[PR]

日別キーワード

第51位  AMD - 2018年03月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



AMD
AMD アドバンスト・マイクロ・デバイセズ (Advanced Micro Devices)、アメリカの半導体メーカー。世界規模でCPU、APU、GPU、チップセットを開発、販売している。 社団法人デジタルメディア協会 (Association of Media Digital)、日本の総務省所管の社団法人。 エイエムディ自動機、日本の自動組み立て機の設計・製造メーカー。メーカーサイト アルメニアドラム、アルメニアの通貨単位ドラムのISO 4217コード。 アフマダーバード空港のIATAコード AMD模型 (Antisymmetrized Molecular Dynamics)、原子核のモデル 加齢黄斑変性 (Age-related Macular Degeneration)、目の病気。 (Wikipedia:AMD)

AMD K10
AMD K10は、アドバンスト・マイクロ・デバイセズ AMDが開発を行っている80x86およびAMD64系のCPU設計である。かつて:en:Tech tabloid Tech tabloidや:en:The Inquirer The Inquirerにより計画が中止されたと報道されていたが、AMDによりK10マイクロアーキテクチャはAthlon 64やOpteronなどをはじめとしたAMD K8マイクロアーキテクチャの直接の後継であると宣言された。
AMD K8やAthlon 64プロセッサファミリーに""K8""というコードネームが使われてより後、AMDはKで始まる命名法(もともとはKryptniteを意味する)を用いないと広く思われていた。K8以降のKで始まる命名法は2005年の始めよりAMDの公式文書やプレスリリースに登場しなかったためである。
"”K8L”"というコードネームがK8ファミリーの低消費電力版(後にTurion 64と呼ばれる)を指すこと、K10はマイクロアーキテクチャ自体を指す社内の正式なコードネームであることが明らかになった。
(Wikipedia:AMD K10)

AMD64
x64またはx86-64とは、x86アーキテクチャを64ビットに拡張した命令セットアーキテクチャ。 実際には、AMDが発表したAMD64命令セット、続けてインテルが採用したIntel 64命令セット(かつてIA-32eまたはEM64Tと呼ばれていた)などを含む、各社の互換命令セットの総称である。x86命令セットと互換性を持っていることから、広義にはx86にx64を含む場合がある。 なお、インテルはIntel 64の他にIA-64の名前で64ビット命令セットアーキテクチャを開発・展開しているが、これはx64命令セット、x86命令セットのいずれとも互換性がない。 この命令セットアーキテクチャは、AMDがx86-64の名前で仕様を発表したものが元になっている。AMDは2003年にAMD64と名前を改めて実装しており、インテルもAMD64の互換命令セットをEM64T(後にIntel 64と改称)として実装した。のちにVIAがこれに続いた。 このような経緯もあり、ソフトウェアの対応命令セットの表記には、採用時期またはマイクロプロセッサベンダーとの立場などから、x86-64(x86_64), x64, AMD64, IA-32e, EM64T, Intel 64など複数の名称が用いられている。 (Wikipedia:AMD64)

AMD Am2900
Am2900 はアドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)が1975年に開発した集積回路(ICチップ)のファミリである。バイポーラトランジスタを使用したビットスライス方式のチップファミリであり、複数のチップを組み合わせることでCPUを構成することができる。ビットスライス技術を使うことにより、Am2900 ファミリではデータ/アドレス/命令のビット幅を4ビットの任意の倍数長に設計することが可能である。この方式の難点はCPUに機能を詰め込もうとするとチップ数が膨大になる点であった。Am2901 は演算論理装置(ALU)であり、ファミリの中核となっている。これには4ビットの各種二進演算機能が盛り込まれている(ビット演算#ビットシフト ビットシフトを含む)。
以下に Am2900 を使用していたと判明しているコンピュータを列挙する(他にもあると思われる):
(Wikipedia:AMD Am2900)

AMD Am29000
ファイル:AMD Am29000-16GC.jpg right thumb AMD 29000マイクロプロセッサ
AMD Am29000(Am29000、Am29kあるいは29kとも)は、アドバンスト・マイクロ・デバイセズ AMDの32ビットRISCマイクロプロセッサ製品、またそれから派生した製品群。
この製品群は、1980年代から1990年代にかけて、多くのメーカーのレーザープリンターに搭載されるなどRISCチップ市場で最も人気を誇ったアドビシステムズが最初に提供したPostScriptインタプリタはAm29000向けに書かれた。。しかし、1995年、AMDは29kの開発チームを80x86 x86互換チップ開発に異動、29kの様々なアイデアや回路がAMD K5の開発に使われた。組込応用市場用にはAm80186から派生した186ファミリを投入した。
29kはサン・マイクロシステムズのSPARCやIntel i960と同様、カリフォルニア大学バークレー校 バークレーのRISCプロジェクトによって生み出された。バークレー系統の設計では多くの場合レジスタ・ウィンドウというトリックが使われているMIPSアーキテクチャは例外、MIPSはコンパイラ技術の向上で多数のレジスタが性能に貢献すると考えていた。。これは関数 (プログラミング) プロシージャコールを劇的に高速化する技法である。基本的なアイデアは大きなレジスタ (コンピュータ) レジスタセットをコールスタックのように使うものである。
(Wikipedia:AMD Am29000)

AMD K6
AMD K6はAdvanced Micro Devices(以下、AMD)が開発したx86互換マイクロプロセッサである。 K6はx86命令を内部でRISC86OPに変換し、内部のRISC86パイプラインで命令を高速実行する、Socket 7互換CPUである。 インテル製CPUとのソケット互換CPUとして、同一ソケットで同一クロック動作のインテル純正CPUを凌駕する高性能を発揮するため、低価格パーソナルコンピュータ (PC) を中心に普及し、また既存PCのアップグレード用としても市場に受け入れられた。 製造時期によって使用半導体製造プロセスが異なり、これにより166MHz〜233MHzと、200〜300MHzの2モデルに分類される。 開発経緯 AMDは、x86互換プロセッサメーカーであった、Atiq Raza率いるNexGen社を買収し、当時NexGenが開発中だったNx686というx86互換CPUを手に入れた。 (Wikipedia:AMD K6)

AMD-K6
『AMD K6』より : AMD K6はAdvanced Micro Devices(以下、AMD)が開発したx86互換マイクロプロセッサである。 K6はx86命令を内部でRISC86OPに変換し、内部のRISC86パイプラインで命令を高速実行する、Socket 7互換CPUである。 インテル製CPUとのソケット互換CPUとして、同一ソケットで同一クロック動作のインテル純正CPUを凌駕する高性能を発揮するため、低価格パーソナルコンピュータ (PC) を中心に普及し、また既存PCのアップグレード用としても市場に受け入れられた。 製造時期によって使用半導体製造プロセスが異なり、これにより166MHz〜233MHzと、200〜300MHzの2モデルに分類される。 開発経緯 AMDは、x86互換プロセッサメーカーであった、Atiq Raza率いるNexGen社を買収し、当時NexGenが開発中だったNx686というx86互換CPUを手に入れた。 (Wikipedia:AMD-K6)

AMD 29000
AMD Am29000(Am29000、Am29kあるいは29kとも)は、AMDの32ビットRISCマイクロプロセッサ製品、またそれから派生した製品群。 この製品群は、1980年代から1990年代にかけて、多くのメーカーのレーザープリンターに搭載されるなどRISCチップ市場で最も人気を誇った。しかし、1995年、AMDは29kの開発チームをx86互換チップ開発に異動、29kの様々なアイデアや回路がAMD K5の開発に使われた。組込応用市場用にはAm80186から派生した186ファミリを投入した。 特長 レジスタ・ウィンドウ 29kは、バークレーRISC(en:Berkeley RISC)の影響下にあるサン・マイクロシステムズのSPARCやIntel i960と同様、レジスタ・ウィンドウを採用している。これはプロシージャコールを劇的に高速化する技法である。基本的なアイデアは大きなレジスタセットをコールスタックのように使うものである。 元のバークレーの設計もSPARCもi960もレジスタウィンドウのサイズは固定であり性能上の問題を引き起こしていた。 (Wikipedia:AMD 29000)

AMD K6-III
AMD K6-IIIは、AMDが開発したx86互換のマイクロプロセッサである。 K6-IIIはAMD-K6-2プロセッサをベースに2次キャッシュを実装したプロセッサ。3DNow!に対応、1次キャッシュはデータ32KB、命令32KBの合計64KB、Super Socket 7(Socket 7 のFSB 100MHz版)という点はK6-2に準じている。 Socket 7としては初めて2次キャッシュを実装し、その容量は256Kバイト。またCPUコアの動作周波数と同じ周波数で動作する。競合するPentium IIやPentium IIIの2次キャッシュは512KバイトであったがCPUコアの動作周波数の半分であり、またCeleronはコアと等速ではあったが128Kバイトだった。2次キャッシュの実装により、従来のマザーボード上のキャッシュは3次キャッシュとして利用できる。その機能をAMDはマーケティング上の理由からTriLevelCacheと命名し、3次キャッシュとしてサポートされる外部SRAM容量は最大2Mバイトとなったが、当時市販されていたK6-III対応マザーボードおよびそのチップセットで2MBのキャッシュメモリを実装あるいはサポートしたものはほぼ皆無で、大半は512KBあるいは1MB搭載であった。 (Wikipedia:AMD K6-III)

AMD-K6-III
『AMD K6-III』より : AMD K6-IIIは、AMDが開発したx86互換のマイクロプロセッサである。 K6-IIIはAMD-K6-2プロセッサをベースに2次キャッシュを実装したプロセッサ。3DNow!に対応、1次キャッシュはデータ32KB、命令32KBの合計64KB、Super Socket 7(Socket 7 のFSB 100MHz版)という点はK6-2に準じている。 Socket 7としては初めて2次キャッシュを実装し、その容量は256Kバイト。またCPUコアの動作周波数と同じ周波数で動作する。競合するPentium IIやPentium IIIの2次キャッシュは512KバイトであったがCPUコアの動作周波数の半分であり、またCeleronはコアと等速ではあったが128Kバイトだった。2次キャッシュの実装により、従来のマザーボード上のキャッシュは3次キャッシュとして利用できる。その機能をAMDはマーケティング上の理由からTriLevelCacheと命名し、3次キャッシュとしてサポートされる外部SRAM容量は最大2Mバイトとなったが、当時市販されていたK6-III対応マザーボードおよびそのチップセットで2MBのキャッシュメモリを実装あるいはサポートしたものはほぼ皆無で、大半は512KBあるいは1MB搭載であった。 (Wikipedia:AMD-K6-III)

AMD-K6-3
『AMD K6-III』より : AMD K6-IIIは、AMDが開発したx86互換のマイクロプロセッサである。 K6-IIIはAMD-K6-2プロセッサをベースに2次キャッシュを実装したプロセッサ。3DNow!に対応、1次キャッシュはデータ32KB、命令32KBの合計64KB、Super Socket 7(Socket 7 のFSB 100MHz版)という点はK6-2に準じている。 Socket 7としては初めて2次キャッシュを実装し、その容量は256Kバイト。またCPUコアの動作周波数と同じ周波数で動作する。競合するPentium IIやPentium IIIの2次キャッシュは512KバイトであったがCPUコアの動作周波数の半分であり、またCeleronはコアと等速ではあったが128Kバイトだった。2次キャッシュの実装により、従来のマザーボード上のキャッシュは3次キャッシュとして利用できる。その機能をAMDはマーケティング上の理由からTriLevelCacheと命名し、3次キャッシュとしてサポートされる外部SRAM容量は最大2Mバイトとなったが、当時市販されていたK6-III対応マザーボードおよびそのチップセットで2MBのキャッシュメモリを実装あるいはサポートしたものはほぼ皆無で、大半は512KBあるいは1MB搭載であった。 (Wikipedia:AMD-K6-3)

AMD K6-3
『AMD K6-III』より : AMD K6-IIIは、AMDが開発したx86互換のマイクロプロセッサである。 K6-IIIはAMD-K6-2プロセッサをベースに2次キャッシュを実装したプロセッサ。3DNow!に対応、1次キャッシュはデータ32KB、命令32KBの合計64KB、Super Socket 7(Socket 7 のFSB 100MHz版)という点はK6-2に準じている。 Socket 7としては初めて2次キャッシュを実装し、その容量は256Kバイト。またCPUコアの動作周波数と同じ周波数で動作する。競合するPentium IIやPentium IIIの2次キャッシュは512KバイトであったがCPUコアの動作周波数の半分であり、またCeleronはコアと等速ではあったが128Kバイトだった。2次キャッシュの実装により、従来のマザーボード上のキャッシュは3次キャッシュとして利用できる。その機能をAMDはマーケティング上の理由からTriLevelCacheと命名し、3次キャッシュとしてサポートされる外部SRAM容量は最大2Mバイトとなったが、当時市販されていたK6-III対応マザーボードおよびそのチップセットで2MBのキャッシュメモリを実装あるいはサポートしたものはほぼ皆無で、大半は512KBあるいは1MB搭載であった。 (Wikipedia:AMD K6-3)

AMD K5
K5は、AMDが開発したマイクロプロセッサ。インテルのx86命令セットを採用したAMDの第5世代の互換プロセッサである。K5の5は第5世代を表す。Kはクリプトンの頭文字だとされているが、製品内容との関係は全くない。当時のインテル製品の開発呼称はPと数字と組み合わせたもので、それに倣ったと考えられる。 インテルの同じく第5世代プロセッサであるPentiumプロセッサへの対抗として1993年に発表された製品であるが、実際の発売は遅れて1996年になった。設計はAm29000開発チームが手がけ、そのマイクロアーキテクチャをインテルのそれと比較するとPentiumシリーズのP5マイクロアーキテクチャよりもP6マイクロアーキテクチャ(Pentium Pro)に近く、Am29000の流れを汲むRISCコア(FPUを含む)にx86命令デコーダを組み合わせた構造となっている。 (Wikipedia:AMD K5)

AMD-K5
『AMD K5』より : K5は、AMDが開発したマイクロプロセッサ。インテルのx86命令セットを採用したAMDの第5世代の互換プロセッサである。K5の5は第5世代を表す。Kはクリプトンの頭文字だとされているが、製品内容との関係は全くない。当時のインテル製品の開発呼称はPと数字と組み合わせたもので、それに倣ったと考えられる。 インテルの同じく第5世代プロセッサであるPentiumプロセッサへの対抗として1993年に発表された製品であるが、実際の発売は遅れて1996年になった。設計はAm29000開発チームが手がけ、そのマイクロアーキテクチャをインテルのそれと比較するとPentiumシリーズのP5マイクロアーキテクチャよりもP6マイクロアーキテクチャ(Pentium Pro)に近く、Am29000の流れを汲むRISCコア(FPUを含む)にx86命令デコーダを組み合わせた構造となっている。 (Wikipedia:AMD-K5)

AMD K6-2
AMD K6-2は、AMDが開発したx86互換のマイクロプロセッサである。 K6-2はK6プロセッサをベースにAMD独自のSIMD拡張命令である3DNow!を実装したプロセッサ。最初のSuper Socket 7 (Socket 7のFSBを100 MHzに強化したもの) の製品となった。1次キャッシュはデータ32Kバイトと命令32Kバイトの合計64Kバイト。トランジスタ数は930万個。クロック周波数は 300MHz / 333MHz / 350MHz / 366MHz / 380MHz / 400MHz / 450MHz / 475MHz / 500MHz / 533MHz / 550MHz。 前のCPUであるK6からMMX演算性能が強化されており、MMXユニットが、レジスターXパイプライン、レジスタYパイプラインの両方にぶら下がっており、MMX命令が同時2命令発行に改良された。 (Wikipedia:AMD K6-2)

AMD-K6-2
『AMD K6-2』より : AMD K6-2は、AMDが開発したx86互換のマイクロプロセッサである。 K6-2はK6プロセッサをベースにAMD独自のSIMD拡張命令である3DNow!を実装したプロセッサ。最初のSuper Socket 7 (Socket 7のFSBを100 MHzに強化したもの) の製品となった。1次キャッシュはデータ32Kバイトと命令32Kバイトの合計64Kバイト。トランジスタ数は930万個。クロック周波数は 300MHz / 333MHz / 350MHz / 366MHz / 380MHz / 400MHz / 450MHz / 475MHz / 500MHz / 533MHz / 550MHz。 前のCPUであるK6からMMX演算性能が強化されており、MMXユニットが、レジスターXパイプライン、レジスタYパイプラインの両方にぶら下がっており、MMX命令が同時2命令発行に改良された。 (Wikipedia:AMD-K6-2)

AMD 5x86
『Am5x86』より : Am5x86はAMDが開発した486クラスのx86互換のマイクロプロセッサである。1995年11月の発売当時では、i486互換プロセッサでは最速となった。 Am5x86は既存のEnhanced Am486DX4チップの製造プロセスを従来の0.50μmから0.35μmへシュリンクし、合わせて内蔵1次キャッシュを倍増することで高速動作を可能としたもので、内部でクロックを4倍に逓倍して使用していた。定格動作周波数はFSB33MHzの下で133MHzである。Enhanced Am486DX4に最適化されたシステムとは完全に互換性があり、3倍速で動作させた場合の性能はほぼ同じである。 このCPUは開発コードをX5といい、チップパッケージにも「Am5x86-P75」という製品名と併記して「AMD-X5-133ADZ」、あるいは「Am486DX5-133W16BHC」などの表記がなされていた。 (Wikipedia:AMD 5x86)

AMD模型
AMD模型(AMDもけい)とは原子核の性質を記述するモデルのひとつである。AMDとは、“反対称化分子動力学”(Antisymmetrized Molecular Dynamics) の略である。 一つの核子をガウス波束で表現し、AMD波動関数をこのスレーター行列式として定義する。この波動関数を直接変分原理にかけてエネルギーを極小化させるのではなく、先にパリティ射影を行うことが特徴である。これによって、平均場近似では得られないクラスター構造を表現し易くなる。有効相互作用と核子の自由度からクラスター構造を表現できることから、このAMD模型は「微視的クラスター模型」と考えることができる。現在では、変分前に角運動量射影を行うことによって基底状態のみならず、励起状態の記述にも成功を収めている。また、生成座標法(GCM)の基底としてもこの模型が用いられており、「微視的核構造理論」の一端を担っている。 関連項目 原子核 原子核物理学 核構造 殻模型 シェルモデル 液滴模型 集団運動模型。 (Wikipedia:AMD模型)

AMDA
特定非営利活動法人アムダ(AMDA、Association of Medical Doctors of Asia = 旧称・アジア医師連絡協議会)は、1984年に設立し岡山県岡山市北区伊福町に本部を置くNGO・国際医療ボランティア組織。 理事長は菅波茂。岡山県認証の特定非営利活動法人。 アジア、アフリカ、中南米において戦争・自然災害・貧困等により社会的・経済的に恵まれず、社会から取り残されている人々への医療救援と、生活状態改善のための支援を実施している。 1984年、設立。本部は岡山市楢津(現:岡山市北区楢津)に置かれた。 1995年、国連経済社会理事会(ECOSOC)より国連の協議資格を授与。 1996年、第54回山陽新聞賞受賞。 2001年、菅波茂理事長が平成13年度岡山県三木記念賞(国際親善部門)を受賞。 2004年、第2回沖縄平和賞受賞。 2010年、本部を岡山市北区伊福町3丁目に移転。 外部リンク 特定非営利活動法人アムダ。 (Wikipedia:AMDA)

AMD 29000
AMD Am29000(Am29000、Am29kあるいは29kとも)は、AMDの32ビットRISCマイクロプロセッサ製品、またそれから派生した製品群。 この製品群は、1980年代から1990年代にかけて、多くのメーカーのレーザープリンターに搭載されるなどRISCチップ市場で最も人気を誇った。しかし、1995年、AMDは29kの開発チームをx86互換チップ開発に異動、29kの様々なアイデアや回路がAMD K5の開発に使われた。組込応用市場用にはAm80186から派生した186ファミリを投入した。 特長 レジスタ・ウィンドウ 29kは、バークレーRISC(en:Berkeley RISC)の影響下にあるサン・マイクロシステムズのSPARCやIntel i960と同様、レジスタ・ウィンドウを採用している。これはプロシージャコールを劇的に高速化する技法である。基本的なアイデアは大きなレジスタセットをコールスタックのように使うものである。 元のバークレーの設計もSPARCもi960もレジスタウィンドウのサイズは固定であり性能上の問題を引き起こしていた。 (Wikipedia:AMD 29000)


AMD - 関連ブログ

データが取得できませんでした

AMD - アマゾン検索


「AMD」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す