)11月6日 SKR310形投入。 2013年(平成25年) 4月1日 地域公共交通の活性化及び再生に関する法律に基づく鉄道事業再構築実施計画により上下分離方式に移行。 (Wikipedia:信楽高原鉄道)

信楽高原鐵道SKR200形気動車
信楽高原鐵道SKR200形気動車(しがらきこうげんてつどう エスケーアール200かたきどうしゃ)とは、1987年(昭和62年)の信楽高原鐵道の開業時に製造された一般形気動車(レールバス)である。 信楽線が1987年7月13日に第三セクターの信楽高原鐵道に転換されるのを前に、富士重工業により201から203まで3両が製造され、翌年の1988年(昭和63年)7月に204が増備された。202と204は1991年(平成3年)5月14日に発生した信楽高原鐵道列車衝突事故で大破し、廃車になった。その補充として、1992年(平成4年)7月に205が増備され、全てで5両製造された。 富士重工業製レールバスのLE-Carをもとに、車体の基本構造をバス車両工法から従来工法に変更して設計されたLE-DCの第一弾で、日本国有鉄道キハ32形と同様の車体断面を持ち、車体側面のリベットがなくなった。 (Wikipedia:信楽高原鐵道SKR200形気動車)

信楽町
信楽町(しがらきちょう)は、かつて滋賀県の南東(甲賀地方)に存在した町。陶磁器の信楽焼で有名である。 2004年10月1日に、水口町、土山町、甲賀町、甲南町との合併に伴い廃止され、甲賀市(こうかし)となった。現在は「甲賀市信楽町」として、地名に残る。 地理 山:笹ヶ岳 河川:大戸川 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制の施行により、長野村・江田村・神山村・田代村・畑村の区域をもって長野村が発足。 1921年(大正10年)8月15日 - 長野村が町制施行して長野町となる。 1930年(昭和5年)11月3日 - 長野町が改称して信楽町となる。 1954年(昭和29年)9月1日 - 雲井村・小原村・朝宮村・多羅尾村と合併し、改めて信楽町が発足。 2004年(平成16年)10月1日 - 水口町・土山町・甲賀町・甲南町と合併して甲賀市が発足。同日信楽町廃止。 姉妹都市 国内 井波町(富山県) 海外 アメリカ合衆国の旗 メキシコ市(アメリカ合衆国 ミズーリ州) ポルトガルの旗 ヴィアナ・ド・カステロ市(ポルトガル) 韓国の旗 利川市(大韓民国 京畿道) 1999年10月23日に姉妹都市提携。 (Wikipedia:信楽町)

信楽高原鐵道SKR310形気動車
信楽高原鐵道SKR310形気動車(しがらきこうげんてつどうエスケーアール310がたきどうしゃ)とは、2001年(平成13年)に投入された、信楽高原鐵道の一般形気動車である。 SKR200形の老朽化に伴い、SKR311が2001年11月に、SKR312が2002年(平成14年)9月に登場し、現在主力の車両である。入れ替わりにSKR201・SKR203は廃車になった。 富士重工業製レールバスの一種LE-Carのボギー車版LE-DCのSKR300形の増備車で、外観は変わらない。SKR300形から改良された点として、エンジンが295馬力の日産ディーゼル製PE6HT03になり、保安ブレーキは二重化された。 SKR300形との共通点として、信楽高原鐵道列車衝突事故後の安全車両で、バンパー付き車両、車内もバリアフリー化、車椅子スペースがとられている。 登場当初より、緑帯に狸のキャラクターと会社のロゴが描かれている。単行での運行は本形式が主に運転されている。 2012年より開業25周年記念のラッピングが施された。 各車状況 参考文献 寺田裕一『ローカル私鉄車両20年 第3セクター・貨物専業編』JTBパブリッシング、2003年、173頁。 (Wikipedia:信楽高原鐵道SKR310形気動車)

信楽峻麿
信楽 峻麿(しがらき たかまろ、1926年9月15日 - )は、広島県賀茂郡 (広島県) 賀茂郡豊栄町(現:東広島市)生まれの宗教学者、文学博士、仏教伝道協会理事長、元龍谷大学長、浄土真宗本願寺派教円寺住職。
1942年 - 浄土真宗本願寺派得度
1949年 - 龍谷大学専門部卒業
1955年 - 龍谷大学大学院文学研究科真宗学専攻修了
1958年 - 龍谷大学文学部助手
1970年 - 龍谷大学文学部教授
1978年 - ハワイ大学宗教学部、バークレーアメリカ仏教大学院留学
1989年 - 龍谷大学学長に就任
1995年 - 龍谷大学学長を退任、名誉教授に就任
『浄土教における信の研究』(永田文昌堂、1975年)
『真宗教団論』(永田文昌堂、1975年)
『真宗入門』(百華苑、1977年)
『近代真宗教団史研究』(法藏館、1987年)
(Wikipedia:信楽峻麿)

信楽駅
信楽駅(しがらきえき)は、滋賀県甲賀市信楽町長野にある信楽高原鐵道の駅。 1933年(昭和8年)5月8日 - 国有鉄道の駅として開業。 1943年(昭和18年)10月1日 - 信楽線の不要不急線指定により営業休止。 1947年(昭和22年)7月25日 - 営業再開。 1987年(昭和62年) 4月1日 - 国鉄分割民営化により西日本旅客鉄道(JR西日本)の駅となる。 7月13日 - 信楽高原鐡道の駅となる。 駅構造 対面式2面2線のホームを持つが、旅客の乗り降りは駅舎側のホームのみを使用している。反対側の構内踏み切りでつながっているホームには、大量の狸の置物が置かれている。以前、右下写真にあるように、SKR200形気動車が放置されていたが、現在は改造後復帰または廃車となり、現在は、夜間停泊などに使われている。貴生川方面に車庫がある。当駅より先も線路が続いており、終端に引き上げ線がある。信楽線唯一の有人駅であり、1991年の列車衝突事故以後では、同線において信号機が唯一使用されている駅でもある。 (Wikipedia:信楽駅)

信楽高原鐵道SKR300形気動車
信楽高原鐵道SKR300形気動車(しがらきこうげんてつどうエスケーアール300かたきどうしゃ)とは、1995年(平成7年)に投入された、信楽高原鐵道の一般形気動車である。 富士重工業製レールバスの一種、LE-Carのボギー車版LE-DCで、信楽高原鐵道列車衝突事故を契機に作られた安全推進会議の提言をできる限り採用した。塗装は登場当初より、緑帯に狸のキャラクターと会社のロゴが描かれており、SKR200形と狸のキャラクターが異なる。 内装は、デビュー時のSKR200形と窓の配置・定員以外は同様で、SKR200形と同型の料金箱・整理券発行機が搭載されている。正面の下部に油圧バンパーを設置、車内のバリアフリー化を行い車椅子スペースが取られた。その影響で、定員が4人減少した。 老朽化の進行によりSKR400形に代替されて2015年10月3日をもって運転を終了した。 運転終了後は当初は廃棄する予定だったが、紀州鉄道からの申し出で同社に無償譲渡されることになり、2016年1月31日からKR301として紀州鉄道線で営業運転を開始した。 (Wikipedia:信楽高原鐵道SKR300形気動車)

信楽道路
信楽道路(しがらきどうろ)は、滋賀県甲賀市の信楽市街から新名神高速道路信楽インターチェンジへのアクセス強化を目的とした国道307号の拡幅整備事業である。 道路諸元 起点:滋賀県甲賀市信楽町黄瀬 終点:滋賀県甲賀市信楽町勅旨 全長:2.9km 規格:第3種2級 道路幅員 1工区:甲賀市信楽町黄瀬-甲賀市信楽町牧間(1.5km):25.5m 2工区:甲賀市信楽町牧-甲賀市信楽町勅旨間(1.4km):21.0m 車線数:4車線 車線幅員:3.25m 設計速度:60km/h 事業費:約80億円 沿革 2000年(平成12年) - 事業化 主な接続道路 新名神高速道路 滋賀県道341号信楽インター線 滋賀県道53号牧甲西線 滋賀県道12号栗東信楽線・滋賀県道136号雲井停車場線 参考文献 事業評価監視委員会 平成16年度第4回(PDF) 国土交通省 近畿地方整備局 事業評価監視委員会 平成24年度第2回(PDF) 国土交通省 近畿地方整備局 関連項目 近畿地方の道路一覧 信楽高原鐵道。 (Wikipedia:信楽道路)


信楽 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

信楽 - アマゾン検索


「信楽」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す