[PR]

日別キーワード

第1位  小平奈緒 - 2018年02月19日


関連するイメージは見つかりませんでした



小平奈緒
小平 奈緒(こだいら なお、1986年5月26日 - )は、長野県茅野市出身のスピードスケート選手。バンクーバーオリンピック女子団体パシュート銀メダリスト。信州大学教育学部卒業。相澤病院所属。 新谷純夫(新谷志保美の父親)を師とし、茅野市立北部中学校(2年)で500mの中学記録を樹立。 2001年(中学2年時)には全日本ジュニア(スプリント部門)で当時高校生の吉井小百合を破り、史上初の中学生王者に輝く。 伊那西高等学校ではインターハイで500mと1000mの2冠獲得、全日本ジュニアでも優勝を飾る。 高校卒業後に富士急行と三協精機から勧誘されたが、教員になる夢を捨てず、清水宏保を育てた結城匡啓監督がいる信州大学教育学部へ進学。1年時に第25回日本学生氷上競技選手権大会500mと1000mの2冠も達成。 2年時の2006年10月には全日本スピードスケート距離別選手権大会1000m優勝。 4年時の2008年10月24日、全日本スピードスケート距離別選手権大会1500m優勝。 (Wikipedia:小平奈緒)


小平奈緒 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  フェブラリーステークス - 2018年02月21日


関連するイメージは見つかりませんでした



フェブラリーステークス
フェブラリーステークスは、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GI)である。 競走名の「フェブラリー(February)」は、2月を意味する英語。 正賞は日本馬主協会連合会会長賞、地方競馬全国協会理事長賞、全国公営競馬主催者協議会会長賞、日本地方競馬馬主振興協会会長賞。 JRAが施行するダート重賞競走では、最も古い歴史を持つ競走である。 1984年に前身となる「フェブラリーハンデキャップ」が創設、東京競馬場のダート1600mで施行され、当初はGIIIの格付けだった。1994年にGIIへ昇格するとともに負担重量も別定に変更、名称も「フェブラリーステークス」に改称された。 その後、中央競馬と地方競馬の交流競走が拡大されるなか、1997年には中央競馬のダート重賞競走として初めてGIに格付けされ、負担重量も定量に変更、国内の上半期のダート最強馬決定戦に位置付けられた。 (Wikipedia:フェブラリーステークス)


フェブラリーステークス - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  小倉大賞典 - 2018年02月21日


関連するイメージは見つかりませんでした



小倉大賞典
小倉大賞典(こくらだいしょうてん)は、日本中央競馬会(JRA)が小倉競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GIII)である。 正賞は福岡県知事賞。 1967年に4歳(現3歳)以上の馬による重賞競走として創設。マイル - 中距離路線での飛躍を狙う馬にとって重要な競走とされている。 施行場・距離・施行時期・競走条件は幾度かの変遷を経て、2000年以降は2月の小倉開催で定着している。 外国産馬は1999年と2000年、および2005年以降出走可能となり、2009年からは外国馬も出走可能な国際競走となった。 競走条件 以下の内容は、2016年現在のもの。 出走資格:サラ系4歳以上 JRA所属馬 外国調教馬(8頭まで、優先出走)負担重量:ハンデキャップ 賞金 2016年の1着賞金は4100万円で、以下2着1600万円、3着1000万円、4着620万円、5着410万円。 (Wikipedia:小倉大賞典)


小倉大賞典 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  citrus - 2018年02月21日


関連するイメージは見つかりませんでした




citrus - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  芥川賞 - 2018年02月21日


関連するイメージは見つかりませんでした



芥川賞
『芥川龍之介賞』より : 芥川龍之介賞(あくたがわりゅうのすけしょう)、通称芥川賞は、純文学の新人に与えられる文学賞である。文藝春秋社内の日本文学振興会によって選考が行われ、賞が授与される。 沿革 大正時代を代表する小説家の一人・芥川龍之介の業績を記念して、友人であった菊池寛が1935年に直木三十五賞(直木賞)とともに創設し以降年2回発表される。第二次世界大戦中の1945年から一時中断したが1949年に復活した。新人作家による発表済みの短編・中編作品が対象となり、選考委員の合議によって受賞作が決定される。受賞者には正賞として懐中時計、副賞として100万円(2011年現在)が授与され受賞作は『文藝春秋』に掲載される。 選考委員は小川洋子、奥泉光、川上弘美、島田雅彦、高樹のぶ子、堀江敏幸、宮本輝、村上龍、山田詠美の9名(2012年上半期から)。選考会は、料亭『新喜楽』の1階で行われる(直木賞選考会は2階)。受賞者の記者会見とその翌月の授賞式は、長く東京會舘で行われていたが、同館の建て替えにともない現在は帝国ホテルで行われている。 (Wikipedia:芥川賞)

芥川賞の受賞者一覧
芥川賞の受賞者一覧(あくたがわしょうのじゅしょうしゃいちらん)では、芥川賞各回の受賞者、候補者、選考委員を含めた詳細な一覧を掲載する。簡易な一覧は芥川龍之介賞#受賞者一覧を参照。 上半期は各年7月、下半期は翌年1月に受賞作が発表される。 受賞者・候補者の末尾の数字はその時点で候補になった回数を示している。(初)は初候補。予備候補など最終候補以外のものは考慮していない。 作品が文学界新人賞や群像新人文学賞などの公募新人賞を受賞している場合は初出誌にその旨を併記。野間文芸新人賞や三島由紀夫賞など、他の非公募の文学賞を受賞した場合は備考欄に記す。 1930年代 第1回(1935年上半期) 受賞:石川達三 「蒼氓」(『星座』1935年4月号) 候補(受賞者、予備候補者を除く。以下同じ) 外村繁 「草筏」(『世紀』1935年3月号、4月号) 高見順 「故旧忘れ得べき」 (『日暦』7号-10号) 衣巻省三 「けしかけられた男」(『翰林』1934年10月号-1935年5月号) 太宰治 「逆行」(『文藝』1935年2月号) 備考:第1回はブラジル移民を題材にした石川達三「蒼氓」が受賞。 (Wikipedia:芥川賞の受賞者一覧)


芥川賞 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す