[PR]

日別キーワード

第34位  東京都慰霊堂 - 2018年03月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



東京都慰霊堂
東京都慰霊堂(とうきょうと いれいどう)は東京都墨田区横網の横網町公園内にある慰霊施設。1930年(昭和5年)に関東大震災の身元不明の遺骨を納め、死亡者の霊を祀る震災記念堂(しんさい きねんどう)として創建され、1948年(昭和23年)より東京大空襲の身元不明の遺骨を納め、死亡者の霊を合祀して、1951年(昭和26年)に現在の姿となった。東京都の施設であるが、仏教各宗により祭祀されている。 沿革と概要 東京都慰霊堂がある横網町公園は元陸軍被服廠があった場所である。この地にあった被服廠は大正8年に赤羽に移転し、その後公園予定地として更地になり、被服廠(ひふくしょう)跡と呼ばれた。1923年(大正12年)9月1日、関東大震災が起きると、この場所は多くの罹災者の避難場所になった。多くの家財道具が持ち込まれ、立錐の余地もないほどであったが、周囲からの火災が家財道具に燃え移り、また火災旋風が起こったため、この地だけで(推定)東京市全体の死亡者の半数以上の3万8000人程度が死亡したとされる。 (Wikipedia:東京都慰霊堂)


東京都慰霊堂 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

東京都慰霊堂 - アマゾン検索


「東京都慰霊堂」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す