[PR]

日別キーワード

第36位  福寿草 - 2018年03月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



福寿草
『フクジュソウ』より : フクジュソウ(福寿草、学名:Adonis ramosa)は、キンポウゲ科の多年草。別名、ガンジツソウ(元日草)。毒草である。1月1日の誕生花。 日本では北海道から九州にかけて分布し山林に生育する。シノニム(同一種を指す同意語)の種小名である amurensis は「アムール川流域の」という意味。花期は初春であり、3-4cmの黄色い花を咲かせる。当初は茎が伸びず、包に包まれた短い茎の上に花だけがつくが、次第に茎や葉が伸び、いくつかの花を咲かせる。この花は花弁を使って日光を花の中心に集め、その熱で虫を誘引している。その為、太陽光に応じて開閉(日光が当たると開き、日が陰ると閉じる)する。葉は細かく分かれる。夏になると地上部が枯れる。つまり初春に花を咲かせ、夏までに光合成をおこない、それから春までを地下で過ごす、典型的なスプリング・エフェメラルである。 根はゴボウのようなまっすぐで太いものを多数持っている。 春を告げる花の代表である。そのため元日草(がんじつそう)や朔日草(ついたちそう)の別名を持つ。福寿草という和名もまた新春を祝う意味がある。 (Wikipedia:福寿草)

福寿草公園
福寿草公園(ふくじゅそうこうえん)は、日本各地にある公園。フクジュソウが群生し、春になると花が咲くことから名付けられている。
青森県西津軽郡深浦町の大間越関所跡にある公園。
長野県松本市四賀会田にある公園は、赤怒田福寿草公園。
(Wikipedia:福寿草公園)


福寿草 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

福寿草 - アマゾン検索


「福寿草」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す