[PR]

日別キーワード

第1位  パシュート - 2018年02月22日


関連するイメージは見つかりませんでした




パシュート - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  大杉漣 - 2018年02月24日


関連するイメージは見つかりませんでした



大杉漣
大杉 漣(おおすぎ れん、1951年9月27日 - )は、日本の俳優、タレント。本名は大杉 孝。徳島県小松島市出身。明治大学中退。身長178cm、体重72kg。血液型はB型。ザッコ所属。 劇団活動との出会い 1970年代に人気を呼んでいた、蜷川幸雄、寺山修司、唐十郎らの演劇に通い、1973年、雑誌『新劇』に掲載されていた太田省吾の記事に感銘を受け、太田の劇団員募集広告に応募し研修生として採用される。同年6月、22歳で別役実作品『門』の「娼婦を買いに来る客A」役で舞台デビューを果たした。1974年、太田省吾が転形劇場を創設するにあたって初期メンバーとして参加。台詞なしに静かに舞台を歩んで演じる「沈黙劇」を原点として、舞台俳優としての本格的な活動を始め、転形劇場での活動に打ち込み全公演に出演した。同劇場の演目『小町風伝』は岸田戯曲賞を受賞している。 下積時代 呑み仲間を通じて知己となった高橋伴明に誘われ、1980年に新東宝映画のピンク映画『緊縛いけにえ』で映画俳優としてデビューした。 (Wikipedia:大杉漣)


大杉漣 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  金子兜太 - 2018年02月24日


関連するイメージは見つかりませんでした



金子兜太
金子 兜太(かねこ とうた、1919年(大正8年)9月23日 - )は、埼玉県出身の俳人。加藤楸邨に師事、「寒雷」所属を経て「海程」を創刊、主宰。戦後の社会性俳句運動、前衛俳句運動において理論・実作両面で中心的な役割を果たし、その後も後身を育てつつ第一線で活動している。上武大学文学部教授、現代俳句協会会長などを歴任。現代俳句協会名誉会長、日本芸術院会員、文化功労者。小林一茶、種田山頭火の研究家としても知られる。 1919年9月23日、埼玉県比企郡小川町の母の実家にて、父・元春、母・はるの長男として生まれる。2歳から4歳までその父の勤務地であった上海で、帰国して以降は秩父の地で育つ。父・元春は開業医で、「伊昔紅(いせきこう)」という俳号を持つ俳人。水原秋桜子の「馬酔木」に所属し、1930年に自身の俳誌「若鮎」を創刊している。また秩父音頭の復興者としても知られている人物である。 旧制熊谷中学、旧制水戸高等学校文科乙類を経て、1943年に東京帝国大学経済学部を卒業。高校在学中の1937年、一級上の出澤三太に誘われて同校教授宅の句会に参加し、はじめて句作。 (Wikipedia:金子兜太)


金子兜太 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  在日米軍 - 2018年02月24日


関連するイメージは見つかりませんでした



在日米軍
在日米軍(ざいにちべいぐん、United States Forces Japan、略称USFJ)は、日米地位協定(旧日米行政協定)に基づき戦後も日本国内に駐留するアメリカ合衆国軍である。 在日米軍は、在日アメリカ軍、または条約などでは日本国における合衆国軍隊ともいい、日米安全保障条約第6条により日本国内に駐留するアメリカ軍の総称である。陸軍・海軍・空軍・海兵隊・沿岸警備隊の合衆国五軍全てが展開している。指揮系統としては、アメリカ太平洋軍の傘下にある。 なお、日本には、横田飛行場に常駐している4人の国連軍駐日武官、係争中の領土(竹島、北方領土等)を除き、米軍以外に駐留する外国軍は存在しない。 在日米軍司令官は第5空軍司令官が代々兼務しており、空軍中将が就いている。現任司令官は、サルヴァトーレ・“サム”・アンジェレラ中将。前任者であるバートン・フィールド中将の後任として、2012年7月に就任した。 アメリカ合衆国海軍が使用する横須賀海軍施設(第七艦隊空母ロナルド・レーガン母港)、厚木航空施設(空母艦載機本拠)をはじめ、空軍・沿岸警備隊が使用する横田基地(在日米軍司令部・国連軍後方司令部が所在)、空軍嘉手納基地、海兵隊岩国基地、陸軍キャンプ座間、トリイステーションなど、ロシア連邦・中華人民共和国・中華民国・朝鮮民主主義人民共和国・大韓民国・フィリピン・ベトナム社会主義共和国にも近い関係上、東アジア・東南アジア・東シナ海・南シナ海・太平洋方面の要所であり、アジア有事の際には最重要拠点としての役割も持っている。 (Wikipedia:在日米軍)

在日米軍再編
在日米軍再編(ざいにちべいぐんさいへん)とは、米国が、米軍配置を再検討し軍事戦略の転換を図る世界規模のトランスフォーメーション(米軍再編)の一環として、在日米軍の態勢や基地機能を再編成することである。 再編協議 1991年のソ連崩壊による冷戦終結や2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件後の安全保障環境の変化、軍事技術の進歩に対応し、特に2001年以降、米国防総省は冷戦型の米軍配置を世界的に見直す作業の本格化に着手。その目的は、太平洋(東シナ海・北朝鮮・台湾海峡)からインド洋、中東(北アフリカ・カフカス含む)に連なるテロや大量破壊兵器の温床として米国が警戒する地域(「不安定の弧」と呼ぶ)に即応可能な指揮機能・後方支援機能を、在日米軍が自衛隊と共同して構築するところにある。米軍再編が急ピッチで進むに伴い、日米両政府は不安定の弧を焦点に、自衛隊と在日米軍の役割分担や、在日米軍基地の再編の見直しについて協議を重ねてきた。 日米両国は米国防総省で2005年10月29日(米国時間)、外務・防衛担当の4閣僚(日本側:外務大臣、防衛庁長官、米側:国務長官、国防長官)による日米安保協議委員会(2プラス2 - US-Japan SCC )を開催し、在日米軍と自衛隊の再編についての基本的な考え方や当面の二国間の安全保障・防衛協力で態勢強化に不可欠な措置をまとめた中間報告「日米同盟: 未来のための変革と再編」 で合意、再編計画の大枠を決めた。 (Wikipedia:在日米軍再編)

在日米軍のNHK受信料問題
在日米軍のNHK受信料問題(ざいにちべいぐんのNHKじゅしんりょうもんだい)とは、在日米軍がNHK受信契約を拒否している問題である。 在日米軍はNHK受信契約を拒否しており、契約が存在しないので、当然のことながらNHK受信料を払っていない。 ここで問題になっているのは、基地内にある軍人住宅のテレビについてである。もともと、在日米軍は協定により、各種の租税を免除されている。しかし、NHKとしては、受信料は税金ではなく、視聴者の負担金であるとして契約を求めてきた(NHK受信料が税金ではない根拠の一つとして、消費税を課せられていることが挙げられる)。 地域によっては英語のパンフレットを作成し、契約を呼びかけたので、各基地の軍人からは司令部に問い合わせが寄せられた。それに対する司令部の結論は「契約・支払いは不要」というものであった。米国には受信契約を義務付けられた公共放送がなく(National Public Radioや公共放送サービスも受信料徴収はしていない)、契約に対する義務という概念が軍人たちに理解できなかったようである。 (Wikipedia:在日米軍のNHK受信料問題)

在日米軍裁判権放棄密約事件
在日米軍裁判権放棄密約事件(ざいにちべいぐん さいばんけんほうき みつやくじけん)とは、日本が在日米軍の裁判権について、「重要な案件以外」放棄していることが、アメリカ合衆国の公文書公開で明らかにされた事件。歴代の自由民主党政権は、密約の存在を否定していた。 以前より日本政府と在日米軍との間における、裁判権に関わる隠された合意事項(以降「密約」と呼ぶ)の存在は指摘されていたが、2008年、国際問題研究家の新原昭治がアメリカ国立公文書記録管理局で、米国側の機密指定解除により公開された公文書から、この指摘を裏付ける記述を発見してからこの問題がおおやけにされた。 経緯および内容 新原の調査によると、1953年に日本政府は在日米軍将兵の関与する刑事事件について、「重要な案件以外、また日本有事に際しては全面的に、日本側は裁判権を放棄する」とする密約に合意した。 (Wikipedia:在日米軍裁判権放棄密約事件)


在日米軍 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  アメリカ合衆国大統領 - 2018年02月24日


関連するイメージは見つかりませんでした



アメリカ合衆国大統領
アメリカ合衆国大統領(アメリカがっしゅうこくだいとうりょう、英語: President of the United States of America, 略:"POTUS")は、アメリカ合衆国の国家元首であり行政府の長である。現職は2009年1月20日より第44代バラク・H・オバマが在任。 アメリカ合衆国大統領選挙(以下「大統領選挙」)によって選出される。 資格 大統領選挙の被選挙権は、35歳以上かつアメリカ合衆国国内における在留期間が14年以上で、出生によるアメリカ合衆国市民権保持者である。この「出生による市民権保持者」とは、国内で出生したため(アメリカ合衆国の採用する)出生地主義に基づき国籍を得た者か、もしくは合衆国市民を両親として海外で出生した者である。すなわち、生まれた時点においてアメリカ合衆国籍でなければ大統領候補の資格がない。経過規定として、アメリカ合衆国憲法制定当時に合衆国市民であった者(13植民地当時からの在住者)はその限りではなく資格を得るとされているが、これは前述の規定と同義。 (Wikipedia:アメリカ合衆国大統領)

アメリカ合衆国大統領選挙
アメリカ合衆国大統領選挙(アメリカがっしゅうこくだいとうりょうせんきょ、United States presidential election)は、アメリカ合衆国大統領を選出するための選挙。この選挙は、具体的には数次のプロセスに分かれているが、一般に、4年毎、11月に行われる一連の選挙手続き、予備選挙となる立候補者選出および立候補者による選挙運動から選挙人による本選挙・投票・開票までの全プロセスの総称である。 各年次の大統領選挙に関する詳細は、末尾のテンプレート、または結果の表の「年」の列からリンクされている個別の記事を参照。 アメリカ合衆国憲法第二条:大統領と副大統領の任期 大統領選挙はアメリカ合衆国憲法第2条の第1節、修正第12条、同第22条および同第23条に規定される。大統領および副大統領は4年の任期を務める。 選挙の規定 選挙権と被選挙権 大統領選挙の選挙権は、米国籍者に限り、永住権者には選挙権が無い。 (Wikipedia:アメリカ合衆国大統領選挙)

アメリカ合衆国大統領首席補佐官
アメリカ合衆国大統領首席補佐官(アメリカがっしゅうこくだいとうりょうしゅせきほさかん、英:White House Chief of Staff)は、大統領の職務を補佐する大統領補佐官である。首席補佐官は、必要な時にはいつでも大統領に会うことができるなど、ウエストウイング(ホワイトハウス西棟のこと。ホワイトハウス行政府の通称)を実質的に取り仕切る職務であり、ホワイトハウス職員のトップに立つ人物である。首席補佐官の下には数名の次席補佐官が置かれる。 2014年現在の首席補佐官は、デニス・マクドノーである。 首席補佐官の職務内容と歴史 首席補佐官の職務内容は非常に広範囲にわたるが、一般的に首席補佐官は他のホワイトハウス職員を監督・統括し、大統領のスケジュールを取り扱い、大統領と訪問者との面会を調整する。この大統領と訪問者の面会を調整するという職務ゆえに、首席補佐官は「大統領の砦」と呼ばれることがある。非公式には首席補佐官は大統領と最も親しい政策アドバイザーの中の1人であって、また個人的にも友人であることが多い。 (Wikipedia:アメリカ合衆国大統領首席補佐官)

アメリカ合衆国大統領予備選挙
アメリカ合衆国大統領予備選挙(アメリカがっしゅうこくだいとうりょうよびせんきょ、英:United States presidential primary)は、アメリカ合衆国の政党内において、その党の公認するアメリカ合衆国大統領候補を選出するための一連の手続をいう。 「予備選挙」という概念は、各州での代議員選出方式である予備選挙(英:primary)ないしは党員集会(英:caucus)を個別にさす場合があるが、ここでは、各州での代議員選出過程を経て、党大会におき政党の正式な大統領候補として選出されるまでの一連の手続を総称する概念として述べる。 アメリカ合衆国は二大政党制であり、民主党と共和党の両党の大統領候補がアメリカ合衆国大統領選挙における二大有力候補となり、そのいずれかが当選して大統領となることが長年(1852年の第14代フランクリン・ピアース大統領以降)続いている。 (Wikipedia:アメリカ合衆国大統領予備選挙)

アメリカ合衆国大統領のペット
この項目は、任期中に飼っていたアメリカ合衆国大統領及びその家族のペットの一覧である。 ホワイトハウスの犬の歴史 1944年、フランクリン・ルーズベルトは4期目の選挙に出馬していたのだが、アリューシャン列島を訪れたときにペットのファラ(スコティッシュ・テリア)をうっかり置いてきてしまったという噂が流れていた。ルーズベルトは自分の犬を救うため船を送り返して捜索したと伝えられているが、そのために多くの税金を費やしたとからかわれ、非難された。ルーズベルトはスピーチで、「あなた方が私や妻、私の家族を批判するのはかまわない。しかし、私の小さな犬を批判してどうなるのか。そういうかかった費用がどうこうという意見に、スコッチ・テリアの小さな魂はまさに激怒している」と語った。報じられた内容によれば、「ファラ・スピーチ」と呼ばれたこのスピーチは、彼の選挙に大きな影響を与えた。 リチャード・ニクソンは、1952年の副大統領立候補中(大統領はドワイト・D・アイゼンハワー)に、裏金を隠したとして非難された。 (Wikipedia:アメリカ合衆国大統領のペット)

アメリカ合衆国大統領の継承順位
アメリカ合衆国大統領権限の継承順位(英語: United States presidential line of succession)は、現職のアメリカ合衆国大統領や次期大統領が執務不能に陥ったり、死亡または辞職し、もしくは免職(弾劾及びその後の有罪判決により)された場合に、誰が大統領に就任し、または大統領の職務を執り行うのかについて定めている。 現在の順序 下表は、1947年大統領継承法(合衆国法典第3編第19条)によって示され、その後の改正によって新設の閣僚が追加された、2014年7月30日現在の大統領権限継承順位の一覧である。 註 (*)生まれながらの市民でない者は資格を持たない 生まれながらの市民でない者や、35歳未満の者、米国での居住歴が14年未満の者は、憲法上大統領となる資格を持たない。このことは、大統領継承法でも規定されている(合衆国法典第3編第19条第(e)項)。 代理の職員は資格を持たない 職員が継承順序に名を連ねるためには、上院仮議長の死亡、辞任、免職、執務不能、さもなければ資格獲得失敗に先立って、上院によって承認されねばならない。 (Wikipedia:アメリカ合衆国大統領の継承順位)

アメリカ合衆国大統領就任式
アメリカ合衆国大統領就任式(アメリカがっしゅうこくだいとうりょうしゅうにんしき、United States presidential inauguration)は、次期大統領 (President-elect) によるアメリカ合衆国大統領職への就任宣誓を中心とする式典。 就任宣誓 1937年以降は、アメリカ合衆国憲法修正第20条により、大統領選挙一般投票翌年の1月20日正午(アメリカ東部標準時)より新大統領の任期は開始されるが、憲法第2条第1節8項により、アメリカ合衆国大統領はその職務を執行する前に との宣誓(oath)(または確約(affirmation))をする義務がある。明文上の規定はないが、宣誓の場合は最後に「So help me God.」(神よ照覧あれ)と付け加えるのが慣例。大統領就任式は新大統領の就任を国内外に宣明する式典であるとともに、式典のハイライトである就任宣誓は法的手続きでもある。 大統領の宣誓は首都ワシントンD.C.のアメリカ合衆国議会議事堂前で、新大統領の任期開始時刻と合わせて行われる。 (Wikipedia:アメリカ合衆国大統領就任式)


アメリカ合衆国大統領 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す