[PR]

日別キーワード

第50位  文化勲章 - 2018年02月12日


関連するイメージは見つかりませんでした



文化勲章
文化勲章(ぶんかくんしょう)は、科学技術や芸術などの文化の発展や向上にめざましい功績のある者に授与される日本の勲章。当時の内閣総理大臣・廣田弘毅の発案により、1937年の文化勲章令(昭和12年2月11日勅令第9号)を以て制定された。 勲章のデザイン 文化勲章の場合、制式と図様も1937年の「文化勲章令」(昭和12年2月11日勅令第9号)により定められている。賞勲局及び造幣局の嘱託で東京高等工芸学校教授の畑正吉がデザインした。意匠案と昭和天皇との関係は別項を参照のこと。 文化勲章は、章、鈕、環、綬の各部から構成される。 章 勲章は橘の五弁の花の中心に三つ巴の曲玉を配する。鈕にも橘の実と葉が用いられる。綬の織地は淡紫色。 鈕 環 綬 綬の幅は3.7センチメートルで淡紫色と定められている。 略綬 淡紫色で直径1センチメートルの同色の翼を付すこととされている。 授与 親授式が毎年11月3日の文化の日に皇居宮殿松の間で行われ、天皇から直接授与(親授)される。 (Wikipedia:文化勲章)

文化勲章受章者の一覧
文化勲章受章者の一覧(ぶんかくんしょう じゅしょうしゃの いちらん) 2014年(平成26年)11月3日現在、文化勲章を受章した者は384名を数える。その主な内約は以下の通り。 生没:存命者381名、没後追贈3名 国籍:日本人378名、外国人6名(いずれもアメリカ人) 性別:男性367名、女性17名 分野:学術部門209名(うち女性2名)、芸術部門167名(うち女性13名)、貢献部門5名(うち女性1名)、特例3名受賞者のうち1名は後年文化勲章を返上している。またこれとは別に、受賞内定の知らせを受けながら受賞を辞退したものが3名、文化勲章そのものを否定して受賞を拒否したものが1名いる。 それぞれの詳細については次節を参照されたい。 受章者一覧 以下一覧中、掲載はすべて発令の順に拠る。使用する漢字は便宜上すべて新字体に統一し、襲名歴のある者は受賞時の名跡をあげた。受賞者名の後には受賞の理由として評価された分野を( )内に添えた。 なお参考として受賞を辞退または拒否した者も掲げた。 関連項目 文化功労者の一覧 勲章 (日本) 外部リンク 文化勲章受章者一覧、中野文庫 文化勲章受章者、文部科学省 平成13年度 - 平成14年度 - 平成15年度 - 平成16年度 - 平成17年度 - 平成18年度 - 平成19年度 - 平成20年度 - 平成21年度 - 平成22年度 - 平成23年度。 (Wikipedia:文化勲章受章者の一覧)


文化勲章 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

文化勲章 - アマゾン検索


「文化勲章」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す