[PR]

日別キーワード

第21位  アイドルマスター - 2018年02月13日


関連するイメージは見つかりませんでした



アイドルマスター
『THE IDOLM@STER』より : 『THE IDOLM@STER』(アイドルマスター)は、ナムコ(後のバンダイナムコエンターテインメント)が2005年7月26日に稼動を開始したアーケード用シミュレーションゲーム(公式ジャンルは「アイドルプロデュース体験ゲーム」)。 個性豊かな9人(組)のアイドル候補生から1 - 3人を選び、いかに多くのファンに支持されるアイドルにプロデュースすることが出来るかを競う。プレイヤーは「新米プロデューサー」となり、ネットワークを使用して全国規模でランキングを競う。 2010年5月28日に、本作のネットワークサービスの運営終了が発表され、2010年9月1日1時59分(8月31日25時59分)をもって終了することが発表された。ネットワークサービス終了後は携帯電話サイト内にあるアーケード連動コーナーが閉鎖されるため、連動機能が使用できなくなるほか、全筐体がオフラインとなった(引き続きプレイは可能だが、一部の機能が使用できなくなる)。 (Wikipedia:アイドルマスター)

アイドルマスター XENOGLOSSIA
『アイドルマスター XENOGLOSSIA』(アイドルマスター ゼノグラシア)は、サンライズ制作による日本のロボットアニメ。テレビアニメとして2007年4月から同年9月にかけてテレビ神奈川・関西テレビほかで全26話が放送された。 バンダイナムコゲームス(現・バンダイナムコエンターテインメント)のアーケードゲーム『THE IDOLM@STER』を「原案」としており、同作のメディアミックス企画「PROJECT IM@S」の一環として制作された作品であるが、設定やストーリーはゲームと全く異なる。キャッチコピーは「あなたのアイドルになりたい…」。 原案であるアイドル育成ゲームから路線を大きく転換し、スター・システム的に登場人物を踏襲しつつも、独自の設定とストーリーを描いた作品。月が崩壊した未来の地球を舞台に、「iDOL」(アイドル)と呼ばれる隕石除去ロボットを操縦する少女(アイドルマスター)たちの姿を描く。テレビアニメの本放送と同時に、@niftyにて本編のインターネット配信も行われた。またアニメ放送と平行して漫画版と小説版がそれぞれ『月刊コンプエース』と『キャラの!』にて連載された。 (Wikipedia:アイドルマスター XENOGLOSSIA)

アイドルマスターシンデレラガールズ
『アイドルマスター シンデレラガールズ』(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)は、バンダイナムコエンターテインメント(旧バンダイナムコゲームス)とCygamesが開発・運営する『THE IDOLM@STER』の世界観をモチーフとする携帯端末専用のソーシャルゲーム。2011年11月28日からMobage上で提供されている。 2015年にテレビアニメ化されたほか、同年9月から本作を題材にしたスマートフォン向けの音楽ゲーム『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』がiOS・Android向けアプリとして配信されている。 アイドルたちが描かれたカードを集め、育成して、「お仕事」や「Liveバトル」を行っていく。アイテム課金制で、ゲームプレイ自体は無料で行える。 『THE IDOLM@STER 2』に登場する765プロのアイドルのほか、100人以上のオリジナルキャラクターのアイドルが登場する。一部のカードイラストには、CDのジャケットイラストを担当したイラストレーターの杏仁豆腐を起用している。 (Wikipedia:アイドルマスターシンデレラガールズ)

アイドルマスター シンデレラガールズ
『アイドルマスター シンデレラガールズ』(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS)は、バンダイナムコエンターテインメント(旧バンダイナムコゲームス)とCygamesが開発・運営する『THE IDOLM@STER』の世界観をモチーフとする携帯端末専用のソーシャルゲーム。2011年11月28日からMobage上で提供されている。 2015年にテレビアニメ化されたほか、同年9月から本作を題材にしたスマートフォン向けの音楽ゲーム『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』がiOS・Android向けアプリとして配信されている。 アイドルたちが描かれたカードを集め、育成して、「お仕事」や「Liveバトル」を行っていく。アイテム課金制で、ゲームプレイ自体は無料で行える。 『THE IDOLM@STER 2』に登場する765プロのアイドルのほか、100人以上のオリジナルキャラクターのアイドルが登場する。一部のカードイラストには、CDのジャケットイラストを担当したイラストレーターの杏仁豆腐を起用している。 (Wikipedia:アイドルマスター シンデレラガールズ)

アイドルマスター2
『THE IDOLM@STER 2』(アイドルマスター ツー)は、バンダイナムコゲームスから2011年2月24日に発売されたXbox 360用アイドル育成ゲーム。公式略称は「アイマス2」。2011年10月27日にPlayStation 3版も発売された。 「国民的アイドルユニット」をめざし、9人の個性的なアイドルから3人組のユニットを結成してプロデュースするゲームである。Xbox 360版のキャッチフレーズは「きらめく舞台は、さらなる高みへ!」。 2010年7月3日 - 7月4日に開催されたライブ「THE IDOLM@STER 5th ANNIVERSARY The World is all one !!」において、シリーズ最新作としてXbox 360にて開発中であることが公開された。 初めてナンバリングされたが今まで同様これまでのシリーズとはストーリーの繋がりは一切無く、“もしもプロデューサーの765プロ入社が1年遅かったら?”という、独立したパラレルワールドになっており、 『SP』で961プロのライバルとして登場した我那覇響・四条貴音の2人が最初から765プロに在籍している。 (Wikipedia:アイドルマスター2)

アイドルマスター SideM
『アイドルマスター SideM』(アイドルマスター サイドエム)は、バンダイナムコエンターテインメントが製作する『THE IDOLM@STER』の世界観をモチーフとする携帯端末専用のソーシャルゲーム。DeNAが運営・提供する、Mobageのコンテンツの一つ。オルトプラスが運営・開発を担当している。 アイドルが描かれたカードを集め、育成していくアイドルプロデュースゲーム(公称ジャンル「ドラマチックアイドル育成カードゲーム」)。同じMobageで展開されている『アイドルマスター シンデレラガールズ』やGREEで展開されている『アイドルマスター ミリオンライブ!』とは異なり、男性アイドルをプロデュースするゲームである。キャッチコピーは「医者!フリーター!自衛官!理由(ワケ)あって、アイドル!」。 2014年2月23日に開催されたライブイベント「THE IDOLM@STER M@STERS OF IDOL WORLD!! 2014」にて製作が発表された。 (Wikipedia:アイドルマスター SideM)

アイドルマスター・ゼノグラシア
『』より : (Wikipedia:アイドルマスター・ゼノグラシア)

アイドルマスター ゼノグラシア
『』より : (Wikipedia:アイドルマスター ゼノグラシア)

アイドルマスターゼノグラシア
『』より : (Wikipedia:アイドルマスターゼノグラシア)

アイドルマスターXENOGLOSSIA
『』より : (Wikipedia:アイドルマスターXENOGLOSSIA)


アイドルマスター - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アイドルマスター - アマゾン検索


「アイドルマスター」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す