[PR]

日別キーワード

第11位  松本清張 - 2018年03月13日


関連するイメージは見つかりませんでした



松本清張
松本 清張(まつもと せいちょう、1909年(明治42年)12月21日 - 1992年(平成4年)8月4日)は、日本の小説家。 1953年に『或る「小倉日記」伝』で芥川賞を受賞。以降しばらく、歴史小説・現代小説の短編を中心に執筆した。1958年には『点と線』『眼の壁』を発表。これらの作品がベストセラーになり松本清張ブーム、社会派推理小説ブームを起こす。以後、『ゼロの焦点』『砂の器』などの作品もベストセラーになり戦後日本を代表する作家となる。その他、『かげろう絵図』などの時代小説を手がけているが、『古代史疑』などで日本古代史にも強い関心を示し、『火の路』などの小説作品に結実した。緻密で深い研究に基づく自説の発表は小説家の水準を超えると評される。また、『日本の黒い霧』『昭和史発掘』などのノンフィクションをはじめ、近代史・現代史に取り組んだ諸作品を著し、森鴎外や菊池寛に関する評伝を残すなど、広い領域にまたがる創作活動を続けた。 (Wikipedia:松本清張)

松本清張スペシャル・指
『指』(ゆび)は、松本清張の短編小説。『小説現代』1969年2月号に掲載され、1978年10月に短編集『水の肌』収録の1作として、新潮社から刊行された。 これまで3度テレビドラマ化されている。 あらすじ ホステスの福江弓子は、帰宅途中で御茶ノ水の喫茶店に立ち寄り、バーのマダム・生方恒子と相席になる。気品ある色気を湛えた恒子に話しかけられ、同性ながら惹かれた弓子は、目白にある恒子の高級マンションについていく。泊まっていくよう誘われた弓子の脚の上に、恒子の足先が乗ってきた…。恒子はチワワを飼っていたが、弓子は犬が自分たちの関係をのぞいているような気がして、その存在が気になる。弓子と恒子の関係はマンションの管理人・細井ヨシ子も承知していたが、ヨシ子は恒子に好意的で、二人の関係を他の人に漏らす心配はないと弓子は思っていたが……。 テレビドラマ 1979年版 「松本清張おんなシリーズ・指」。1979年4月15日、TBS系列の「東芝日曜劇場」枠(21:00-21:55)にて放映。 (Wikipedia:松本清張スペシャル・指)

松本清張賞
松本清張賞(まつもとせいちょうしょう)は、松本清張の業績を記念して、各年の良質な長篇エンターテインメント小説を表彰する(第11回以降。第10回以前に関しては後述。)公募の文学賞。公益財団法人日本文学振興会が主催、文藝春秋が運営する。 選考会は各年4月に開催され、受賞作は『オール讀物』6月号誌上で発表される。贈呈式は6月に開催され、受賞者には正賞として時計、副賞として500万円が授与される。また、受賞作は文藝春秋から単行本として刊行される。 第1回(1994年)から第5回(1998年)までは短編を募集していたが、第6回(1999年)からは長篇作品を募集している。また、当初は「広義の推理小説又は、歴史・時代小説」を対象にしていたが、第11回(2004年)以降は「ジャンルを問わぬ良質の長篇エンターテインメント小説」を対象としている。 2016年現在の選考委員は石田衣良、角田光代、中島京子、葉室麟、三浦しをんの5名。 受賞作一覧 第1回から第5回 短編(推理小説または歴史・時代小説) 第1回(1994年) 葉治英哉 「(またぎ)物見隊顚末」(「またぎ」は「犭+又」) - 2010年の文庫化(新人物往来社)時に『マタギ物見隊顚末』に改題 第2回(1995年) 該当作なし(佳作 岡島伸吾 「さざんか」(未刊行)) 第3回(1996年) 森福都 「長安牡丹花異聞」 第4回(1997年) 村雨貞郎 「マリ子の肖像」 第5回(1998年) 横山秀夫 「陰の季節」 短編を募集していた時期の受賞作は、同題の短編集に収録され、文藝春秋より刊行されている。 (Wikipedia:松本清張賞)

松本清張原作のテレビドラマ一覧
松本清張原作のテレビドラマ一覧(まつもとせいちょうげんさくのてれびどらまいちらん)は、松本清張の原作による、テレビドラマの一覧・リストである。 関連トピック 1957年にNHKで放映された『地方紙を買う女』(出演は大森義夫・藤野節子・千秋みつるなど)が、確認できるものとしては最初の清張原作ドラマとみられる。 年間の放送回数は1962年が最多とみられ、NHKの「黒の組曲」シリーズを中心に、この年だけで少なくとも46作品、100回の新作ドラマが放送されている。 関東地区における最高視聴率は、『山峡の章』(1981年放送)と『指』(1982年放送)で記録しており、28.0%であった(ビデオリサーチ調べ、ただし記録が残っているものに限る)。 テレビ朝日の「家政婦は見た!」シリーズ第1作(1983年7月)は、清張の『熱い空気』を原作としている。この時の視聴率は27.7%を記録した(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。 1991年、清張の作家活動40周年記念として、日本テレビ・TBS・フジテレビ・テレビ朝日の民放4局が、『西郷札』から『迷走地図』に至るまでの12作品をドラマ化し、4月から1年間、毎月1本を全国ネットで放送した。 (Wikipedia:松本清張原作のテレビドラマ一覧)

松本清張の作品一覧
松本清張の作品一覧(まつもとせいちょうのさくひんいちらん)は、小説家の松本清張による作品の一覧・リストである。 全集・選集 松本清張全集 (全66巻、文藝春秋) 実際には選集。全巻の構成は、本ページ末尾の外部リンク(文藝春秋特設サイト)を参照。 松本清張短編全集 (全11巻、カッパ・ノベルス ・光文社文庫) 収録作品は、本ページ短編小説集の項目または本ページ末尾の外部リンク(光文社文庫特設サイト)を参照。 松本清張小説セレクション (全36巻、中央公論新社) 作家の阿刀田高による選集。 小説 推理小説・現代小説(長編) 短編小説集 時代小説・歴史小説・伝奇小説のみで構成される作品集は、下の時代小説・歴史小説・伝奇小説リストを参照。 現在市販されている短編集は、最初の書籍化当時とは異なる組み合わせで編集されたものが多い。個々作品集の収録作には重複等があることを留意されたい。 1957年までのデータは特に山前譲 「『点と線』以前の初期単行本」(『松本清張研究』Vol2(砂書房)に収録)に拠った。 (Wikipedia:松本清張の作品一覧)

松本清張 わるいやつら
『』より : (Wikipedia:松本清張 わるいやつら)

松本清張・最終章 わるいやつら
『』より : (Wikipedia:松本清張・最終章 わるいやつら)


松本清張 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

松本清張 - アマゾン検索


「松本清張」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す