[PR]

日別キーワード

第50位  気仙沼 - 2018年03月12日


関連するイメージは見つかりませんでした



気仙沼
『気仙沼市』より : 気仙沼市(けせんぬまし)は、宮城県北東端の太平洋沿岸に位置する都市である。 現在の岩手県沿岸南部に位置する大船渡市・陸前高田市などと共に、戊辰戦争前の気仙郡を代表する都市の一つ。戊辰戦争後の廃藩置県を経て、1876年4月18日に宮城県に編入されて現在に至るが、これ以後は「気仙」を称しながらも本吉郡に入れられている。宮城県に入れられているが、岩手県に食い込んで位置しており、沿岸とは大船渡市などの戊辰戦争後の気仙郡地域と関係が深く、内陸盆地では一関市と結ばれている。 三陸海岸南部の交通や商業の拠点となっており、リアス式海岸を利用した観光も発展している。特定第三種漁港の気仙沼漁港を初めとした市内の各漁港は、三陸海岸での沿岸漁業・養殖漁業、世界三大漁場「三陸沖」での沖合漁業、さらに世界の海を対象にした遠洋漁業の基地として機能し、関連する造船から水産加工までの幅広い水産業が立地する。 (Wikipedia:気仙沼)

気仙沼線
気仙沼線(けせんぬません)は、宮城県石巻市の前谷地駅から気仙沼市の気仙沼駅を結ぶ、東日本旅客鉄道(JR東日本)の鉄道路線(地方交通線)である。 陸前戸倉駅 - 気仙沼駅間では大船渡線・山田線のぞれぞれ一部区間・八戸線・三陸鉄道とともに三陸海岸沿岸を走行する。2011年(平成23年)3月に発生した東日本大震災の影響で、沿岸部を走行する柳津駅 - 気仙沼駅間が不通となったが、同区間では2012年8月20日よりバス・ラピッド・トランジット (BRT) の暫定運行を開始し、同年12月22日から本格運行に移行した。 路線データ 管轄(事業種別):東日本旅客鉄道(第一種鉄道事業者) 区間(営業キロ):前谷地駅 - 気仙沼駅 72.8 km 駅数:24(起終点駅およびBRT区間のベイサイドアリーナ駅含む) 気仙沼線所属駅に限定した場合、石巻線所属の前谷地駅、大船渡線所属の気仙沼駅が除外される。 (Wikipedia:気仙沼線)

気仙沼市
気仙沼市(けせんぬまし)は、宮城県北東端の太平洋沿岸に位置する都市である。 現在の岩手県沿岸南部に位置する大船渡市・陸前高田市などと共に、戊辰戦争前の気仙郡を代表する都市の一つ。戊辰戦争後の廃藩置県を経て、1876年4月18日に宮城県に編入されて現在に至るが、これ以後は「気仙」を称しながらも本吉郡に入れられている。宮城県に入れられているが、岩手県に食い込んで位置しており、沿岸とは大船渡市などの戊辰戦争後の気仙郡地域と関係が深く、内陸盆地では一関市と結ばれている。 三陸海岸南部の交通や商業の拠点となっており、リアス式海岸を利用した観光も発展している。特定第三種漁港の気仙沼漁港を初めとした市内の各漁港は、三陸海岸での沿岸漁業・養殖漁業、世界三大漁場「三陸沖」での沖合漁業、さらに世界の海を対象にした遠洋漁業の基地として機能し、関連する造船から水産加工までの幅広い水産業が立地する。 (Wikipedia:気仙沼市)

気仙沼都市圏
気仙沼都市圏(けせんぬまとしけん)とは、宮城県気仙沼市を中心市とする都市圏のこと。
気仙沼都市圏は、旧気仙郡の南部を占める。旧気仙郡は、岩手県南東部から気仙沼市辺りにあたり、古来から三陸海岸での沿岸漁業や、近代以降の沖合い漁業において漁場を共有してきたため、方言も近似し、1つの地域圏を形成してきた。江戸時代には長崎俵物(輸出品)の干しアワビやフカヒレの産地となり、明治以降は、遠洋漁業の基地として人口涵養がなされ、気仙沼都市圏は宮城県第3位の都市圏として賑わった。
陸上交通において宮城県気仙沼市・岩手県陸前高田市・同大船渡市は、直線距離では近いが、各々市街地が谷あいの狭い平地にあって通過に時間を擁し、また、市街地間には急峻な山があって道路は海岸沿いか山越えとなり、鉄道も大回りにつくられるなど、時間的にはやや遠い印象があった。近年、トンネルやバイパス道路 バイパス整備によって、お互いの時間距離は短縮し、更に一体感のある地域圏となっている。
(Wikipedia:気仙沼都市圏)

気仙沼二郎
気仙 沼二郎(けせん ぬまじろう、1972年4月24日 - )は、日本の男性プロレスラー。宮城県気仙沼市出身。宮城県気仙沼高等学校卒。みちのくプロレス所属、レスラー兼取締役営業部長。 みちのくプロレス初期に活躍したヨネ原人のリングネームでも知られている。 現在のリングネームは気仙沼二郎。 みちのくプロレスの旗揚げメンバーのひとりで、1992年のみちのくプロレスプレ旗揚げ戦で、「米河 彰大(よねかわ あきひろ)」のリングネームでデビュー。その後、過去からタイムスリップしてきた原人レスラー ヨネ原人と してからブレイクした。 当時のアングルとしては、過去からきた原人の他、原人の魂が米河に憑依したなどと言われていた。 「クワッパ!」の雄叫びとビーフ・ウェリントンとの試合は名物となり、L字台車に乗せられ引き回されたあげく壁に激突させられ、そのまま両者リングアウト(回数は3桁を超える)というのがお決まりの展開だった。 (Wikipedia:気仙沼二郎)

気仙沼信用金庫
気仙沼信用金庫(けせんぬましんようきんこ、英語:Kesennuma Shinkin Bank)は、宮城県気仙沼市に本店を置く信用金庫である。 1926年(大正15年)信用組合として設立。1951年(昭和26年)に気仙沼信用金庫として発足した。 2001年11月9日に経営破綻した岩手信用組合大船渡支店・三陸支店・高田支店は気仙沼信金にすべての事業を譲渡され開設された。さらに2006年10月23日には、一関信用金庫からの沿岸地区の店舗(大船渡支店・高田支店)の事業を譲り受け新たに盛支店を開設した。なお、一関信金高田支店に関しては既存の気仙沼信金高田支店へ事業譲渡され、廃止された。 2011年(平成23年)3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)では気仙沼市を中心とする営業地盤が甚大な被害を受け、気仙沼信用金庫自身も被災した。取引先の殆どが津波被害の影響を受けた気仙沼信用金庫は震災直後からリスク覚悟で地元企業への融資を進め、同年末までには不良債権の総額が50億円を超えるという結果となった。 (Wikipedia:気仙沼信用金庫)

気仙沼ケーブルネットワーク
気仙沼ケーブルネットワーク(けせんぬまケーブルネットワーク)株式会社(K-NET)は、宮城県気仙沼市に本社を構える第三セクターのケーブルテレビ局である。 2011年3月11日の東日本大震災による津波で同市内松崎浦田の局舎が流失し、長期にわたり放送不能状態が続いていたが、2011年12月に同市内岩ヶ崎に仮局舎が国などの支援により建設され、同時期に試験放送・試験通信を開始し、2012年5月末時点では海底ケーブルでつなぐ大島全地区および浸水被害が大きい沿岸地区などを除いて復旧している。 本社所在地 宮城県気仙沼市岩ヶ崎137-2(被災前の局舎は宮城県気仙沼市松崎浦田55-1) サービスエリア 宮城県気仙沼市 主な放送チャンネル テレビ局 デジタルTVはJC-HITSを導入している。 (Wikipedia:気仙沼ケーブルネットワーク)

気仙沼駅
気仙沼駅(けせんぬまえき)は、宮城県気仙沼市古町一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)の駅である。 大船渡線と気仙沼線が乗り入れており、このうち大船渡線を所属線としている。気仙沼線は当駅が終点である。 1929年(昭和4年)7月31日:鉄道省大船渡線の駅として開業。 1956年(昭和31年)4月11日:気仙沼港駅までの貨物支線(大船渡線所属)が開業。 1957年(昭和32年)2月11日:気仙沼線が開業。貨物支線は気仙沼線の所属となる。 1975年(昭和50年)1月15日:みどりの窓口設置。 1987年(昭和62年)4月1日:国鉄分割民営化によりJR東日本の駅となる。 2002年(平成14年):東北の駅百選に選定される。 2011年(平成23年) 3月11日:東日本大震災により営業休止。 4月1日:大船渡線一ノ関 - 当駅までが運転再開。 2012年(平成24年) 8月20日:気仙沼線柳津駅 - 当駅間がBRT(バス)による運行となる。 12月2日:「漁港のまち」を象徴する駅舎にリニューアル。 (Wikipedia:気仙沼駅)

気仙沼市立松岩中学校
気仙沼市立松岩中学校(けせんぬましりつ まついわちゅうがっこう)は、宮城県気仙沼市にある公立中学校。 2007年に創立60周年を迎え、同年10月21日、卒業生であるバリトン歌手の管野滋樹のオペラコンサート、及び記念祝賀会を行った。主な活動としては、1年生の八幡平へのスキー合宿、2年生の市内の店などでの職業体験、3年生の東京への修学旅行等があげられる。また「ようこそ先輩」と呼ばれる卒業生を呼んで講演を聴く催しが行われており、2007年度は元シンガーソングライターで卒業生の黒沢光義等が来校し講演を行った。 沿革 1947年4月 - 松岩村立松岩中学校として開校 1947年5月 - 生徒会「校友会」発足 1949年11月 - 新校舎落成 1950年11月 - 校友会を「緑光会」と改称 1952年11月 - 校章・校旗制定 1953年6月 - 市制施行により「気仙沼市立松岩中学校」と改称 1953年6月 - 緑光会の歌の発表会 1963年11月 - 校歌の発表会 作詞水上不二 作曲中田喜直 部活動 運動部 野球部 ソフトボール部 男子ソフトテニス部 女子ソフトテニス部 男子卓球部 女子卓球部 男子バレーボール部 女子バレーボール部 男子バスケットボール部 女子バスケットボール部 バドミントン部 剣道部 柔道部 文化部 吹奏楽部 美術部 有名な卒業生 管野滋樹(声楽家・バリトン歌手) 佐藤千晶(東日本放送アナウンサー) 千田健太(フェンシング選手・北京五輪日本代表) 畠山健介(ラグビー選手) 関連項目 宮城県中学校一覧 外部リンク 気仙沼市立松岩中学校(2003年度より更新なし)。 (Wikipedia:気仙沼市立松岩中学校)

気仙沼漁港
気仙沼漁港(けせんぬま ぎょこう)は、太平洋に面した日本の漁港の一つ。宮城県気仙沼市の気仙沼湾奥部に所在する、特定第3種漁港である。 世界三大漁場 (cf.) の一つである三陸沖を操業域とする漁船の主要な水揚げ港の一つであると同時に、日本の遠洋漁業(主にマグロ)の基地の一つとなっている。 2007年(平成19年)と2008年(平成20年)は、水揚げ高で東北地方内第1位であった。2008年の水揚げ高はおよそ280億円。 管理者:宮城県 漁業協同組合:気仙沼、気仙沼地区 組合員数:419名(2001年12月) 漁港番号:1430010 水揚げ量:86,000t (2004年。全国第8位)2011年(平成23年)3月11日の東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)に伴う地盤沈下および津波によって大きな被害を受けた。沖合漁業のカツオ漁船の受け入れを水産業復興の第一歩とするべく、シーズンが始まる6月下旬までに当港の総延長1kmの水揚岸壁のうち200mに応急的なかさ上げを施行。 (Wikipedia:気仙沼漁港)

気仙沼警察署
気仙沼警察署(けせんぬまけいさつしょ)は、宮城県警察が管轄する警察署のひとつである。
気仙沼市
宮城県気仙沼市南郷6番地の4
1887年 - 志津川警察署気仙沼分署から気仙沼警察署に改称。
1954年 - 新警察法の施行により、宮城県気仙沼警察署が発足。
南町交番
鹿折駐在所
松岩駐在所
新月駐在所
階上駐在所
大島駐在所
唐桑駐在所
小原木駐在所
本吉駐在所
大谷駐在所
こまくさ 宮2 (3.4t)
宮城県の警察署
気仙沼市
(Wikipedia:気仙沼警察署)

気仙沼・本吉圏
『』より : (Wikipedia:気仙沼・本吉圏)

気仙沼港
『』より : (Wikipedia:気仙沼港)


気仙沼 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

気仙沼 - アマゾン検索


「気仙沼」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す