[PR]

日別キーワード

第43位  古事記 - 2018年02月13日


関連するイメージは見つかりませんでした



古事記
古事記(こじき、ふることふみ)は、日本最古の歴史書である。その序によれば、712年(和銅5年)に太朝臣安萬侶(おほのあそみやすまろ)(太安万侶とも表記)が編纂し、元明天皇に献上された。 『古事記』の原本は現存せず、幾つかの写本が伝わる。成立年代は、写本の序に記された年月日(和銅5年正月28日=ユリウス暦712年3月9日)により、8世紀初めに措定される。内容は、神代における天地(アメツチ)の始まりから推古天皇の時代に至るまでの様々な出来事(神話や伝説などを含む)が紀伝体で記載される。また、数多くの歌謡を含む。なお、『古事記』は「高天原」という語が多用される点でも特徴的な文書である。 『古事記』は『日本書紀』のような勅撰の正史ではないが、序文で天武天皇が、 と詔したと記載があるため、勅撰とも考えられる。史料の上では、序文に書かれた成立過程や皇室の関与に不明な点や矛盾点が多いとする見解もあり、また『日本書紀』における『続日本紀』のような『古事記』の存在を直接証明する物証もないため、古事記偽書説(後述)も唱えられていたが現在では否定されている。 (Wikipedia:古事記)

古事記伝
『古事記伝』(こじきでん、ふることふみのつたえ)は、江戸時代の国学者・本居宣長の『古事記』全編にわたる全44巻の註釈書である。『記伝』と略される。 沿革 1764年(明和元年)に起稿し1798年(寛政10年)に脱稿した。版本としての刊行は1790年(寛政2年)から宣長没後の1822年(文政5年)にかけてである。 医学の修行のために上洛していた宣長は、1756年(宝暦6年)、27歳の時に店頭で『先代旧事本紀』とともに『古事記』の巻を購入した。この頃、宣長は『日本書紀』を読んでおり、賀茂真淵の論考に出会って日本の古道を学び始める。宣長が本格的に『古事記』研究に進むことを決意したのは、1763年(宝暦13年)の、私淑する真淵と「松坂の一夜」ではじめて直接教えを受けた頃である。その翌年、1764年(宝暦14年)から『古事記伝』を起筆し、間に『玉勝間』や『うひ山ぶみ』などの執筆も挟んで1798年(寛政10年)まで35年かけて成立した。 (Wikipedia:古事記伝)

古事記王子
古事記王子(こじきおうじ)は、日本の漫画家。主に成人向け漫画を執筆している。 過去には福原君(ふくはらくん)の名前で、テレビゲームに関する4コマ漫画(非アダルト系)などを多く執筆していた。 作家の変遷 「福原君」時代 双葉社が刊行しているゲームコミック「4コマまんが王国」シリーズで1996年ごろまで多数の漫画を描いている。同シリーズの編集部においても主力作家とみなされていたとみられる。 光文社が刊行しているゲームコミック「4コマギャグバトル」シリーズでも、ザ・キング・オブ・ファイターズ97のアンソロジーなどを手がけている。 ゲーム王国休刊後、ファンに「更なるマンガ修行のため、もう4コマは描きません。」「またいつか、どこかの雑誌で見かけたら…」という手紙を送っている。彼の福原君時代の漫画をきっかけに漫画家を志し、現在漫画家を生業としている者は多い。 「古事記王子」時代 1999年頃より、古事記王子の名前で初の成人向け漫画の処女作「カシミヤ」(晋遊舎)を出版。 (Wikipedia:古事記王子)


古事記 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

古事記 - アマゾン検索


「古事記」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す