[PR]

日別キーワード

第9位  ハーフパイプ - 2018年02月13日


関連するイメージは見つかりませんでした



ハーフパイプ
ハーフパイプ(halfpipe)とはスケートボード、インラインスケート、BMXで使用される代表的なセクション(構造物)。雪上に設置した物をスノーボード、スキーでも使用し、そのまま競技種目名にもなっている。 名前通り円筒を半分にして横に倒した形状をしており、水平な底面ボトム、円弧状の斜面トランジション、頂上の水平部分デッキからなる。またデッキの縁の部分をリップと呼ぶ。競技者はこの中をブランコのように往復し、両側の壁の頂上付近や、空中に飛び出している間に様々な技を繰り出す。 X Gamesなどの大会ではスーパーパイプと呼ぶこともある。 スケートボード、BMX、インラインスケート用 鉄や木の骨組に合板や鉄板、スケートライトなどの板を張って作られ、主にスケートパーク内に設置される。ほとんどのものはリップ部分にコーピングと呼ばれる鉄パイプが埋め込まれ、リップを保護しつつ、技も掛け易くしている。大きさによりヴァートランプとミニランプに分けられる。フィート(約30cm)単位で設計されている事が多い。 ヴァートランプ ヴァーチカルランプとも。 (Wikipedia:ハーフパイプ)


ハーフパイプ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ハーフパイプ - アマゾン検索


「ハーフパイプ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す