[PR]

日別キーワード

第55位  FC東京 - 2018年03月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



FC東京
FC東京(エフシーとうきょう、F.C. Tokyo)は、日本の東京都をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。 1999年にJリーグへ加盟。ホームタウンは東京都である。ホームスタジアムは調布市の味の素スタジアム(東京スタジアム)であり、国立霞ヶ丘陸上競技場や駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場でもホームゲームを開催している。 過去には、東京都内では国立西が丘サッカー場や江戸川区陸上競技場、都外では鹿児島県立鴨池陸上競技場(2000年)、香川県立丸亀競技場(2000年・2001年)、石川県西部緑地公園陸上競技場(2000年)、長野県松本平広域公園総合球技場(2006年。2011年にはチャリティーマッチを開催)、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場(2011年)でホームゲームを開催した。 練習場は、小平市のFC東京小平グランド(東京ガス武蔵野苑)である(2001年までは江東区猿江のFC東京深川グランド)。 このため、地域活動は調布市周辺エリア(三鷹市及び府中市を含む。 (Wikipedia:FC東京)

FC東京の選手一覧
FC東京の選手一覧は、FC東京に所属している選手・監督・コーチの一覧。 現役選手・監督 スタッフ 選手 期限付き移籍中の選手 背番号 1999年 - 2009年 2010年 - 外国籍選手変遷 過去に在籍した選手・スタッフ 監督 コーチ ゴールキーパー(GK) ディフェンダー(DF) ミッドフィールダー(MF) フォワード(FW) 下部組織出身選手 関連項目 Jリーグ Jリーグのクラブに所属するサッカー選手のクラブ別一覧 東京ガスサッカー部#歴代所属選手。 (Wikipedia:FC東京の選手一覧)

FC東京バレーボールチーム
FC東京バレーボールチーム(エフシーとうきょうバレーボールチーム)は、東京都を本拠地とする男子バレーボールチーム。2003年に東京ガスから移行した。JリーグのFC東京と連携している。 母体はFC東京の前身である東京ガスサッカー部と同様、東京ガスバレーボール部。1948年に社内レクリエーションとして9人制バレーボール部として創部したのが始まりであり、1985年に6人制バレーボール部に変更し、2003年に『FC東京バレーボールチーム』に移行した。 JリーグのFC東京との共通ネームであり、都民のためのクラブを目指す観点から来ている。 練習場は、東京ガス深川グランド内にあるTG深川体育館であり、練習見学の可能な日も設定されている。バレーボール教室を2002年より開催している。 V・チャレンジリーグ在籍時には、東京ヴェルディとの試合でサッカーと同様に「東京ダービー」として盛り上がりをみせていた。 1948年、東京ガスの社内レクリエーションとして9人制バレーボール部として創部。 (Wikipedia:FC東京バレーボールチーム)

FC東京深川グランド
FC東京深川グランド (エフシーとうきょうふかがわグランド)は、東京都江東区猿江にあるサッカーグラウンドで、JリーグFC東京所有である。人工芝のサブグラウンドと同クラブの事務所が併設されている。 元々は東京ガス硬式野球部の練習グラウンドだったところ、1998年に野球部の品川区移転に伴いサッカーグラウンドへ転身。以来FC東京の前身である東京ガスサッカー部の練習場として使用され現在に到る。1999年のヤマザキナビスコカップベスト4で得た賞金をサポーター・ファンに還元する意味も込めて、2000年7月にはメインスタンドが完成。しかし天然芝のグラウンドが1面しかなかったため、2002年より同クラブの練習拠点はより広い敷地面積を有する東京都小平市の小平グランドへ移転した。なお、現在でも同クラブの本社機構は当地に置かれているほか、下部組織(U-15深川・ジュニア向けサッカースクール等)の練習場・試合会場として使用され、アメリカンフットボール・Xリーグ所属の東京ガスクリエイターズの練習拠点としても使用されている。 (Wikipedia:FC東京深川グランド)

FC東京小平グランド
FC東京小平グランド (FCとうきょうこだいら―)は、東京都小平市にあるサッカーグラウンドで、Jリーグ・FC東京所有の練習場である。 2002年1月に東京ガスからの働きかけを受け、FC東京深川グランドからより広い練習施設を有する当地へ移転した。ピッチとスタンドの間に設置されている防護ネットの支柱は、同クラブのチームカラーである青と赤に塗り分けられている。 当地は元々、東京ガスの福利厚生施設である「東京ガス武蔵野苑」であり、グランドに隣接して多くのテニスコートが存在していたが、2006年8月からこのスペースを人工芝のサッカーグランドとして再整備し、2007年1月より利用している。この人工芝グランドは「多目的グランド」と名付けられ、FC東京U-18の活動拠点が深川からこの多目的グランドへと移された。また、ユースの公式戦・高円宮杯U-18サッカーリーグ プリンスリーグの試合などでも多目的グランドが使用される。 2012年7月からは小平市文化スポーツ課を窓口とし、多目的グランドの一般団体利用も可能となった(有料、平日のみ、小平市在住・通学・勤務者に限る)。 (Wikipedia:FC東京小平グランド)

FC東京小平グランドB面
『FC東京小平グランド』より : FC東京小平グランド (FCとうきょうこだいら―)は、東京都小平市にあるサッカーグラウンドで、Jリーグ・FC東京所有の練習場である。 2002年1月に東京ガスからの働きかけを受け、FC東京深川グランドからより広い練習施設を有する当地へ移転した。ピッチとスタンドの間に設置されている防護ネットの支柱は、同クラブのチームカラーである青と赤に塗り分けられている。 当地は元々、東京ガスの福利厚生施設である「東京ガス武蔵野苑」であり、グランドに隣接して多くのテニスコートが存在していたが、2006年8月からこのスペースを人工芝のサッカーグランドとして再整備し、2007年1月より利用している。この人工芝グランドは「多目的グランド」と名付けられ、FC東京U-18の活動拠点が深川からこの多目的グランドへと移された。また、ユースの公式戦・高円宮杯U-18サッカーリーグ プリンスリーグの試合などでも多目的グランドが使用される。 2012年7月からは小平市文化スポーツ課を窓口とし、多目的グランドの一般団体利用も可能となった(有料、平日のみ、小平市在住・通学・勤務者に限る)。 (Wikipedia:FC東京小平グランドB面)


FC東京 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

FC東京 - アマゾン検索


「FC東京」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す