[PR]

日別キーワード

第6位  桜花賞 - 2018年03月12日


関連するイメージは見つかりませんでした



桜花賞
桜花賞(おうかしょう)は、日本中央競馬会(JRA)が阪神競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GI)である。 正賞は内閣総理大臣賞、日本馬主協会連合会会長賞。 中央競馬の牝馬三冠競走(桜花賞・優駿牝馬・秋華賞)の第一関門となっている。また、4着までの馬には優駿牝馬(オークス)の優先出走権が与えられる。 1939年にイギリスの「1000ギニー」を範として、最もスピードのある優秀な牝馬の選定、および優秀な繁殖牝馬を発掘するためのレースとして4歳(現3歳)牝馬限定の競走「中山四歳牝馬特別(なかやまよんさいひんばとくべつ)」を創設。東京優駿競走・阪神優駿牝馬(現:優駿牝馬)・横浜農林省賞典四歳呼馬(現:皐月賞)・京都農林省賞典四歳呼馬(現:菊花賞)とともにクラシック競走のひとつとされた。 太平洋戦争の戦局悪化による中断を経て、戦後の1947年からは名称を「桜花賞」に変更して京都競馬場で施行。1950年から阪神競馬場での施行となり、以降は阪神競馬場での施行が定着している。 1995年より指定交流競走とされ、地方競馬所属馬も出走可能になった。 (Wikipedia:桜花賞)

桜花賞 (中央競馬)
『桜花賞』より : 桜花賞(おうかしょう)は、日本の日本中央競馬会 日本中央競馬会(JRA)が阪神競馬場の芝1600メートル mで施行する中央競馬の重賞(グレード制 GI)競走である。正賞は内閣総理大臣賞・日本馬主連合会会長賞。
1939年にイギリスのクラシック (競馬) クラシック競走である1000ギニーを範として、4歳(現3歳)牝馬限定の定量の重賞競走、中山4歳牝馬特別として創設、第1回は現在とは違い中山競馬場の芝1800mで施行され、東京優駿 東京優駿競走・優駿牝馬 阪神優駿牝馬・皐月賞 横浜農林省賞典4歳呼馬・菊花賞 京都農林省賞典4歳呼馬と並び国営競馬の五大競走(五大クラシック競走)の1競走とされた。
(Wikipedia:桜花賞 (中央競馬))

桜花賞 (浦和競馬)
桜花賞(おうかしょう)は、埼玉県浦和競馬組合が浦和競馬場ダート1600mで施行する地方競馬の重賞競走(南関東SI)である。正式名称は「農林水産大臣賞典 桜花賞」。 副賞は東京中日スポーツ賞、農林水産大臣賞、埼玉県知事賞、日本地方競馬馬主振興協会会長賞、全国公営競馬主催者協議会会長賞、埼玉県浦和競馬組合管理者賞、また生産牧場賞がある。 1955年に創設され、1960年までは牡馬の競走馬も出走可能であった。1961年から牝馬限定戦として施行され、1995年からは南関東G1に格付けされている。1965年創設の関東オークス、1987年創設の東京プリンセス賞とともに南関東牝馬三冠の1つに位置付けられており南関東地区所属の3歳牝馬にとっては最初の目標となる競走である。 例年4月に施行されていたが2007年からは3月に施行が変更され、2006年度に限り当競走が2回施行された(地方競馬は会計年度が4月から翌年3月までのため)。 (Wikipedia:桜花賞 (浦和競馬))


桜花賞 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

桜花賞 - アマゾン検索


「桜花賞」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す