[PR]

日別キーワード

第56位  共同通信杯 - 2018年02月12日


関連するイメージは見つかりませんでした



共同通信杯
共同通信杯(きょうどうつうしんはい)は、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。1969年より「(トキノミノル記念)」の副称がつけられており、競馬番組表での名称は「共同通信杯(トキノミノル記念)」と表記される。 寄贈賞を提供する共同通信社は、東京都港区に本社を置く通信社。 副称の「トキノミノル」は、1951年の皐月賞・東京優駿(日本ダービー)優勝馬。東京優駿(日本ダービー)の優勝から17日後に破傷風で死亡し、「幻の馬」と呼ばれた。生涯戦績は10戦全勝。1984年には顕彰馬に選出された。東京競馬場には同馬の功績を称え、銅像が建立されている。 正賞は共同通信社賞。 1967年に創設された4歳(現3歳)馬限定の重賞「東京4歳ステークス(とうきょうよんさいステークス)」が、本競走の前身。競走名は1983年より「共同通信杯4歳ステークス(きょうどうつうしんはいよんさいステークス)」に改称された後、2001年より現名称となった。 (Wikipedia:共同通信杯)

共同通信杯4歳ステークス
『共同通信杯』より : 共同通信杯(きょうどうつうしんはい)は、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。1969年より「(トキノミノル記念)」の副称がつけられており、競馬番組表での名称は「共同通信杯(トキノミノル記念)」と表記される。 寄贈賞を提供する共同通信社は、東京都港区に本社を置く通信社。 副称の「トキノミノル」は、1951年の皐月賞・東京優駿(日本ダービー)優勝馬。東京優駿(日本ダービー)の優勝から17日後に破傷風で死亡し、「幻の馬」と呼ばれた。生涯戦績は10戦全勝。1984年には顕彰馬に選出された。東京競馬場には同馬の功績を称え、銅像が建立されている。 正賞は共同通信社賞。 1967年に創設された4歳(現3歳)馬限定の重賞「東京4歳ステークス(とうきょうよんさいステークス)」が、本競走の前身。競走名は1983年より「共同通信杯4歳ステークス(きょうどうつうしんはいよんさいステークス)」に改称された後、2001年より現名称となった。 (Wikipedia:共同通信杯4歳ステークス)

共同通信杯3歳ステークス
『共同通信杯』より : 共同通信杯(きょうどうつうしんはい)は、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。1969年より「(トキノミノル記念)」の副称がつけられており、競馬番組表での名称は「共同通信杯(トキノミノル記念)」と表記される。 寄贈賞を提供する共同通信社は、東京都港区に本社を置く通信社。 副称の「トキノミノル」は、1951年の皐月賞・東京優駿(日本ダービー)優勝馬。東京優駿(日本ダービー)の優勝から17日後に破傷風で死亡し、「幻の馬」と呼ばれた。生涯戦績は10戦全勝。1984年には顕彰馬に選出された。東京競馬場には同馬の功績を称え、銅像が建立されている。 正賞は共同通信社賞。 1967年に創設された4歳(現3歳)馬限定の重賞「東京4歳ステークス(とうきょうよんさいステークス)」が、本競走の前身。競走名は1983年より「共同通信杯4歳ステークス(きょうどうつうしんはいよんさいステークス)」に改称された後、2001年より現名称となった。 (Wikipedia:共同通信杯3歳ステークス)


共同通信杯 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

共同通信杯 - アマゾン検索


「共同通信杯」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す