[PR]

日別キーワード

第81位  アウクスブルク - 2018年03月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



アウクスブルク
『アウグスブルク』より : アウクスブルク(標準ドイツ語:Augsburg, アレマン語:Augschburg(アウクシュブルク))は、ドイツ連邦共和国バイエルン州南西部に位置する郡独立市である。 シュヴァーベン郡市連合、シュヴァーベン行政管区およびアウクスブルク郡の本部所在地であり、大学都市としても知られる。 アウクスブルクは1909年に大都市となり、26万人強の人口を有するこの街はミュンヘン、ニュルンベルクに次ぐバイエルン州第3の都市である。アウクスブルク都市圏はその人口、経済力ともに、やはりバイエルン州で3番目の規模であり、約83万人が住むアウクスブルク開発地域の一部である。 都市名はローマ属州時代のアウグスタ・ヴィンデリコルム (Augusta Vindelicorum) に由来し、紀元前15年にローマ皇帝アウグストゥスによって築かれた城にその起源を持つ。このため、アウクスブルクはドイツで最も古い都市の一つに数えられる。また、15世紀から16世紀に、フッガー家やヴェルザー家によって金融都市として繁栄を極めたことから、「フッガーシュタット」(フッガー都市)としばしば称される。 (Wikipedia:アウクスブルク)

アウクスブルクの信仰告白
『アウグスブルク信仰告白』より : アウクスブルク信仰告白(アウクスブルクしんこうこくはく、ドイツ語:Augsburger Konfession)は、ルター派教会が用いる信仰告白(信条)のひとつである。1530年にフィリップ・メランヒトンによってドイツのアウクスブルクで起草されたことからこの名がある。 このアウクスブルク信仰告白には原典ともよべる版と、カルヴァン、ツヴィングリなどとの対話の中で一致点を模索しようとしてメランヒトン自身によって改定された版の2種類があり、多くのルター派教会では、原典版である「改定されないアウクスブルク信仰告白」の方を信仰告白文書として採用している。 構成 アウクスブルク信仰告白は大きくは3部からなる。 第1部では、ルター派自体の信仰を告白する。 第2部では、当時のカトリック教会で行われていた諸制度への態度を告白する。 結論では、賛同者の署名とともに、総括が加えられる。(以下、条文の解説は要約である) 第1部 主要信条 第1条 神について 神は三位一体の神であって、ニケア信条を正しいものと認める。 (Wikipedia:アウクスブルクの信仰告白)

アウクスブルク同盟戦争
『大同盟戦争』より : 大同盟戦争(だいどうめいせんそう、英: War of the Grand Alliance, 仏: guerre de la Grande Alliance, 1688年 - 1697年)は、膨張政策をとるフランス王ルイ14世に対してアウクスブルク同盟に結集した欧州諸国が戦った戦争である。アウクスブルク同盟戦争(英: War of the League of Augsburg, 仏: Guerre de la Ligue d'Augsbourg)とも九年戦争(英: Nine Years' War)、プファルツ戦争またはプファルツ継承戦争(独: Pfälzischer Erbfolgekrieg)とも言う。 主戦場となったのはドイツのライン地方やスペイン領ネーデルラント(現在のベルギー・ルクセンブルク一帯)で、アイルランドやイタリア、スペイン北部、北アメリカにも拡大した。アイルランドではしばしばウィリアマイト戦争と呼ばれ、北アメリカではウィリアム王戦争と呼ばれる。 前史 当時、フランス王国は欧州最強の軍隊を有しており、ルイ14世はこの軍事力を背景にスペイン領ネーデルラントの領有を狙ってネーデルラント継承戦争を起こし、ネーデルランド連邦共和国(オランダ)に圧力をかけられて和睦を結ばされると報復としてオランダ侵略戦争を発生させた。 (Wikipedia:アウクスブルク同盟戦争)

アウクスブルクの宗教和議
『アウグスブルクの和議』より : アウクスブルクの和議(アウクスブルクのわぎ、ドイツ語:Augsburger Reichs- und Religionsfrieden)は、神聖ローマ帝国のアウクスブルクで開催された帝国議会において1555年9月25日になされた、ドイツ・中欧地域におけるルター派(プロテスタント)容認の決議である。アウクスブルクの宗教和議ともいう。 これによりハプスブルク家のカトリック教会を介した帝国支配の野望は挫折するが、一方ではカルヴァン派の信仰も認められなかった。また、個人の信仰は認められずに、信仰の選択はあくまで都市や領主が決定するものとした。このことは将来に禍根を残し、三十年戦争の契機ともなった。 背景 1526年、神聖ローマ皇帝カール5世は、東方からのオスマン帝国の圧力が強まる中、シュパイエル(Speyer)における帝国議会でルター派諸侯に譲歩した。このことは、領邦君主が領内の教会を統制下におく、領邦教会体制の出発点として位置づけられている。しかし、1529年に同地で再び開催された帝国議会で前回の決定を撤回し、再びカトリック政策の徹底を図ったため、ルター派諸侯らは、この決定に対する抗議文(protestantio)を提出した。 (Wikipedia:アウクスブルクの宗教和議)

アウクスブルク宗教平和令
『アウグスブルクの和議』より : アウクスブルクの和議(アウクスブルクのわぎ、ドイツ語:Augsburger Reichs- und Religionsfrieden)は、神聖ローマ帝国のアウクスブルクで開催された帝国議会において1555年9月25日になされた、ドイツ・中欧地域におけるルター派(プロテスタント)容認の決議である。アウクスブルクの宗教和議ともいう。 これによりハプスブルク家のカトリック教会を介した帝国支配の野望は挫折するが、一方ではカルヴァン派の信仰も認められなかった。また、個人の信仰は認められずに、信仰の選択はあくまで都市や領主が決定するものとした。このことは将来に禍根を残し、三十年戦争の契機ともなった。 背景 1526年、神聖ローマ皇帝カール5世は、東方からのオスマン帝国の圧力が強まる中、シュパイエル(Speyer)における帝国議会でルター派諸侯に譲歩した。このことは、領邦君主が領内の教会を統制下におく、領邦教会体制の出発点として位置づけられている。しかし、1529年に同地で再び開催された帝国議会で前回の決定を撤回し、再びカトリック政策の徹底を図ったため、ルター派諸侯らは、この決定に対する抗議文(protestantio)を提出した。 (Wikipedia:アウクスブルク宗教平和令)

アウクスブルクのアーブラハム
アウクスブルクのアーブラハム(Abraham of Augsburg、? - 1265年11月21日)は、ドイツ人のユダヤ教への改宗者で、殉教した。改宗者であったが、公にキリスト教と聖人像を攻撃するという有様で、理想的なものとはいえなかった。キリスト教徒によって拷問にかけられ、死亡した。 この事件はユダヤ人に多くの注意をもたらすことになり、また、モルデカイ・ベン・ヒレル Mordecai ben Hillel (彼自身1298年に殉教している)の哀歌、モーシェ・ベン・ヤアコブ Moses ben Jacob の詩の題材ともなった。 参考文献 Zunz, S. P. pp. 350, 364; S. Kohn, Mordecai ben Hillel, pp. 46-49 and appendix I.; Perles, in Monatsschrift, 1873, pp. 513, 514; Salfeld, Martyrologium des Nürnberger Memorbuches, pp. 22, 149, 150 執筆者:Louis Ginzberg 関連項目 ユダヤ教への改宗者の一覧12px この記事にはパブリックドメインである次の文書本文が含まれる: Jewish Encyclopedia. (1901–1906). [1]。 (Wikipedia:アウクスブルクのアーブラハム)


アウクスブルク - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アウクスブルク - アマゾン検索


「アウクスブルク」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す