[PR]

日別キーワード

第3位  東北地方太平洋沖地震 - 2018年03月12日


関連するイメージは見つかりませんでした



東北地方太平洋沖地震
東北地方太平洋沖地震(とうほくちほうたいへいようおきじしん)は、2011年(平成23年)3月11日に日本の太平洋三陸沖を震源として発生した地震である。地震の規模を示すマグニチュードはMw9.0で、日本の観測史上最大規模の地震であり、1995年の兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)、2004年の新潟県中越地震以来、観測史上3回目の最大震度7を観測した。この地震によって引き起こされた災害を、東日本大震災と呼ぶ。この地震とそれによって引き起こされた津波、およびその後の余震は、東北から関東にかけての東日本一帯に甚大な被害をもたらし、日本における戦後最悪の自然災害となるとともに、福島第一原子力発電所事故も引き起こした。 この地震は、2011年3月11日14時46分18.1秒、牡鹿半島の東南東約130km・仙台市の東方沖70km付近の太平洋(三陸沖)の海底、深さ約24kmを震源として発生した。 (Wikipedia:東北地方太平洋沖地震)

東北地方太平洋沖地震の前震・本震・余震の記録
東北地方太平洋沖地震の前震・本震・余震の記録(とうほくちほうたいへいようおきじしんのぜんしん・ほんしん・よしんのきろく)では、2011年(平成23年)3月11日14時46分に日本の太平洋三陸沖で発生した東北地方太平洋沖地震の前震、本震、余震、その他関連が疑われる地震について、重要なもののマグニチュード、震度などの一覧を示し、必要な解説を述べる。 関連する地震の一覧 主な前震・本震・余震 気象庁の発表などによると、M7.0以上または最大震度5弱以上の前震、本震、余震、その他関連が疑われる地震は下表の通りとなる。規模については気象庁マグニチュード、モーメントマグニチュード共に気象庁による。4月25日には、各々の余震の震度が訂正された。本項目では前震、本震、余震に加え、誘発地震(広義の余震)についても掲載する(枠内の背景色: 薄黄色)。なお、以下の節を通して誘発地震を、気象庁や専門機関などにより個別に誘発地震との指摘がされているものの他、4月12日に地震調査委員会が地震活動の活発化がみられると発表した16地域のうち余震域に含まれないもの、または本震後の1ヶ月間における気象庁の観測により余震域以外で地震活動が高まったとされる主な14地域を震源とするものとし、いずれにも該当しない地震については掲載しない。 (Wikipedia:東北地方太平洋沖地震の前震・本震・余震の記録)

東北地方太平洋沖地震に関する天皇陛下のおことば
東北地方太平洋沖地震に関する天皇陛下のおことば(とうほくちほうたいへいようおきじしんにかんするてんのうへいかのおことば)とは、2011年(平成23年)3月16日午後4時35分(日本時間、以下同)に放送された、天皇自らによるビデオ映像を用いて国民向けに発せられたおことばである。正式名称は特に定まっていないため、単に「ビデオメッセージ」、「おことば」と呼ばれることも多いが、宮内庁の公式サイトにおいては、「東北地方太平洋沖地震に関する天皇陛下のおことば」のタイトルを使用している。 2011年3月15日、天皇は宮内庁長官・侍従長と相談の上、国民向けのビデオメッセージを放映することを決定し、皇后と相談しながら原稿作成を進め、翌日の3月16日午前中までに完成。同日午後3時にはビデオの収録を開始し、天皇はビデオカメラの前で「おことば」として読み上げた。メッセージは、東日本大震災・福島第一原子力発電所事故の状況を憂慮し、防災関係者を労い、被災者を激励する内容であった。 (Wikipedia:東北地方太平洋沖地震に関する天皇陛下のおことば)


東北地方太平洋沖地震 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

東北地方太平洋沖地震 - アマゾン検索


「東北地方太平洋沖地震」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す