[PR]

日別キーワード

第72位  金鯱賞 - 2018年03月12日


関連するイメージは見つかりませんでした



金鯱賞
金鯱賞(きんこしょう)は、日本中央競馬会(JRA)が中京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GII)である。 競走名は名古屋城のシンボル「金の鯱」に由来する。鯱は水を呼び、火を防ぐといわれている。 1965年に別定重量の重賞競走として中京競馬場の砂1800mで創設された。その後、施行コースは1970年から芝コースでの施行に変更。負担重量は1966年から1995年までハンデキャップとされたが、1996年より再び別定となり、あわせて距離も2000mに変更された。 外国産馬は1996年より出走が可能になった。2000年からは外国馬も出走可能な国際競走となり、2012年からは地方競馬所属馬も出走可能になった。 競走条件 以下の内容は、2015年現在のもの。 出走資格:サラ系3歳以上 JRA所属馬 地方競馬所属馬(2頭まで) 外国調教馬(9頭まで、優先出走)負担重量:別定 3歳55kg、4歳以上56kg、牝馬2kg減 2014年12月6日以降のGI競走(牝馬限定競走を除く)1着馬2kg増、牝馬限定GI競走またはGII競走(牝馬限定競走を除く)1着馬1kg増 2014年12月5日以前のGI競走(牝馬限定競走を除く)1着馬1kg増(2歳時の成績を除く) 賞金 2015年の1着賞金は6000万円で、以下2着2400万円、3着1500万円、4着900万円、5着600万円。 (Wikipedia:金鯱賞)


金鯱賞 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

金鯱賞 - アマゾン検索


「金鯱賞」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す