[PR]

日別キーワード

第10位  福島第一原子力発電所 - 2018年03月12日


関連するイメージは見つかりませんでした



福島第一原子力発電所
福島第一原子力発電所(ふくしまだいいちげんしりょくはつでんしょ、英称:Fukushima Daiichi Nuclear Power Station)は、福島県双葉郡大熊町・双葉町に立地する、東京電力の廃止された原子力発電所である。略称は福島第一原発(ふくしまだいいちげんぱつ)、1F(いちエフ)。 福島県は、東北電力の事業地域で、東京電力の事業地域ではなく、「管外発電所」の一つであり、同社によれば供給区域北限の大津港駅より約80km北方に位置する。1971年3月に1号機の営業運転を開始し、2014年1月までに全機が廃止された。 2011年(平成23年)3月11日、東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)に起因して1 - 4号機で炉心溶融や建屋爆発事故などが連続して発生し、1986年のチェルノブイリ原子力発電所事故と同じINESレベル7に分類される重大事故(福島第一原子力発電所事故)を引き起こした。 (Wikipedia:福島第一原子力発電所)

福島第一原子力発電所事故
福島第一原子力発電所事故(ふくしまだいいちげんしりょくはつでんしょじこ)は、2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震による地震動と津波の影響により、東京電力の福島第一原子力発電所で発生した炉心溶融など一連の放射性物質の放出をともなった原子力事故の名称である。国際原子力事象評価尺度 (INES) において最悪のレベル7(深刻な事故)に分類される。2015年4月現在、炉内燃料のほぼ全量が溶解している。東日本大震災の一環として扱われる。 2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震発生当時、福島第一原子力発電所(以下「原子力発電所」は「原発」と略す)では1〜3号機が運転中で、4号機は分解点検中、5号機と6号機は定期検査中だった。1〜3号機の各原子炉は地震で自動停止。地震による停電で外部電源を失ったが、非常用ディーゼル発電機が起動した。ところが地震の約50分後、遡上高14 m - 15 m(コンピュータ解析では、高さ13.1 m) の津波が発電所を襲い、地下に設置されていた非常用ディーゼル発電機が海水に浸かって故障。 (Wikipedia:福島第一原子力発電所事故)

福島第一原子力発電所事故の経緯
福島第一原子力発電所事故の経緯(ふくしまだいいちげんしりょくはつでんしょじこのけいい)では、2011年(平成23年)3月11日に日本で発生した東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)によって引き起こされた福島第一原子力発電所事故の経緯・経過の内、事故発生から2011年3月末までを詳述する。 施設の損害状況 2011年4月12日16時00分現在の福島第一原発の損害等状況は下記表のとおり(主な出典:社団法人日本原子力産業協会による状況とりまとめ、原子力災害対策本部発表)。 経過 3月11日 2011年3月11日14時46分(日本時間)、日本の三陸沖で、モーメント・マグニチュード (Mw) 9.0となる地震が発生した。これは日本の観測史上最大で、アメリカ地質調査所 (USGS) によれば世界でも1900年以降4番目の規模である(地震の詳細は「東北地方太平洋沖地震」を参照)。 同時刻、4号機から6号機は定期点検のため停止中であったが、稼働中だった1号機(46万kW)、2号機(78.4万kW)、3号機(78.4万kW)がこの地震により自動停止した。 (Wikipedia:福島第一原子力発電所事故の経緯)


福島第一原子力発電所 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

福島第一原子力発電所 - アマゾン検索


「福島第一原子力発電所」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す