[PR]

日別キーワード

第52位  原子力発電所 - 2018年03月12日


関連するイメージは見つかりませんでした



原子力発電所
原子力発電所(げんしりょくはつでんしょ、英: nuclear power plant)とは、原子力発電の方式による発電所。 原子炉の中でウランやプルトニウムが核分裂を持続的に、連鎖反応的に進行させ、その核分裂反応によって発生するエネルギーを熱エネルギーの形で取りだし(水を沸騰させて蒸気をつくり)それによって蒸気タービン(羽根車)を回転させて発電を行う発電所である。 核燃料を使用して電気を起こすことから、核発電所(かくはつでんしょ)ともいう。略称としては、日本語では原発(げんぱつ)と略される。 この記事では、主に世界の原子力発電所の施設に重点を置いて扱う。 原子力発電の原理や仕組み、放射線の影響などについては、「原子力発電」を参照。 日本の原子力発電所については、「日本の原子力発電所」を参照。 原子力発電所の事故については、「原子力事故」も参照。 1942年、シカゴ大学のエンリコ・フェルミが、実験炉で原子力発電の原理となる核分裂の連鎖反応を行うことに成功した。 (Wikipedia:原子力発電所)

原子力発電所運転責任者
原子力発電所運転責任者(げんしりょくはつでんしょうんてんせきにんしゃ)とは、一般社団法人原子力安全推進協会(旧 日本原子力技術協会)に申請し認定された者。 原子力発電所において、原子炉運転員の監督および指導にあたる。 申請資格 電力会社の職員で、原子力発電所で働いており、運転責任者の準ずる者に限る(以下に該当する者)。 実用原子力発電所の運転業務担当経験が7年(大学卒業者は5年、大学院修了者は4年、原子炉主任技術者は3年)以上で、かつそのうち1年(天然ウラン・黒鉛減速・炭酸ガス冷却型のものにあっては2年)以上の同型原子力発電所の運転経験があること。 運転訓練センターで同型原子炉の上級運転員に関するシミュレーター訓練を、申請時点から過去3年以内に受けていること。 申請 社団法人火力原子力発電技術協会に申請する。認定手続きは運転実技試験、講習、口頭試験(学科、法令、管理能力)の順番である。また3年毎に更新することとなっている。 参考文献 関連項目 日本の工業に関する資格一覧 業務独占資格 外部リンク (株)原子力発電訓練センター (株)BWR運転訓練センター。 (Wikipedia:原子力発電所運転責任者)


原子力発電所 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

原子力発電所 - アマゾン検索


「原子力発電所」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す