[PR]

日別キーワード

第1位  金正恩 - 2018年03月06日


関連するイメージは見つかりませんでした




金正恩 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  三ツ星カラーズ - 2018年03月08日


関連するイメージは見つかりませんでした




三ツ星カラーズ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  ピョンヤン - 2018年03月08日


関連するイメージは見つかりませんでした



ピョンヤン
『平壌』より : 座標: 北緯39度01分55秒 東経125度45分14秒 / 北緯39.031859度 東経125.753765度 / 39.031859; 125.753765 平壌(ピョンヤン)は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の首都、直轄市であり、最大の都市。 朝鮮八道では平安道、十三道制では平安南道に属するが、同国の行政区画においては、道に属さず平壌直轄市として道級の直轄市となっている。 日本語読みでは「へいじょう」と呼ぶ。日本統治時代の行政区分は平壌府(へいじょうふ)。 平壌準平原に位置し、北と東と西は平安南道、南は黄海北道に接する。北朝鮮の政治と経済の中心地であり、軽工業、重工業など工業が盛んである。 427年以降高句麗の首都となった。市の中心には大同江が流れている。中心部に金日成広場があり、その付近に主体思想塔がそびえており、平壌のシンボルまたはランドマークとなっている。 平壌は北朝鮮の建国時から事実上の首都としての役割を持っていたが、憲法で正式に平壌が首都となったのは1972年からで、それ以前の平壌は「祖国統一を成し遂げるまでの暫定首都(臨時首都)」という位置づけで、ソウルを正式な首都と定めていた。 (Wikipedia:ピョンヤン)

ピョンヤン地下鉄
『平壌地下鉄』より : 平壌地下鉄(ピョンヤンちかてつ)は、朝鮮民主主義人民共和国平壌にある地下鉄について詳述する。2路線がある。 ソビエト連邦から技術援助を受け、規格や施設などは東欧各地に建設された地下鉄とほぼ同じである。 1960年代に建設が始まり、1973年9月6日に朝鮮半島で最初の地下鉄路線である千里馬線が開通(ソウル地下鉄1号線の開業は1974年8月なので、平壌のほうが先行したことになる)した。平壌地下鉄の路線の建設の詳しいことは平壌地下鉄千里馬線#歴史と平壌地下鉄革新線#歴史の記事を参照。 地下鉄は核シェルターを兼ねて作られているといわれ、深さは平均90m、最も深いところでは深さ150mとされ、世界で最も深い地中を走る地下鉄ともいわれている。 当時、地下鉄施工に際し、中国から4~5万の人員が施工に携わり、資金、建築材料、車両設備等を中国東北地方から送り込みほぼ全て中国政府が無償で出資したが、開通工事が終わり、地下鉄が稼働する日、金日成は地下鉄開通を祝う式典のなかで世界に向け、設計も製造も設備も全て自国で行ったと声明を出した。 (Wikipedia:ピョンヤン地下鉄)

ピョンヤン高麗ホテル
平壌高麗ホテル(ピョンヤンコリョホテル)は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)平壌市中区域東興洞(蒼光通り)、鉄道の平壌駅近くに位置するホテルである。 羊角島国際ホテルと並んで平壌で最も高級な宿泊施設で格付けでは「特級」であり、羅先の香港資本の「エンペラーホテル」を除けば同国内でも最高級宿泊施設の一つで、外国人旅行者に多く利用されている。 45階建て、高さ143mのツインタワーで、500余の客室に1000のベッドを備えている。部屋のタイプは、スーパースイート、スイート、デラックス、スタンダードの4階級ある。最上階の回転展望レストランからは平壌市内を一望することが出来る。同じく「特級」の羊角島国際ホテルは施設が新しいものの中州(羊角島)にあって都市の賑わいから半ば隔離されるため、当ホテルの方が外国人旅行者に好まれやすい。 また日朝会談の際にはプレスセンター(報道拠点)が置かれた。 クレジットカードは一切使用できなくなっており、ユーロ、日本円、人民元、米ドルが使用可能。朝鮮国際旅行社など現地の旅行会社を通じて宿泊手配することができ、宿泊しない客も店の利用が可能。 (Wikipedia:ピョンヤン高麗ホテル)

ピョンヤン駅
『』より : (Wikipedia:ピョンヤン駅)


ピョンヤン - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  ベースボール・チャレンジ・リーグ - 2018年03月08日


関連するイメージは見つかりませんでした



ベースボール・チャレンジ・リーグ
ベースボール・チャレンジ・リーグ(Baseball Challenge League)は、日本の北陸・信越地方5県と関東地方2県、東北地方1県を活動地域とするプロ野球の独立リーグ。略称は「BCリーグ」。株式会社ジャパン・ベースボール・マーケティングが運営を行っている。 地域のスポーツ活性化を目的として、四国アイランドリーグ(現:四国アイランドリーグplus)に続く日本で2番目の野球の独立リーグとして2006年に設立され、2007年より試合を開催している。その運営理念として、野球興行だけでなく、野球選手の指導・マネジメント業務と野球教室・各種スポーツイベントの企画運営も事業内容に含まれている。球団の運営費は1チームあたり年間1億5,000万円程度と言われる。 開設初年度の2007年シーズンは、リーグ名称を北信越ベースボール・チャレンジ・リーグ(ほくしんえつ・-、北信越BCリーグ)とし、北信越地方の新潟県・富山県・石川県・長野県の4県にそれぞれ1チームずつ本拠を置き、4球団でリーグ戦を行っていた。 (Wikipedia:ベースボール・チャレンジ・リーグ)


ベースボール・チャレンジ・リーグ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  いかなご - 2018年03月08日


関連するイメージは見つかりませんでした



いかなご
『イカナゴ』より : イカナゴ(玉筋魚、鮊子 Ammodytes personatus)は、スズキ目 ワニギス亜目イカナゴ科の魚類。様々な地方名があり、稚魚は東日本で「コウナゴ(小女子)」、西日本で「シンコ(新子)」。成長したものは北海道で「オオナゴ(大女子)」、東北で「メロウド(女郎人)」、西日本では「フルセ (古背)」、「カマスゴ(加末須古)」、「カナギ(金釘)」などと呼ばれる。イワシなどと並んで沿岸における食物連鎖の底辺を支える重要な魚種である。季語、晩春。 分布と生態 北半球の寒帯域から温帯域を中心に熱帯域まで、世界中に5属18種が分布する。沿岸の粒径0.5mmから2.0mmミリの砂泥底に生息し、主にプランクトンを餌としている。 日本産イカナゴは移動性が小さく各地に固有の系統群が存在している。 北方系の魚であるため温暖な水域では夏には砂に潜って夏眠を行う。 水深10-30mの砂底に粘着質の卵を産卵する。産卵期は冬(12月)から翌年春(5月)で寒冷な水域ほど遅くなる。 1歳で10cm程度まで成長し、成熟する。3年から4年で20cm程度まで成長する。 (Wikipedia:いかなご)

いかなご醤油
『魚醤』より : いかなご醤油(いかなごしょうゆ)は、香川県で作られる魚醤。イカナゴを原料とする。 豆腐や刺身につけたり、野菜の煮つけなどに用いられる。醤油標準色で表した色度は40番程度と、淡口醤油の30番と比べてもかなり淡い色となっている。イカナゴと塩を3:1の比で仕込んだ場合の塩分濃度は28-29%と飽和食塩水に近いが、他の魚醤と同様にうま味が強いため、塩味は強く感じない。 製法 春先に採れたイカナゴを洗し、水を切る。イカナゴと塩を3:1の比で準備し、樽の中でイカナゴと塩を交互に積み重ねる。この樽を室温30°C前後の部屋に1週間置き、表面に液体が浮いてきたら底からよく撹拌する。最初の2か月は5 - 7日ごと、その後は1ヶ月に1回、撹拌を行う。6ヶ月以上熟成させるとタンパク質が分解されて魚肉は液中に溶け、表面に骨と皮が浮かんでくる。 醤油用と同じ濾布を用いて圧搾率70%ほどで軽く圧搾すると、赤みを帯びた液体が得られる。数日間静置して澱が沈殿したら、上澄み液を取り出して90°Cで約2時間加熱し、殺菌とタンパク質の除去を行う。 (Wikipedia:いかなご醤油)


いかなご - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す