[PR]

日別キーワード

第45位  伊藤潤二 - 2018年03月12日


関連するイメージは見つかりませんでした



伊藤潤二
伊藤 潤二(いとう じゅんじ、1963年7月 - )は、日本の漫画家。 岐阜県生まれ、千葉県在住。保育園児の頃から、楳図かずお、古賀新一らの怪奇マンガに熱中し、自らも怪奇マンガを描き始める。映像化された作品も多い。代表作は『富江』シリーズ、『うずまき』、『首吊り気球』、『ミミの怪談』など。 生い立ち 岐阜県立中津高等学校卒業。1984年、歯科技工士専門学校卒業、歯科技工士になる。愛読していた『ハロウィン』(朝日ソノラマ)により「楳図かずお賞」が創設されたと知り、楳図かずおに自分をアピールしたいと考え、投稿を決意する。1986年、投稿した「富江」が第1回楳図かずお賞にて佳作入選(第一席)しデビュー。当時の選考委員は楳図かずお、稲川淳二、菊地秀行など。 漫画家として その後しばらくは、歯科技工士と並行して、漫画家として活動していた。1990年、歯科技工士を退職し、マンガに専念。また、古賀新一、御茶漬海苔とともに、それぞれ自身の作品を映画化するプロジェクト「古潤茶」を起ち上げ、実写映画『富夫』の脚本、監督を務めた。 (Wikipedia:伊藤潤二)


伊藤潤二 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

伊藤潤二 - アマゾン検索


「伊藤潤二」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す