[PR]

日別キーワード

第1位  ショートプログラム - 2018年02月17日


関連するイメージは見つかりませんでした



ショートプログラム
ショートプログラム(Short Program)は、フィギュアスケートの男子シングル、女子シングル、ペアで行われる種目のひとつ。1989年から1992年シーズンはオリジナルプログラム(Original Program)、1993-1994年シーズンはテクニカルプログラム(Technical Program)と呼ばれた。 1960年代初頭、男子シングルと女子シングルはコンパルソリーフィギュアとフリースケーティングの2種目、ペアはフリースケーティングの1種目のみで争われていた。 1963-64年シーズンからペアにショートプログラムの前身であるコネクテッドプログラム(Connected Program)を採用し2種目で争われることになったが、男子シングルならびに女子シングルはコンパルソリーフィギュアとフリースケーティングの2種目のままであった。 (Wikipedia:ショートプログラム)


ショートプログラム - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  宇野昌磨 - 2018年02月19日


関連するイメージは見つかりませんでした



宇野昌磨
宇野 昌磨(うの しょうま、1997年12月17日 - )は、日本のフィギュアスケート選手(男子シングル)。愛知県名古屋市出身。血液型はB型。 主な実績に2015年世界ジュニア選手権・2014年ジュニアグランプリファイナル各優勝、2014年全日本選手権2位。2015年グランプリファイナル3位。2015年全日本選手権2位。 名古屋市立冨士中学校、中京大学附属中京高等学校を卒業。2015年4月に同じくスケート選手の新田谷凜、加藤利緒菜、磯邉ひな乃等と共に中京大学スポーツ科学部へ入学。憧れの選手は高橋大輔。 5歳の頃に遊びに行ったスケートリンクで、浅田真央に声をかけられてスケートを始めた。偏食の傾向があり、野菜が苦手だが改善を図っている。 技術・演技 2種類の4回転ジャンプ(フリップ、トウループ)と6種類の3回転ジャンプをとぶことができる。 4回転ジャンプについては、フリップとトウループが跳べるほか、現在ループも練習中であり、2016年四大陸選手権の公式練習では着氷を成功させた。 (Wikipedia:宇野昌磨)


宇野昌磨 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  Android - 2018年02月19日


関連するイメージは見つかりませんでした



Android
Android(アンドロイド)は、Googleによってスマートフォンやタブレットなどの携帯情報端末を主なターゲットとして開発されたプラットフォームである。カスタマイズ版Linuxカーネル、ライブラリやフレームワークその他のミドルウェア、ART仮想マシン、主要なアプリケーションからなるソフトウェアスタック(集合)パッケージで構成されている。2015年現在、スマートフォン用のOSとしては、世界シェア1位である。 2003年にアンディ・ルービン、リッチ ・マイナー、ニック・シアーズ、クリス・ホワイトがアメリカカリフォルニア州パロアルトに携帯電話向けソフトウェアプラットフォームを開発するAndroid社を設立した。2005年にGoogleがAndroid社を買収し、一時はGoogleが「gPhone」という独自の携帯電話端末の開発を進めているという憶測が流れた。 2007年11月5日 携帯電話用ソフトウェアのプラットフォームであるAndroidを、Google、米クアルコム、独通信キャリアのT-モバイル (T-Mobile International) などが中心となり設立した規格団体 「Open Handset Alliance」(オープン・ハンドセット・アライアンス、OHA)が発表した。 (Wikipedia:Android)

Androidのバージョン履歴
この項目ではGoogleが開発した、スマートフォンやタブレットコンピュータに代表されるモバイル機器向けのオペレーティングシステムであるAndroidのバージョン履歴について扱う。 一部の例外を除き、Android Developers[1]やGoogleから発表されている標準のAndroidについて記述する。サードパーティ(メーカーまたはキャリア)が独自に追加・改変した機能は含まない。 歴代のコードネームのうち、1.5 Cupcakeからは頭文字がバージョンの発表順にCからのアルファベット順で始まる菓子の名前が付けられており、それぞれにマスコットのロボット(正式名称なし)がコードネームの菓子に扮している。 正式リリース前のバージョン(2007年から2008年) Android ベータ版 Androidのベータ版は、2007年11月5日よりリリースした。また同年11月12日より、ソフトウェア開発キット (SDK) をリリースした。11月5日はAndroidの誕生日として祝われた。 2007年11月16日:M3-rc22a 2007年12月14日:M3-rc37a 2008年2月13日:M5-RC14 2008年3月3日:M5-RC15 2008年8月18日:0.9 2008年9月23日:1.0-R1 Android 1.0 Androidの最初のバージョンは2008年9月23日に公開された。 (Wikipedia:Androidのバージョン履歴)

Android One
Android One(アンドロイド ワン)は、Googleが選定したハードウェアメーカーとの協力の上で発売している、Android搭載端末のOEMブランドである。ハイエンドモデルのGoogle Nexusと異なり、主に開発途上国市場での流通を目的とした、ミドルからローエンドの低価格帯スマートフォンである。 Android Oneはインドやフィリピン、インドネシアなどの開発途上国市場に提供される。これらの国では裕福層が少なく、高価な端末を購入できる人が少ない。逆に安い端末となると性能が低すぎる上にアップデートが提供されない問題が起きている。Googleはこれらの問題を解消するために、Android Oneを市場に展開した。 Android Oneの製造メーカーは、MicromaxやKarbonn、Spiceなど中東やアジアを中心とし、Nexusと同様に様々である。パートナー企業は前述の3つの加えて、エイサー、Alcatel Onetouch、ASUS、HTC、Intex、Lava、レノボ、パナソニック、Xolo、クアルコムも参加している。 (Wikipedia:Android One)


Android - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  ソルヴェイグ - 2018年02月19日


関連するイメージは見つかりませんでした




ソルヴェイグ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  ヒヨドリ - 2018年02月19日


関連するイメージは見つかりませんでした



ヒヨドリ
ヒヨドリ(鵯、Hypsipetes amaurotis)は、スズメ目ヒヨドリ科ヒヨドリ属に分類される鳥類。 分布 日本、サハリン、朝鮮半島南部、台湾、中国南部、フィリピンの北部(ルソン島)に分布する。日本国内では留鳥または漂鳥としてごく普通に見られるが、他の地域での生息数は少ない。 形態 全長は約27.5 cm (27-29 cm)。翼開長は約40 cm。尾は長めで(尾長10.9-12.5cm)、ムクドリやツグミより体型はほっそりしている。くちばしは黒くて先がとがる。雌雄同色。頭部から胴体は灰色の羽毛に覆われるが、頬に褐色の部分があり、よく目立つ。また、頭頂部の羽毛は周囲よりやや長く、冠羽となっている。翼や尾羽は灰褐色をしている。南に生息する種は、北に生息する種より体色が濃い(グロージャーの法則)。 日本の亜種 Hypsipetes amaurotis amaurotis (Temminck, 1830) ヒヨドリ(基亜種) 北海道、南千島(国後島ではまれな旅鳥)、本州、粟島、佐渡、隠岐、見島、四国、九州、対馬、壱岐、五島列島、屋久島、種子島、伊豆諸島に生息する。 (Wikipedia:ヒヨドリ)

ヒヨドリ科 (Sibley)
ヒヨドリ科(Pycnonotidae)は、鳥類の分類名のひとつ。
スズメ目 (Sibley) スズメ目>
スズメ亜目 (Sibley) スズメ亜目>
スズメ小目 (Sibley) スズメ小目>
ウグイス上科 (Sibley) ウグイス上科>
ヒヨドリ科 (Sibley) ヒヨドリ科
”Pycnonotus zeylanicus”, w:Straw-headed Bulbul, キガシラヒヨドリ
”Pycnonotus striatus”, w:Striated Bulbul, タテフヒヨドリ
”Pycnonotus leucogrammicus”, w:Cream-striped Bulbul, タテジマヒヨドリ
”Pycnonotus tympanistrigus”, w:Spot-necked Bulbul, スマトラヒヨドリ
”Pycnonotus melanoleucos”, w:Black-and-white Bulbul, モンツキヒヨドリ
”Pycnonotus priocephalus”, w:Grey-headed Bulbul, ハイガシラヒヨドリ
”Pycnonotus atriceps”, w:Black-headed Bulbul, ズグロヒヨドリ
(Wikipedia:ヒヨドリ科 (Sibley))

ヒヨドリバナ
名称 ヒヨドリバナ
色 lightgreen
界 植物界 :w:Plantae Plantae
門 被子植物門 :w:Magnoliophyta Magnoliophyta
綱 双子葉植物綱 :w:Magnoliopsida Magnoliopsida
目 キク目 :w:Asterales Asterales
科 キク科 :w:Asteraceae Asteraceae
属 ヒヨドリバナ属 ”:w:Eupatorium Eupatorium”
種 ヒヨドリバナ ”E. makinoi”
学名 ”Eupatorium makinoi”
和名 ヒヨドリバナ(鵯花)
英名
ヒヨドリバナ(鵯花、学名:”Eupatorium makinoi”)とはキク科の多年草。日本各地の林道の脇、草原や渓流沿いなどの日当たりの良い場所に自生する。
高さは1mほど。茎葉は細長く立ち上がり、葉は対生し、あらい鋸歯がある。花期は8~10月頃。フジバカマに似ているが、フジバカマの葉は3裂するのに対して本種は裂けないので区別できる。
ヒヨドリバナは、無性生殖型と有性生殖型があり、形態に変異が多い。
(Wikipedia:ヒヨドリバナ)

ヒヨドリ科
『』より : ヒヨドリ科(ヒヨドリか、Pycnonotidae)は、動物界脊索動物門鳥綱スズメ目に属する科。模式属はシロガシラ属。 分布 アフリカ大陸、ユーラシア大陸南部、インドネシア、セーシェル、日本、フィリピン、マダガスカル 形態 体長は15-28cm。頸部は短い。尾羽はやや長く12枚。翼は短く丸みを帯びる。初列風切は10枚で、一番外側の初列風切(P10)が非常に短い。 嘴は細長く、やや下方へ湾曲する(カヤノボリ属は例外的に太い嘴を持つ)。後肢は短い。 卵は分厚い殻で覆われる。 分類  Andropadus Andropadus montanus,ミヤマアオヒヨドリ,Cameroon Greenbul Andropadus kakamegae, カカメガミドリヒヨドリ, Kakamega Greenbul Andropadus masukuensis,ミドリヒヨドリ, Shelley's Greenbul Andropadus virens, ヒメアオヒヨドリ,Little Greenbul Andropadus hallae, Hall's Greenbul Andropadus gracilis, ヒメハイヒヨ, Grey Greenbul Andropadus ansorgei, チャイロアオヒヨ, Ansorge's Greenbul Andropadus curvirostris, ウスグロヒヨ, Plain Greenbul Andropadus gracilirostris,ハシボソアオヒヨ,Slender-billed Greenbul Andropadus importunus,ウスグロアオヒヨ, Sombre Greenbul Andropadus latirostris, キスジアオヒヨ, Yellow-whiskered Greenbul Andropadus tephrolaemus, ハイノドヒヨ, Grey-throated Greenbul Andropadus nigriceps, クロガシラアオヒヨ, Mountain Greenbul Andropadus chlorigula,ミナミアオノドヒヨ,Green-throated Greenbul Andropadus olivaceiceps, Olive-headed Greenbul Andropadus milanjensis,ホオスジアオヒヨ, Stripe-cheeked Greenbul  Bleda - ハイガシラヒゲヒヨドリ、ヒゲヒヨドリ、ミドリオヒゲヒヨドリ  Chlorocichla - タノシアオヒヨドリ、プリゴジンアオヒヨドリ  Criniger - キイロヒゲヒヨドリ ヒヨドリ属 Hypsipetes Hypsipetes amaurotis,ヒヨドリ,Brown-eared Bulbul -他  Ixos - ヤブヒヨドリ  Phyllastrephus - コバネマダガスカルヒヨドリ、ススケマダガスカルヒヨドリ、ハイガシラマダガスカルヒヨドリ シロガシラ属 Pycnonotus Pycnonotus zeylanicus, キガシラヒヨドリ,Straw-headed Bulbul Pycnonotus striatus, タテフヒヨドリ,Striated Bulbul Pycnonotus leucogrammicus,タテジマヒヨドリ,Cream-striped Bulbul Pycnonotus cyaniventris,ハイムネヒヨドリ,Grey-bellied Bulbul Pycnonotus jocosus,コウラウン,Red-whiskered Bulbul Pycnonotus xanthorrhous,ノドジロヒヨドリ,Brown-breasted Bulbul Pycnonotus sinensis,シロガシラ,Light-vented Bulbul Pycnonotus taivanus,クロガシラ,Styan's Bulbul Pycnonotus barbatus,アフリカヒヨドリ,Garden Bulbul Pycnonotus simplex,メジロチャイロヒヨ,Cream-vented Bulbul Pycnonotus brunneus,アカメチャイロヒヨ,Red-eyed Bulbul Pycnonotus erythropthalmos,コアカメチャイロヒヨ,Spectacled Bulbul-他 カヤノボリ属 Spizixos Spizixos canifrons,カンムリカヤノボリ,Crested Finchbill Spizixos semitorques,カヤノボリ,Collared Finchbill エリゲヒヨドリ属 Tricholestes Tricholestes criniger,エリゲヒヨドリ, Hairy-backed Bulbul 生態 森林や藪地に生息する。 (Wikipedia:ヒヨドリ科)


ヒヨドリ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す