[PR]

日別キーワード

第21位  東京電力 - 2018年03月12日




東京電力
東京電力ホールディングス株式会社(とうきょうでんりょくホールディングス、英: Tokyo Electric Power Company Holdings, Inc.)は、首都圏1都7県(群馬県、栃木県、茨城県、埼玉県、東京都、千葉県、神奈川県、山梨県)、静岡県の富士川以東(富士市の旧富士川町域及び富士宮市の旧芝川町域の富士川以南、及びその他の静岡県富士川以西地域については中部電力の管轄)の地域を事業地域とする電力会社を統括する持株会社である。旧社名は、東京電力株式会社。 2016年(平成28年)4月1日に東京電力ホールディングス株式会社へ社名変更し、持株会社体制へ移行した。略称は東電(とうでん)や東京電力HD(とうきょうでんりょくホールディングス)、または英語からTEPCO(テプコ)が用いられている。東証一部上場。 福島第一原子力発電所事故の復旧及び賠償のために、日本国政府による公的資金が注入され、原子力損害賠償支援機構(現 原子力損害賠償・廃炉等支援機構)が大株主となり、公的管理下において、同機構委員長の下河辺和彦を取締役会長に迎えて経営再建をめざすこととなった。 (Wikipedia:東京電力)

東京電力女子サッカー部マリーゼ
東京電力女子サッカー部マリーゼ(とうきょうでんりょくじょしサッカーぶ マリーゼ)は、なでしこリーグに所属していた女子サッカーチーム。呼称はTEPCOマリーゼ。「海(マリーン、marine)のように力強く、風(ブリーズ、breeze)のようにさっそうと」との意味が込められている。広野町にあるJヴィレッジを本拠地としていた。 選手・スタッフは全員が東京電力の社員で、選手は午前中に各地の職場で勤務し、午後に専用のラッピングを施した「マリーゼバス」でJヴィレッジのグラウンドに集合して練習していた。なでしこリーグでは唯一の「実業団チーム」である。 2011年シーズンは、福島第一原発事故の影響で活動を自粛し、9月28日に正式に休部を発表したのち、ベガルタ仙台が所属選手を受け入れ、ベガルタ仙台レディースとして再出発した。 チーム運営費が発送電コストに計上されてきたことが問題として取り上げられている。 フラッパーズ(1997年 - 2004年) 地元・宮城県で開催される「新世紀・みやぎ国体」(2001年)での活躍を目標に、1997年4月に宮城県志田郡三本木町(現・大崎市)を本拠としてYKK東北女子サッカー部フラッパーズとして創部された。 (Wikipedia:東京電力女子サッカー部マリーゼ)

東京電力千住火力発電所
『千住火力発電所』より : 千住火力発電所(せんじゅかりょくはつでんしょ)は、かつて東京都足立区に所在した東京電力の火力発電所。隅田川沿いに立地し、1926年(大正15年)から1963年(昭和38年)までの間稼働していた。当時、同発電所は帝都東京を代表する発電所であったが、それがこの場所に立地したわけは、ここが隅田川の潮汐限界点(満ち潮時に潮が逆流する限界の地点)であったためで、石炭を満載した船が航行しやすい終点であったことがその背景にある。 なお、1905年(明治38年)から1917年(大正6年)まで存在した同名の発電所についても説明する。 初代の千住火力発電所は、東京電力の前身となる東京電灯が1905年(明治38年)に電力需要の増加に対応するため、浅草火力発電所の拡張と並行して北豊島郡南千住町(現在の荒川区立南千住第二中学校の付近)に建設した火力発電所。 (Wikipedia:東京電力千住火力発電所)

東京電力:でんこちゃん一家物語!!
『TEPCO:でんこちゃん一家』より : でんこちゃんは、日本の電力会社である東京電力のマスコットキャラクター。キャラクターデザインは漫画家の内田春菊。 詳細 でんこちゃんは本名を分電でんこ(ぶんでんでんこ)といい、1987年にパンフレットにて初登場。社報『とうでん』1994年10月号によれば、「元々はCM用のキャラクターではなくサービス課で発行するお客さま向けのパンフレットに家庭内の電気知識、電気安全を紹介するキャラクター」として登場した。最初に登場したパンフレットのテーマに分電盤があり、内田のひらめきで分電盤から「でんこ」という命名がなされたという。初登場時は等身が高く同誌は「好みの問題もありますが、今よりもずっと美人?」などと評している。その後、省エネキャンペーンのキャラクターとして起用され、電気を無駄遣いしている映像に「じゃん!」と登場し「電気を大切にね」と呼びかけるというコマーシャルが1991年から放送され一気に知名度を上げ、3年後の『とうでん』では「お客様の認知度は8割以上」の状態だった。 (Wikipedia:東京電力:でんこちゃん一家物語!!)

東京電力パワーグリッド
東京電力パワーグリッド株式会社(とうきょうでんりょくパワーグリッド)は、関東地方と静岡県東部を供給区域とする一般送配電事業者である。東京電力ホールディングスの100%子会社であり、2016年4月1日、東京電力の持株会社への移行により実質的に発足した(会社設立は2015年4月)。 東京電力パワーグリッドは、送電用・配電用の設備を維持、運用し、小売電気事業者のような事業者を相手に、送配電のサービスを提供する会社である。かつての東京電力が発電、送配電、小売供給の全てを行っていたのとは異なり、東京電力パワーグリッドは大規模な発電所を持っていないし、普段は小売供給を行わない。ただし、伊豆諸島と小笠原諸島では例外的に、かつての東京電力と同じく、発電所を所有し、発電、送配電、小売供給の全てを行っている。 沿革 2013年(平成25年) 4月1日、東電の社内組織として「パワーグリッド・カンパニー」発足。 2015年(平成27年) 4月1日、東電、「東京電力送配電事業分割準備株式会社」を設立。 (Wikipedia:東京電力パワーグリッド)


東京電力 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

東京電力 - アマゾン検索


アマゾンから探す