[PR]

日別キーワード

第91位  アマチュア無線 - 2018年02月12日


関連するイメージは見つかりませんでした



アマチュア無線
アマチュア無線(アマチュアむせん)とは、金銭上の利益のためではなく、無線技術に対する個人的な興味により行う、自己訓練や通信、また技術的研究のことである。 日本国においては、運用する為の国家資格(無線従事者免許証)と、電波法に基づき許可(無線局免許状)を受けた無線設備(無線機・アンテナ等)が必要である。無資格で使用できる市民ラジオ、特定小電力トランシーバーやデジタル簡易無線などは、”フリーライセンス無線”、”ライセンスフリーラジオ”呼ばれ、アマチュア無線とは異なる分類である。 アマチュア無線の通信(アマチュア無線業務)を行うアマチュア無線技士(アマチュア無線家)を一般的に「ハム」と呼ぶが、誤用としてアマチュア無線自体のことをそう表現されることがある(後述)。 無線通信で使用する周波数は、その性質から「人類共通の財産」であり、ごく微弱なものを除き、電波を利用する者(電波利用者)は、全世界の人々と分け合って利用するものとされている。 (Wikipedia:アマチュア無線)

アマチュア無線局
『アマチュア無線』より : アマチュア局(アマチュアきょく)は、無線局の種別の一つである。 引用の促音、拗音の表記は原文ママ 定義 総務省令電波法施行規則(以下、「施行規則」と略す。)第4条第1項第24号にアマチユア局を「金銭上の利益のためでなく、専ら個人的な無線技術の興味によつて自己訓練、通信及び技術的研究の業務を行う無線局」と定義している。 また、第3条第1項第15号の2には、アマチユア業務を「金銭上の利益のためでなく、もつぱら個人的な無線技術の興味によつて行う自己訓練、通信及び技術的研究の業務」と定義している。 電波法第5条第2項第2号には、アマチュア無線局を「個人的な興味によつて無線通信を行うために開設する無線局」と規定している。 政令電波法施行令および電波法関係手数料令でも文言は「アマチュア無線局」である。 開設の基準 総務省令無線局(基幹放送局を除く。)の開設の根本的基準(以下、「根本基準」と略す。)第6条の2による。 その局は、以下に掲げる条件のいずれかに該当するものであること。 (1) アマチユア局の無線設備の操作を行うことができる無線従事者の資格を有する者 (2) 施行規則第34条の8の資格を有する者 (3) アマチユア業務の健全な普及発達を図ることを目的とする社団であつて、次の要件を満たすもの (一)営利を目的とするものでないこと。 (Wikipedia:アマチュア無線局)

アマチュア無線の周波数帯
アマチュア無線の周波数帯(アマチュアむせんのしゅうはすうたい)とは、アマチュア無線局用に割り当てられた周波数帯である。アマチュアバンドやハムバンドとも呼ばれる。 電波は有限の資源であるため、国際電気通信連合は国際電気通信連合憲章に規定する国際電気通信連合無線通信規則、以下、RRと略称)により、用途毎に周波数を各国に分配している。 アマチュア業務についても長波からミリ波に至るまでの間に点在している。 RRによる分配は下記を参照。 長波#アマチュア無線 中波#アマチュア無線 短波#アマチュア無線 超短波#アマチュア無線 極超短波#アマチュア無線 センチメートル波#アマチュア無線 ミリ波#アマチュア無線この中から各国の主管庁がアマチュア業務に割り当てるものとしており、外国での割当ては必ずしも日本のものと一致しない。 (Wikipedia:アマチュア無線の周波数帯)

アマチュア無線方向探知
『ARDF』より : ARDF(Amateur Radio Direction Finding、アマチュア無線方向探知)とは、屋外のフィールド内に設置されたTX(無線送信機)を、小形受信機を用い探し出す競技である。 オリエンテーリングに類似しているが無線機を使う点で大きく異なる。またフォックスハンティングとも類似しているがこちらは多くの場合TXが移動することが異なる。 競技者に「アマチュア無線技士」等の免許は必要ない。 ほとんどの競技者は指向性のあるアンテナ(HB9CV型アンテナ、八木アンテナなど)を用いた受信機を使用する。 受信機は市販品、自作品のいずれも使用できる。 また指向性を鋭くするなどの改造もできる。 そこが他の競技にはない醍醐味といえよう。  受信機と比較するとTXの自作は難しい。 TX、受信機とも日本ではミズホ通信(廃業)が製造したことがあるだけで、自作できなければ外国製品を輸入せざるをえない。 ARDFの起源は1926年の「Wireless World」誌に「隠された送信機を探索する」という記事が掲載されたことが始まりといわれる。 (Wikipedia:アマチュア無線方向探知)

アマチュア無線技士
アマチュア無線技士(アマチュアむせんぎし)とは、無線従事者の一種。日本の国家資格・業務独占資格・必置資格であり、総務省がこの資格の所管官庁である。 アマチュア無線技師が操作できる無線設備を、 電波法・政令では「アマチュア無線局」、総務省令・告示では「アマチュア局」と表記している。以下の文章では、電波法・政令の引用以外は「アマチュア局」と表記する。 1950年(昭和25年)の電波法制定時に特殊無線技士と共に、無線従事者の一種別として新設された。 1990年(平成2年)に他の種別の無線従事者は海上、航空、陸上と利用分野別に再編 されたが、アマチュア無線技士については一貫して独立した種別となっている。 これは電波法第39条第1項によりアマチュア無線局の無線設備の操作は無線従事者に限られるので、専らアマチュア局の無線設備を操作する無線従事者を必要とすることによる。 アマチュア無線は趣味であり他の種別の無線局を操作することはできない。 すなわち、アマチュア無線技士には他種別の無線従事者に相当する資格は無い。 (Wikipedia:アマチュア無線技士)

アマチュア無線技師
『アマチュア無線技士』より : アマチュア無線技士(アマチュアむせんぎし)とは、無線従事者の一種。日本の国家資格・業務独占資格・必置資格であり、総務省がこの資格の所管官庁である。 アマチュア無線技師が操作できる無線設備を、 電波法・政令では「アマチュア無線局」、総務省令・告示では「アマチュア局」と表記している。以下の文章では、電波法・政令の引用以外は「アマチュア局」と表記する。 1950年(昭和25年)の電波法制定時に特殊無線技士と共に、無線従事者の一種別として新設された。 1990年(平成2年)に他の種別の無線従事者は海上、航空、陸上と利用分野別に再編 されたが、アマチュア無線技士については一貫して独立した種別となっている。 これは電波法第39条第1項によりアマチュア無線局の無線設備の操作は無線従事者に限られるので、専らアマチュア局の無線設備を操作する無線従事者を必要とすることによる。 アマチュア無線は趣味であり他の種別の無線局を操作することはできない。 すなわち、アマチュア無線技士には他種別の無線従事者に相当する資格は無い。 (Wikipedia:アマチュア無線技師)

アマチュア無線フェスティバル
アマチュア無線フェスティバル(アマチュアむせんフェスティバル)は、日本アマチュア無線連盟(以下、「JARL」と略す。)が主催するイベントである。正式名称は「アマチュア無線フェスティバル ハムフェア(西暦年号) in (開催地)」(「ハムフェア(西暦年号)」の使用は1987年(昭和62年)より)。毎年、8月に開催される。 通称「ハムフェア(西暦年号)」とよばれるイベントである。その目的は、「アマチュア無線の健全な発展と技術の向上を図るため、これらに関する展示や催事をおこない、一般人にアマチュア無線について広く紹介するとともに、アマチュア無線家の情報交換と友好を深める」ことにある。年1回、日本全国のアマチュア無線家やアマチュア無線に興味のある者等が集う(外国からの来訪者もある)お祭りとなっている。云わばハムの“全国文化祭”ともいえるイベントである。近年の入場者数は約3万人前後で推移しているが、1990年代には約6万人の入場者数を数えていた(ピークは1993年(平成5年)の6万1千人)。 (Wikipedia:アマチュア無線フェスティバル)

アマチュア無線の日
アマチュア無線の日(アマチュアむせんのひ)とは、太平洋戦争勃発と共に禁止されたアマチュア無線の再開の記念日で、毎年7月29日である。 戦前の無線電信法には、アマチュア無線について規定しておらず、私設無線電信無線電話規則第1条にある「私設無線電信電話ノ施設」の一種の運用にすぎなかった。 1941年(昭和16年)12月8日には太平洋戦争が開戦し禁止された。 1950年(昭和25年)に制定された電波法においてアマチュア無線は法制度化され、1952年(昭和27年)7月29日にアマチュア局の予備免許が全国の30人に発給された この7月29日を記念して1973年(昭和48年)に日本アマチュア無線連盟が制定した。 この他にアマチュア無線関係の記念日としては、1925年(大正14年)の国際アマチュア無線連合(IARU)の設立を記念した「世界アマチュア無線の日」の4月18日がある。 関連項目 アマチュア無線 日本の記念日一覧 外部リンク アマチュア無線年表(昭和中期) (日本アマチュア無線連盟) 1950年代 アマチュア無線の歴史(CQ出版) 1973年の歴史(同上)。 (Wikipedia:アマチュア無線の日)

アマチュア無線機
『』より : トランシーバー (transceiver) とは、無線電波の送信機能と受信機能を兼ね備えた無線機または回路ブロックである。TRX と略される。送信機を表す transmitter と受信機を表す receiver とを合わせた造語である。一般的に、送信機と受信機は、回路に共通した部分が多いため、共用できる回路を共用し、一つの機器として作られたものである。 無線にあまり興味のない層には携帯型トランシーバーだけをトランシーバーと呼ぶかのような誤解が見られ、広辞苑では第4版までは「携帯用」無線通話機との誤った語釈だったが、語源から分かるように送信機と受信機を一体化したものがトランシーバーである。据え置き型の無線機も送信機と受信機が一体になっていればトランシーバーである。広辞苑の語釈も第5版からは訂正され、携帯用の字句が削除されている。 形状による分類 トランシーバーは形状、大きさにより、次のように分類できる。業務用無線機器の場合、アマチュア無線用と異なり、発射出来る周波数は一装置につき一つだけである事が多い。 (Wikipedia:アマチュア無線機)


アマチュア無線 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマチュア無線 - アマゾン検索


「アマチュア無線」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す