[PR]

日別キーワード

第85位  アマルフィ - 2018年03月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



アマルフィ
アマルフィ(イタリア語: Amalfi)は、イタリア共和国カンパニア州サレルノ県にある、人口約5200人の基礎自治体(コムーネ)。 急峻なアマルフィ海岸に面して築かれた都市である。中世にはアマルフィ公国(アマルフィ共和国)として自立し、強盛を誇った海洋国家であった。ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されているアマルフィ海岸の中心都市であり、観光の拠点である。 地理 位置・広がり サレルノ県北西部に位置するコムーネで、アマルフィ海岸の中央部に位置する。アマルフィの市街は、県都サレルノからは西南西へ約15km、ソレントから東へ約19km、州都ナポリから南東へ約37kmの距離にある。 アマルフィのコムーネ面積は6.11km2で、アマルフィ海岸に連なる狭小な自治体の中では比較的広い。アマルフィ市街は、海岸に沿って東西に長い市域の東端に位置する。 = 隣接コムーネ = 隣接するコムーネは以下の通り。NAはナポリ県所属を示す。 スカーラ - 北 アトラーニ - 東 コンカ・デイ・マリーニ - 南西 フローレ - 西 アジェーロラ (NA) - 北西 地勢 ソレント半島の南岸(アマルフィ海岸)にあたり、サレルノ湾に面する。 (Wikipedia:アマルフィ)

アマルフィ海岸
座標: 北緯40度38分 東経14度36分 / 北緯40.633度 東経14.600度 / 40.633; 14.600 アマルフィ海岸(イタリア語: Costiera Amalfitana)は、イタリア南部のソレント半島南岸、アマルフィ一帯(カンパニア州サレルノ県北西部)のサレルノ湾に面した海岸を指す名称。「世界一美しい海岸」と云われる景勝地・避寒地で、1997年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された。ヘラクレスが愛したニュンペーの名に由来した地名で「ヘラクレスはそのニュンペーと仲睦まじく暮らしていたが、ある日突然、彼女が死んでしまう。それを嘆いたヘラクレスはこの世でもっとも美しい土地に彼女を葬り、街を切り開いて彼女の名を付けた」とされる。 地理 アマルフィ海岸の中心地であるアマルフィは中世に海洋都市国家として栄えた都市で、サレルノの西約15km、ナポリの南東約37kmに位置している。イタリア半島南部からティレニア海に向けて西から東へ突き出したソレント半島の南岸にあたり、半島の付け根にあたるヴィエトリ・スル・マーレから、アマルフィを経て、西にポジターノへ至るまでの一帯がアマルフィ海岸の名で呼ばれている。 (Wikipedia:アマルフィ海岸)

アマルフィーサーキット
『』より : (Wikipedia:アマルフィーサーキット)

アマルフィサーキット
『』より : (Wikipedia:アマルフィサーキット)


アマルフィ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマルフィ - アマゾン検索


「アマルフィ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す