[PR]

日別キーワード

第37位  マジンガーZ - 2018年02月13日


関連するイメージは見つかりませんでした



マジンガーZ
『マジンガーZ』(マジンガーゼット)は、永井豪の漫画作品の題名、左記と原作者を共にする東映動画(現・東映アニメーション)制作のテレビアニメ作品および桜多吾作によるコミカライズ作品の題名、またこれら3作品で描かれる主役の巨大ロボットの名称。本項では原作者の漫画とテレビアニメーション、および後世影響等について述べる。桜多吾作によるコミカライズ版については作者の項を参照。 作品概要 巨大な人型ロボットに主人公が乗り込み操縦するという、「巨大ロボットアニメ」と呼ばれる分野に分類される初めての作品である。 TV放映は2年近い長期放映となり、続編の『グレートマジンガー』『UFOロボ グレンダイザー』と合わせると4年を越える長期シリーズとなった。永井は本来はシリーズとしては2部、もしくは3部作として構想されており、完結編にはゴッドマジンガーを冠させる予定であったと、文庫版マジンガーZのインタビューなどで語っている。 アニメの方は日本で視聴率が最高30%を超える大ヒットを果たした後、日本以外でも放映され、視聴率80%を稼いだスペインやイタリアなどヨーロッパを初めとして世界各国で人気を博している。 (Wikipedia:マジンガーZ)

マジンガーZ対デビルマン
『マジンガーZ対デビルマン』(英文:Mazinger VS Devilman)は、1973年7月18日に東映まんがまつりの一編として公開された日本のアニメーション映画。 キャッチコピーは「大空に激突するぼくらの人気者」「映画だけでみられる!! ドクターヘル機械獣軍団とデーモン族妖獣の総出撃」。 共に永井豪が原作を担当した、『マジンガーZ』と『デビルマン』のクロスオーバー作品。世界については『Z』がベースとなっており、そこに本作公開時点では終了していたテレビアニメ版『デビルマン』のデビルマンらがゲスト出演する形となっている。『Z』の映画作品としては、本作以前に東映まんがまつりでテレビ版第5話が公開されていたが、劇場オリジナル作品としては本作が初であると同時に、今日では定番となっているテレビアニメの劇場公開用オリジナル作品の先駆けでもある。 本作以前のヒーローものでのクロスオーバーは、『帰ってきたウルトラマン』におけるウルトラマン・ウルトラセブンの登場や『仮面ライダーV3』での仮面ライダー1号・2号の登場といったシリーズ内での登場や、『キングコング対ゴジラ』(怪獣対怪獣)のような同ジャンルでの共演などがほとんどであったが、本作では巨大ロボットと変身ヒーローという異色の組み合わせとなっている。 (Wikipedia:マジンガーZ対デビルマン)

マジンガーZ対暗黒大将軍
『マジンガーZ対暗黒大将軍』(マジンガーゼットたいあんこくだいしょうぐん 英文:Mazinger VS. Dark General)は、1974年7月25日に「東映まんがまつり」にて上映された日本のアニメーション映画作品。 キャッチコピーは「テレビでは見られないグレートマジンガー」「七つの軍団を率いて暗黒大将軍の総攻撃が始まった」「ゆけ! マジンガーZ 戦え! グレートマジンガー」 テレビアニメ『マジンガーZ』の映画オリジナル作品第二弾。本作では、次作『グレートマジンガー』より主人公・剣鉄也とグレートマジンガーをはじめとするキャラクターが登場しており、『マジンガーZ』のテレビ版最終回を先取りした展開となっている。 当時人気絶頂であったフィンガー5にあやかり、この夏のまんがまつり興行は「フィンガー5と遊ぼう!東映まんがまつり」と銘打たれ、フィンガー5の出演映画『フィンガー5の大冒険』がメインに据えられる形で本作が組み込まれている。 (Wikipedia:マジンガーZ対暗黒大将軍)


マジンガーZ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

マジンガーZ - アマゾン検索


「マジンガーZ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す