[PR]

日別キーワード

第73位  ペンタックス - 2018年02月12日


関連するイメージは見つかりませんでした



ペンタックス
ペンタックス(PENTAX)は、カメラ、デジタルカメラ、天体望遠鏡、内視鏡などのブランド名。 リコーイメージング株式会社が製造販売するデジタルカメラ、双眼鏡、セキュリティカメラ用レンズ等光学機器、HOYA株式会社が製造販売する内視鏡、喉頭鏡、人工骨、音響・音声解析ソフトなどの医療関連製品、TIアサヒが製造販売する測量機、セイコーオプティカルプロダクツが製造販売する眼鏡レンズで使用される。 この項では主にペンタックスブランドのデジタルカメラを展開するリコーイメージング株式会社について記述する。 リコーイメージング株式会社は、日本の大手光学機器メーカーであり、かつての名称を旭光学工業株式会社(あさひこうがくこうぎょう、英:Asahi Optical Co., Ltd.)といった。日本初の一眼レフカメラ「アサヒフレックスI」、世界初のフラッシュ内蔵オートフォーカス一眼レフカメラ「SFX」を発売するなど、高い技術開発力を誇っていた。 (Wikipedia:ペンタックス)

ペンタックスの銀塩一眼レフカメラ製品一覧:35mm判 (KマウントMF機種)
この項目では、ペンタックス(旧:旭光学工業)が発売したカメラのうち、レンズマウントにKマウントを採用し、35mm判フィルムを使用するマニュアル一眼レフカメラ製品の一覧記事である。 旭光学工業はシステムのバヨネット式Kマウント化によって標準仕様としての開放測光を実現し、現在の一眼レフカメラの完成を見ることになる。そこで生まれた次なる課題は自動露出(自動露出を以降はAEと記述する)であった。すでにPSマウント機である『アサヒペンタックスES』で実装されていた「絞り優先式AE」が『アサヒペンタックスK2』にも採用され、当時は「シャッター速度優先式AE」と2種類の方向性があったAEを"写真を決めるのはレンズ"という考えのもとに旭光学は絞り優先式を選択している。ただし、KマウントにおいてはESのような複雑な連動機構を設けなくともAE化が可能であり、続くペンタックスMシリーズにおいては驚異的ともいえる小型軽量化を実現しつつ絞り優先AE専用機という大胆な仕様の『アサヒペンタックスME』を製品化している。 (Wikipedia:ペンタックスの銀塩一眼レフカメラ製品一覧:35mm判 (KマウントMF機種))

ペンタックスの銀塩一眼レフカメラ製品一覧:35mm判 (KマウントAF機種)
ペンタックスの銀塩一眼レフカメラ製品一覧:35mm判 (KマウントAF機種)とは、ペンタックス(旧:旭光学工業)が発売したオートフォーカス式Kマウント規格一眼レフカメラのシリーズ製品一覧記事である。 Kマウント:AF機シリーズ ペンタックス SFシリーズ ペンタックスSFシリーズとは、旭光学工業初のAFシリーズである。ちなみにその名称は"Super Focus"より由来する。 旭光学工業もMEFの後もAF化の開発研究を続けてはいたものの、1984年末にミノルタによって世界初のAFシステムカメラである『ミノルタα-7000』が完成すると、一眼レフカメラメーカーすべてがその遅れを挽回する側に回ることとなったのである。これは業界全体を揺るがす大きな出来事であったために、後に「αショック」と言われるようになった。 その「αショック」による急激なAF化のニーズに応えるべく『ペンタックスSF X』は短期間で会社の総力を結集して開発された。 (Wikipedia:ペンタックスの銀塩一眼レフカメラ製品一覧:35mm判 (KマウントAF機種))

ペンタックスのカメラ製品一覧
この項目では、旭光学・ペンタックスの35mm判フィルムを使用する一眼レフカメラ、並びにそれらのカメラが採用したレンズマウントの概略について述べる。他のフォーマットのカメラについては、以下の個別項目を参照のこと。 ペンタックスの銀塩一眼レフカメラ製品一覧:35mm判 (ねじ込み式マウント) ペンタックスの銀塩一眼レフカメラ製品一覧:35mm判 (KマウントMF機種) ペンタックスの銀塩一眼レフカメラ製品一覧:35mm判 (KマウントAF機種) ペンタックスの銀塩一眼レフカメラ製品一覧:中判・110フィルム用 ペンタックスの銀塩一眼レフカメラ製品一覧:中判・110フィルム用 ペンタックスの銀塩コンパクト・APSカメラ製品一覧 ペンタックスのデジタルカメラ製品一覧 ねじ込み式マウント採用機種 アサヒフレックス 旭光学工業(現:ペンタックス)が初めて製造したカメラで、日本の一眼レフカメラ端緒となったシリーズ。 (Wikipedia:ペンタックスのカメラ製品一覧)

ペンタックスの写真レンズ製品一覧
ペンタックスの写真レンズ製品一覧は、ペンタックス(旧 旭光学工業)がリリースした、レンズ交換式カメラ用の写真レンズ関係の製品の一覧である。 ペンタックス(当時:旭光学工業)においての交換式レンズ製品は光学性能だけではなく新旧レンズ群の互換性も重視されており、同系統の開放測光対応マウントであれば同じレンズを最新のオートフォーカス機と過去のマニュアルフォーカス機でも開放測光で使うことが可能である。シリーズ名の変更は主にコーティングの変更、シリーズに合わせたデザインの変更であることが多く、またマウント側の機能とボディ側の機能が必ずしも同一ではないので注意が必要である。 ペンタックス(当時は旭光学工業)初のカメラ製品は、レンズ交換式一眼レフカメラであるアサヒフレックスであった。そのアサヒフレックスは日本初の35mmフィルムを使用する一眼レフカメラであり、日本の一眼レフカメラの歴史はそこから始まったと言ってもよい。その専用交換式レンズよりペンタックスの35mm判用写真レンズの歴史が始まる。 (Wikipedia:ペンタックスの写真レンズ製品一覧)

ペンタックスの銀塩一眼レフカメラ製品一覧:35mm判 (ねじ込み式マウント)
ペンタックスの銀塩一眼レフカメラ製品一覧:35mm判 (ねじ込み式マウント)とは、ペンタックス(旧:旭光学工業)が発売したねじ込み式マウントの一眼レフカメラのシリーズ製品一覧記事である。 アサヒフレックスシリーズ(M37マウント機) アサヒフレックスI型(Asahiflex 、1952年5月発売) - 旭光学工業(現:ペンタックス)初にして日本初の35mm判一眼レフカメラ。シリーズ名称は”アサヒ”と”レフレックス”を掛けた造語。ウエストレベルファインダーを備え、後にM37マウント(内径37mmのねじ込み式マウント)とも呼ばれる当シリーズ独自のレンズマウントを採用していたレンズ交換式のカメラであった。ただし、この黎明期の一眼レフカメラは機動性、利便性においては当時の主流であったレンジファインダーカメラ(以降、RF機と記述)とは隔たりがあり、現在のような一般撮影用途には不向きであった。しかしRF機にはその構造上不可能であったレンズと同じ視点でファインダー像が見えることに価値があったため、視差(パララックス)のない近接撮影目的の学術撮影用途の製品として、主に科学写真のカメラマンに使われていた。 (Wikipedia:ペンタックスの銀塩一眼レフカメラ製品一覧:35mm判 (ねじ込み式マウント))

ペンタックスの銀塩一眼レフカメラ製品一覧:中判・110フィルム用
この項は、ペンタックス(旧:旭光学工業)の発売してきた銀塩一眼レフカメラのうち、135フィルム以外のフィルムを使用する製品(中判・110フィルム用)の一覧である。 ペンタックス67シリーズ ペンタックス67シリーズとは、6x7cm判を採用した旭光学初の中判一眼レフカメラであり、かつての旗艦機種でもある。開発のきっかけは当時の社長であった松本三郎の「大判の一眼レフが欲しい」との鶴の一声で、企画段階では製品化は考慮せずに設計されていたが、需要の確信を得たため製品化がはかられることとなった。大衆機路線であった135フィルム使用のアサヒペンタックスシリーズとはまったく別の購買層である上級者向けプラットフォームとして開発された製品である。 特徴は、24×36mm(ライカ)判一眼レフカメラをそのまま大きくしたようなその外観で、6x7cm判一眼レフカメラでありながらもコンパクトであり、使い勝手もライカ判に近く、手持ち撮影を考慮したコンセプトは開発当初からのものであった。 (Wikipedia:ペンタックスの銀塩一眼レフカメラ製品一覧:中判・110フィルム用)

ペンタックスのデジタルカメラ製品一覧
ペンタックスのデジタルカメラ製品一覧とは、ペンタックスブランドで発売されたデジタルカメラ関係の製品の一覧である。 デジタル一眼レフカメラ Kマウント機 135フィルムカメラ向けのマウントであるKマウントを備えたデジタル一眼レフカメラ。最初に披露されたのは、2000年のフォトキナで、フィリップス製600万画素35mmフルサイズの撮像素子を搭載したレンズ交換式Kマウントデジタル一眼レフカメラを発表。開発のベースとなった筐体は、後にフィルムカメラ「MZ-S」として市販されるも、35ミリフルサイズのデジタルカメラは「価格が非常に高価になり市場性が低い」との理由から、2001年10月に製品化の断念を発表。仕様を一新し、2003年にAPS-Cサイズの撮像素子をベースにして製品化された。 当初は35mm判の*istを継いだ「*istD」の名を冠した製品名でのリリースとなった。*istのコンセプトを継ぐ、軽量コンパクトなシリーズである。*ist DS・*ist DLは共に発売当時、世界最小最軽量であった。 (Wikipedia:ペンタックスのデジタルカメラ製品一覧)

ペンタックスの銀塩コンパクト・APSカメラ製品一覧
この項では、ペンタックス(旧:旭光学工業)の発売してきた35mm判及びAPSフィルムを使用するコンパクトカメラについて述べる。 従来、カメラ製品においては一眼レフ方式のみであったペンタックスも、時代の流れには抗せず、1982年の オートロンシリーズ からコンパクトカメラ分野に進出するようになる。 135フィルム オートロンシリーズ ペンタックス初のコンパクトカメラシリーズで、レンズシャッター式の単焦点カメラ。上位機種はAF機能を搭載するも、精度はあまり良くなかった。初期のコンパクトカメラであるがゆえに、ブリッジカメラ的な色合いが強く、今のコンパクトカメラにはない独特の雰囲気を持つ。最短撮影距離70cmは、当時のコンパクトカメラの中では秀でていた。 = ズームシリーズ = 世界初のズーム付きコンパクトカメラである、『ZOOM70』より始まったズームコンパクトカメラシリーズ。当時のコンパクトカメラは標準・望遠の2焦点カメラが人気であったが、旭光学(当時)では他社との差別化のため、これを飛び越してズームレンズ搭載のコンパクトカメラの発売とした。 (Wikipedia:ペンタックスの銀塩コンパクト・APSカメラ製品一覧)


ペンタックス - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ペンタックス - アマゾン検索


「ペンタックス」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す