[PR]

日別キーワード

第56位  臨機応変 - 2018年02月13日


関連するイメージは見つかりませんでした



臨機応変マン
『臨機応変マン』(りんきおうへんマン)はガモウひろしによる日本の漫画作品。 1985年から1987年まで『フレッシュジャンプ』(集英社)にて連載された。単行本は全4巻。単行本は現在絶版。 『臨機応変タイムズ』という、登場キャラのFOCUSや読者投稿のネタ等を紹介したページがあった。採用されるとTシャツなどが貰えた。コーナーの一つに、読み切り作品『根暗仮面』の主人公である本質追求仮面が、読者の考えた必殺技対決の勝敗をジャッジするコーナーがあった。大家マンの原型となったキャラではあるが、ただ、大家マン(もしくは俵孝太郎)の必殺技はほとんどを勝ちにしてしまう点はあるものの、同一人物かどうかは不明。 連載開始前の読み切りで描かれたりんきには、顔が四角いものがある。 後年発表された『とっても! ラッキーマン』の主人公である追手内洋一と同じ容姿のキャラがモブや脇キャラなどで良く登場する。この洋一と同容姿のキャラは次回作である『スーパーボーヤケンちゃん』にも出てきたが、『ラッキーマン』以降の作品では見かけなくなった。 (Wikipedia:臨機応変マン)


臨機応変 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

臨機応変 - アマゾン検索


「臨機応変」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す