[PR]

日別キーワード

第27位  ダーウィン - 2018年02月13日


関連するイメージは見つかりませんでした



ダーウィン
ダーウィン(Darwin)は英語の固有名詞。進化論の提唱者、チャールズ・ダーウィンをさすことが多い。 地名 ダーウィン (ノーザンテリトリー) - 豪州ノーザンテリトリーの州都 他多数 人物 エラズマス・ダーウィン - チャールズの祖父 チャールズ・ダーウィン ダーウィン・クビアン - 元阪神タイガースの投手 タイトル ダーウィン4078・SRD SUPER REAL DARWIN - データイーストのアーケード用シューティングゲームシリーズ ダーウィンが来た! 〜生きもの新伝説〜 - NHKの動物番組 ハローダーウィン! ~好奇心オンデマンド~ - JAM Projectの楽曲 Darwin (programming game) - Victor Vyssiotsky、Dennis Ritchie、Robert Morrisらによるきわめて初期(1960年代にPDP-1上で実装)の仮想マシン上のゲーム。 (Wikipedia:ダーウィン)

ダーウィン4078
『ダーウィン4078』(だーうぃんよんぜろななはち)は、データイーストが1986年に発売したアーケードゲーム。オーソドックスな『ゼビウス』(1983年)式上下撃ち分けの縦スクロールシューティングゲーム。チャールズ・ダーウィンの名を冠する通り進化をモチーフにしたゲームシステムを盛り込んだ異色のゲーム。 全16面から構成されるステージは、時間や空間を並列に配置する事によってほぼ無限の大きさを持ち、惑星さえも運ぶことができるという巨大な宇宙船の内部。 「EVOL(イボル)」と呼ばれるキャラクタは、存在がエネルギーだけの生命体であり、そのままでは拡散して存在自体が失われてしまうため、自らをカプセル状の容器に収めた物。 各面の最後に登場するペータエフというボスを倒すことによって、その面をクリアとなる。 ゲーム内容 自機 8方向レバーと2ボタン(対空ショット、対地ショット)で操作する。対空ショットは後述の「進化」により実に多彩に変化する。 パワーアップ・進化システム 最大の特徴は自機の進化システム。 (Wikipedia:ダーウィン4078)

ダーウィン (オーストラリア)
ダーウィン(”Darwin”)はオーストラリア オーストラリア連邦ノーザンテリトリー準州の首府である。人口は約11万人(2003年)。オーストラリア大陸北側のチモール海沿いに位置する。オーストラリアではアジアに最も近い位置にあることから、非常に多文化的な都市となっている。75の民族が見受けられ、人口の約4分の1がアボリジニなどの原住民である。また、ノーザンテリトリーで唯一の大学であるチャールズ・ダーウィン大学の所在地でもある。
:”主要記事:w:History of Darwin History of Darwin”
ダーウィン港は1839年にイギリス海軍の軍艦ビーグル号のJohn Lort Stokesによって発見された。船長のJohn Clements Wickhamは、イギリスの自然科学者であるチャールズ・ダーウィンに由来して、この港をダーウィン港と名づけた。チャールズ・ダーウィンはビーグル号の以前の探検航海に同伴したことがあった。
(Wikipedia:ダーウィン (オーストラリア))

ダーウィンが来た! 〜生きもの新伝説〜
ダーウィンが来た! 〜生きもの新伝説〜(ダーウィンがきた いきものしんでんせつ)は、NHK総合テレビジョンで2006年4月9日より毎週日曜日19:30-20:00(再放映:火曜深夜=水曜未明原則3:00-3:30、衛星第二で火曜日15:00-15:29)に放送される動物・自然を題材にした番組である。
これまで『生きもの地球紀行』、『地球!ふしぎ大自然』といった自然・動物をテーマにした番組は毎週月曜日20時台に放映されてきたが、2006年度からの大幅な番組改定で、それを日曜日に移動した。前述の番組のスタイルを踏襲した迫力の映像の数々で生きもののすばらしさを伝えていく。また視聴者から寄せられた情報などを基にしたものも放送される。
基本的に一回の放送ごとに一種類の動植物を紹介する。
(Wikipedia:ダーウィンが来た! 〜生きもの新伝説〜)

ダーウィンの悪夢
作品名 ダーウィンの悪夢Darwin”s Nightmare
監督 フーベルト・ザウパー
製作総指揮
製作 フーベルト・ザウパーバーバラ・アルバートマルティン・ゲシュラハト 他
脚本 フーベルト・ザウパー
出演者
音楽
撮影 フーベルト・ザウパー
編集
配給 ビターズ・エンド
上映時間 112分
製作国 オーストリア・ベルギー・フランス・カナダ・フィンランド・スウェーデン
言語 英語・ロシア語・スワヒリ語
制作費
興行収入
前作
次作
allcinema_id 324304
(Wikipedia:ダーウィンの悪夢)

ダーウィン・メダル
ダーウィン・メダル(英: Darwin Medal)はイギリスの王立協会が2年に一度、優れた業績を挙げた生物学者に授与する賞である。チャールズ・ダーウィンの名前にちなむ。生物学における世界最高レベルの賞とされる。 受賞者リスト 1890年: アルフレッド・ラッセル・ウォレス 1892年: ジョセフ・ダルトン・フッカー 1894年: トマス・ヘンリー・ハクスリー 1896年: Giovanni Battista Grassi 1898年: カール・ピアソン 1900年: エルンスト・ヘッケル 1902年: フランシス・ゴルトン 1904年: ウィリアム・ベイトソン 1906年: ユーゴー・ド・フリース 1908年: アウグスト・ヴァイスマン 1910年: ローランド・トリメン 1912年: フランシス・ダーウィン 1914年: エドワード・ポールトン 1916年: Yves Delage 1918年: ヘンリー・フェアフィールド・オズボーン 1920年: ローランド・ビッフェン 1922年: Reginald C. Punnett 1924年: トーマス・ハント・モーガン 1926年: ダキンフィールド・ヘンリー・スコット 1928年: レオナルド・コケイン 1930年: ヨハネス・シュミット 1932年: カール・エーリヒ・コレンス 1934年: アルバート・チャールズ・スワード 1936年: エドガー・ジョンソン・アレン 1938年: フレデリック・オーペン・バウワー 1940年: ジェームズ・ピーター・ヒル 1942年: デービッド・M・S・ワトソン 1944年: ジョン・スタンレー・ガーディナー 1946年: ダーシー・トンプソン 1948年: ロナルド・フィッシャー 1950年: Felix Eugen Fritsch 1952年: J・B・S・ホールデン 1954年: エドモンド・ブリスコ・フォード 1956年: ジュリアン・ハクスリー 1958年: ギャヴィン・デ・ビーア 1960年: Edred John Henry Corner 1962年: ジョージ・ゲイロード・シンプソン 1964年: Kenneth Mather 1966年: Harold Munro Fox 1968年: Maurice Yonge 1970年: チャールズ・サザーランド・エルトン 1972年: デイビッド・ラック 1974年: フィリップ・シェパード 1976年: シャーロット・アワーバック 1978年: Guido Pontecorvo 1980年: シューアル・ライト 1982年: John Heslop-Harrison と Yolande Heslop-Harrison 1984年: エルンスト・マイヤー 1986年: ジョン・メイナード=スミス 1988年: ウィリアム・ドナルド・ハミルトン 1990年: ジョン・ハーパー 1992年: 木村資生 1994年: ピーター・ローレンス 1996年: ジョン・サルストン 1998年: Michael Gale と グラハム・ムーア 2000年: ブライアン・チャールズワース 2002年: ピーター・グラント と ローズマリー・グラント 2004年: エンリコ・コーエン と ローズマリー・カーペンター 2006年: ニコラス・バートン 2008年: ジェフリー・パーカー 2010年: ブライアン・クラーク 2012年: Timothy Clutton-Brock 2014年: John Sutherland 関連項目 賞の一覧 外部リンク The Darwin Medal (1890) (英語)。 (Wikipedia:ダーウィン・メダル)

ダーウィンメダル
『ダーウィン・メダル』より : ダーウィン・メダル(英: Darwin Medal)はイギリスの王立協会が2年に一度、優れた業績を挙げた生物学者に授与する賞である。チャールズ・ダーウィンの名前にちなむ。生物学における世界最高レベルの賞とされる。 受賞者リスト 1890年: アルフレッド・ラッセル・ウォレス 1892年: ジョセフ・ダルトン・フッカー 1894年: トマス・ヘンリー・ハクスリー 1896年: Giovanni Battista Grassi 1898年: カール・ピアソン 1900年: エルンスト・ヘッケル 1902年: フランシス・ゴルトン 1904年: ウィリアム・ベイトソン 1906年: ユーゴー・ド・フリース 1908年: アウグスト・ヴァイスマン 1910年: ローランド・トリメン 1912年: フランシス・ダーウィン 1914年: エドワード・ポールトン 1916年: Yves Delage 1918年: ヘンリー・フェアフィールド・オズボーン 1920年: ローランド・ビッフェン 1922年: Reginald C. Punnett 1924年: トーマス・ハント・モーガン 1926年: ダキンフィールド・ヘンリー・スコット 1928年: レオナルド・コケイン 1930年: ヨハネス・シュミット 1932年: カール・エーリヒ・コレンス 1934年: アルバート・チャールズ・スワード 1936年: エドガー・ジョンソン・アレン 1938年: フレデリック・オーペン・バウワー 1940年: ジェームズ・ピーター・ヒル 1942年: デービッド・M・S・ワトソン 1944年: ジョン・スタンレー・ガーディナー 1946年: ダーシー・トンプソン 1948年: ロナルド・フィッシャー 1950年: Felix Eugen Fritsch 1952年: J・B・S・ホールデン 1954年: エドモンド・ブリスコ・フォード 1956年: ジュリアン・ハクスリー 1958年: ギャヴィン・デ・ビーア 1960年: Edred John Henry Corner 1962年: ジョージ・ゲイロード・シンプソン 1964年: Kenneth Mather 1966年: Harold Munro Fox 1968年: Maurice Yonge 1970年: チャールズ・サザーランド・エルトン 1972年: デイビッド・ラック 1974年: フィリップ・シェパード 1976年: シャーロット・アワーバック 1978年: Guido Pontecorvo 1980年: シューアル・ライト 1982年: John Heslop-Harrison と Yolande Heslop-Harrison 1984年: エルンスト・マイヤー 1986年: ジョン・メイナード=スミス 1988年: ウィリアム・ドナルド・ハミルトン 1990年: ジョン・ハーパー 1992年: 木村資生 1994年: ピーター・ローレンス 1996年: ジョン・サルストン 1998年: Michael Gale と グラハム・ムーア 2000年: ブライアン・チャールズワース 2002年: ピーター・グラント と ローズマリー・グラント 2004年: エンリコ・コーエン と ローズマリー・カーペンター 2006年: ニコラス・バートン 2008年: ジェフリー・パーカー 2010年: ブライアン・クラーク 2012年: Timothy Clutton-Brock 2014年: John Sutherland 関連項目 賞の一覧 外部リンク The Darwin Medal (1890) (英語)。 (Wikipedia:ダーウィンメダル)

ダーウィン・クビアン
ダーウィン・アリクソン・クビアン・サロム(Darwin Harrickson Cubillán Salom , 1972年11月15日 - )は、ベネズエラ出身のプロ野球選手(投手)。 来歴・人物 米国時代 野球を始めたのは19歳とかなり遅く、それまではサッカーのゴールキーパーをしていた。 しかし、ニューヨーク・ヤンキース・アカデミーに知人がいた父の勧めで同アカデミーに行き、球を投げてみたところ、146km/hの球速が出た。アカデミー側は2000ドルで契約すると言い、本人もOKしたため入団が決まった。 その後、2000年にトロント・ブルージェイズでメジャー初昇格を果たした。 阪神時代 2004年オフ、日本に活躍場所を求めて阪神タイガースの秋季キャンプに参加。入団テストを受けて合格し、阪神入りが決まった。名字の「クビアン」が馘首を連想させるため、また進化論を唱えたチャールズ・ダーウィンにあやかって進化を期待され、登録名をダーウィンとした。 (Wikipedia:ダーウィン・クビアン)

ダーウィンフィンチ
『ダーウィンフィンチ類』より : ダーウィンフィンチ類はフウキンチョウ科に属する、フィンチ類に似た(類縁性は薄い)小型種の総称である。南アメリカ沖のガラパゴス諸島・ココ島の島々にのみ生息する。単にダーウィンフィンチとも呼ばれるが、狭義にはこのうちの1種をダーウィンフィンチと呼ぶ。ガラパゴスフィンチ類とも称されるが、1種(ココスフィンチ)はガラパゴス諸島にいないので不適切ともされる。 絶海の孤島で、しかも地質学的には新しい火山諸島であるガラパゴスにこれだけの種が最初から存在したとは考えにくく、また南米に近縁な種が生息することから、ガラパゴス諸島の北東にかつて存在しすでに海没した島々を伝って、200から300万年前に祖先種の一群が渡来し、環境に合わせて適応放散的に進化したことの例証とされる。 名前の由来 ビーグル号の航海の途中にガラパゴス諸島に立ち寄ったチャールズ・ダーウィンに進化論の着想を与えたとしてこの名称がつけられている。 ダーウィン自身は最初フィンチの差異に気づいてはいたが、それぞれが全く別の種の鳥であると考えて重視していなかった。 (Wikipedia:ダーウィンフィンチ)

ダーウィンフィンチ類
ダーウィンフィンチ類はフウキンチョウ科に属する、フィンチ類に似た(類縁性は薄い)小型種の総称である。南アメリカ沖のガラパゴス諸島・ココ島の島々にのみ生息する。単にダーウィンフィンチとも呼ばれるが、狭義にはこのうちの1種をダーウィンフィンチと呼ぶ。ガラパゴスフィンチ類とも称されるが、1種(ココスフィンチ)はガラパゴス諸島にいないので不適切ともされる。 絶海の孤島で、しかも地質学的には新しい火山諸島であるガラパゴスにこれだけの種が最初から存在したとは考えにくく、また南米に近縁な種が生息することから、ガラパゴス諸島の北東にかつて存在しすでに海没した島々を伝って、200から300万年前に祖先種の一群が渡来し、環境に合わせて適応放散的に進化したことの例証とされる。 名前の由来 ビーグル号の航海の途中にガラパゴス諸島に立ち寄ったチャールズ・ダーウィンに進化論の着想を与えたとしてこの名称がつけられている。 ダーウィン自身は最初フィンチの差異に気づいてはいたが、それぞれが全く別の種の鳥であると考えて重視していなかった。 (Wikipedia:ダーウィンフィンチ類)

ダーウィンの進化論
『自然選択説』より : 自然選択説(しぜんせんたくせつ、英: natural selection)とは、進化を説明するうえでの根幹をなす理論。厳しい自然環境が、生物に無目的に起きる変異(突然変異)を選別し、進化に方向性を与えるという説。1859年にチャールズ・ダーウィンとアルフレッド・ウォレスによってはじめて体系化された。自然淘汰説(しぜんとうたせつ)ともいう。日本では時間の流れで自然と淘汰されていくという意味の「自然淘汰」が一般的であるが、本項では原語に従って「自然選択」で統一する。 成り立ち チャールズ・ダーウィンはロンドンでハトの品種改良を観察し、様々な品種の多様な形質に驚いた。またマルサスの人口論を読み、限られた資源を争うのは人間だけでなく全ての生物に当てはまるのではないか、そして人間に優劣があるように、生物も全て平等ではなく、生存と繁殖に有利さの差があるのではないかと考えた。それよりやや遅れてアルフレッド・ウォレスもアマゾンとマレー半島での動植物の観察とやはり『人口論』から同じような概念を持つに至った。 (Wikipedia:ダーウィンの進化論)

ダーウィン (フリゲート)
colspan="2" Image:HMAS Darwin F-04.jpg 300px
colspan="2" 艦歴
1981年7月2日
1982年3月26日
1984年7月21日
colspan="2" 性能諸元
4,100トン
138メートル
14メートル
7.5メートル
ゼネラル・エレクトリックゼネラル・エレクトリック LM2500 LM2500 ガスタービンエンジン ×241,000 hp
29ノット
航続距離
4,500海里(20ノット)
Mk 13発射機(ハープーン (ミサイル) ハープーン、スタンダードミサイル SM-1)ファランクスCIWS×1Mk 32 3連装単魚雷発射管×2OTOメララ76mm砲
184名 +航空要員
搭載機
SH-60 シーホーク S-70B シーホーク
(Wikipedia:ダーウィン (フリゲート))

ダーウィンが来た! ~生きもの新伝説~
『ダーウィンが来た! 〜生きもの新伝説〜』(ダーウィンがきた!いきものしんでんせつ)は、2006年4月9日からNHK総合テレビジョンで放送されている動物番組。放送時間は毎週日曜 19:30–20:00。 放送枠 このジャンルの番組の源流は『自然のアルバム』であり、2010年にその開始から半世紀という節目を迎えた。 前番組の『生きもの地球紀行』、『地球!ふしぎ大自然』は月曜20時台に放送されてきたが、2006年度実施の大幅な番組改定で日曜に移動し、同年4月9日に開始した。 番組内容 前述の番組のスタイルを踏襲し、数々の迫力映像で生き物の素晴らしさを伝えていく。また視聴者から寄せられた情報などを基にしたものも放送される。 放送内容は、NHKが独自取材したもののほか、英BBCなど海外のテレビ局が作成したものも放映される。最新の撮影器具を駆使して取材を行っており、世界で初めて観察された行動など、動物の生態に関する貴重な映像資料となるものも数多い。 (Wikipedia:ダーウィンが来た! ~生きもの新伝説~)

ダーウィンが来た!~生きもの新伝説~
『ダーウィンが来た! ~生きもの新伝説~』より : 『ダーウィンが来た! 〜生きもの新伝説〜』(ダーウィンがきた!いきものしんでんせつ)は、2006年4月9日からNHK総合テレビジョンで放送されている動物番組。放送時間は毎週日曜 19:30–20:00。 放送枠 このジャンルの番組の源流は『自然のアルバム』であり、2010年にその開始から半世紀という節目を迎えた。 前番組の『生きもの地球紀行』、『地球!ふしぎ大自然』は月曜20時台に放送されてきたが、2006年度実施の大幅な番組改定で日曜に移動し、同年4月9日に開始した。 番組内容 前述の番組のスタイルを踏襲し、数々の迫力映像で生き物の素晴らしさを伝えていく。また視聴者から寄せられた情報などを基にしたものも放送される。 放送内容は、NHKが独自取材したもののほか、英BBCなど海外のテレビ局が作成したものも放映される。最新の撮影器具を駆使して取材を行っており、世界で初めて観察された行動など、動物の生態に関する貴重な映像資料となるものも数多い。 (Wikipedia:ダーウィンが来た!~生きもの新伝説~)

ダーウィンが来た!
『ダーウィンが来た! ~生きもの新伝説~』より : 『ダーウィンが来た! 〜生きもの新伝説〜』(ダーウィンがきた!いきものしんでんせつ)は、2006年4月9日からNHK総合テレビジョンで放送されている動物番組。放送時間は毎週日曜 19:30–20:00。 放送枠 このジャンルの番組の源流は『自然のアルバム』であり、2010年にその開始から半世紀という節目を迎えた。 前番組の『生きもの地球紀行』、『地球!ふしぎ大自然』は月曜20時台に放送されてきたが、2006年度実施の大幅な番組改定で日曜に移動し、同年4月9日に開始した。 番組内容 前述の番組のスタイルを踏襲し、数々の迫力映像で生き物の素晴らしさを伝えていく。また視聴者から寄せられた情報などを基にしたものも放送される。 放送内容は、NHKが独自取材したもののほか、英BBCなど海外のテレビ局が作成したものも放映される。最新の撮影器具を駆使して取材を行っており、世界で初めて観察された行動など、動物の生態に関する貴重な映像資料となるものも数多い。 (Wikipedia:ダーウィンが来た!)

ダーウィン主義
『ダーウィニズム』より : ダーウィニズム(Darwinism)とは、チャールズ・ダーウィンに始まる進化の研究に関わるさまざまな現象や概念に対して用いられる語で、用語の意味は時と共に変わり、また誰がどのような文脈で用いるかによっても変わる。ダーウィン主義とも訳される。 この用語は1860年にトマス・ヘンリー・ハクスリーが造り、進化論という概念に初期のスペンサー説とマルサス説を含む意味で使用した。19世紀後半にはラマルキズムと対比的に、自然選択が進化の原動力であると見なす立場を指す語となった。1900年頃にはメンデル遺伝学が発展し、ダーウィニズムは失墜したが、20世紀中頃に集団遺伝学が自然選択説と遺伝学を結び付け、進化論の現代的総合が起こるとダーウィニズムは再評価された。総合説の発展に伴い、再び異なる複数の意味で用いられるようになった。 19世紀のダーウィニズム 1859年以前は、ダーウィニズムはエラズマス・ダーウィンの研究に言及するときに用いられた。現在理解されている意味で用いられたのは、1860年4月のウェストミンスター・レビューでトマス・ヘンリー・ハクスリーがチャールズ・ダーウィンの研究をそう呼んだときからである。 (Wikipedia:ダーウィン主義)

ダーウィンズゲーム
『ダーウィンズゲーム』は、FLIPFLOPsによる日本の漫画作品。『別冊少年チャンピオン』(秋田書店)にて、2013年1月号から連載中。 登場人物 主人公 須藤 要(スドウ カナメ) 高校2年生。同級生で友人のキョウダからの助けに応じてダーウィンズゲームに参加した。異能は触れた物体をコピーして創り出す「火神槌(ヒノカグツチ)」。クラン「サンセットレーベンズ」を結成してリーダーとなる。 「サンセットレーベンズ」 シュカ 16歳の女子高生。ダーウィンズゲームの参加者。「サンセットレーベンズ」のメンバー。戦闘能力がとてつもなく高く、初戦から負け無しで49連勝した事から「無敗の女王」と呼ばれている。異能は紐状の構造物を自在に操る「荊棘の女王(クイーンオブソーン)」。本名:狩野朱歌(カリノ シュカ)。 レイン 中学1年(13歳)の少女。ダーウィンズゲームの参加者。「サンセットレーベンズ」のメンバー。情報収集能力に長けており、ちょっとでも接触したプレイヤーの情報を正確に解析する事から「解析屋」と呼ばれている。 (Wikipedia:ダーウィンズゲーム)

ダーウィン (企業)
株式会社ダーウィン(英語標記 DARWIN Corporation)は、茨城県つくば市に本社を置く事業会社。
犬の血統証をデオキシリボ核酸 DNA解析により補完する事業
社団法人日本シェパード犬登録協会や社団法人日本警察犬協会等を行っている。現在唯一の民間会社。
RFIDとDNA情報との一元管理による動物の個体管理を行う事業
独立行政法人家畜改良センター及び全国規模の日本養豚事業共同組合との共同研究を行い、畜産におけるトレーサビリティ (流通) トレーサビリティ等に利用されている。新しいビジネスモデルそれに付随する技術開発、および知財に強い。ちなみにRFIDにおいて13.56MHzの豚用ICタグで実用化に日本で最初に成功している。
茨城県の企業 たーういん
つくば市 たーういん
(Wikipedia:ダーウィン (企業))

ダーウィンが来た! ~生きもの新伝説~
『ダーウィンが来た! 〜生きもの新伝説〜』(ダーウィンがきた!いきものしんでんせつ)は、2006年4月9日からNHK総合テレビジョンで放送されている動物番組。放送時間は毎週日曜 19:30–20:00。 放送枠 このジャンルの番組の源流は『自然のアルバム』であり、2010年にその開始から半世紀という節目を迎えた。 前番組の『生きもの地球紀行』、『地球!ふしぎ大自然』は月曜20時台に放送されてきたが、2006年度実施の大幅な番組改定で日曜に移動し、同年4月9日に開始した。 番組内容 前述の番組のスタイルを踏襲し、数々の迫力映像で生き物の素晴らしさを伝えていく。また視聴者から寄せられた情報などを基にしたものも放送される。 放送内容は、NHKが独自取材したもののほか、英BBCなど海外のテレビ局が作成したものも放映される。最新の撮影器具を駆使して取材を行っており、世界で初めて観察された行動など、動物の生態に関する貴重な映像資料となるものも数多い。 (Wikipedia:ダーウィンが来た! ~生きもの新伝説~)

ダーウィン賞
ダーウィン賞(ダーウィンしょう、英: Darwin Awards)は、進化論者であるチャールズ・ダーウィンにちなんで名づけられた皮肉の「名誉」であり、愚かな行為により死亡する、もしくは生殖能力を無くすことによって自らの劣った遺伝子を抹消し、人類の進化に貢献した人に贈られる賞である。なお、優れた業績を挙げた生物学者に授与されるダーウィン・メダルとは全く関係が無い。 ダーウィン賞は、都市伝説が広く知られるようになった1985年に、電子メールやニュースグループの議題として作られた。Usenet のふたつの話題、1985年8月7日「Vending Machine tipover」、および1990年12月7日の「JATO Rocket Car」は、早い時期から紹介されていた。「JATO Rocket Car」の話題は1995年から1997年の間、電子メールにより紹介されていた。また1991年から毎年、1999年ダーウィン賞(1999年の場合)などといった題名のメールリストが、匿名で作成されている。 (Wikipedia:ダーウィン賞)


ダーウィン - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ダーウィン - アマゾン検索


「ダーウィン」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す