[PR]

日別キーワード

第1位  東日本大震災 - 2018年03月12日


関連するイメージは見つかりませんでした



東日本大震災
東日本大震災(ひがしにほんだいしんさい、ひがしにっぽんだいしんさい)は、2011年(平成23年)3月11日午後2時46分に発生した東北地方太平洋沖地震とそれに伴って発生した津波、およびその後の余震により引き起こされた大規模地震災害である。この地震によって福島第一原子力発電所事故が起こった。発生した日付から3.11(さんてんいちいち、さんいちいち)と称することもある。危機管理等を目的として関東大震災と比較される。 地震発生 2011年(平成23年)3月11日14時46分18秒(日本時間)、宮城県牡鹿半島の東南東沖130km、仙台市の東方沖70kmの太平洋の海底を震源とする東北地方太平洋沖地震が発生した。地震の規模はモーメントマグニチュード (Mw) 9.0で、発生時点において日本周辺における観測史上最大の地震である。震源は広大で、岩手県沖から茨城県沖までの南北約500km、東西約200キロメートルのおよそ10万km2という広範囲全てが震源域とされる。 (Wikipedia:東日本大震災)

東日本大震災関連の犯罪・問題行為
東日本大震災関連の犯罪・問題行為(ひがしにほんだいしんさいかんれんのはんざい・もんだいこうい)では、2011年(平成23年)3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)およびそれによって引き起こされた福島第一原子力発電所事故によって環境・情勢などが変化した事で起きた、主な犯罪や問題行為、人災(第二の災害)について述べる。 東北地方太平洋沖地震の発生以降、地震・原発事故に影響された、もしくは便乗した犯罪・問題行為が発生している。 被災地で発生する犯罪の種類としては、「災害の混乱時に発生する犯罪(金品を狙う火事場泥棒など)」や、「食料不足などの要因から、生存手段として止むを得ず行われる犯罪」などがある。 警視庁・警察庁・消費者庁(国民生活センター)などでは、ホームページや報道を通じて防犯の注意を呼びかけている。また、内閣官房震災ボランティア連携室のサイト「助けあいジャパン」を通じて、確実な情報を発信している。 日本国外メディアにおける報道日本国外メディアによる地震直後の状況についての報道には、主に「秩序が保たれている」と好意的に報じたものが多かった。 (Wikipedia:東日本大震災関連の犯罪・問題行為)

東日本大震災に対するアジア諸国の対応
東日本大震災に対するアジア諸国の対応(ひがしにほんだいしんさいにたいするアジアしょこくのたいおう)では、東北地方太平洋沖地震 (東日本大震災)に対するアジア諸国の対応について記述する。 東アジア 中華民国の旗 中華民国(台湾):馬英九総統は「日本側の要請を受けたら、すぐに救援隊を出動したい」と語り、要請があればいつでも援助隊を出動可能な状態に待機させた。中華民国外交部は11日、大地震に遭った日本政府に30万台湾ドルの義援金を送ることを表明。翌12日には、1億台湾ドル(約2億8000万円)に増額した。13日には被害の拡大により、被災地に援助隊を派遣することを表明。同総統は演説で、日本が1999年9月の台湾中部大地震や2009年8月の南部台風災害で台湾を支援したことに触れ、「我々も同様に積極支援する」と語った。台湾の救助隊28人は3月14日午前に台北市内の松山空港を出発。同救助隊は日本に到着の後、自力で被災地に入り、救助活動に当たる計画を立てた。台湾は11日に派遣の用意を表明していたが、日本側の待機要請により、各国の救助隊が日本入りする中、丸2日間の待機を余儀なくされた。 (Wikipedia:東日本大震災に対するアジア諸国の対応)

東日本大震災に対する日本国外の対応
東日本大震災に対する日本国外の対応(ひがしにほんだいしんさいにたいするにほんこくがいのたいおう)では、東北地方太平洋沖地震 (東日本大震災)に対する日本国外の対応について記述する。東日本大震災で大きな被害を受けた日本に対し、2011年5月2日の時点で、国連に加盟する191ヶ国の国および幾つかの国や地域、約43の国際機関等からの支援の申し入れや見舞いの言葉があった。参議院では、4月15日に「東日本大震災に対する国際的支援に感謝する決議」が全会一致で可決された。 国際組織 国連機関 国際連合の旗 国際連合:潘基文事務総長は震災が発生した2011年3月11日、緊急に記者会見し「日本からの映像を見て世界はショックを受け悲しんでいる」と述べ、日本国民と政府に対し深い哀悼の意を表明した。また、「日本は世界中の困っている人を援助してきた最も寛大で強力な援助国の一つだ」と称え、「今回は国連が日本国民を支援し、日本国民の力になりたい。 (Wikipedia:東日本大震災に対する日本国外の対応)

東日本大震災における死者・行方不明者の推移
東日本大震災における死者・行方不明者の推移(ひがしにほんだいしんさいにおけるししゃ・ゆくえふめいしゃのすいい)では、東北地方太平洋沖地震とそれに伴って発生した津波、及びその後の大きな余震により発生した人的被害のうち、死者と行方不明者(安否不明者・住居不明者は除く)の推移について記述する。 福島第一原子力発電所事故の影響で、福島第一原子力発電所から半径20キロ圏内が避難指示区域に設定された影響もあり、福島県では沿岸部の状況把握が遅れて、行方不明者の捜索は大幅に遅れ、4月7日に開始された。 2016年2月10日現在、警察庁がまとめたところによると、一連の余震での死者も含め、死者15,894人(宮城県9,541人、岩手県4,673人、福島県1,613人、茨城県24人、千葉県21人、東京都7人、栃木県4人、神奈川県4人、青森県3人、山形県2人、群馬県1人、北海道1人)、行方不明者2,562人となっている。 (Wikipedia:東日本大震災における死者・行方不明者の推移)


東日本大震災 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  citrus - 2018年03月14日


関連するイメージは見つかりませんでした




citrus - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  東北地方太平洋沖地震 - 2018年03月14日


関連するイメージは見つかりませんでした



東北地方太平洋沖地震
東北地方太平洋沖地震(とうほくちほうたいへいようおきじしん)は、2011年(平成23年)3月11日に日本の太平洋三陸沖を震源として発生した地震である。地震の規模を示すマグニチュードはMw9.0で、日本の観測史上最大規模の地震であり、1995年の兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)、2004年の新潟県中越地震以来、観測史上3回目の最大震度7を観測した。この地震によって引き起こされた災害を、東日本大震災と呼ぶ。この地震とそれによって引き起こされた津波、およびその後の余震は、東北から関東にかけての東日本一帯に甚大な被害をもたらし、日本における戦後最悪の自然災害となるとともに、福島第一原子力発電所事故も引き起こした。 この地震は、2011年3月11日14時46分18.1秒、牡鹿半島の東南東約130km・仙台市の東方沖70km付近の太平洋(三陸沖)の海底、深さ約24kmを震源として発生した。 (Wikipedia:東北地方太平洋沖地震)

東北地方太平洋沖地震の前震・本震・余震の記録
東北地方太平洋沖地震の前震・本震・余震の記録(とうほくちほうたいへいようおきじしんのぜんしん・ほんしん・よしんのきろく)では、2011年(平成23年)3月11日14時46分に日本の太平洋三陸沖で発生した東北地方太平洋沖地震の前震、本震、余震、その他関連が疑われる地震について、重要なもののマグニチュード、震度などの一覧を示し、必要な解説を述べる。 関連する地震の一覧 主な前震・本震・余震 気象庁の発表などによると、M7.0以上または最大震度5弱以上の前震、本震、余震、その他関連が疑われる地震は下表の通りとなる。規模については気象庁マグニチュード、モーメントマグニチュード共に気象庁による。4月25日には、各々の余震の震度が訂正された。本項目では前震、本震、余震に加え、誘発地震(広義の余震)についても掲載する(枠内の背景色: 薄黄色)。なお、以下の節を通して誘発地震を、気象庁や専門機関などにより個別に誘発地震との指摘がされているものの他、4月12日に地震調査委員会が地震活動の活発化がみられると発表した16地域のうち余震域に含まれないもの、または本震後の1ヶ月間における気象庁の観測により余震域以外で地震活動が高まったとされる主な14地域を震源とするものとし、いずれにも該当しない地震については掲載しない。 (Wikipedia:東北地方太平洋沖地震の前震・本震・余震の記録)

東北地方太平洋沖地震に関する天皇陛下のおことば
東北地方太平洋沖地震に関する天皇陛下のおことば(とうほくちほうたいへいようおきじしんにかんするてんのうへいかのおことば)とは、2011年(平成23年)3月16日午後4時35分(日本時間、以下同)に放送された、天皇自らによるビデオ映像を用いて国民向けに発せられたおことばである。正式名称は特に定まっていないため、単に「ビデオメッセージ」、「おことば」と呼ばれることも多いが、宮内庁の公式サイトにおいては、「東北地方太平洋沖地震に関する天皇陛下のおことば」のタイトルを使用している。 2011年3月15日、天皇は宮内庁長官・侍従長と相談の上、国民向けのビデオメッセージを放映することを決定し、皇后と相談しながら原稿作成を進め、翌日の3月16日午前中までに完成。同日午後3時にはビデオの収録を開始し、天皇はビデオカメラの前で「おことば」として読み上げた。メッセージは、東日本大震災・福島第一原子力発電所事故の状況を憂慮し、防災関係者を労い、被災者を激励する内容であった。 (Wikipedia:東北地方太平洋沖地震に関する天皇陛下のおことば)


東北地方太平洋沖地震 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  グレイテスト・ショーマン - 2018年03月14日


関連するイメージは見つかりませんでした




グレイテスト・ショーマン - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  パナソニック - 2018年03月14日


関連するイメージは見つかりませんでした



パナソニック
『松下電器産業』より : パナソニック株式会社(Panasonic Corporation)は、大阪府に本社を置く大手総合電機メーカーである。パナソニックグループの事業持株会社として、三洋電機・パナホームなどを傘下に持つ。創業者は松下幸之助。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。国際オリンピック委員会と国際パラリンピック委員会の双方とワールドワイドパートナー契約を結んでいる。 旧社名は「松下電器産業株式会社(まつしたでんきさんぎょう、Matsushita Electric Industrial Co., Ltd.)」。2008年10月1日に現社名へ変更された(詳細は社名変更を参照)。 大手電機メーカー8社(日立製作所、パナソニック、東芝、三菱電機、シャープ、ソニー、NEC、富士通)のうちの一社。 創業者は松下幸之助。登記上本店は大阪府門真市だが、本社事務所は門真市の隣の大阪府守口市(国道1号沿い)に所在する。 37の事業部からなる。社内カンパニー制を採用しており、アプライアンス社、エコソリューションズ社、AVCネットワークス社、オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社の4カンパニーで構成されている。 (Wikipedia:パナソニック)

パナソニックショップ
パナソニックショップとは、パナソニック(旧松下電器産業)ほかパナソニックグループ(旧松下グループ)各社の製品を取次・販売する特約店(電器店)の通称である。1957年、日本最初の系列電器店(街の電器屋さん)ネットワークとして発足した。当初はパナソニック製品のみを扱う「ナショナルショップ」と他社製品も同時に扱う「ナショナル店会」とに二分されていた。以後、今日まで国内最大の地域電器店ネットワークである。地域電器店の業界団体「全国電機商業組合連合会」加盟店の7~8割を占める。
家電量販店 量販店が大量に安く売ることをセールスポイントとしているのに対し、パナソニックショップ(街のでんきやさん)は「アフターサービスの良さ・きめ細かさ」をセールスポイントにしているので、電球や蛍光灯の交換といった軽工事にも幅広く気軽に応じてくれる(「お役に立ち隊宣言」)。また「パナソニック修理技術認定店(旧・パナサービス工房 後述)」として他店購入製品やパナソニック以外の他社製品修理も取り扱う(有料)。この意味を込め、パナソニックショップは1998年から「あなたの街のでんきやさん」を全国共通キャッチフレーズとしている。さらに複数のパナソニック関連企業や優良業者との取引が活発な店は、各種リフォームの相談にも気軽に応じてくれる(多くの店舗はパナホーム取次店)。また地方の一部には、雑貨店や酒店を同じ敷地で経営している店舗も存在する。
(Wikipedia:パナソニックショップ)

パナソニック ドラマシアター
パナソニック ドラマシアター(Panasonic Drama Theater)は、TBSテレビ TBSJapan News Network 系列で毎週月曜日20:00~20:54に放送しているテレビドラマ ドラマテレビ番組 番組枠。TBS系列28局・系列外3局の全国31局ネット。旧称「ナショナルゴールデン・アワー」、「ナショナル劇場」。
「パナソニック ドラマシアター」としての放送は2008年10月13日の「水戸黄門 第39部」(初回は2時間スペシャル)からである。
「世の為人の為、老若男女問わない番組を。」というパナソニック(旧社名:松下電器産業)の創業者である松下幸之助の方針で、52年の長期に渡って放送を続けている。パナソニックグループ(パナソニック・パナソニック電工・パナホーム)の一社提供番組。
現在のタイトルに変更される前はオープニングとして「明るいナショナル」(作詞〜初代ヴァージョン〜・作曲:三木鶏郎)が流れていた。ラジオ番組「歌のない歌謡曲」と同様に、時代によって曲の節・アレンジ・歌詞が変化している。詳細は『#歴代オープニング 歴代オープニング』の章を参照。
(Wikipedia:パナソニック ドラマシアター)

パナソニックグループ
パナソニックグループとは、パナソニック(旧・松下電器産業)を中核とする日本の日本の企業グループ一覧 企業グループ(および組織)である。
2008年10月1日に社名変更するまでは、松下グループあるいは松下電器グループと呼称していたが、この両者の意味は異なっていた。松下電器グループは松下電器産業の企業内分社(カンパニー)や直轄の子会社のことを指し、連結子会社移行前の松下電工など比較的関係が薄く、独立した経営方針で運営されている企業は含まれなかった。
それ以降も社名に「松下」を冠する企業が若干残っているが、今後順次名称を変更する予定である。
◆=(社)鉄道貨物協会よりエコレールマーク認定。
●=パナソニックの社内ベンチャー制度「パナソニック・スピンアップ・ファンド」によって設立された会社
(Wikipedia:パナソニックグループ)

パナソニックガンバ大阪
『ガンバ大阪』より : ガンバ大阪(ガンバ おおさか、Gamba Osaka)は、日本の大阪府吹田市、茨木市、高槻市、豊中市、池田市、摂津市、箕面市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。 1980年創部の松下電器産業サッカー部が前身であり、1993年のJリーグ開幕時より加盟している10クラブ(オリジナル10)のひとつ。2005年に初タイトルとなるJ1リーグ優勝を果たし、2008年にはAFCチャンピオンズリーグ制覇、2014年には1シーズンでの国内三冠(J1リーグ・天皇杯・ナビスコカップ)を達成するなど、Jリーグを代表する強豪クラブである。獲得タイトル数はJリーグ全加盟クラブ中2位、近畿地方以西のクラブでは最多である。 ホームスタジアムは市立吹田サッカースタジアム。Jリーグ加盟の1993年から2015年までは万博記念競技場をホームスタジアムとしていた。練習グラウンドは万博記念公園スポーツ広場内のガンバ大阪練習場である。当初は神戸ユニバー記念競技場や西京極競技場を準本拠地、淀川区(新大阪駅近く)にクラブ事務所と京田辺市に練習場と「近畿代表」・「オール関西」的な意味合いが強かった。 (Wikipedia:パナソニックガンバ大阪)

パナソニック電工
パナソニック電工株式会社(パナソニックでんこう、英: Panasonic Electric Works Co., Ltd.)は、かつて存在した日本の電気機器メーカーである。大阪府門真市に本社を構え、パナソニックグループの照明機器、電気設備、健康家電、住宅機器、建材、制御機器、電子材料、福祉機器などを取り扱う総合メーカーであった。 解散後は事業ごとに分割・再編されたものの、中核組織は『パナソニック株式会社 エコソリューションズ社』(社内カンパニー)となっており、旧電工本社組織を引き継いでいる。 1933年(昭和8年)に松下電気器具製作所(後の松下電器産業、現在のパナソニック)の創業時事業である配線機器事業・電熱機器事業・合成樹脂事業・照明機器事業などを担当する部門として設置された第三事業部(いわゆる社内カンパニー)がルーツ。 (Wikipedia:パナソニック電工)

パナソニック モバイルコミュニケーションズ
パナソニック モバイルコミュニケーションズ株式会社(Panasonic Mobile Communications Co., Ltd.)は、パナソニックグループの移動体通信端末のメーカーである。パナソニックグループ内や周辺地域ではPMCの略称で呼ばれている。 パナソニック本体の社内カンパニーである、AVCネットワーク社配下に置かれる子会社である。 沿革 1958年1月17日 - 大阪府北河内郡門真町(当時)に松下通信工業株式会社(Matsushita Communication Industrial Co., Ltd.)設立。(松下電器産業「現:パナソニック株式会社」より分離) 1960年 - 本社を横浜市港北区綱島町(当時)に移転。 1968年 - 当時の電電公社にポケットベル(ページャー)を納入開始。(移動体通信端末事業へ参入。事実上の創業) 1968年 東京、大阪証券取引所第二部へ上場。 1969年 - 東京、大阪証券取引所第一部へ指定。 1991年 - 教育用パソコン「PanaCAL ET」を発売。 (Wikipedia:パナソニック モバイルコミュニケーションズ)

パナソニックモバイルコミュニケーションズ
『パナソニック モバイルコミュニケーションズ』より : パナソニック モバイルコミュニケーションズ株式会社(Panasonic Mobile Communications Co., Ltd.)は、パナソニックグループの移動体通信端末のメーカーである。パナソニックグループ内や周辺地域ではPMCの略称で呼ばれている。 パナソニック本体の社内カンパニーである、AVCネットワーク社配下に置かれる子会社である。 沿革 1958年1月17日 - 大阪府北河内郡門真町(当時)に松下通信工業株式会社(Matsushita Communication Industrial Co., Ltd.)設立。(松下電器産業「現:パナソニック株式会社」より分離) 1960年 - 本社を横浜市港北区綱島町(当時)に移転。 1968年 - 当時の電電公社にポケットベル(ページャー)を納入開始。(移動体通信端末事業へ参入。事実上の創業) 1968年 東京、大阪証券取引所第二部へ上場。 1969年 - 東京、大阪証券取引所第一部へ指定。 1991年 - 教育用パソコン「PanaCAL ET」を発売。 (Wikipedia:パナソニックモバイルコミュニケーションズ)

パナソニックモバイル
『パナソニック モバイルコミュニケーションズ』より : パナソニック モバイルコミュニケーションズ株式会社(Panasonic Mobile Communications Co., Ltd.)は、パナソニックグループの移動体通信端末のメーカーである。パナソニックグループ内や周辺地域ではPMCの略称で呼ばれている。 パナソニック本体の社内カンパニーである、AVCネットワーク社配下に置かれる子会社である。 沿革 1958年1月17日 - 大阪府北河内郡門真町(当時)に松下通信工業株式会社(Matsushita Communication Industrial Co., Ltd.)設立。(松下電器産業「現:パナソニック株式会社」より分離) 1960年 - 本社を横浜市港北区綱島町(当時)に移転。 1968年 - 当時の電電公社にポケットベル(ページャー)を納入開始。(移動体通信端末事業へ参入。事実上の創業) 1968年 東京、大阪証券取引所第二部へ上場。 1969年 - 東京、大阪証券取引所第一部へ指定。 1991年 - 教育用パソコン「PanaCAL ET」を発売。 (Wikipedia:パナソニックモバイル)

パナソニックのVTRの歴史
パナソニック(旧・松下電器産業)のVTRの歴史(パナソニックのVTRのれきし)では、パナソニックやグループ会社におけるVHS・S-VHS(スーパーVHS)方式・他方式の家庭用ビデオテープレコーダ(VTR)について、その歴史や当時ヒットした代表機種を紹介する。
VX-100(VX方式第1号機、グループ内のパナソニック四国エレクトロニクス 松下寿電子工業(現・パナソニック四国エレクトロニクス)より発売、四国地区限定発売、198,000円)
VX-2000(VX方式最終機種、全国発売)
NV-8800(VHS方式マックロード第1号機)
NV-6600(初めて倍速・コマ送り再生、静止画機能を搭載)
NV-6000(業界初、3倍モード搭載機)
NV-10000(業界初、ビエゾヘッド搭載でノイズレスサーチ)
NV-5000(ポータブルマックロード第1号機)
(Wikipedia:パナソニックのVTRの歴史)

パナソニック・トヨタ・レーシング
『トヨタF1』より : トヨタF1 (TOYOTA F1) は、日本のトヨタ自動車が運営したF1コンストラクター。2002年(平成14年)から2009年(平成21年)までF1世界選手権に参戦した。レーシングチームの正式名称はパナソニック・トヨタ・レーシング (Panasonic TOYOTA Racing) 。 世界ラリー選手権 (WRC) においてトヨタのワークス・チーム的存在であったトヨタ・チーム・ヨーロッパ (Toyota Team Europe) をベースにして、2000年(平成12年)に発足した。TTE時代より、ドイツ・ケルンのトヨタ・モータースポーツ有限会社 (Toyota Motorsport GmbH) を本拠地としているが、F1チームの国籍登録は日本としていた。 自作のシャシーでF1に参戦する日本国籍のコンストラクターとしては、1960年代のホンダ、1970年代のマキ、コジマに続いて4チーム目となる。さらに、エンジンを含め、車体全部を自作するフルコンストラクターとしては、ホンダに続く2例目となる。 (Wikipedia:パナソニック・トヨタ・レーシング)

パナソニックトライアンズ
size=250
チーム名=パナソニックトライアンズ
原語表記=パナソニックトライアンズ
愛称=
チームカラー=青
創設年=1951年
代表者=
ヘッドコーチ=清水良規
本拠地=大阪府枚方市
アリーナ=パナソニックアリーナ
収容人数=
HP=http://panasonic.co.jp/sports/basketball/
正シャツ=青 正パンツ=青
副シャツ=白 副パンツ=白
pattern_b1=_thinwhitesides pattern_s1=
body1=235bc8 shorts1=235bc8
pattern_b2=_thinbluesides pattern_s2=
body2=fff shorts2=fff
(Wikipedia:パナソニックトライアンズ)

パナソニック エナジー社
社名 パナソニック株式会社 エナジー社
英文社名 Panasonic Corporation Energy Company
ロゴ 画像:Panasonic logo (Blue).svg 250px ロゴ
種類 株式会社(パナソニックの社内カンパニー)
市場情報
略称 EC
郵便番号 570-8511
本社所在地 大阪府守口市松下町1番1号
電話番号
設立 2008年(平成20年)10月1日
業種 3650
事業内容 一次電池、二次電池、充電器、電池応用機器・部材などの生産・販売
代表者
資本金
売上高
従業員数 約2,200名(別に国内・海外関係会社 約14,300名)
決算期
主要株主
(Wikipedia:パナソニック エナジー社)

パナソニック野球部
ページ名 パナソニック野球部
チーム名(通称) パナソニック
加盟区分 企業チーム
創部 1950年
チーム名の遍歴 松下電器野球部(1950年〜2008年)パナソニック野球部(2008年〜)
本拠地自治体 大阪府門真市
練習グラウンド パナソニックベースボールスタジアム(大阪府枚方市)
チームカラー 青色、黒色
監督 松井稔也
都市対抗出場回数 45回
都市対抗最近の出場 2009年
都市対抗最高成績 準優勝
日本選手権出場回数 31回
日本選手権最近の出場 2009年
日本選手権最高成績 優勝
クラブ選手権出場回数 ※出場資格なし
クラブ選手権最近の出場
クラブ選手権最高成績
(Wikipedia:パナソニック野球部)

パナソニック充電式ニッケル水素電池
パナソニック充電式ニッケル水素電池(パナソニックじゅうでんしきニッケルすいそでんち)はパナソニックのニッケル・水素蓄電池(二次電池)。
パナソニック充電式ニッケル水素電池は、パナソニックが発売しているニッケル・水素蓄電池の名称であり、開発された翌年の1990年から商品化されている。これはJIS C 8708において定義される密閉型ニッケル・水素蓄電池にあたる。各製品とも、dT/dt制御充電方式による急速充電に対応している。
また自然放電を抑えた#パナソニック充電式ニッケル水素電池ECO パナソニック充電式ニッケル水素電池ECOは同コンセプトの三洋電機の商品eneloop エネループに対しパナループとよばれたり、イメージカラーが緑であることから緑パナとも呼ばれることもあるが、これは俗称であり、正式な略称・商品名ではない。
(Wikipedia:パナソニック充電式ニッケル水素電池)

パナソニック電工インパルス
size=250
font-color=white
background-color navy
原語表記=パナソニック電工インパルス
愛称=インパルス
競技種目=アメリカンフットボール
創設年=1974年
本拠地=大阪府門真市
代表者
HP=http://www.go-go-impulse.net/
パナソニック電工インパルス(-でんこう-、英表記:Panasonic Electric Works IMPULSE)は日本社会人アメリカンフットボールリーグ(Xリーグ)西地区所属の実業団チームである。創部当初から常に関西の社会人アメリカンフットボールにおける中心的存在となってきた。
1974年:松下電工インパルスとして創部。「インパルス」の名は「フットボール界と社内に衝撃(インパルス)を与える」に由来。
1987年:松下電工のCIスポーツに指定。
1990年:初の社会人日本一を達成。
1991年:第44回ライスボウルに初出場。日本大学フェニックスに13-35で敗れる。
(Wikipedia:パナソニック電工インパルス)

パナソニック プラズマディスプレイ
社名 パナソニック プラズマディスプレイ株式会社
英文社名 Panasonic Plasma Display Co., Ltd.
ロゴ 画像:Panasonic logo (Blue).svg 250px ロゴ
種類 株式会社
市場情報
略称 PPD
郵便番号 567-0026
本社所在地 大阪府茨木市松下町1番1号
電話番号 072-624-8461
設立 2000年(平成12年)10月
業種 3650
事業内容 プラズマディスプレイ事業 他
代表者 代表取締役社長 長野寛之
資本金 356億円
売上高
主要株主 パナソニック (75%)東レ (25%)
特記事項
パナソニック プラズマディスプレイ株式会社(”Panasonic Plasma Display Co., Ltd.”、PPD)は、プラズマディスプレイやそのモジュール、薄型テレビ#プラズマテレビ プラズマテレビなどの製造を行う電気機器メーカーである。大阪府茨木市に本社を構える。
(Wikipedia:パナソニック プラズマディスプレイ)

パナソニック四国エレクトロニクス
パナソニック ヘルスケア株式会社(Panasonic Healthcare Co., Ltd.)は、パナソニックグループの健康・医療機器等を扱うメーカーである。略称はPHC。 2005年(平成17年)3月31日までは、松下寿電子工業株式会社(まつしたことぶきでんしこうぎょう、Matsushita-Kotobuki Electronics Co., Ltd.)、2005年4月1日から2010年9月までは、パナソニック四国エレクトロニクス株式会社(パナソニックしこくエレクトロニクス、Panasonic Shikoku Electronics Co., Ltd.)という社名であった。 松下幸之助に育てられ、松下グループ(現・パナソニックグループ)内で「四国の天皇」とも呼ばれた稲井隆義(赤外線電気コタツの考案者)が四国で創業した会社である。グループ内での稲井の発言力の強さもあり、独自指向が強い企業であったため、1975年には家庭用ビデオ規格VX方式の立ち上げに走ったほどであった。 (Wikipedia:パナソニック四国エレクトロニクス)

パナソニック四国エレクトロニクス株式会社
『パナソニック四国エレクトロニクス』より : パナソニック ヘルスケア株式会社(Panasonic Healthcare Co., Ltd.)は、パナソニックグループの健康・医療機器等を扱うメーカーである。略称はPHC。 2005年(平成17年)3月31日までは、松下寿電子工業株式会社(まつしたことぶきでんしこうぎょう、Matsushita-Kotobuki Electronics Co., Ltd.)、2005年4月1日から2010年9月までは、パナソニック四国エレクトロニクス株式会社(パナソニックしこくエレクトロニクス、Panasonic Shikoku Electronics Co., Ltd.)という社名であった。 松下幸之助に育てられ、松下グループ(現・パナソニックグループ)内で「四国の天皇」とも呼ばれた稲井隆義(赤外線電気コタツの考案者)が四国で創業した会社である。グループ内での稲井の発言力の強さもあり、独自指向が強い企業であったため、1975年には家庭用ビデオ規格VX方式の立ち上げに走ったほどであった。 (Wikipedia:パナソニック四国エレクトロニクス株式会社)

パナソニック コミュニケーションズ
パナソニック システムネットワークス株式会社(Panasonic System Networks Co., Ltd. 旧社名:パナソニックコミュニケーションズ株式会社、Panasonic Communications Co., Ltd.)は、パナソニックグループのドキュメント関連を含む固定通信関連機器、セキュリティ・放送関連機器、法人用通信端末の開発、製造、販売と、これらの機器を結ぶネットワークやシステム、ソリューション事業などのサービスを提供している会社である。 登記上の商号は「パナソニック」と「システムネットワークス」の間に空白が入らない。旧社名の「パナソニック コミュニケーションズ株式会社」では空白が入っていた。 2003年(平成15年)に松下グループ各社の事業再編に伴い、九州松下電器と松下電送システム、および松下通信工業(現・パナソニック モバイルコミュニケーションズ)のPBX・ホームテレホン・ビジネスホン事業、松下電器産業(現・パナソニック)のシステム営業本部の固定通信関連営業を統合し「パナソニック コミュニケーションズ株式会社」となったのち、2010年にパナソニック株式会社のシステム事業を統合し現在の社名になった。 (Wikipedia:パナソニック コミュニケーションズ)


パナソニック - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す