[PR]

日別キーワード

第71位  LPガス - 2018年02月12日


関連するイメージは見つかりませんでした



LPガス
『液化石油ガス』より : 液化石油ガス(えきかせきゆガス、英: liquefied petroleum gas、LPガス、LPG)は、プロパン・ブタンなどを主成分とし、圧縮することにより常温で容易に液化できるガス燃料(気体状の燃料)の一種である。一般にはプロパンガスともよばれるが、語義としては極めて不正確である。家庭・業務用はプロパンが主体であるが、工業用の主体はブタンであり、家庭・業務用でもプロパンが純物質でないため、プロパンガスと呼称することは適当とは言い難いのである。 液化石油ガスの名前から「完全な石油生成物」と誤解されやすいが、天然ガス随伴など石油由来以外のものも世界的に約半分を占める。通常、天然ガスはメタンが主成分だが、次に重いエタンよりプロパンとブタンは重く、これらを多く含むウェットな天然ガスから分離される。あるいは石油の精製過程で分離される。天然ガスに比べ熱量が大きい。LPGは重量あたりの典型的な発熱量は46.1MJ/kgで燃料油42.5MJ/kg、プレミアムガソリン43.5MJ/kgより高い。 (Wikipedia:LPガス)

LPガス自動車
『LPG自動車』より : LPG自動車(エルピージーじどうしゃ)は、LPG(液化石油ガス、英: Liquid Petroleum Gas)を燃料とするオットーサイクルエンジンを原動機とした自動車である。LPG車、プロパン車、LPガス自動車とも呼ばれる。 LPG自動車は燃料にLPGを利用する自動車で、エンジンの基本構造はガソリンエンジンと差異はなく、燃料タンクや燃料と空気を混合する装置が大きく異なる。LPG自動車の製造あるいは製作を大きく分類すると、はじめからLPG自動車として自動車メーカーで製造される場合のほか、ガソリン車として製造、出荷された車両を自動車整備事業者等が改造する場合や、ディーゼル車として設計、製造された車両を製造元や改造施工業者が改造する場合に分けられる。 LPG自動車用の燃料として販売されるLPGはプロパンとブタンの混合物で、オートガス(英: Autogas)とも呼ばれる。プロパンの割合は地域や季節に応じて30%から99%の範囲で混合される。常温において1MPa以下の比較的低い圧力で液化し、体積が250分の1となることからガス燃料としては可搬性に優れる。 (Wikipedia:LPガス自動車)


LPガス - 関連ブログ

データが取得できませんでした

LPガス - アマゾン検索


「LPガス」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す