[PR]

日別キーワード

第9位  早稲田大学 - 2018年03月13日


関連するイメージは見つかりませんでした



早稲田大学
早稲田大学(わせだだいがく、英語: Waseda University)は、東京都新宿区戸塚一丁目104番地に本部を置く日本の私立大学である。1920年に設置された。大学の略称は早稲田(わせだ)・早大(そうだい)。 QS World Rankingが発表したランキングでは世界で212位、タイムズ・ハイアー・エデュケーションが発表した大学のランキングでは世界で601位から800位にランクインしている。 文部科学省が実施しているスーパーグローバル大学事業のトップ型指定校である。慶應義塾大学と共に「私学の両雄」と称される日本を代表する名門大学である。 === 大学全体 === 江戸時代末期の蘭学校である北門義塾(柳田藤吉の創設)の明治5年閉校後、その意思を受継ぎ隣地に大隈重信が明治十四年の政変で下野した後に設立した東京専門学校を前身とし、日本の私立大学では慶應義塾大学(「早慶」の慶)と共に最も古い段階で大学令に基づく大学となった(詳しくは旧制大学参照)。 (Wikipedia:早稲田大学)

早稲田大学の人物一覧
早稲田大学の人物一覧(わせだだいがくのじんぶついちらん)は、早稲田大学に関係する人物の一覧記事。(※数多くの卒業生・関係者が存在するためウィキペディア日本語版内に既に記事が存在する人物のみを記載する(創立者・役員・名誉教授・公職者等は除く)。 歴代の校長・学長・総長 括弧内は就任した年 前身の東京専門学校の校長 大隈英麿 (1882年) 前島密 (1886年) 鳩山和夫 (1890年): 1902年 - 1907年は,早稲田大学校長総長 大隈重信 (1907年):名誉職,創設者 大隈信常:名誉総長 田中穂積 (1931年):商学部 中野登美雄 (1944年):政治経済学部 島田孝一 (1946年):商学部 大濱信泉 (1954年):法学部 阿部賢一 (1966年):政治経済学部 時子山常三郎 (1968年):政治経済学部 村井資長 (1970年):理工学部 清水司 (1978年):理工学部 西原春夫 (1982年):法学部 小山宙丸 (1990年):文学部 奥島孝康 (1994年):法学部 白井克彦 (2002年):理工学部 鎌田薫 (2010年):法学部 その他の大学運営関係者 小野梓 - 議員(理事に相当)の一人,創設期の実質的な校長 渋沢栄一 - 元基金管理委員長 著名教員 主な元教員 坪内逍遥 - 文学,シェイクスピア研究など 大西祝 - 哲学史,美学,論理学,心理学 浮田和民 - 英国史,経済学史,西洋歴史,仏国史,ドイツ史,政治学史,政治学,政治哲学,近代史,名著研究,中世近世的基督教など 岸本能武太 - 比較宗教学,英語学,印度哲学など 久米邦武 - 日本古文書学,古代史 小泉八雲 - 英文学 田中王堂 - 哲学 中島泰蔵 - 心理学 山内義雄 - 仏文学 大槻義彦 - 理学博士・名誉教授 内藤多仲 - 建築学・名誉教授 佐藤功一 - 建築学 今和次郎 - 建築学,民俗学,考現学 中西睦 - 交通経済学 中村佐一 - 元政治経済学部長 西川潤 - 経済発展論・平和研究 吉村作治 - エジプト考古学 藤原保信 - 政治思想,多くの弟子(現在早稲田大学や東京大学で教鞭を執る)を育てた 学術院別の著名教員 = 政治経済学術院 = 政治経済学部,政治学研究科,経済学研究科,公共経営研究科 縣公一郎(行政学) 石井安憲(国際経済学) 飯島昇藏(政治思想) 石田光義(比較政治) 伊東孝之(東欧地域研究) 大浜啓吉(行政法) 川岸令和(憲法学) 法科大学院教授を兼任 北川正恭(地方自治)元三重県知事,「せんたく」発起人代表 久米郁男(政治経済学) 河野勝(比較政治制度論) 齋藤純一(政治思想) 佐藤正志(西洋政治思想史) 白木三秀(国際人的資源管理論) 須賀晃一(厚生経済学) 鈴村興太郎(厚生経済学) 「日本学士院賞」受賞 田中孝彦(国際政治史) 「大平正芳記念賞」受賞 田中愛治(投票行動論・実証政治分析) 谷川建司(メディア論)「京都映画文化賞」受賞 土屋礼子(メディア史) 深川由起子(国際経済) 「大平正芳記念賞」受賞 堀真清(日本政治史) 堀口健治(農業経済学) 眞柄秀子(比較政治学) 毛里和子(現代中国の政治・外交) 「大平正芳記念賞」受賞 藪下史郎(理論経済学・金融論) 山本武利(メディア史) 山本武彦(国際政治) 吉野孝(アメリカ政治) 寄本勝美(地方自治・環境政策) 若田部昌澄(経済学史) 若林正丈(現代台湾政治論) 渡会勝義(経済学史) = 法学学術院・法務研究科 = 法学部,法学研究科,および法科大学院 伊藤眞(民事訴訟法) 上村達男(商法) 牛山積(民法) 浦川道太郎(民法) 江頭憲治郎(商法) 大塚直(民法) 近江幸治(民法) 加藤哲夫(民事訴訟法) 鎌田薫(民法)現総長(16代目) 齊藤金作(刑法) 笹倉秀夫(法哲学) 佐藤英善(行政法) 島田征夫(国際法) 曽根威彦(刑法) 高橋則夫(刑法) 高林龍(知的財産法) 田口守一(刑事訴訟法) 塚原朋一(民事訴訟法,知的財産法) 道垣内正人(国際法) 栂善夫(民事訴訟法) 戸波江二(憲法) 中島徹(憲法) 中村眞澄(商法) 野村稔(刑法) 箱井崇史(商法) 水島朝穂(憲法) 水林彪(日本法制史) 山野目章夫(民法) = 文学学術院 = 第一文学部,第二文学部,文化構想学部,文学部,文学研究科 あ行 青山南(アメリカ文学,翻訳論) 東浩紀(哲学,情報社会論,表象文化論) 安在邦夫(日本近現代史) 安藤文人(英文学者) 井桁貞義(異文化コミュニケーション論,ロシア近代文学) 岩田孝(インド学,チベット学) 内山美樹子(浄瑠璃研究) 大久保良峻(日本仏教史,仏教学) 大橋一章(彫刻史,日本古代美術史) 岡崎由美(中国大衆文学) 大日方純夫(日本近代史) 大藪泰(発達心理学) 岡部耕典(社会福祉学)か行 貝澤哉(ロシア文学) 紙屋敦之(日本近世史) 川瀬武夫(フランス文学) 草野慶子(ロシア文学) 草原真知子(先端映像テクノロジーと表現,メディア論,映像文化史) 小沼純一(音楽文化論,文学・芸術批評) 小林正美(中国思想,宗教史)さ行 酒井智宏(言語学,言語哲学) 佐藤次高(アラブ・イスラーム史)た行 高橋敏夫(日本文学,ホラー小説論,沖縄小説論) 丹尾安典(美術史) 土田健次郎(中国思想,日本思想) 鶴見太郎(近現代史) 都甲幸治(現代アメリカ文学・文化)は行 長谷正人(メディア社会学,映像文化論) 深谷克己(日本近世史) 堀江敏幸(フランス文学,小説論)ま行 増山均(社会福祉学,社会教育学,児童文化論) 森由利亜(道教思想史,中国民間信仰) 宮沢章夫(演劇,文学) 村重寧(美術史) 盛田隆二(創作,小説) 森元孝(理論社会学,社会学史)や-わ行 山西優二(国際教育,開発教育,共生社会論) 楊達(中国語学) NHK教育テレビ『中国語会話』元講師 芳川泰久(文芸批評,フランス近現代小説) 吉原浩人(日中比較思想,文学) 渡部直己(文芸批評) = 教育・総合科学学術院 = 教育学部,教育学研究科,教職研究科 家島彦一(イスラーム商業史) 東京外国語大学名誉教授 石濱裕美子(チベット仏教) 石原千秋(近代日本文学) 伊藤守(社会学,メディア論) 桑野隆(ロシア文学,表象文化論) 後藤雄介(ラテンアメリカ思想文化史) 高橋順一(ドイツ思想史) 野谷文昭(ラテンアメリカ文学) 花田達朗(メディア論)元東京大学大学院情報学環長 原克(ドイツ文学,表象文化論) 若林幹夫(社会学) 渡辺諒(フランス現) = 商学学術院 = 商学部,商学研究科,ファイナンス研究科,会計研究科 相葉宏二(経営戦略) 池尾愛子(経済学史) 内田和成(競争戦略論,リーダーシップ論) 遠藤功 (経営戦略) ローランド・ベルガー日本法人会長 大塚宗春(管理会計論)元会計検査院長 大村敬一(証券市場論) 奥山章雄(会計倫理,監査問題研究)前日本公認会計士協会会長,前みすず監査法人理事長 恩藏直人(マーケティング) 加古宜士(財務会計論) 亀井昭宏(広告論) 川本裕子(金融機関論) 金融庁金融審議会委員 岸田雅雄(法と経済学)神戸大学名誉教授 西條剛央(構造構成主義) 清水孝(管理会計論) 杉山雅洋(交通論,交通経済学) 須田一幸(財務会計) 佐々木宏夫(ミクロ経済学,ゲーム理論) 谷内満(国際金融,マクロ経済学) 土田武史(社会保障論,企業福祉論) 寺本義也(経営戦略論,経営組織論) 中出哲(保険法) 西村吉正(金融論,経済政策論) 根来龍之(競争戦略,経営情報学,ネットビジネス) 野口悠紀雄(ファイナンス理論,日本経済論)一橋大学名誉教授 長谷川惠一(管理会計論) 広田真一(金融論,ファイナンス) 廣瀬義州(財務会計論) 法木秀雄(経営戦略)元クライスラージャパン社長 宮島英昭(現代日本経済研究,日本経済史) 八巻和彦(哲学,論理学) 山田英夫(経営戦略論,デファクト・スタンダード) 吉川智教(イノベーション・マネージメント) 渡辺裕泰(租税法) 元国税庁長官 川口有一郎(不動産金融工学) = 理工学術院 = 理工学術院,理工学部,理工学研究科,基幹理工学部,基幹理工学研究科,創造理工学部,創造理工学研究科,先進理工学部,先進理工学研究科,国際情報通信研究科,情報生産システム研究科,環境・エネルギー研究科 浅野茂隆(遺伝子治療) 石原浩二(無機化学・錯体化学) 石山修武(建築家,早稲田大学教授) 菅野由弘(作曲・表現工学) 後藤春彦(都市計画・都市デザイン・景観設計) 菅野重樹(知能機械学・機械システム) 高西淳夫(ロボット工学) 竜田邦明(有機化学) 林洋次(機械設計・トライボロジー) 藤江正克 (医療福祉支援ロボット) 柳谷晃(数学) = 社会科学総合学術院 = 社会科学部,社会科学研究科 赤尾健一(環境経済学・経済理論) 有馬哲夫(メディア研究・アメリカ研究) 池田雅之(比較文学・比較文化論・翻訳家) 大畠英樹(国際政治学) 岡沢憲芙(比較政治学・北欧研究) 元NHK教育テレビ「高校講座『地理』」講師 木村時夫(政治史学)75-83年社会科学研究所長,名誉教授 笹原宏之(日本語学・漢字文化) 「金田一京助博士記念賞」受賞 佐藤紘光(会計学・管理会計) 「日本管理会計学会 学会賞」受賞 島善高(法制史・日本近代史) 坪郷實(比較政治学・環境政策・ドイツ緑の党研究) Tran Van Tho (トラン・ヴァン・トゥ) (国際経済学,開発経済学,アジア経済論) 「アジア・太平洋賞」受賞 戸田学(経済理論・ゲーム理論) 内藤明(国文学・万葉学者) 「芸術選奨 文部科学大臣新人賞」受賞 西原博史(憲法学・比較憲法学・教育法) 福永有夏(国際私法) 野口智雄(マーケティング論・経営学) 「日本商業学会」学会賞 受賞 畑惠子(歴史学・政治学・ラテンアメリカ地域研究) 元NHK教育テレビ「高校講座『世界史』」講師 林正寿(財政学) 劉傑(近代日中外交史・日中関係論・現代中国論) 「大平正芳記念賞」受賞 = 人間科学学術院 = 人間科学部,人間科学研究科 池岡義孝(家族社会学・ライフコース論) 尾澤重知(教育工学・知識工学) 菅野純(臨床心理学・学校カウンセリング) 蔵持不三也(文化人類学) 鳥越皓之(環境社会学・環境民俗学) 松居辰則(データ解析・知識情報科学) 森岡正博(哲学・生命倫理学) = スポーツ科学学術院 = スポーツ科学部,スポーツ科学研究科 原田宗彦(スポーツ産業論) 平田竹男(スポーツ産業学・トップスポーツビジネス論) リー・トンプソン(社会学) = 国際学術院 = 国際教養学部,アジア太平洋研究科 天児慧(中国政治,現代中国論) 朝日新聞書評委員,教科書検定委員,アジア・太平洋賞受賞 池田清彦(生物学) 内田勝一(民法) 浦田秀次郎(国際経済学,開発経済学) 日本経済研究センター主任研究員,世界銀行コンサルタント。 (Wikipedia:早稲田大学の人物一覧)

早稲田大学社会科学部
『早稲田大学』より : 社会科学部(しゃかいかがくぶ、School of Social Sciences)は、政治学・法学・経済学・経営学・会計学、近現代史・言語文化・地域研究・国際関係・社会学など、「社会諸科学」の相関性を重視する立場から、学際的な学びを志向する社会科学の総合学部。― 社会科学総合学術院 《校舎全景》 第二政治経済学部、第二法学部、第二商学部を統合した夜間学部として、1966年に設立された。 1998年4月に13時から開講する昼夜開講学部、2009年4月より昼間学部へ移行した。 教育・研究の特徴 開設科目は、「社会科学総合学部」として、【政治・法律・経済・経営・会計 】 から、【国際,環境,都市,社会,近現代史,言語文化,情報,コミュニケーション 】 といった科目に加え、地域研究、国際関係論・平和学、環境政策、マーケティング、メディア・スタディーズ といった「学際複合領域」の科目まで多岐にわたる。 (Wikipedia:早稲田大学社会科学部)

早稲田大学校歌
『早稲田大学』より : 早稲田大学(わせだだいがく、英語: Waseda University)は、東京都新宿区戸塚一丁目104番地に本部を置く日本の私立大学である。1920年に設置された。大学の略称は早稲田(わせだ)・早大(そうだい)。 QS World Rankingが発表したランキングでは世界で212位、タイムズ・ハイアー・エデュケーションが発表した大学のランキングでは世界で601位から800位にランクインしている。 文部科学省が実施しているスーパーグローバル大学事業のトップ型指定校である。慶應義塾大学と共に「私学の両雄」と称される日本を代表する名門大学である。 大学全体 江戸時代末期の蘭学校である北門義塾(柳田藤吉の創設)の明治5年閉校後、その意思を受継ぎ隣地に大隈重信が明治十四年の政変で下野した後に設立した東京専門学校を前身とし、日本の私立大学では慶應義塾大学(「早慶」の慶)と共に最も古い段階で大学令に基づく大学となった(詳しくは旧制大学参照)。 (Wikipedia:早稲田大学校歌)

早稲田大学応援部
『早稲田大学』より : 早稲田大学応援部(わせだだいがくおうえんぶ、Waseda University Cheerleading Club)は、早稲田大学の応援部。 リーダー、吹奏楽団、チアリーダーズ(チーム名「BIGBEARS」)の3パートによって構成される。体育各部を応援する他、多くの学内外の行事に参加、また主催している。大学当局から校歌の指揮権を負託され、また、校旗を託されており掲揚権を負託されている。競技スポーツセンターに所属する体育各部のひとつ。東京六大学応援団連盟の加盟校。卒業生や、会が入会を認めた者で構成するOB会の名称は応援部稲門会。 1905年(明治38年) - 秋の野球早慶戦で、応援隊長吉岡信敬によるカレッジエール 1907年(明治40年) - (前年より早慶戦中止)応援団組織拡張、のち経常費補助と公認を得る 1925年(大正14年) - 早慶戦復活後、応援団乱立 1930年(昭和5年) - 応援部公認 1934年(昭和9年) - 春に応援部解散、秋から体育会主体の応援団 1940年(昭和15年) - 応援技術部が代表委員制度を導入(独立は翌年)現在の早稲田大学応援部は、「学生の模範たれ」という応援技術部時代の精神や伝統を踏襲しているという考えから、本年を以て創部としている。 (Wikipedia:早稲田大学応援部)

早稲田大学高等師範部
『早稲田大学』より : 早稲田大学高等師範部(わせだだいがくこうとうしはんぶ)は、かつて日本に存在した高等教育機関。早稲田大学教育・総合科学学術院の前身。 1903年7月に専門学校令に基づく高等教育機関として開設(当時の私立大学は全てこの勅令によるものである)。國語漢文科、歴史地理科、法制経済科、英語科の4学科により編成(修業年限三ヶ年、高等予科半ヶ年)。 当時の中等教育界は、官立の高等師範学校および帝国大学の出身者によって独占されていたが、これに対陣を張るために高田早苗らによって“To make man”をその趣旨として設立され、全国の旧制中学校や師範学校等より学生を集めた。 高田は1907年7月の得業証書授与式における学長挨拶で、次のように述べている。 “教育界殊に中等教育界と云ふものには、一方御茶の水―今は場所は変つて居るけれども矢張り茗渓派といつて居方は又本郷の東京帝大其の他の帝大出身の人々が相拮抗して蟠居して居る、斯う云ふやうな有様で長い間あつた。 (Wikipedia:早稲田大学高等師範部)

早稲田大学雄弁会
『早稲田大学』より : 早稲田大学雄弁会(わせだだいがくゆうべんかい)は、早稲田大学の弁論クラブである。内閣総理大臣を務めた海部俊樹、小渕恵三ら数多くの政治家が輩出。なお、政治家志望の学生の親睦団体ではないため、早稲田大学卒業の政治家の中で同会非出身者も多くいる。 沿革 1884年(明治17年) 前身の同政会が発足。 1902年(明治35年) 早稲田大学雄弁会発足。大学創設者の大隈重信が雄弁会総裁に就任。顧問に高田早苗博士、会長に安部磯雄教授を戴く 1946年(昭和21年) 当時活動していた「弁論部」と「学生雄弁会」の二つが統合され、早稲田大学雄弁会再発足 実績 1987年(昭和62年) OBの竹下登が内閣総理大臣に就任した。 1989年 (平成元年)OBの海部俊樹が内閣総理大臣に就任した。 1998年(平成10年) OBの小渕恵三が内閣総理大臣に就任した。 2000年 (平成12年)OBの森喜朗が内閣総理大臣に就任した。 主な出身者 内閣総理大臣経験者 石橋湛山(第55代内閣総理大臣) 竹下登(第74代内閣総理大臣) 海部俊樹(第76・77代内閣総理大臣) 小渕恵三(第84代内閣総理大臣) 森喜朗(第85・86代内閣総理大臣) 戦前・戦後に活動した政治家、元国会議員 木下尚江(足尾鉱毒問題等で論陣・社会主義運動家) 三木武吉(元衆議院議員) 大山郁夫(元衆議院議員・元雄弁会会長) 牧山耕蔵(元衆議院議員) 松村謙三(元衆議院議員・元農水大臣) 山道襄一(元衆議院議員) 田淵豊吉(元衆議院議員) 比佐昌平(元衆議院議員) 風見章(元衆議院議員・元司法大臣) 笹森順造(元衆議院議員・元青山学院長) 桜井兵五郎(元衆議院議員・元国務大臣) 宮澤胤勇(元衆議院議員) 粟山博(元衆議院議員) 山森利一(元衆議院議員・元西呉羽町長) 武谷甚太郎(元衆議院議員・元石川県議会議長) 多賀谷真稔(元衆議院副議長・元社会党書記長) 稲田直道(元衆議院議員) 鈴木茂三郎(元衆議院議員) 西岡竹次郎(元衆議院議員・元長崎県知事) 堀川恭平(元衆議院議員) 森下国雄(元衆議院議員) 中村三之丞(元衆議院議員・元運輸大臣) 高橋円三郎(元衆議院議員・元農水大臣) 田原春次(元衆議院議員) 村上勇(元衆議院議員・元郵政大臣) 稲村隆一(元衆議院議員) 川俣清音(元衆議院議員) 野田武夫(元衆議院議員・元自治大臣) 平野力三(元衆議院議員・元農水大臣) 降旗徳弥(元衆議院議員) 西田隆男(元衆議院議員) 内藤隆(元衆議院議員) 稲富稜人(元衆議院議員) 浅沼稲次郎(元社会党委員長) 中野正剛(ジャーナリスト) 永井柳太郎(元逓信大臣) 堤康次郎(元衆議院議長,実業家) 深谷隆司(元通商産業大臣) 緒方竹虎(元副総理) 三塚博(元大蔵大臣) 玉澤徳一郎(元農林水産大臣) 藤波孝生(元内閣官房長官) 石田博英(元運輸大臣) 松永光(元大蔵大臣) 松村謙三(元文部大臣) 橋本登美三郎(元運輸大臣) 佐藤観次郎(元衆議院議員) 佐藤観樹(元自治大臣) 斎藤隆夫(元行政調査部総裁) 小島静馬(元参議院議員) 千田正(元参議院議員・元岩手県知事) 三宅正一(元衆議院副議長) 菊池福治郎(元衆議院議員) 中村高一(元衆議院副議長) 武藤山治(元日本社会党代議士会会長) 高津正道(元衆議院副議長) 喜多壮一郎(元衆議院外務委員長) 金石清禅(元保守党政調副会長) 青木幹雄(元内閣官房長官) 西岡武夫(元参議院議長) 渡部恒三(元衆議院副議長) 現役衆議院議員 カッコ内の数字は衆議院当選回数。 (Wikipedia:早稲田大学雄弁会)

早稲田大学商学部
『早稲田大学』より : ふりがな=わせだだいがく
英称=Waseda University
大学設置年=1920年
創立年=1882年
学校種別=私立
設置者=学校法人早稲田大学
本部所在地=東京都新宿区戸塚町1-104
キャンパス=西早稲田(東京都新宿区)戸山(東京都新宿区)大久保(東京都新宿区)喜久井町(東京都新宿区)所沢(埼玉県所沢市)本庄(埼玉県本庄市)北九州(福岡県北九州市)東伏見(東京都西東京市)日本橋(東京都中央区)
学部=政治経済学部法学部第一文学部第二文学部教育学部商学部理工学部社会科学部人間科学部スポーツ科学部国際教養学部
研究科=政治学研究科経済学研究科法学研究科文学研究科商学研究科理工学研究科教育学研究科人間科学研究科社会科学研究科アジア太平洋研究科国際情報通信研究科日本語教育研究科情報生産システム研究科スポーツ科学研究科
(Wikipedia:早稲田大学商学部)

早稲田大学系属早稲田実業学校初等部・中等部・高等部
早稲田大学系属早稲田実業学校(わせだだいがくけいぞくわせだじつぎょうがっこう)は、東京都国分寺市本町一丁目に所在する私立小学校・中学校・高等学校。通称は「早実」(そうじつ)。 小中高一貫教育を行い、早稲田大学への推薦入学制度がある。学校法人早稲田大学の系属校として独自の推薦枠を定めている。高等部から入学した外部進学の生徒が中等部または初等部から入学した内部進学の生徒と一緒に高等部第1学年からクラスが混合される併設混合型中高一貫校である。 1901年(明治34年)、早稲田大学の前身である東京専門学校が大学としての基礎を確立したころ、創立者である大隈重信の教育理念を実現し、その建学精神に基づいた中等教育を目指して大隈重信の周囲の者達により設立された。校名は実業学校であるが、現在は普通科のみで実業教育は施していない。 「豊かな個性と高い学力をもち、苦難にうち勝つたくましい精神力を兼ね備えた人物」を育成するために、校是として「去華就実」(華やかなものを去り、実に就く)を、校訓として「三敬主義」(他を敬し、己を敬し、事物を敬す)を創立当初から掲げてきた。 (Wikipedia:早稲田大学系属早稲田実業学校初等部・中等部・高等部)

早稲田大学高等学院
早稲田大学高等学院・中学部(わせだだいがくこうとうがくいん・ちゅうがくぶ、英名: Waseda University Senior and Junior High School)は、東京都練馬区上石神井三丁目に所在し、中高一貫教育を提供する私立男子高等学校・中学校(併設混合型中高一貫校)。前身は、1899年開設の東京専門学校予科である。設置者は学校法人早稲田大学。略称は「早大学院」「学院」「早高院」など。高等学院では、生徒達は「学院生」と呼ばれ、正式な書類や掲示など様々な場面でもこの通称が使われている。 本項では1920年から1949年まで存在していた旧制早稲田大学早稲田高等学院(きゅうせいわせだだいがくわせだこうとうがくいん)についても述べる。 成り立ち 早稲田大学直属の附属校として設置された最初の学校であり、後から設立された早稲田大学本庄高等学院(1982年設立)と併せても2校のみである。 (Wikipedia:早稲田大学高等学院)

早稲田大学グリークラブ
早稲田大学グリークラブ(わせだだいがくグリークラブ・通称「ワセグリ」)は、1907年に設立された早稲田大学の学生による男声合唱団。オペラ歌手の岡村喬生、コーラスグループ「ボニージャックス」をはじめ、数々の有名OBを輩出している。
国内外のオリジナル男声合唱曲はもちろんのこと、学歌から民謡、ポピュラー音楽まで幅広いレパートリーを持ち、新曲の委嘱活動にも意欲的である。かつては磯部俶や福永陽一郎の指導を継続して受けていた時期があったが、現在は常任指揮者はおらず、学生が主体となり活動している。したがって指揮者は演奏会ごとに客演指揮者を招き演奏を行っている。
年4回の演奏会(定期演奏会、東京六大学合唱連盟定期演奏会、東西四大学合唱連盟 東西四大学合唱演奏会、送別演奏会)が活動の中心であるが、外部団体や稲門会(早稲田大学OB会)からの依頼を受けて日本各地で演奏会をすることも多い。録音、および企業やテレビ局からの依頼も少なくない。また約4年に一度、海外演奏旅行が行われる。
(Wikipedia:早稲田大学グリークラブ)

早稲田大学ア式蹴球部
早稲田大学ア式蹴球部(わせだだいがくアしきしゅうきゅうぶ、英語: Waseda University Association Football Club)は、東京都西東京市にある早稲田大学のサッカー部である。 ア式蹴球とはアソシエーション式フットボールの略で、サッカーのことである。 全国タイトル計30回(全国大学タイトル計27回・天皇杯3回)、全国大学タイトル計27回(東西対抗13回・全日本選手権12回・総理大臣杯2回)や、現役学生のみのア式蹴球部による天皇杯優勝3回、関東大学リーグ優勝26回は、全国大学最多記録である。 創部は1924年であるが、1922年に行われた日本最初のサッカーリーグとなる「専門学校蹴球リーグ戦」に東京帝国大学、東京高等師範、東京商科大と共に早稲田大学の蹴球部が参加した。なお、創部した1924年より関学蹴球部との早関サッカー定期戦が開催されている。 専門学校蹴球リーグ戦はこの年に2回実施されたのみで、スケジュールの都合が付かず、中止されることになった。 (Wikipedia:早稲田大学ア式蹴球部)

早稲田大学ラグビー蹴球部
早稲田大学ラグビー蹴球部(わせだだいがくラグビーしゅうきゅうぶ、Waseda University Rugby Football Club)は、関東大学ラグビー対抗戦グループに所属する早稲田大学のラグビー部。愛称ワセダ。略称早大(そうだい)。一大学の部でありながら、日本国内で随一の人気がある。。日本代表に幾多の選手を送り、かつ代表の戦術理論に多大な影響を及ぼしてきた。 全国大学タイトル24回(東西対抗9回・大学選手権15回)と全国タイトル28回(大学タイトル24回・日本選手権4回)は、全国大学最多記録である。全国クラブラグビーフットボール大会で、全国クラブ最多10回の優勝をしている神奈川タマリバクラブは、2000年にOBが中心となって発足したクラブチームである。またOBらが所属しているワセダクラブM.F./G.Bは関東社会人リーグ1部に所属している。(2016年現在) 概要と歴史 1918年11月7日、創部。慶應、京都三高、同志社に次ぐ日本で4番目のラグビーチームであった。創部当時の名称は「早稲田大学蹴球部」。部訓-緊張・創造・継承- 1927年オーストラリア遠征が行われる。 (Wikipedia:早稲田大学ラグビー蹴球部)

早稲田大学新聞会
早稲田大学新聞会(わせだだいがくしんぶんかい)は、かつて早稲田大学の公認学生サークルであった団体。革マル派が執行部を握るサークル連合「文化団体連合会」に加盟する。1999年に大学からサークルとしての公認を取り消され係争中であったが、2003年に敗訴が確定している。革命的共産主義者同盟全国委員会(中核派)元書記長・本多延嘉を輩出している。 会の活動 表向きには早稲田大学の学生新聞のひとつ、「早稲田大学新聞」の発行を中心に活動している。早稲田キャンパス南門近くのビルに部室を持つ。 早稲田大学新聞 週1回発行され、2ページの場合は1部50円、4ページの場合は100円で販売されている。このほか、同サークルが関わった裁判の判決や、大学総長選挙関連のニュースを号外として発行することもある。また新入生歓迎版が4月に、就職活動を特集した特別版が毎年春に発行される。新聞の題字は会津八一による。記事の内容は硬軟を取り混ぜているが、前述のように革マル派の支配下の元で発刊しているため政治や社会についての記事は非常に過激であり、主張が著しく偏っている。 (Wikipedia:早稲田大学新聞会)

早稲田大学ビッグベアーズ
早稲田大学ビッグベアーズ(わせだだいがくビッグベアーズ)は早稲田大学体育会に所属するアメリカンフットボールチームである。1934年創部、関東学生アメリカンフットボール連盟所属。チームカラーは臙脂・白・黒 。因みに「ビッグベアーズ」とは早稲田創立者の大隈重信の「隈」を「熊」に捩ったものである。
1941年に早稲田大学米式蹴球部として創部、日本のフットボールの誕生と同時に産声をあげた。
2001年以降、関東リーグで上位の成績を残し、強豪校として認知されるようになる。
2001 4勝2敗(1部Bブロック順列3位)
ブロック優勝候補日体大を完封で破るなど、リーグの台風の目となるが、専修大学との直接対決で敗れたため、プレーオフ出場を逃す。
2002 4勝2敗(1部Bブロック順列2位、プレーオフ初出場、クラッシュボウル初優勝、甲子園ボウル初出場)
(Wikipedia:早稲田大学ビッグベアーズ)

早稲田大学本庄高等学院
早稲田大学本庄高等学院(わせだだいがくほんじょうこうとうがくいん)は、埼玉県本庄市にある私立の高等学校(普通科、男女共学)。2015年現在は1038名の男女生徒が在籍している。略称は「早大本庄(早本)」「本庄学院」。在校生や教職員は、単に「学院」と称することも多い。早稲田大学関係者からは「本庄」とも呼ばれる。1学年を6学級240人とする小規模な男子校として設立されたが、2007年度より共学化した。 早稲田大学の前身東京専門学校の創立100周年を記念して1982年、埼玉県本庄市に開校。都心から離れて立地しており、自宅からの通学が困難な生徒のために「委託ホーム」と呼ばれる寄宿制度があった(ただし男子のみ)が、現在は廃止され、2012年にJR本庄駅付近に完成した男女共同寮「早苗寮」(さなえりょう)に置き換えられている。 同じ学校法人早稲田大学直属の附属校として、東京専門学校予科以来の流れを汲む早稲田大学高等学院(男子校)があるが、本校は2007年に共学化している。 (Wikipedia:早稲田大学本庄高等学院)

早稲田大学社会科学部社会科学科
『社会科学部』より : 社会科学部(しゃかいかがくぶ、School of Social Sciences)は、政治学・法学・経済学・経営学・会計学、近現代史・言語文化・地域研究・国際関係・社会学など、「社会諸科学」の相関性を重視する立場から、学際的な学びを志向する社会科学の総合学部。 Faculty of Social Sciences(社会科学部)という名称は、ヨーロッパ・アメリカ・アジアなど諸外国の大学では、普遍的に見られ、日本でも1950年代はじめの南山大学、東洋英和女学院大学(神谷不二教授、香西泰教授が在籍)などミッション系の大学を中心に見られたが、日本語の「社会科学」と「社会学」、「社会科学部」と「社会学部」を混同する向きがあることから、東洋英和女学院大学の様に、英語名は「Faculty of Social Sciences」のままとしながら、日本語名称を「国際社会学部」と変更したり、杏林大学では「総合政策学部」と変更した(杏林大学では、日本初の社会科学分野を複合・横断的に出来る「社会科学群」としての実験的要素が強く、千住鎮雄教授を中心に「管理工学」系統の科目が置かれた)。 (Wikipedia:早稲田大学社会科学部社会科学科)

早稲田大学競走部
早稲田大学競走部(わせだだいがくきょうそうぶ)は、早稲田大学の陸上競技チームである。関東学生陸上競技連盟に所属。現在の部長は野嶋栄一郎、監督は礒繁雄、駅伝監督は渡辺康幸、2009年度主将は、飯田将之。
1914年(大正3年)4月創部。1919年の第1回関東学生陸上競技対校選手権大会 関東インカレで優勝を飾る。関東インカレの優勝は通算17回、日本インカレの優勝は10回。東京箱根間往復大学駅伝競走 箱根駅伝には85回中78回出場し、中央大学 中大に次ぎ日本大学 日大と並ぶ12度の総合優勝に輝いている。全日本大学駅伝対校選手権大会 全日本大学駅伝でも1992年から4連覇を達成している。
所沢キャンパス内にある練習グラウンド(3種公認)はOBである織田幹雄に因み、2005年10月1日に「織田幹雄記念陸上競技場」と名づけられた。合宿所は所沢市三ヶ島にある。(2007年5月に新合宿所が完成)
(Wikipedia:早稲田大学競走部)

早稲田大学川口芸術学校
早稲田大学川口芸術学校(わせだだいがく かわぐちげいじゅつがっこう)は、かつて存在した芸術専門学校。2003年に埼玉県川口市の映像新産業拠点SKIPシティに開校。映像と情報コンテンツ制作者を養成することを目的とした。 開講当初から設置されている3年制昼間の映像情報科(専門士、定員30名)と大学院進学を前提とした2007年設置予定の4年制昼間の映像文化学科(高度専門士・大学院入学資格取得予定、定員10名)の1学科。映像情報科では、1年次および2年次前期を少人数によるグループワークなどを中心とした集中実習型の映像に関する広範カリキュラム。多作な制作による実践教育と周辺の専門分野の座学を提供している。デジタルシネマ・アニメーション・映像芸術表現・映像ジャーナリズムの専門ゼミを有し、2年次後期から卒業までセミによる制作指導を提供している。 主な1年次カリキュラムは、グループワークを中心とした集中実習形式の情報リテラシ、写真、視覚表現基礎、ドキュメンタリー制作〜シナリオ〜ドラマ制作、立体アニメ、平面アニメ、CG制作、音響デザイン。 (Wikipedia:早稲田大学川口芸術学校)

早稲田大学芸術学校
早稲田大学芸術学校(わせだだいがくげいじゅつがっこう)は、東京都新宿区大久保(早稲田大学西早稲田キャンパス内)に所在する専門学校(産業技術専門課程)。かつての前身校では元日本建築学会会長の建築家吉阪隆正が校長を務めていた。現在は建築科、建築都市設計科の2学科が設置されている。2011年度までは都市デザイン科、2010年度までは空間映像科があり、建築、都市デザイン、映像の3分野を学ぶ4学科があった。姉妹校として早稲田大学川口芸術学校がある。 沿革 起源となった早稲田工手学校は、学校法人早稲田大学を母体に1911年に開校。早稲田工業学校を経て、戦後の学制改革で早稲田大学工業高等学校となる。工業高校は1968年に廃校となるが、1961年に設置された産業技術専修コースを母体として1964年に早稲田大学産業技術専修学校が開校。その後、早稲田大学専門学校(1978年-)を経て2001年に現在の早稲田大学芸術学校となる。 設置学科 建築科(夜間2年制) 建築都市設計科(夜間3年制) 授業は平日夜間を主としているため、社会人、大学・大学院既卒者あるいは大学在学中のダブルスクール生が全体の約9割を占める。 (Wikipedia:早稲田大学芸術学校)


早稲田大学 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

早稲田大学 - アマゾン検索


「早稲田大学」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す