[PR]

日別キーワード

第5位  国民栄誉賞 - 2018年03月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



国民栄誉賞
国民栄誉賞(こくみんえいよしょう)は、日本の内閣総理大臣表彰のひとつ。これまでに22人と1団体が受賞しており、賞の運用は1977年(昭和52年)に定められた国民栄誉賞表彰規程に従って行われている。 内閣総理大臣や政権による表彰としては、本賞成立以前の1966年(昭和41年)に当時の総理大臣佐藤栄作が創設した「内閣総理大臣顕彰」がある。 1977年(昭和52年)、当時の内閣総理大臣・福田赳夫が、本塁打世界記録を達成したプロ野球選手・王貞治を称えるために創設したのが始まりである。背景には、先に設置されていた顕彰、内閣総理大臣顕彰が「学術および文化の振興に貢献したもの」など6つの表彰対象を定めていた反面、プロ野球選手を顕彰した前例がなかったという事情があった。また王は叙勲には若過ぎたという事もあり、そのため、より柔軟な表彰規定を持つ顕彰として創設されたのが本賞である。 本賞は、1977年(昭和52年)8月30日に内閣総理大臣決定で制定された国民栄誉賞表彰規程に基づいており、その目的は「広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があったものについて、その栄誉を讃えること」と規定されている。 (Wikipedia:国民栄誉賞)


国民栄誉賞 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

国民栄誉賞 - アマゾン検索


「国民栄誉賞」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す