[PR]

日別キーワード

第64位  ダッシュ - 2018年02月13日


関連するイメージは見つかりませんでした



ダッシュ
ダッシュ(DASH、dash) 英語で、勢いよく走ること。 ダッシュ (記号) - 文章中に入れる「–」などの記号。 波ダッシュ - 「〜」の記号。 A' など、文字の右肩に打つ点についてはプライムを参照。 カクテルのレシピで「ひと振り」を表す量。数滴程度。 ダッシュ (洗剤) - ライオンの衣料用洗剤のブランド。 ダッシュ! - 北海道放送(HBCテレビ)で平日早朝に放送されていた情報番組。2003年〜2004年に放送。 テレビ番組『ザ!鉄腕!DASH!!』の略称。また、同番組で開拓している村の名称。→『DASH村』 DASH8 - デ・ハビランド・カナダが開発した旅客機の愛称。→デ・ハビランド・カナダ DHC-8 ストリートファイターIIダッシュ - 対戦型格闘ゲーム。→ストリートファイターII#シリーズ(アーケード版) カプコンのゲーム、ロックマンDASHの愛称、または略称。 ダッシュケイオウ - 慶應義塾大学の応援歌 DASH - アメリカ合衆国のタレント、カーダシアン姉妹(コートニー、キム、クロエ)が所有し、オーナーとして勤めるロサンゼルスのファッションブティック。 (Wikipedia:ダッシュ)

ダッシュ!四駆郎
『ダッシュ!四駆郎』(ダッシュ!よんくろう)は、徳田ザウルスによるミニ四駆を題材とした日本の漫画作品。またそれを原作にしたテレビアニメ。 『月刊コロコロコミック』(小学館)1987年12月号から連載され、同時期の『別冊コロコロコミック』や『コロコロコミック増刊号』にも掲載されている。1991年5月号からは連載時のタイトルに2が付いた。作者急病のため、1992年3月号を以て本誌連載は中断。回復後、完結編が『別冊コロコロコミック』に掲載された。単行本はてんとう虫コミックスより発刊、全14巻。2になった後の回も続けて収録されている。 1989年10月3日よりテレビ東京系全国ネットでテレビアニメを放映開始。製作はテレビ東京およびアウベック / スタッフ21、企画は東急エージェンシー。『月刊コロコロコミック』や田宮模型は2クール放送終了後も続行の意志を持っていたが、東急エージェンシーの都合により1990年3月27日をもって終了した。 (Wikipedia:ダッシュ!四駆郎)

ダッシュ勝平
『ダッシュ勝平』(ダッシュかっぺい)は、六田登による日本の漫画。タツノコプロ製作によりアニメ化されている。 『週刊少年サンデー』(小学館)において、1979年48号から1982年48号まで連載された。単行本は少年サンデーコミックス全17巻、ワイド版全9巻。 また、外伝としての読み切りが1981年11月増刊号から1982年5月増刊号にかけて掲載され、単行本第17巻(ワイド版では第9巻)に収録されている。 主人公の坂本勝平は、高校のバスケットボール部のコーチを務める女性教師のパンツが純白なのを見て同部に入り、その場の機転で続々と秘技を編み出しては難関を突破していく。バスケットボールを扱った漫画の嚆矢だが、内容はスポーツを扱った漫画にありがちなスポ根要素が薄めとなっており、非常にコミカルである。さらに中盤以降は大きく路線変更をする。 外伝では、クールでダンディな外人ジョー・コッカーがメインを張っている。その内容は何がしらの映画のパロディとなっており、本編とは異なる作風となっている。 ストーリー チビでお調子者の青林高校の1年生、坂本勝平は女の子と純白パンティが大好きな天才問題児。 (Wikipedia:ダッシュ勝平)

ダッシュボード (自動車)
ダッシュボード(”dashboardまたはdash board”)は、自動車においてフロントウィンドウ下、前席正面にある内装部品全体を指した名称。運転席正面には通常速度計 スピードメーター、タコメーター、燃料計、水温計、オドメーター 距離計など、自動車の走行に必要な情報を指し示す計器類が配置されている。これら計器類部分をさしてインストルメント・パネル(インパネ)と言う。英国英語ではフェイシア (自動車) フェイシア。
元々は馬車の御者(馬を操る者)を馬が蹴り上げる小石や泥跳ねなどから身を守るために設けられた卸者席前方にある保護板のことで、馬を加速させる際はこの板を踏みつけるようにしたという。自動車草創期にこの板に計器類を取り付けたのが始まりとされる。
(Wikipedia:ダッシュボード (自動車))

ダッシュフォーキャッシュ
ダッシュフォーキャッシュ (Dash For Cash) は、競馬用クォーターホースに大きな影響を残したアメリカ合衆国のクォーターホース系競走馬・種牡馬。1997年クォーターホース殿堂入り。 競走成績 生涯成績は25戦21勝、2着が3回ある。1976年のチャンピオンズオブチャンピオンズ(440ヤード〈約402メートル〉)で21秒17のトラックレコードを記録し、翌1977年にも勝利した。そのほかサンカントリーフューチュリティ、ロスアラミトスダービー、ロスアラミトス招待チャンプ、ラボックダウンズダウンフューチュリティー、ヴェッセルズマチュリティーなどに勝利。獲得賞金は50万7687ドルに達した。1976, 1977年クォーターホース年度代表馬。 おもな勝ち鞍 サンカントリーフューチュリティー (1975) ラボックダウンズダウンフューチュリティー (1975) ロスアラミトスダービー (1976) チャンピオンズオブチャンピオンズ (1976,1977) 種牡馬成績とクォーターホースへの影響 引退後は種牡馬となり、総額250万ドルのシンジケートが組まれた。 (Wikipedia:ダッシュフォーキャッシュ)

ダッシュ・レンダー
ダッシュ・レンダー(Dash Rendar)は映画『スター・ウォーズ』シリーズのスピンオフ小説「スター・ウォーズ シャドウズ・オブ・ジ・エンパイア 帝国の影」およびNINTENDO64用ソフト『スター・ウォーズ 帝国の影』に登場する架空の人物である。
彼は惑星コレリア出身で同郷のハン・ソロと同じように帝国アカデミーに所属し、優秀な成績を残した後、密輸業者になった。
「アウトライダー」という専用の船を持っており、ソロやランド・カルリシアンとは密輸を通して親しくなった。
反乱軍のエコー基地に物資を輸送した直後帝国軍の攻撃が始まってしまったが、無人のスノースピーダーに乗り込み、敵のAT-ATウォーカーを数体撃破。そのため同基地に足止めを食らってしまったが何とか生還し、ソロが帝国軍に捕まった直後に反乱軍と合流。暗殺用ドロイドIG-88やボバ・フェットと死闘を繰り広げた。そして帝国軍の貨物船「スプローサ」に乗り込み、第2デス・スターの情報をつかんだ、その後もルークやランドたちを援助し、コルサントにある「プリンス・シゾール」の宮殿に潜入し、その直後反乱軍と共にスカイフックの戦いに参加。スカイフックの爆破に成功したがその爆破に巻き込まれ死亡したかに見えたが、実際は爆破直前にハイパースペースに逃げており、ルークたちに生存を伝えぬまま姿をくらました。しかし反乱軍への貢献度は大きく、もし反乱軍に残っていればソロやランドと肩を並べる存在になっていたかもしれない。
(Wikipedia:ダッシュ・レンダー)

ダッシュ60ジャイアンツナイター
『GTVダッシュ60 ジャイアンツナイター』より : 『GTVプロ野球スタジアム』(ジーティーヴィー-やきゅう-)は、群馬テレビ(GTV)が放送しているプロ野球中継の題名である。基本的に19時から21時30分の枠で、主として独立UHF放送局が製作するプロ野球中継をネットワーク受けして実況放送を行う。 本項では、2008年まで読売ジャイアンツの東京ドーム主催試合をトップ中継していた「ダッシュ60 ジャイアンツナイター」についても述べる。 群馬テレビでは1971年の開局以来、日本テレビが放送するプロ野球・読売ジャイアンツの東京ドーム(1987年までは後楽園球場)主催試合を対象として、日テレ系列で放送する『PRIDE&SPIRIT 日本プロ野球』(現:Dramatic Game 1844)に先駆けて、18時から19時にトップナイターを行う『ダッシュ60 ジャイアンツナイター』と19時から21時30分の枠で、独立UHF放送局が制作するプロ野球中継をネットワーク受けしてパシフィック・リーグの埼玉西武ライオンズ、北海道日本ハムファイターズ(テレビ埼玉配給・制作)の試合を中継する『GTVパワフルナイター』の2つがあったが、2008年シーズンより2番組を統合してスタートしたのがこの番組である。 (Wikipedia:ダッシュ60ジャイアンツナイター)

ダッシュ60 ジャイアンツナイター
『GTVダッシュ60 ジャイアンツナイター』より : 『GTVプロ野球スタジアム』(ジーティーヴィー-やきゅう-)は、群馬テレビ(GTV)が放送しているプロ野球中継の題名である。基本的に19時から21時30分の枠で、主として独立UHF放送局が製作するプロ野球中継をネットワーク受けして実況放送を行う。 本項では、2008年まで読売ジャイアンツの東京ドーム主催試合をトップ中継していた「ダッシュ60 ジャイアンツナイター」についても述べる。 群馬テレビでは1971年の開局以来、日本テレビが放送するプロ野球・読売ジャイアンツの東京ドーム(1987年までは後楽園球場)主催試合を対象として、日テレ系列で放送する『PRIDE&SPIRIT 日本プロ野球』(現:Dramatic Game 1844)に先駆けて、18時から19時にトップナイターを行う『ダッシュ60 ジャイアンツナイター』と19時から21時30分の枠で、独立UHF放送局が制作するプロ野球中継をネットワーク受けしてパシフィック・リーグの埼玉西武ライオンズ、北海道日本ハムファイターズ(テレビ埼玉配給・制作)の試合を中継する『GTVパワフルナイター』の2つがあったが、2008年シーズンより2番組を統合してスタートしたのがこの番組である。 (Wikipedia:ダッシュ60 ジャイアンツナイター)

ダッシュ (記号)
ダッシュまたはダーシ (dash) は、ある種の横棒状の約物の総称。 また日本ではプライム記号(′)のことを俗にダッシュと呼ぶことがある(ダーシとは呼ばない)。 種類 欧文組版 短いenダッシュ「–」(Unicode U+2013、JIS X 0213 1-1-30) と長いemダッシュ「—」(Unicode U+2014、JIS X 0213 1-1-29) の2つがある。それぞれ、長さが欧文フォントのn、mの幅に等しいことが、名前の由来である。 ハイフン「‐」、マイナス「−」、長音符(音引き)「ー」と字形は似ているが、enダッシュとemダッシュの区別を含め、字形・使用法とも区別される。字形としては、ハイフンはenダッシュより短く、位置が低い。 ASCIIにはどちらも存在しないので、enダッシュはハイフンマイナス「-」で、emダッシュはハイフンマイナス2つ「--」で代用される。 enダッシュが半角、emダッシュが全角とされることがある。 なお、Unicodeの全半角に当たる東アジアの文字幅 (East Asian Width) では、enダッシュはNa(半角)、emダッシュはA(場合による)である。 (Wikipedia:ダッシュ (記号))

ダッシュケイオウ
ダッシュケイオウは、慶應義塾が使用する応援歌。 正式名は「ダッシュKEIO」。慶應義塾大学應援指導部の関係者(作曲は夏目清史)が東京六大学野球の応援で用いる為に製作したオリジナル曲であるが、現在は慶應義塾のチャンステーマとして学校法人慶應義塾の設置している全教育機関で広く歌われている。 歌詞は「○○を倒せ○○を倒せ○○を倒せ(オー!) かっとばすぞ(オー!)かっとばすぞ(オー!) 勝つぞ勝つぞケ・イ・オー!」。○○の部分に対戦相手が入る。ただし、読み仮名が4文字以上になる場合は「を」が省略される(例:法政大学 →法政倒せ となる)。 小史 応援指導部(リーダー部・吹奏楽団・チアリーディング部)は、野球部および塾内を盛り上げるために1966年作成・発表の「ダッシュKEIO」をはじめとして、1977年にはファンファーレの作成、1981年には「突撃のテーマ」、「ファイティング・マーチ」を作り、さらにそれらを組み合わせた連続演奏(チャンスパターン)を完成させ、同年の秋季リーグ戦の応援で初めて披露した。 (Wikipedia:ダッシュケイオウ)

ダッシュ一番歌謡曲
ダッシュ一番歌謡曲(だっしゅいちばんかようきょく)は、岐阜放送ラジオ局 AM岐阜ラジオでダイナミックナイター (ぎふチャン ラジオ) ダイナミックナイターのレインコート番組として放送している音楽番組である。
17時55分~21時30分
パーソナリティは武田治彦
不定期・放送日未定
:ラジオ日本ジャイアンツナイター・ラジオ関西ジャイアンツナイターで中日ドラゴンズ主催試合が放送される場合、AM岐阜ラジオでは放送権がなく中継できないので、その日を利用して放送する。なおRF/CRKともにナイター中継が当日元から行われない場合はRF発のレインコート番組「ナイタースタジオ特集」を送っている。
:なお、2009年は巨人戦の土曜・日曜デーゲームの生中継をRFから裏送り放送(RFは撮って出し録音放送)した試合があり、ナイターの時間にこの番組を放送した事例もある
(Wikipedia:ダッシュ一番歌謡曲)

ダッシュボード
ダッシュボード
自動車の制御パネル。ダッシュボード (自動車)を参照。
Mac OS Xの機能。Dashboardを参照。
デジタルダッシュボード - 経営者向けの情報表示ソフトウェア
Dashboard
Dashboard (disambiguation)
es:Dashboard
Tableau de bord (homonymie)
ko:대시보드
(Wikipedia:ダッシュボード)

ダッシュ村
『』より : (Wikipedia:ダッシュ村)


ダッシュ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ダッシュ - アマゾン検索


「ダッシュ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す