[PR]

日別キーワード

第69位  輪行 - 2018年03月12日


関連するイメージは見つかりませんでした



輪行
輪行(りんこう)とは、自転車の乗員が自転車を公共交通機関(鉄道~船~飛行機など)を使用して運ぶこと。サイクリストや自転車旅行者が、行程の一部を自走せず省略するために使う手段。公共交通機関を利用しない自走以外の移動(例えば自家用車積載)は輪行とは呼ばない。 公共交通を利用する理由としては以下のような点があげられる。 走行コースが周回ルートを取らないように設定できる。 同じ期日で自走より遠方に移動できる。 道路が通行止、自転車通行禁止となっている区間を避けられる。 旅程のなかで気象・日没・道路状況・体調・けが等により自走が危険、あるいは楽しくないルートを回避できる。駅があればどこでも走行を中止して帰投できる。 自転車が故障した場合。 公道走行を禁じられている自転車の場合。(競技場やタンデム車の走行が許されている県までの移動など) 目的地が離島であり、そこに通じる道路や橋が存在しない場合。許可条件 自転車の分解(少なくとも折りたたむか、ホイールを取り外す)。(渡し舟、一部のロープウェイ等で自転車が走行可能な状態では輪行とはみなされない。 (Wikipedia:輪行)

輪行袋
輪行袋(りんこうぶくろ)とは鉄道等の公共交通機関に自転車を持ち込む(輪行)際に使用する袋。なお、同様の用途ではあるが、形状が布製の袋ではなく段ボール箱でできたものもあり、その場合は輪行箱(輪行函)という。 自転車の前後の車輪をはずした後に収納するタイプが一般的であるため、簡単に車輪を脱着できるスポーツ車(ロードバイク、マウンテンバイク、ランドナー等)に用いられる。非常に丈夫な布で作られたものから、やや薄手に作られた軽量なものまで様々なタイプがある。前後輪ともに外して収納するタイプが主流であるが、中には前輪のみを外して格納するものもある。持ち込みに関する規定の変更などにより、時代によって変化がある。 構造としてはその名の通り袋に詰め、袋全体をバンドで縛り担ぐタイプのものと、肩掛けバンドは直接自転車のフレームに固定し、上から筒状のカバーを被せるタイプのものがある。また、折り畳み自転車・小径ホイール車等の一部には持ち上げずに転がして運ぶことのできる専用の輪行袋が用意されているものがある。 (Wikipedia:輪行袋)


輪行 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

輪行 - アマゾン検索


「輪行」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す