[PR]

日別キーワード

第1位  米朝 - 2018年03月08日


関連するイメージは見つかりませんでした



米朝一門
米朝一門(べいちょういちもん)は、上方落語の復興に尽力してきた上方噺家・3代目桂米朝を師と仰ぐ落語家の一派。「桂米朝一門会」などの興行を打つ。また、主に一門の若手のための舞台として「桂米朝落語研究会」を催している。 上方落語の他の一門の多くは吉本興業(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)あるいは松竹芸能に所属するのに対し、同一門の大半が独立した米朝事務所に所属しているのが特徴である。 ただし、一部は下記の通り米朝事務所以外の芸能事務所に所属したり、フリーとして活躍する落語家も多い。 可朝(元2代目小米朝)一門:「月亭」の亭号を名乗り吉本興業に所属。なお、可朝は吉本離脱後、ケーエープロダクション、スパンキープロダクションを経て、現在はフリーで活動している。 桂朝太郎:松竹芸能に所属。 桂雀々:米朝事務所を退社後は活動拠点を東京に移してフリーでの活動(浅井企画や西口プロレスと業務提携)を経て、現在はラルテに所属している。現在の一門の実質的な止め名は「米團治」である。当代の米團治は5代目(2008年に襲名)。米團治系統の名跡は「米歌子」「米之助」「米朝」「米團治」「文團治」「文治」の順に名前が大きくなる。 (Wikipedia:米朝一門)

米朝よもやま噺
米朝よもやま噺(べいちょう よもやまばなし)は、ABCラジオ(朝日放送)で2005年4月9日から2013年9月29日まで放送されていたトーク番組。「上方落語の大御所」として知られる人間国宝・桂米朝による冠番組で、生前最後のレギュラー番組でもあった。 番組開始から2009年3月までは、新光証券(現・みずほ証券)の1社提供番組であったことから、新光証券PRESENTS 米朝よもやま噺というタイトルを冠していた。2006年4月から2009年3月までは、ニッポン放送でもABCとは異なる曜日・時間帯で放送。新光証券がスポンサーから降りた同年4月から、番組タイトルを米朝よもやま噺に改めている。 米朝が肉声で上方芸能史を語ることや、一芸を極めて世間から「大物」と呼ばれたゲストの一部(小沢昭一、茂山千之丞、喜味こいしなど)が放送後に逝去したことなどから、「芸能・文学関連の音声アーカイブとしての価値が非常に高い番組」とされている。 (Wikipedia:米朝よもやま噺)

米朝のよもやま噺
『米朝よもやま噺』より : 米朝よもやま噺(べいちょう よもやまばなし)は、ABCラジオ(朝日放送)で2005年4月9日から2013年9月29日まで放送されていたトーク番組。「上方落語の大御所」として知られる人間国宝・桂米朝による冠番組で、生前最後のレギュラー番組でもあった。 番組開始から2009年3月までは、新光証券(現・みずほ証券)の1社提供番組であったことから、新光証券PRESENTS 米朝よもやま噺というタイトルを冠していた。2006年4月から2009年3月までは、ニッポン放送でもABCとは異なる曜日・時間帯で放送。新光証券がスポンサーから降りた同年4月から、番組タイトルを米朝よもやま噺に改めている。 米朝が肉声で上方芸能史を語ることや、一芸を極めて世間から「大物」と呼ばれたゲストの一部(小沢昭一、茂山千之丞、喜味こいしなど)が放送後に逝去したことなどから、「芸能・文学関連の音声アーカイブとしての価値が非常に高い番組」とされている。 (Wikipedia:米朝のよもやま噺)

米朝 よもやま噺
『米朝よもやま噺』より : 米朝よもやま噺(べいちょう よもやまばなし)は、ABCラジオ(朝日放送)で2005年4月9日から2013年9月29日まで放送されていたトーク番組。「上方落語の大御所」として知られる人間国宝・桂米朝による冠番組で、生前最後のレギュラー番組でもあった。 番組開始から2009年3月までは、新光証券(現・みずほ証券)の1社提供番組であったことから、新光証券PRESENTS 米朝よもやま噺というタイトルを冠していた。2006年4月から2009年3月までは、ニッポン放送でもABCとは異なる曜日・時間帯で放送。新光証券がスポンサーから降りた同年4月から、番組タイトルを米朝よもやま噺に改めている。 米朝が肉声で上方芸能史を語ることや、一芸を極めて世間から「大物」と呼ばれたゲストの一部(小沢昭一、茂山千之丞、喜味こいしなど)が放送後に逝去したことなどから、「芸能・文学関連の音声アーカイブとしての価値が非常に高い番組」とされている。 (Wikipedia:米朝 よもやま噺)

米朝修好通商条約
『朝米修好通商条約』より : 米朝修好通商条約(べいちょうしゅうこうつうしょうじょうやく、英語: US-Korea Amity and Trade Treaty)は1882年(明治15年)5月22日、アメリカ合衆国と李氏朝鮮の間で締結された条約である。 アメリカ合衆国と大清帝国の条約案文を朝鮮側が事後承諾する形で締結。大清帝国の馬建忠が立会人となり、アメリカ海軍提督シューフェルト、朝鮮正使・申木憲、副使・金弘集らの間で英文、漢文共に三通による十四ヶ条の条約に調印がなされた。 条約後 この条約の後、朝鮮は清国の強引な干渉により欧州諸国と条約を結ぶこととなり、朝鮮が西欧諸国と締結した一連の不平等条約の先駆となった。ただ、この条約は、不平等条約ではあったものの、欧米諸国とアジア諸国間で締結された一連の条約と比べると、不平等性は比較的弱かった。 この条約締結以降、朝鮮は第一条の「周旋条項」(「第三国が締約国の一方を抑圧的に扱う時、締約国の他方は、事態の通知を承けて、円満な解決のため周旋を行なう」という文言)に依拠し、日中露などの周辺国によって自国が脅かされる度にアメリカに自国の独立維持のための援助を求めた。 (Wikipedia:米朝修好通商条約)

米朝・メイコの面白日本
米朝・メイコの面白日本(べいちょう・めいこの おもしろにっぽん)は、1986年3月31日から11月28日まで、朝日放送を制作局として、テレビ朝日系列で、月曜日から金曜日の13:00 -13:15(JST)に放送されていた紀行番組・バラエティ番組である。 後に制作される『朝だ!生です旅サラダ』の帯番組版ともいえる内容であったが、取材対象は、主に国内旅行であった。 出演 桂米朝 中村メイコほか スタッフ 構成:堀江誠二、井上哲基 プロデューサー:山田義之・北村一明(朝日放送)、河本規行(エキスプレス) ディレクター:福田亘男(エキスプレス) カメラ:田中良三(エキスプレス) 制作:エキスプレス 制作著作:朝日放送 同時ネット局 ==。 (Wikipedia:米朝・メイコの面白日本)

米朝事務所
株式会社米朝事務所(べいちょうじむしょ)は、人間国宝の桂米朝や、桂ざこば、桂南光、桂米團治など米朝一門の大多数の落語家が所属する、落語芸能事務所。 会社概要 もともとは、米朝が千土地興行(のちの日本ドリーム観光)所属から独立して活動していた際、マネジメントを担当していた田中秀武を社長に、米朝の個人事務所として設立したのが始まりである。関西の芸能界では吉本興業(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)と松竹芸能の二つの芸能事務所の影響力が大きいが、米朝事務所は米朝の個人事務所から始まった経緯もあり、両社から直接影響を受けることはない。なお、現社長の今井浩は、南光の現マネージャー。 主な役員 取締役会長: 田中秀武 代表取締役社長: 今井浩 専務取締役: 関口弘(2代目桂ざこば)米朝死去に伴い2015年就任 常務取締役: 森本良造(3代目桂南光) 所属タレント 基本的に米朝一門の落語家が中心であるが、後述のようにフリーアナウンサーの中井雅之が所属し、元タレントの上岡龍太郎のコメントの窓口を担当している。 (Wikipedia:米朝事務所)


米朝 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  バイプレイヤーズ - 2018年03月10日


関連するイメージは見つかりませんでした




バイプレイヤーズ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  メルボルン - 2018年03月10日


関連するイメージは見つかりませんでした



メルボルン
メルボルン(Melbourne: 豪: /ˈmɛlbn̩/, /ˈmælbn̩/、発音の音声データについては参考資料のセクションを参照)は、オーストラリアのビクトリア州の州都で、オーストラリア大陸南東部、ポート・フィリップ湾に面したヤラ川河口の港市。オセアニア有数の世界都市。 メルボルン都市圏 (英: Melbourne Metropolitan area) の推定人口は、2010年6月現在約408万人であり、シドニーに次いで同国第2位である。 2010年における都市的地域の人口では348万人であり、世界第94位、同国では第2位である。 しばしばシドニーとの比較がなされるが、近代的で忙しい大都市のイメージが強いシドニーと比べると、歴史的な建物や文化が残り、のんびりして住みやすいという印象を持たれており、2002年と2004年の二度、エコノミスト誌の「世界で最も暮らしやすい都市」で一位を獲得している。 (Wikipedia:メルボルン)

メルボルンオリンピック
メルボルンオリンピックは、1956年11月22日から12月8日まで、オーストラリアのメルボルンで行われた夏季オリンピックである。 ハイライト 夏季オリンピック史上初めて、南半球で行われた。また、メルボルンの緯度が高いこともあって、結果的に北半球が冬になってからの開催となった。なお、44年後の2000年に開催されたシドニーオリンピックは9月に開催されている。 3つの国際情勢によりボイコットする国々が相次いだ。ひとつは、イギリスとフランスが関与したスエズ動乱に抗議しエジプト、レバノン、イラクが不参加。2つ目は、ソ連によるハンガリー侵攻に抗議しスペイン、オランダ、スイスが不参加。特に水球のハンガリー対ソビエト連邦戦は乱闘騒ぎにまで発展(メルボルンの流血戦)。大会終了後フェレンツ・プスカシュら45人のハンガリー選手が西側諸国に亡命した。3つ目は中華民国の参加に抗議し、中華人民共和国がボイコット。 ドイツが前々回のロンドンオリンピックに参加が禁じられて以降、ヘルシンキオリンピックでは西ドイツ選手のみの参加に終わったが、この大会から東ドイツとの連合チーム(東西統一ドイツ)での参加、その後1964年まで続く。 (Wikipedia:メルボルンオリンピック)

メルボルンオリンピック (1956年)
『メルボルンオリンピック』より : Logo=1956.jpg
開催都市=オーストラリア・メルボルン
スウェーデン・ストックホルム(馬術)
参加国・地域数=67
参加人数=3178
159(馬術)
競技種目数=17競技145種目
1競技6種目(馬術)
開会式=1956年11月22日
1956年6月10日(馬術)
閉会式=1956年12月8日
1956年6月17日(馬術)
開会宣言=フィリップ (エディンバラ公) フィリップ・マウントバッテン
グスタフ6世アドルフ (スウェーデン) グスタフ6世アドルフ(馬術)
選手宣誓=ジョン・ランディ
(Wikipedia:メルボルンオリンピック (1956年))

メルボルン五輪
『メルボルンオリンピック』より : メルボルンオリンピックは、1956年11月22日から12月8日まで、オーストラリアのメルボルンで行われた夏季オリンピックである。 ハイライト 夏季オリンピック史上初めて、南半球で行われた。また、メルボルンの緯度が高いこともあって、結果的に北半球が冬になってからの開催となった。なお、44年後の2000年に開催されたシドニーオリンピックは9月に開催されている。 3つの国際情勢によりボイコットする国々が相次いだ。ひとつは、イギリスとフランスが関与したスエズ動乱に抗議しエジプト、レバノン、イラクが不参加。2つ目は、ソ連によるハンガリー侵攻に抗議しスペイン、オランダ、スイスが不参加。特に水球のハンガリー対ソビエト連邦戦は乱闘騒ぎにまで発展(メルボルンの流血戦)。大会終了後フェレンツ・プスカシュら45人のハンガリー選手が西側諸国に亡命した。3つ目は中華民国の参加に抗議し、中華人民共和国がボイコット。 ドイツが前々回のロンドンオリンピックに参加が禁じられて以降、ヘルシンキオリンピックでは西ドイツ選手のみの参加に終わったが、この大会から東ドイツとの連合チーム(東西統一ドイツ)での参加、その後1964年まで続く。 (Wikipedia:メルボルン五輪)

メルボルン大学
メルボルン大学(英語: The University of Melbourne)は、オーストラリア連邦ビクトリア州メルボルンに所在する州立総合大学である。1853年に設立され、2005年5月に創立150周年を迎えたメルボルン大学は、各種の世界大学ランキングで常に優秀な大学として評価される世界有数の名門大学である。2005年タイムズ誌の世界大学ランキングによると、メルボルン大学はオーストラリア国内で1位、また世界ランキングで19位にランク付けされた。他にも2015年の世界科目別ランキング(英語: QS World Ranking by Subject 2015)で総合教育部門は5位、法学部は8位、工学部は13位、歯学部と会計学は共に14位、医学部は16位といずれも世界最高峰に位置付けられている。メルボルン大学のノーベル賞受賞者は卒業生8名の計17名。 1853年に設立され、2005年5月に創立150周年を迎えたメルボルン大学は、世界大学ランキングでもトップクラスにランクされ、同国の高等教育と研究分野において非常に重要な役割を果たしている。 (Wikipedia:メルボルン大学)

メルボルン空港 (オーストラリア)
メルボルン空港(メルボルンくうこう・Melbourne Airport)は、オーストラリア連邦・ビクトリア州メルボルンの北部郊外、都心から24km離れたタラマリン地区 (Tullamarine) に隣接する空港である。メルボルン国際空港、タラマリン空港とも通称される。IATA空港コードはMEL。 国際線・国内線を問わず、メルボルンに発着する定期航空の多くが利用する。カンタス航空、ジェットスター航空、タイガー・エアウェイズ・オーストラリアの主要なハブ空港である。ただし、ジェットスター航空は大陸部の州都線にはアバロン空港を利用する。 2本の交差する滑走路を持つ。南北方向の滑走路の長さは3,657m (11,998ft) 、東西方向の滑走路の長さは2,286m (7,500ft) である。 国際線ターミナルのほか、主にカンタス航空とジェットスター航空が利用する国内線ターミナル、主にヴァージン・オーストラリアが利用する南ターミナルの3つのターミナルがある。 (Wikipedia:メルボルン空港 (オーストラリア))

メルボルン・タラマリン空港
『メルボルン空港 (オーストラリア)』より : メルボルン空港(メルボルンくうこう・Melbourne Airport)は、オーストラリア連邦・ビクトリア州メルボルンの北部郊外、都心から24km離れたタラマリン地区 (Tullamarine) に隣接する空港である。メルボルン国際空港、タラマリン空港とも通称される。IATA空港コードはMEL。 国際線・国内線を問わず、メルボルンに発着する定期航空の多くが利用する。カンタス航空、ジェットスター航空、タイガー・エアウェイズ・オーストラリアの主要なハブ空港である。ただし、ジェットスター航空は大陸部の州都線にはアバロン空港を利用する。 2本の交差する滑走路を持つ。南北方向の滑走路の長さは3,657m (11,998ft) 、東西方向の滑走路の長さは2,286m (7,500ft) である。 国際線ターミナルのほか、主にカンタス航空とジェットスター航空が利用する国内線ターミナル、主にヴァージン・オーストラリアが利用する南ターミナルの3つのターミナルがある。 (Wikipedia:メルボルン・タラマリン空港)

メルボルンタラマリン空港
『メルボルン空港 (オーストラリア)』より : メルボルン空港(メルボルンくうこう・Melbourne Airport)は、オーストラリア連邦・ビクトリア州メルボルンの北部郊外、都心から24km離れたタラマリン地区 (Tullamarine) に隣接する空港である。メルボルン国際空港、タラマリン空港とも通称される。IATA空港コードはMEL。 国際線・国内線を問わず、メルボルンに発着する定期航空の多くが利用する。カンタス航空、ジェットスター航空、タイガー・エアウェイズ・オーストラリアの主要なハブ空港である。ただし、ジェットスター航空は大陸部の州都線にはアバロン空港を利用する。 2本の交差する滑走路を持つ。南北方向の滑走路の長さは3,657m (11,998ft) 、東西方向の滑走路の長さは2,286m (7,500ft) である。 国際線ターミナルのほか、主にカンタス航空とジェットスター航空が利用する国内線ターミナル、主にヴァージン・オーストラリアが利用する南ターミナルの3つのターミナルがある。 (Wikipedia:メルボルンタラマリン空港)

メルボルンタラマリン国際空港
『メルボルン空港 (オーストラリア)』より : メルボルン空港(メルボルンくうこう・Melbourne Airport)は、オーストラリア連邦・ビクトリア州メルボルンの北部郊外、都心から24km離れたタラマリン地区 (Tullamarine) に隣接する空港である。メルボルン国際空港、タラマリン空港とも通称される。IATA空港コードはMEL。 国際線・国内線を問わず、メルボルンに発着する定期航空の多くが利用する。カンタス航空、ジェットスター航空、タイガー・エアウェイズ・オーストラリアの主要なハブ空港である。ただし、ジェットスター航空は大陸部の州都線にはアバロン空港を利用する。 2本の交差する滑走路を持つ。南北方向の滑走路の長さは3,657m (11,998ft) 、東西方向の滑走路の長さは2,286m (7,500ft) である。 国際線ターミナルのほか、主にカンタス航空とジェットスター航空が利用する国内線ターミナル、主にヴァージン・オーストラリアが利用する南ターミナルの3つのターミナルがある。 (Wikipedia:メルボルンタラマリン国際空港)

メルボルン・タラマリン国際空港
『メルボルン空港 (オーストラリア)』より : メルボルン空港(メルボルンくうこう・Melbourne Airport)は、オーストラリア連邦・ビクトリア州メルボルンの北部郊外、都心から24km離れたタラマリン地区 (Tullamarine) に隣接する空港である。メルボルン国際空港、タラマリン空港とも通称される。IATA空港コードはMEL。 国際線・国内線を問わず、メルボルンに発着する定期航空の多くが利用する。カンタス航空、ジェットスター航空、タイガー・エアウェイズ・オーストラリアの主要なハブ空港である。ただし、ジェットスター航空は大陸部の州都線にはアバロン空港を利用する。 2本の交差する滑走路を持つ。南北方向の滑走路の長さは3,657m (11,998ft) 、東西方向の滑走路の長さは2,286m (7,500ft) である。 国際線ターミナルのほか、主にカンタス航空とジェットスター航空が利用する国内線ターミナル、主にヴァージン・オーストラリアが利用する南ターミナルの3つのターミナルがある。 (Wikipedia:メルボルン・タラマリン国際空港)

メルボルン空港
『メルボルン空港 (オーストラリア)』より : メルボルン空港(メルボルンくうこう・Melbourne Airport)は、オーストラリア連邦・ビクトリア州メルボルンの北部郊外、都心から24km離れたタラマリン地区 (Tullamarine) に隣接する空港である。メルボルン国際空港、タラマリン空港とも通称される。IATA空港コードはMEL。 国際線・国内線を問わず、メルボルンに発着する定期航空の多くが利用する。カンタス航空、ジェットスター航空、タイガー・エアウェイズ・オーストラリアの主要なハブ空港である。ただし、ジェットスター航空は大陸部の州都線にはアバロン空港を利用する。 2本の交差する滑走路を持つ。南北方向の滑走路の長さは3,657m (11,998ft) 、東西方向の滑走路の長さは2,286m (7,500ft) である。 国際線ターミナルのほか、主にカンタス航空とジェットスター航空が利用する国内線ターミナル、主にヴァージン・オーストラリアが利用する南ターミナルの3つのターミナルがある。 (Wikipedia:メルボルン空港)

メルボルン国際空港 (オーストラリア)
『メルボルン空港 (オーストラリア)』より : メルボルン空港(メルボルンくうこう・Melbourne Airport)は、オーストラリア連邦・ビクトリア州メルボルンの北部郊外、都心から24km離れたタラマリン地区 (Tullamarine) に隣接する空港である。メルボルン国際空港、タラマリン空港とも通称される。IATA空港コードはMEL。 国際線・国内線を問わず、メルボルンに発着する定期航空の多くが利用する。カンタス航空、ジェットスター航空、タイガー・エアウェイズ・オーストラリアの主要なハブ空港である。ただし、ジェットスター航空は大陸部の州都線にはアバロン空港を利用する。 2本の交差する滑走路を持つ。南北方向の滑走路の長さは3,657m (11,998ft) 、東西方向の滑走路の長さは2,286m (7,500ft) である。 国際線ターミナルのほか、主にカンタス航空とジェットスター航空が利用する国内線ターミナル、主にヴァージン・オーストラリアが利用する南ターミナルの3つのターミナルがある。 (Wikipedia:メルボルン国際空港 (オーストラリア))

メルボルンの流血戦
メルボルンの流血戦(メルボルンのりゅうけつせん、"Blood In The Water" match)は、1956年のメルボルンオリンピック水球競技において12月6日に行われた、ハンガリー代表対ソビエト連邦代表の試合の通称である。 「流血」とは、乱闘の結果、ハンガリー代表のエルヴィン・ザドル選手が、右目の下を切って流血したことにちなむ。 1956年のメルボルンオリンピックは、ナジ・イムレ政権の下、自由化と脱ソ連を進めたハンガリーに対してソ連が武力弾圧したハンガリー動乱直後に開催され、水球競技でまさに因縁の対決が行われることになった。 試合は緊迫した空気の中で行われ、4対0でハンガリーが勝利した。ハンガリー代表は決勝でユーゴスラビアを2対1で破り、水球で4つ目の金メダルを得た。 オリンピックの後、ハンガリー選手団100人のうち、45人が西側諸国に亡命した。ハンガリー動乱から50年を記念して、2006年にはこの流血戦について語られるドキュメント映画の『Freedom's Fury』が公開された。 (Wikipedia:メルボルンの流血戦)

メルボルン国際空港 (フロリダ州)
メルボルン国際空港(Melbourne International Airport)とは、アメリカ合衆国フロリダ州にある国際空港。
空港種別民間
航空管制民間
121.9MHz,132.65MHz
121.9MHz
118.2MHz,124.05MHz,257.8MHz
ORLANDO APP/DEP
132.65MHz,281.425MHz
122.1MHz,122.6MHz,255.4MHz
GRUMMAN OPS
123.2MHz
118.2MHz
132.55MHz
周波数
識別信号
SATELLITE
257.0KHz
MELBOURNE
(Wikipedia:メルボルン国際空港 (フロリダ州))

メルボルン国際空港 (FL)
メルボルン国際空港(英: Melbourne International Airport)は、アメリカ合衆国フロリダ州メルボルンにある国際空港。 就航路線 国内線・国際線 貨物便 脚注 関連項目 アメリカ合衆国の空港の一覧 外部リンク 公式ウェブサイト (英語)。 (Wikipedia:メルボルン国際空港 (FL))

メルボルンカップ
メルボルンカップ (Melbourne Cup) は毎年11月の第1火曜日にオーストラリア・メルボルンのフレミントン競馬場の芝3200メートルで行われる競馬の競走。 メルボルンカップは、G1(グループワン)に指定されているが、定量戦ではなくハンデキャップ競走である。2004年からエミレーツ航空がスポンサーとなっており、『Emirates Melbourne Cup』の名称で開催している(成績書には「メルボルンカップ」と記載される。)。フルゲートは24頭。 1861年に創設された歴史あるレースであるとともに、現在のオセアニアでの最高賞金額の競走(2014年は、賞金総額600万オーストラリアドル)である。 また、毎年この競走の開催日は、メルボルン大都市圏ではメルボルンカップ・デーとして祝日となる。競馬の競走のために祝日となるのは世界でもオーストラリアだけで、他に南オーストラリア州で行われるアデレードカップ、タスマニア州で行われるローンセストンカップ等がある。 (Wikipedia:メルボルンカップ)

メルボルンオリンピックでの国・地域別メダル受賞数一覧
メルボルンオリンピックでの国・地域別メダル受賞数一覧では、1956年11月22日から12月8日まで開催されたメルボルンオリンピックと、それに先立ち6月10日から17日にスウェーデンのストックホルムで行われた馬術競技の国・地域別のメダル受賞数をまとめた。 外部リンク 国際オリンピック委員会 - 1956メルボルン。 (Wikipedia:メルボルンオリンピックでの国・地域別メダル受賞数一覧)

メルボルンの悲劇
メルボルンの悲劇(メルボルンのひげき)とは、世界で最後(32番目)のFIFAワールドカップフランス大会出場権を賭けた大陸間プレーオフで、オーストラリア代表がイラン代表と2戦とも引き分けたにもかかわらずアウェイゴール数の差で敗退し出場を逃した件を指す名称。「悲劇」と名付けられた理由として、2試合とも先行しながら追いつかれての引き分けであった事、特に2戦目は後半31分まで2点ものリードをしていながら連続失点して追いつかれた事、そしてそのうちの1失点が誤審であった事などが挙げられる。 プレーオフまでの両国 前回大会の大陸間プレーオフでは、オセアニア地区のオーストラリアと南米地区のアルゼンチンが対戦し、アルゼンチンが本大会出場権を勝ち取った。今回はオセアニア地区の対戦相手がアジア地区4位チームに変更された。オーストラリアはオセアニア地区予選(2次・3次)を早々と7月に6戦全勝で終え、長年の鬼門である大陸間プレーオフの相手が決まるのを待つばかりであった。 (Wikipedia:メルボルンの悲劇)

メルボルン (フリゲート)
colspan="2" File:HMAS Melbourne 2009.jpg 300px
1985年7月12日
1989年5月5日
1992年2月15日
4,100トン
138メートル
14メートル
7.5メートル
ゼネラル・エレクトリックゼネラル・エレクトリック LM2500 LM2500 ガスタービンエンジン ×241,000 hp
29ノット
航続距離
4,500海里(20ノット)
Mk 13発射機(ハープーン (ミサイル) ハープーン、スタンダードミサイル SM-1)ファランクスCIWS×1Mk 32 3連装単魚雷発射管×2OTOメララ76mm砲
184名 +航空要員
搭載機
SH-60 シーホーク S-70B シーホーク
モットー
”Vires Acquirit Eundo”
(Wikipedia:メルボルン (フリゲート))

メルボルン港
メルボルン港 (Port of Melbourne) はメルボルン都心西部に位置する、オーストラリア最大の港湾である。港湾施設はポートフィリップ湾北端のヤラ川河口付近に広がっており、ジーロング港付近を除くポートフィリップ湾全体の航路がメルボルン港管理下にある。 航路と取り扱い品目 メルボルン港の総取扱量の7割近くは国際貨物で、世界300以上の港へ航路がある。3割強を占める国内貨物のなかでは、タスマニア州との間の取扱量が7割以上を占める。 貨物取扱量の67%がコンテナ化されており、主要なコンテナ貨物としては、乳製品・穀物・野菜の輸出、出版物・電気製品・野菜の輸入が挙げられる。一方非コンテナ貨物としては、自動車・穀物の輸出、原油・自動車・セメントの輸入が挙げられる。 東部に位置するステイションピアにはタスマニア州への旅客・カーフェリーなどが発着している。 交通 港内には標準軌の貨物線が乗り入れているほか、シティーリンクの出入り口もある。またステイションピアー近傍まで路面電車の109系統が乗り入れている。 (Wikipedia:メルボルン港)


メルボルン - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  ヴァイオレット・エヴァーガーデン - 2018年03月10日


関連するイメージは見つかりませんでした




ヴァイオレット・エヴァーガーデン - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  浦和レッドダイヤモンズ - 2018年03月10日


関連するイメージは見つかりませんでした



浦和レッドダイヤモンズ
浦和レッドダイヤモンズ(うらわレッドダイヤモンズ、Urawa Red Diamonds)は、日本の埼玉県さいたま市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。呼称は浦和レッズ(うらわレッズ)である。 三菱重工業サッカー部(1950年創部)が前身であり、1991年にJリーグ加盟した10チームの一つ(オリジナル10)。ホームタウンはサッカー王国・静岡県と並び立つサッカーどころである埼玉県さいたま市(旧浦和市)。ホームスタジアムは埼玉スタジアム2002、練習グラウンドはさいたま市大原サッカー場である。チーム名は「ダイヤモンド」の最高の輝き、固い結束力に由来し、クラブカラーである「レッド」 と組合わせたものである。なお、三菱グループのマークのスリーダイヤモンド・三菱自動車のイメージカラーである赤もモチーフとなっている。 国内3大タイトル(J1リーグ、天皇杯、ナビスコカップ)の全てを獲得しているクラブの一つ。獲得タイトル数(日本国内外)はJリーグ全加盟クラブ中6位である。 (Wikipedia:浦和レッドダイヤモンズ)

浦和レッドダイヤモンズの選手一覧
浦和レッドダイヤモンズの選手一覧は、浦和レッドダイヤモンズに所属している選手・監督・コーチの一覧。 在籍選手・スタッフ 監督・コーチ ゴールキーパー(GK) ディフェンダー(DF) ミッドフィールダー(MF) フォワード(FW) 他チームに期限付き移籍中の選手 背番号の遍歴 1997年 - 2005年 2006年 - 外国籍選手 過去に在籍した選手・スタッフ 監督 コーチ 監督・選手として在籍経験のあるコーチは除く ゴールキーパー(GK) ディフェンダー(DF) ミッドフィールダー(MF) フォワード(FW) 下部組織出身者 Yはユース、JYはジュニアユースの略。 (Wikipedia:浦和レッドダイヤモンズの選手一覧)

浦和レッドダイヤモンズ・レディース
浦和レッドダイヤモンズレディース (うらわレッドダイヤモンズレディース)は、埼玉県さいたま市(旧・浦和市)を本拠とする女子サッカーチームである。 さいたまレイナス時代 1998年、かつてLリーグにも所属したことのある「浦和レディースFC」から一部のメンバーが脱退し「浦和レイナスFC」を設立。企業の支援を取り付けず、市民参加を全面的に打ち出したチーム運営を目指しての創部であった。 翌1999年にはLリーグに加盟。当初は下位に甘んじたが、2001年からは、かつてJリーグの浦和レッドダイヤモンズでDFとして活躍し、のちに浦和市議会議員、埼玉県議会議員を歴任した田口禎則を監督に起用して着実なレベルアップに成功。2002年からチーム名を「さいたまレイナスFC」に変更し、2003年には日本女子代表の正守護神に成長したGK山郷のぞみを中心に勝利を積み上げ、優勝争いに加わるまでになった。この年は結局、決勝(上位)リーグ4位に終わったが、この躍進により翌2004年からレベル別のリーグ戦方式により1部(L1)所属となったレイナスは、日本女子代表にも選ばれたMF安藤梢らの活躍により参戦6年目で悲願のリーグ初優勝を果たす。 (Wikipedia:浦和レッドダイヤモンズ・レディース)

浦和レッドダイヤモンズレディース
『浦和レッドダイヤモンズ・レディース』より : 浦和レッドダイヤモンズレディース (うらわレッドダイヤモンズレディース)は、埼玉県さいたま市(旧・浦和市)を本拠とする女子サッカーチームである。 さいたまレイナス時代 1998年、かつてLリーグにも所属したことのある「浦和レディースFC」から一部のメンバーが脱退し「浦和レイナスFC」を設立。企業の支援を取り付けず、市民参加を全面的に打ち出したチーム運営を目指しての創部であった。 翌1999年にはLリーグに加盟。当初は下位に甘んじたが、2001年からは、かつてJリーグの浦和レッドダイヤモンズでDFとして活躍し、のちに浦和市議会議員、埼玉県議会議員を歴任した田口禎則を監督に起用して着実なレベルアップに成功。2002年からチーム名を「さいたまレイナスFC」に変更し、2003年には日本女子代表の正守護神に成長したGK山郷のぞみを中心に勝利を積み上げ、優勝争いに加わるまでになった。この年は結局、決勝(上位)リーグ4位に終わったが、この躍進により翌2004年からレベル別のリーグ戦方式により1部(L1)所属となったレイナスは、日本女子代表にも選ばれたMF安藤梢らの活躍により参戦6年目で悲願のリーグ初優勝を果たす。 (Wikipedia:浦和レッドダイヤモンズレディース)

浦和レッドダイヤモンズ・オフィシャル・マッチデー・プログラム
浦和レッドダイヤモンズ・オフィシャル・マッチデー・プログラム(うらわれっどだいやもんず・おふぃしゃる・まっちでー・ぷろぐらむ)はプロサッカー日本プロサッカーリーグ Jリーグ・浦和レッドダイヤモンズのホームゲーム時に発行されるマッチデープログラム。
1992年9月5日、Jリーグ最初の公式戦となったJリーグカップ ナビスコカップの初戦ジェフユナイテッド市原・千葉 ジェフユナイテッド市原戦で第1号が発行された。当時はまだ、試合会場で有料の試合プログラムを買うと言う概念がなかったのか全くと言っていいほど売れず、5,000部発行して200部も売れなかったと言う。リーグ戦が開幕した1993年も1試合に1000部程度売り上げであったが年を追うごとに売り上げは次第に増えていき、現在では1試合10,000部以上売れる事もある。2004年度は年間合計で30万部以上発行されている。ビッグマッチの場合には完売してしまうこともあり、確実に購入するには出来るだけ早めに購入するか、通信販売(ただし送料が別途かかる+試合当日には到着しない)での購入が望ましい。
(Wikipedia:浦和レッドダイヤモンズ・オフィシャル・マッチデー・プログラム)

浦和レッドダイヤモンズ・アマチュア
font-color FFFFFF
background-color EE1B3C
原語表記 浦和レッドダイヤモンズ・アマチュア
愛称 浦和レッズアマ
カラー 赤
創設 1997
リーグ 埼玉県社会人リーグ
ディビジョン 1部
ホームタウン 埼玉県さいたま市
スタジアム
キャパ
法人名
代表 中村修三
監督 永井良明
浦和レッドダイヤモンズ・アマチュアは、日本プロサッカーリーグ Jリーグ・浦和レッドダイヤモンズのアマチュアチームである。埼玉県社会人リーグ1部に所属し、2008年シーズンの成績は8勝3敗3分勝点27の2位であり、関東社会人サッカー大会に出場したものの、1回戦で日立ビルシステムに敗れた。
浦和レッドダイヤモンズ あまちゆあ
関東地方のサッカークラブ
さいたま市のスポーツチーム
(Wikipedia:浦和レッドダイヤモンズ・アマチュア)


浦和レッドダイヤモンズ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す