[PR]

日別キーワード

第97位  エアバス - 2018年02月12日


関連するイメージは見つかりませんでした



エアバス
エアバス(仏: Airbus S.A.S. フランス語: [ɛʁbys] (13px 聞く) ドイツ語発音: [ˈɛːɐbʊs] 英語発音: [ˈɛərbʌs] スペイン語発音: [ˈerβus])は、ヨーロッパ(欧州連合の内の4カ国)の国際協同会社で、航空宇宙防衛企業のエアバス・グループ傘下にある航空機メーカーである。設立当初の事業体の名称はエアバス・インダストリー G.I.E.(仏: G.I.E. Airbus industrie)であったが、2001年に法人化されて現社名に変更された。本社はフランス・トゥールーズ。 1960年代から続く、アメリカ企業の世界的な旅客機の独占に対して危機感を抱いた欧州連合によって、1970年12月にフランスのアエロスパシアルと西ドイツDASAが共同出資し設立された。旅客航空機の製造販売を主な事業内容としており、近年はアメリカのボーイングと市場を二分する巨大航空機メーカーとして、激しい市場競争を繰り広げている。 (Wikipedia:エアバス)

エアバスA380
エアバスA380(Airbus A380)は、欧州エアバス社のターボファン4発の超大型旅客機である。 世界初の総2階建てジェット旅客機である。完成披露の時点ではボーイング747を抜いて、史上最大・世界最大の旅客機である。初飛行は2005年4月27日。初期の構想から初飛行まで16年の歳月を要した。初飛行から10年後の2015年末時点で、エアバス社は中東や東南アジア地域を中心に300機を超える受注を獲得しており、この時点でA380プロジェクト全体としての損益分岐点に到達し、計画全体での黒字化に成功したと発表された。2015年1月現在、4発ワイドボディ旅客機としては同社の民間航空機部門で唯一生産されている機体である。 A380は1990年初頭にA3XXとして開発が始まった。エアバス社のほかにもボーイング社やマクドネル・ダグラス社が次世代大型旅客機として ボーイング747-Xとマクドネル・ダグラス MD-12を計画していたが、いずれも開発は凍結された。 (Wikipedia:エアバスA380)

エアバス・ジャパン
『エアバス』より : エアバス(仏: Airbus S.A.S. フランス語: [ɛʁbys] (13px 聞く) ドイツ語発音: [ˈɛːɐbʊs] 英語発音: [ˈɛərbʌs] スペイン語発音: [ˈerβus])は、ヨーロッパ(欧州連合の内の4カ国)の国際協同会社で、航空宇宙防衛企業のエアバス・グループ傘下にある航空機メーカーである。設立当初の事業体の名称はエアバス・インダストリー G.I.E.(仏: G.I.E. Airbus industrie)であったが、2001年に法人化されて現社名に変更された。本社はフランス・トゥールーズ。 1960年代から続く、アメリカ企業の世界的な旅客機の独占に対して危機感を抱いた欧州連合によって、1970年12月にフランスのアエロスパシアルと西ドイツDASAが共同出資し設立された。旅客航空機の製造販売を主な事業内容としており、近年はアメリカのボーイングと市場を二分する巨大航空機メーカーとして、激しい市場競争を繰り広げている。 (Wikipedia:エアバス・ジャパン)

エアバスジャパン
『エアバス』より : エアバス(仏: Airbus S.A.S. フランス語: [ɛʁbys] (13px 聞く) ドイツ語発音: [ˈɛːɐbʊs] 英語発音: [ˈɛərbʌs] スペイン語発音: [ˈerβus])は、ヨーロッパ(欧州連合の内の4カ国)の国際協同会社で、航空宇宙防衛企業のエアバス・グループ傘下にある航空機メーカーである。設立当初の事業体の名称はエアバス・インダストリー G.I.E.(仏: G.I.E. Airbus industrie)であったが、2001年に法人化されて現社名に変更された。本社はフランス・トゥールーズ。 1960年代から続く、アメリカ企業の世界的な旅客機の独占に対して危機感を抱いた欧州連合によって、1970年12月にフランスのアエロスパシアルと西ドイツDASAが共同出資し設立された。旅客航空機の製造販売を主な事業内容としており、近年はアメリカのボーイングと市場を二分する巨大航空機メーカーとして、激しい市場競争を繰り広げている。 (Wikipedia:エアバスジャパン)

エアバス A400M
名称=エアバス A400M
キャプション=
用途=戦術輸送
分類=輸送機
設計者=
製造者=エアバス社
運用者=
初飛行年月日=2009年12月11日
生産数=
生産開始年月日=
運用開始年月日=
退役年月日=
運用状況=開発中
ユニットコスト=1億ユーロ
エアバス A400M (Airbus A400M) は、ヨーロッパの航空機メーカー・エアバス(エアバス・ミリタリー)が開発しているターボプロップエンジン ターボプロップ4発の輸送機#軍事輸送機 輸送機である。Mは軍事 (Military) を表す。
A400M計画の発端は、欧州各国が使用しているC-130 (航空機) C-130やC-160 (航空機) C-160といった輸送機の後継機として、アエロスパシアル(フランス 仏)、ブリティッシュ・エアロスペース(イギリス 英)、ロッキード(アメリカ合衆国 米)、MBB(ドイツ 独)が参加して1982年より国際協同開発が開始されたことが始まりである。1984年に機体案や事業方式など計画の基礎がまとめられ、1985年には積載量20~25トン、航続距離2000~2500海里に計画が拡大され、C-130や160より巨大化した。エンジンは当時、低騒音・低公害・低燃費と注目されていた新方式「プロップファン」を採用することが決定し、機体はFIMA (Future International Military Airlifter:将来国際軍用輸送機) と名づけられた。
(Wikipedia:エアバス A400M)

エアバスA300
エアバスA300 (Airbus A300) は、エアバス・インダストリー(後のエアバス)が開発・製造した双発ジェット旅客機である。 本格的なジェット旅客機の時代が到来した1960年代になると、バスのように気軽に乗れる大型旅客機「エアバス」が待望された。当時、単独で「エアバス」を事業化する体力が無かった欧州の航空機メーカは、国際共同開発体制をとり企業連合エアバス・インダストリーを設立し、世界初の双発ワイドボディ旅客機となるA300を開発した。A300は2つの世代に分けることができ、第1世代はA300Bとも呼ばれる。A300Bは欧州域内の短距離路線向け大型機として開発され、1974年にエールフランスにより初就航した。第2世代のA300-600シリーズは積極的な新技術の採用によりグラスコックピット化され、1984年にサウジアラビア航空により初就航した。本項ではA300第1世代を中心に説明する。エアバスA300-600以降の派生型については当該ページを参照のこと。 A300は低翼配置の主翼下に左右1発ずつターボファンエンジンを装備し、尾翼は低翼配置、降着装置は前輪配置である。 (Wikipedia:エアバスA300)

エアバスA330
エアバスA330 (Airbus A330) は、ヨーロッパの企業連合であるエアバス・インダストリー(後にエアバス)が開発・製造している双発ジェット機である。 A330は中短距離路線向けの大型旅客機として開発された。エアバスA300の胴体を延長したワイドボディ機で、低翼配置の主翼下に2発のターボファンエンジンを装備する。尾翼は低翼配置、降着装置は前輪配置である。A330シリーズには旅客型のA330-200とA330-300、貨物型のA330-200Fに加えて、軍用の多目的空中給油・輸送機であるA330 MRTTがあるほか、エンジンを新型に置き換えたA330neoの開発も進められている。機体寸法や性能は各形式によるが、就航中のA330-200/-300/-200Fでは、巡航速度はマッハ0.82、全長は58.82から63.69メートル、全幅は60.30メートル、最大離陸重量は184トンから238トン、座席数は253席から440席程度である。 (Wikipedia:エアバスA330)

エアバスA340
エアバスA340 (Airbus A340) は、ヨーロッパの企業連合であるエアバス・インダストリー(後にエアバス)が開発・製造した4発ジェット旅客機である。 A340は長距離路線向けの大型機として開発された。エアバスA300由来の胴体を延長したワイドボディ機で、低翼に配置された主翼下に4発のターボファンエンジンを装備する。尾翼は低翼配置、降着装置は前輪配置で主翼間に中央脚を持つ仕様もある。A340シリーズには4つのモデルA340-200、A340-300、A340-500、A340-600が存在する。機体寸法や性能は各形式によるが、巡航速度はマッハ0.82から0.83で、全長は59.40から75.36メートル、全幅は60.30から63.45メートル、最大離陸重量は253.5から380トン、座席数は240席から440席程度である。A340は双発のエアバスA330と同時に正式開発が決定され、エンジン関係を除いて両機は最大限共通化された。A340はエアバスが開発した最初の4発機となったほか、4発機と双発機の同時並行的な開発は、航空技術史上において希少な取り組みとなった。 (Wikipedia:エアバスA340)

エアバスA350
エアバスA350 XWB (Airbus A350 XWB) は、A300・A330/A340の後継機としてエアバス社が発売した新世代中型ワイドボディ旅客機。 2015年1月15日、カタール航空がドーハ-フランクフルト線で世界初の営業運航を開始した。 名称について 当初、A330をベースに開発が構想されていた機種の名称が「A350」であり、A350開発計画中止後に新規に設計し直され、2015年現在生産されている機種の正式名称が「A350 XWB」である。(開発計画の推移は後述) 航空専門誌や航空系ニュースサイトでは正式名称で報道されることもあるが、一般的なニュース報道などではA350 XWBを指して「A350」と省略されることも多い。 日本の航空雑誌『エアライン』(イカロス出版)の記者がエアバス社に「A350」と略して良いかと尋ねたところ、エアバス社の担当者は出来る限り正式名称の「A350 XWB」で表記してほしいと答えたという。 (Wikipedia:エアバスA350)

エアバスA320
エアバスA320(Airbus A320)は、欧州エアバス社が製造した近・中距離向け商業旅客機である。民間機として初めてデジタル式フライ・バイ・ワイヤ制御システムを採用したハイテク旅客機であり、サイドスティックによる操縦を採用しているのが特徴である。座席数は標準2クラス仕様で150席程度。バリエーション(A320 ファミリー)として、新エンジンを採用したA320neo、短胴型のエアバスA318、エアバスA319、長胴型のエアバスA321がある。 エアバスA300の成功を受けて、次の計画としてエアバス社は150席程度の小規模な旅客機に需要があると見込んだ。1970年代における同規模の旅客機としては、ライバルメーカーのボーイングが製造していたボーイング727があった。ボーイング727は初就航が1964年であり、これの更新需要も見込むものとした。開発当初はボーイング727規模の旅客機にする予定であったのだが、開発中にオイルショックにより原油価格の値上がりがあったため、ボーイング727よりも低燃費の旅客機を開発する必要があり、ボーイング737規模の旅客機となった。 (Wikipedia:エアバスA320)

エアバスA310
エアバスA310 (Airbus A310) はヨーロッパの企業連合であるエアバス・インダストリー(現エアバス)が開発・製造した中型の双発ジェット機である。 A310は、エアバスA300の胴体を短縮して座席数を200席強とした旅客機として開発され、ボーイング機と直接的に競合した初めてのエアバス製品となった。A310ではシステムのデジタル化・自動化とともにグラスコックピットが導入され、操縦士2人だけで運航可能なワイドボディ機の先駆けとなった。A310のエンジンはターボファンエンジンで、ゼネラル・エレクトリック社とプラット・アンド・ホイットニー社の製品を装備する仕様がある。 A310シリーズには2つの旅客型、貨客コンバーチブル型、旅客型からの改造による貨物専用型、さらに、軍や政府向けの多目的輸送機・空中給油機が存在する。最初に登場したA310-200は短・中距離路線向けに開発された旅客型であり、1983年にルフトハンザドイツ航空とスイス航空によって初就航した。 (Wikipedia:エアバスA310)

エアバスベルーガ
エアバス ベルーガ(英: Airbus Beluga)は企業連合エアバス・インダストリー(後にエアバス)が開発・製造した貨物機である。大きな航空機部品を輸送する目的でエアバスA300-600Rをベースに開発され、A300-600ST (Super Transporter)という型式名が付けられている。巨大な貨物室を備えることからシロイルカに似た独特な外見を持っており、それにちなんでシロイルカの別名である「ベルーガ」の愛称がつけられた。ベルーガは、低翼配置の主翼下に2基のターボファンエンジンを備える。尾翼は通常式だが左右の水平尾翼端に垂直安定板が追加されている。降着装置は前輪式である。 ベルーガの開発・生産プロジェクトはエアバスの関連企業のSATIC (Super Airbus Transport International) 社によって行われ、1994年9月13日に1号機が初飛行した。 (Wikipedia:エアバスベルーガ)

エアバス ベルーガ
『エアバスベルーガ』より : エアバス ベルーガ(英: Airbus Beluga)は企業連合エアバス・インダストリー(後にエアバス)が開発・製造した貨物機である。大きな航空機部品を輸送する目的でエアバスA300-600Rをベースに開発され、A300-600ST (Super Transporter)という型式名が付けられている。巨大な貨物室を備えることからシロイルカに似た独特な外見を持っており、それにちなんでシロイルカの別名である「ベルーガ」の愛称がつけられた。ベルーガは、低翼配置の主翼下に2基のターボファンエンジンを備える。尾翼は通常式だが左右の水平尾翼端に垂直安定板が追加されている。降着装置は前輪式である。 ベルーガの開発・生産プロジェクトはエアバスの関連企業のSATIC (Super Airbus Transport International) 社によって行われ、1994年9月13日に1号機が初飛行した。 (Wikipedia:エアバス ベルーガ)

エアバス A310 MRTT
名称=エアバスA310 MRTT
キャプション=
用途=空中給油/輸送
分類=空中給油機/輸送機
設計者=
製造者=エアバス/EADS
運用者 ドイツ空軍、カナダ空軍
初飛行年月日=2003年12月
生産数=
生産開始年月日=
運用開始年月日=
退役年月日=
運用状況=
ユニットコスト }}
エアバス A310 MRTT (Airbus A310 MRTT) とは、エアバスが開発した多目的空中給油機・輸送機の役割をする空軍向けの軍用機である。MRTTとは、多任務給油・輸送機 (Multi Role Tanker Transport) の略である。
民間向けの旅客機、エアバスA310の空中給油機能と、ボーイングのKC-767 (航空機) KC-767同様の貨物容量があるが、空中給油を行うエアバスA310が、すでに生産終了しているため、現在はエアバスA310 MRTTは空中給油の目的では使用されず、改良型が多く使用されている。改良型は、燃料容量の増加などの改良がある。
(Wikipedia:エアバス A310 MRTT)

エアバスA319
エアバスA319(Airbus A319)はエアバス社が開発・販売している小型ジェット旅客機である。エアバス社のナローボディ機であるエアバスA320ファミリーの1つであり、A320の短胴型。日本の航空会社では運航されていないが、かつて全日本空輸が導入を検討したことがあった。また、日本以外の航空会社(中国南方航空など)にはA319で日本の空港に乗り入れてきている便もある。 当初からファミリー化が計画されていたA320の胴体短縮版で、。“A320マイナス7”として1992年5月に計画発表された。“マイナス7”とは胴体を主翼前後で7フレーム(3.73m)短縮する事から取られている。1993年6月の正式ローンチと共に名称もA319となった。胴体短縮とともに、推力減少型エンジンの搭載や非常口の削減を含む各種変更が行われている。 初号機はCFM56-5を装備の上で1995年8月に初飛行。シリーズ546機目となるこの機材はエンジンをIAE V2500に換装し、同エンジン装備初号機としても1996年5月に初飛行した。 (Wikipedia:エアバスA319)

エアバスNSR
エアバスNSR(Airbus NSR)はエアバスがエアバスA320 A320シリーズ(エアバスA318 A318・エアバスA319 A319・A320・エアバスA321 A321)の後継機として開発を計画している、旅客機である。製造が実施されれば、ナローボディの小型旅客機になるとされている。NSRはNew Short Rangeの略で、このNSRは研究段階での名称であるため、将来的には変更される可能性もある。
エアバスでは当初2014年度の就航を目標として、エンジン技術を中心に研究開発を行っていた。しかし現行のA320シリーズの販売が好調であること、同シリーズに対して劇的な経済性の向上が見られなければ商品価値に乏しい事、徹底した新技術の投入を行ったライバル機出現の可能性などから、同社では新型単通路機の就航は2020年頃と目標を変更している。
(Wikipedia:エアバスNSR)

エアバスA321
エアバスA321(Airbus A321)は、エアバス社が開発した旅客機。エアバスA320のストレッチ型(長胴型)で、A320ファミリーでは最も大型である。 エアバス社では、A320について開発当初からファミリー化を計画していた。1989年5月、最初の派生機種となるA321の計画を発表、同年11月に開発が正式決定した。 胴体を主翼の前後で合計6.94m延長し、緊急脱出口の大型化と再配置、機体および装置類の強化、エンジンの推力増加などを行っている。 1993年3月に初飛行、1994年2月にルフトハンザドイツ航空へ初めて引き渡された。1995年には燃料タンクを追加して航続距離を延長するなどの改良をしたA321-200が開発されている。 シャークレット装備機 フィンランド航空が、運航中のボーイング757-200の後継機として、2010年6月にA321-200を追加発注した。2013年9月より導入する機体には、主翼端にシャークレット(Sharklets)が装備され、これが初めてのシャークレット装備A321となった。 (Wikipedia:エアバスA321)

エアバスA318
エアバスA318(Airbus A318)は、エアバスA320ファミリーの短胴型旅客機で、エアバス社の機体の中ではもっとも胴体が短い。日本を含むアジアの航空会社では運航されていない。 エアバス社では100席クラスの旅客機として、1997年5月15日に、全くの新設計機であるAE31Xを中国やシンガポールの企業と共同開発することを発表した。A320ファミリーとシステムを共通化し、それより一回り小さい2+3の横5列座席配置となる胴体を持つ機材で、95人乗りのAE316と最大125人乗りのAE317が開発される予定であった。しかし、新規開発による経済的リスクの大きさから計画は中止され、代わりに1998年9月に発表されたのが、エアバス社単独開発となるこの機材である。1999年4月30日にローンチされ、2002年1月15日に初飛行。2003年7月22日にフロンティア航空へ初めて引き渡された。 A319の胴体をさらに2.39m(5フレーム)短縮し、短胴化によるモーメント・アームの減少を補うため、垂直尾翼を79㎝高くして安定させている。 (Wikipedia:エアバスA318)

エアバスA320neo
エアバスA320neoは、欧州エアバス社がA320 ファミリーの最新シリーズとして、新エンジンを搭載した単通路の近・中距離向け商業旅客機である。基本型のA320neoと短胴型のA319neoがあり、長胴型のA321neoにはLRもある。従来型(A320ceo)と比べて、燃費面で15%の低減、騒音面で50%の低減がされている。エアバスグループの発表によるとA320neoとA321neoは、世界各国の航空会社70社から合計4,500機以上(2016年3月現在)の受注を獲得している。 A320neo(neoはNew Engine Option、ネオ)は、より経済的な運行を企図してA320ファミリーのエンジンをさらなる高性能エンジンに換装(リエンジン)するモデルで、2010年12月に計画がローンチされ、2014年9月に初飛行、2016年1月に商業飛行を始めた。 (Wikipedia:エアバスA320neo)

エアバスA400M
『』より : (Wikipedia:エアバスA400M)


エアバス - 関連ブログ

データが取得できませんでした

エアバス - アマゾン検索


「エアバス」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す