[PR]

日別キーワード

第20位  アゴ - 2018年03月13日


関連するイメージは見つかりませんでした



アゴ
『あご』より : 顎(あご、英語名:jaw)は、それを持つ生物一般においては、口の一部であって、開閉して物を捕らえる機能を有する構造体を指す。 ヒトを含む顎口上綱の動物では、頭の下部にあって、上下に開閉する機能を持つ、骨(顎骨)と筋肉を中心に形成された、口の構造物全体を指す。顎口上綱の顎は上顎と下顎で形成されており、支点のある上顎に対して下顎が稼働する。哺乳類(ヒトを含む)は下顎の稼働性が高く、これを繰り返し動かすことによって食物を咀嚼する。対して、顎を具えてはいても咀嚼を行わない動物の多くは、物を捕らえる、引きちぎる、呑み込むなどを行うために顎を用いる。 呼称 「あご」を表す漢字には、日本語の国字である「顎(音:ガク、訓:あご)」のほか、「歯の根をおおう肉(歯茎)」を原義とする「腭(齶、音:ガク、訓:あご、はぐき)」や、「{口+咢}(音:ガク、訓:?)」がある。 また、別に「頤(おとがい)」を「あご」とも言うが、この字は主に「顎」を指す(「#ヒトの顎」も参照)。 なお、医学などにおける日本語の専門用語としては、「顎、腭、{口+咢}」はいずれであっても音読みをする。 (Wikipedia:アゴ)

アゴスティーノ・ステッファーニ
アゴスティーノ・ステッファーニ(Agostino Steffani, 1653年7月25日–1728年2月12日)はイタリア盛期バロック音楽の作曲家・オルガン奏者で外交官およびカトリックの聖職者。バイエルンを中心にドイツで活躍した。 生涯 幼少期にヴェネツィアの聖マルコ大寺院の少年聖歌隊員に加わる。1667年にその美声に魅了されたタッテンバハ伯爵によってミュンヘンへと連れられて行き、同地でバイエルン選帝侯フェルディナント・マリアより奨学金を得て学業を修め、バイエルン宮廷楽団の一員に加わって俸給を得る。ヨハン・カスパール・ケルルのもとで音楽修業を続けた後、1673年にローマに留学、エルコレ・ベルナベイに師事して6つのモテットを完成させる(現在その手稿譜はケンブリッジのフィッツウィリアム博物館が所蔵)。 1674年にミュンヘンに戻り、最初の作品《 Psalmodia vespertina》を出版(1世紀後にマルティーニ師の『対位法教程 Saggio dl contrapunto』において部分的に転載される)。 (Wikipedia:アゴスティーノ・ステッファーニ)

アゴヒゲアザラシ
アゴヒゲアザラシ(顎鬚海豹)はアザラシ科アゴヒゲアザラシ属に属する海棲ほ乳類。 分布 北極海周辺からベーリング海、オホーツク海に分布するアザラシ。 また、個体数は50万頭で半数がアラスカ海域に生息する。 形態 体長は200-260cm・体重200-360kgになり、北極海に生息するアザラシの中では最大である。 体表に模様はなく、体色は淡灰色から暗褐色。体の大きさに比べ頭部が著しく小さい。 名前の通り他のアザラシに比べヒゲがよく発達しているが、ヒゲは名前に含まれる顎からではなく上唇付近から生えている。 日本近海に生息するアザラシ5種のうち4種(ゼニガタアザラシ・ゴマフアザラシ・クラカケアザラシ・ワモンアザラシ)はゴマフアザラシ属に属するが本種のみがアゴヒゲアザラシ属に属する。 生態 単独性で流氷野が移動する比較的浅い沿岸域を好む。流氷とともに春から夏は北へ、秋から冬は南へ移動する。北海道では流氷域に少数の子供が見られるが成獣は稀である。ゆえに日本の首都圏にアゴヒゲアザラシのタマちゃんが現われたことはきわめて稀なケースである。 (Wikipedia:アゴヒゲアザラシ)

アゴハゼ
アゴハゼ(顎鯊、顎沙魚、学名 Chaenogobius annularis)は、スズキ目ハゼ科に分類されるハゼの一種。日本周辺の岩礁海岸に分布し、タイドプール(潮だまり)などでよく見られる。 最大でも全長8cmほどの小魚である。頭が上から押しつぶされたように平たく、口が大きい。舌の先端は浅く二叉する。胸鰭と尾鰭は小さな黒点が並び、さらにつけ根に大きな黒斑が一つある。鱗は細かい。体色は変異があるが、灰色-緑褐色の地に大小の白斑が出ることが多い。 外見はドロメやウキゴリ属(Gymnogobius)によく似ていて、特に幼魚は見分けにくいが、アゴハゼ属2種は胸鰭の上に遊離軟条があることで区別できる。またアゴハゼ属は岩場、ウキゴリ属は砂泥底の環境を好むので、生息環境でも目星はつけられる。ドロメはアゴハゼより大型になること、胸鰭と尾鰭に小黒点がないこと、尾鰭が白く縁取られることで区別できる。嘗て Chaenogobius はウキゴリ属だったが、タイプ種がアゴハゼだったためにアゴハゼ属に修正された。 (Wikipedia:アゴハゼ)

アゴーギク
アゴーギク(独:Agogik)とは、テンポやリズムを意図的に変化させることで行う、音楽上の表現の一つ。ディナーミク(強弱法)との対比で速度法、緩急法とも言う。通常、同じ速度記号が適用されている間に行われ、テンポの揺らぎがその速度記号の示す範囲を大きく超えることはあまりない。なお、アゴーギグと書かれることもあるが、原語では語尾はkなので「グ」とするのは誤りである。 ディナーミクと同じく、度合いは演奏者の裁量に任されている部分が音高や音価に比べてやや大きいため、演奏者にとって重要な表現方法のひとつであるが、ディナーミクと違って音価そのものに影響を及ぼしやすいので濫用は避けられることが多い。 日本では、俗に「(テンポの)伸び縮み」と呼ぶことがある。 表現の実際 自然界に完全な直線(線分)や平面が存在することが考えにくいのと同様に、ごく微妙なテンポの揺らぎは無意識のうちに常に起こっていると考えた方がよい(メトロノームなどに合わせて演奏する場合やいわゆる打ち込みの楽曲の場合などはこの限りではない)。 (Wikipedia:アゴーギク)

アゴヒゲトカゲ属
アゴヒゲトカゲ属(アゴヒゲトカゲぞく、Pogona)は、動物界脊索動物門爬虫綱有鱗目アガマ科に属する属。 分布 オーストラリア固有属 形態 体型は扁平。頭部は幅広い。頭部や体側面には刺状の鱗が並ぶ。属名Pogonaはギリシャ語で「髭」を指すpogonに由来し、和名とほぼ同義。 鼓膜が露出する。 分類 古くはAmphibolurus属に含まれ、ヒガシアゴヒゲトカゲ1種だと考えられていた。しかしヒガシアゴヒゲトカゲが複数の種に分割されたことにより、独立した属として分割された。 Pogona barbata ヒガシアゴヒゲトカゲ (Eastern bearded dragon) Pogona henrylawsoni ローソンアゴヒゲトカゲ (Rankin's dragon) Pogona microlepidota ササメアゴヒゲトカゲ Pogona minima ニシアゴヒゲトカゲ(ヒメアゴヒゲトカゲの亜種とする説もあり) Pogona minor ヒメアゴヒゲトカゲ Pogona mitchelli ミッチェルアゴヒゲトカゲ(ヒメアゴヒゲトカゲの亜種とする説もあり) Pogona nullarbor ナラーボーアゴヒゲトカゲ Pogona vitticeps フトアゴヒゲトカゲ (Central Bearded Dragon) 生態 砂漠や荒野、草原、森林などに生息する。 (Wikipedia:アゴヒゲトカゲ属)

アゴ&キンゾー
『ザ・ハンダース』より : あご&きんぞう(あごときんぞう、旧名:アゴ&キンゾー)は、太田プロダクション → オフィスマシェッラ所属のお笑いコンビ。 渡辺プロダクションを契約解除されたザ・ハンダース残党のアゴ勇と佐藤金造で、1980年にコンビ結成。アゴは芸能界を引退してプロゴルファー試験に挑戦する予定だったが、お笑いに未練がある金造に口説かれたという。 『お笑いスター誕生』(日本テレビ)でゴールデンルーキー賞を獲得、その後10週勝ち抜き第7代グランドチャンピオンに輝く一方、『麻世の真夜中デート』(川崎麻世の冠番組、テレビ東京)などの司会や、各種営業もこなした。 1982年には『世界最強の愛のテーマ!!』(作詞:秋山道男、作編曲/プロデュース:高橋幸宏)をリリースし、テクノ歌謡マニアの注目も集めたが、燃え尽きてしまい、アゴの病気療養を理由に1984年頃消滅。 その後アゴは短期間ぶるうたすと組み、ピン芸人になって以降はアゴいさむ → アゴイサム → あご勇と改名。金造はモト冬樹(元ビジーフォー)とのコンビAJAPAで、『ザ・テレビ演芸』8代目グランドチャンピオンになったものの長続きせず、コメディアンとして大成した。 (Wikipedia:アゴ&キンゾー)

アゴゴ
アゴゴ(もしくはアゴゴー、アゴゴベル、ブラジルポルトガル語:Agogô)は、体鳴楽器に分類される金属製の打楽器。
大小2つの三角錐を細い棒を曲げてつないでいる楽器である。小さい方が高音、大きい方が低音となっている。なお写真のアゴゴは一般的に日本の楽器店で売られている非ブラジル製のものである。非ブラジル製のアゴゴは曲がっている細い棒の部分が固い。しかしブラジル製のアゴゴはこの部分が柔らかく、利き手でない方の手で大小の三角錐を当てて(ぶつけて)アクセントをとって演奏することができる。
利き手で小太鼓のバチあるいはドラムスティック、またすりこぎなどを持って大小を交互に叩く。また類似の楽器に、サルサ (音楽) サルサなどで使われるカウベルがあるが、このカウベルを叩くカンパーナ(ビーター)などで叩く場合もある。アゴゴはカウベルにくらべて甲高く澄んだ音が特徴である。ラテン系の音楽、中でもサンバ (ブラジル) サンバで多く使用されるが、吹奏楽の演奏でも使用されることがある。
(Wikipedia:アゴゴ)

アゴタ・クリストフ
アゴタ・クリストフ(Agota Kristof, 1935年10月30日 - 2011年7月27日)は、ハンガリー出身の作家。ハンガリー出身であるため本来の姓名は姓→名の順番でクリシュトーフ・アーゴタ(Kristóf Ágota) [ˈkriʃtoːf.ˈɑ̈ːɡotɒ]となるべきであるが、スイスに居住し主にフランス語で著作を執筆していたため、作家としてはフランス語風の「アゴタ・クリストフ」を名乗っており、日本でもこの名前で紹介されている。 1956年のハンガリー動乱でオーストリアへ脱出し、スイスに定住したために「亡命作家」と見なされがちであるが、本人はハンガリー国籍も保持しており、また出国してから12年後には帰国も果たしているので「亡命作家」と言うよりはむしろ「難民作家」と見なすべきであろう。生計のために、移住先のフランス語で執筆したが、母語であるハンガリー語に対する思い入れと、ハンガリー人としての民族意識は最後まで非常に強かったことは様々なインタビューなどからも読み取れる。 (Wikipedia:アゴタ・クリストフ)

アゴスティニョ・ネト
アントニオ・アゴスティニョ・ネト(António Agostinho Neto、1922年9月17日 - 1979年9月10日)は、アンゴラの民族主義者・政治家・社会主義者・詩人で、初代大統領。ベンゴ州のカテテ町でメソジストの牧師の息子として生まれた。 ルアンダの高校に通った後、ポルトガル統治時代の1940年代、アンゴラの伝統文化復興運動の中で頭角を現す。民族主義運動を行う一方、リスボンに留学し、リスボン大学で医学を学んだ。1958年にポルトガル人女性のマリア・エウジェニア・ダ・シルヴァと結婚し、同日中に卒業した。卒業した後に、1959年に帰国した。帰国後は1960年6月8日に独立運動によって植民地当局に逮捕され、彼の両親や支持者は釈放を求めてカテテからベンゴへ行進したが、ポルトガル兵によって30人が殺害され、200人が負傷した(ロコ・イ・ベンゴの虐殺)。彼はポルトガル政府によってカーボベルデに追放され、リスボンで拘留された。政府は国際的な圧力のためにネトを自宅軟禁に置いたが、脱走してまずモロッコに、次いでザイールに亡命し、国外から反ポルトガル闘争を続けた。 (Wikipedia:アゴスティニョ・ネト)

アゴスタ
『アーゴスタ』より : アーゴスタ(イタリア語: Agosta)は、イタリア共和国ラツィオ州ローマ県にある、人口約1600人の基礎自治体(コムーネ)。 地理 位置・広がり ローマ県東部、ヴァッレ・デッラニエーネのコムーネ。スビアーコから北西へ約8km、ティーヴォリから東へ約19km、ローマ中心部から東北東へ約48km、ラクイラから南西へ約51kmの距離にある。 = 隣接コムーネ = 隣接するコムーネは以下の通り。 チェルヴァーラ・ディ・ローマ - 北東 スビアーコ - 南東 カンテラーノ - 南 ロッカ・カンテラーノ - 南西 マラーノ・エークオ - 北西 地勢 町域をアニエーネ川が流れる。 この地域には先史時代から人が居住していた。 アウグストゥスの「業績録」 (Res Gestae Divi Augusti) において、マルキア水道の水源地として記されている。地名はローマの皇帝からとられている。1051年の文書では、この地に城があることが確認できる。その後、この土地はスビアーコの修道院領となった。 (Wikipedia:アゴスタ)

アゴスティーノ・ランツィッロ
アゴスティーノ・ランツィッロ(Agostino Lanzillo、1886年-1952年)は、ジョルジュ・ソレルに師事した革命的サンディカリスムの活動家であり、のちにベニート・ムッソリーニを中心とするファシズムの運動に加わった。南イタリアの出身。
永久戦争を唱えた師のソレルに影響を受けたランツィッロは、著書『社会主義の敗北(La disfatta del socialismo)』の中で、戦争(第一次世界大戦)を反資本主義的な革命と結びつける見解を示した。ランツィッロはいわば「塹壕共同体」としての戦争経験者を主体とした「(戦争の継続としての)革命」を志向した。『ポーポロ』紙の編集員であったランツィッロは、こうした見地から同紙の副題を「社会主義日刊紙」から「戦士と生産者の日刊紙」と変えた。
(Wikipedia:アゴスティーノ・ランツィッロ)

アゴ勇
『あご勇』より : あご 勇(あご いさむ、1957年8月14日 - )は、日本の芸人、俳優。本名、鵜沢 勇(うざわ いさむ)。アゴ勇、アゴイサムなど、芸名を変更している。 来歴・人物 千葉県長生郡一宮町東浪見に生まれる。 1974年に『ぎんざNOW!』(TBS)の「素人コメディアン道場」で7代目チャンピオンの座を獲得。同じ優勝者仲間の清水アキラ、アパッチけん(現・中本賢)、佐藤金造(現・桜金造)鈴木末吉(現・鈴木寿永吉)らと翌1975年にザ・ハンダースを結成し、『笑って!笑って!60分!!』(TBS)などにレギュラー出演する。物真似コミックソング『ハンダースの想い出の渚』は約30万枚を売り上げ、有線大賞新人賞を獲得。ハンダースのメンバーとして1980年まで活躍した。 渡辺プロダクションを契約解除されたため、芸能界を引退してプロゴルファー試験を受験する心算だったが、同じハンダース残党の佐藤金造に口説かれ、漫才コンビアゴ&キンゾーを結成。 (Wikipedia:アゴ勇)

アゴイサム
『あご勇』より : あご 勇(あご いさむ、1957年8月14日 - )は、日本の芸人、俳優。本名、鵜沢 勇(うざわ いさむ)。アゴ勇、アゴイサムなど、芸名を変更している。 来歴・人物 千葉県長生郡一宮町東浪見に生まれる。 1974年に『ぎんざNOW!』(TBS)の「素人コメディアン道場」で7代目チャンピオンの座を獲得。同じ優勝者仲間の清水アキラ、アパッチけん(現・中本賢)、佐藤金造(現・桜金造)鈴木末吉(現・鈴木寿永吉)らと翌1975年にザ・ハンダースを結成し、『笑って!笑って!60分!!』(TBS)などにレギュラー出演する。物真似コミックソング『ハンダースの想い出の渚』は約30万枚を売り上げ、有線大賞新人賞を獲得。ハンダースのメンバーとして1980年まで活躍した。 渡辺プロダクションを契約解除されたため、芸能界を引退してプロゴルファー試験を受験する心算だったが、同じハンダース残党の佐藤金造に口説かれ、漫才コンビアゴ&キンゾーを結成。 (Wikipedia:アゴイサム)

アゴニスト
アゴニスト(Agonist)とは生体内の受容体分子に働いて神経伝達物質やホルモンなどと同様の機能を示す作動薬のこと。現実に生体内で働いている物質はリガンドと呼ばれる。それは、持っている作用が生体物質とまったく同一であれば利用する意味がない(その物質そのものを用いればよい)ためである。そのためアゴニストとされる物質は、生体物質とは少し違った性質を持っている。多くの場合、それは分子間選択性であったり、標的分子への結合力であったりする。 たとえば、中枢神経系における主要な興奮性神経伝達物質としてグルタミン酸があるが、その受容体は4種類存在する。NMDAと言う物質はその4種のグルタミン酸受容体のうち、NMDA型グルタミン酸受容体と呼ばれる受容体だけに作用し、残りの3種には作用しない。このような場合、NMDAをNMDA型グルタミン酸受容体に対する選択的アゴニストと呼ぶ。 対義語としてアンタゴニストがある。これは、同様に受容体に作用するが、作用する事で受容体の活動を抑制する薬剤のことである。 パーシャルアゴニスト 受容体を活性化するアゴニストの中にも、活性化度が生体分子に比べて非常に低く、作用するものの作用があまりにも弱い、と言うような薬剤も存在する。 (Wikipedia:アゴニスト)

アゴスティーノ・バッシー
アゴスティーノ・バッシー(Agostino Bassi、時にde Lodiと呼ばれる、1773年9月25日 – 1856年2月8日)はイタリアの昆虫学者である。ルイ・パスツールよりも早い時期に病気の原因が微生物であることを発見した。カイコの細胞が細菌によって侵される様子を観察した。1844年に、昆虫だけでなく麻疹や、梅毒、ペストなどの人間の病気も微生物によって起こるという説を発表した。白きょう病菌(Beauveria bassiana)にはバッシーの名前がつけられている。 ロンバルディア州ローディ近郊のマイラーゴで、裕福な弁護士も兼ねる農民の息子として生まれた。父親も生物学に興味を持っていた。父親は役人になることを望んだ。役人の道を歩みながら、博物学者ラザロ・スパランツァーニの指導を終生うけた。1807年にmal de segnoと呼ばれるカイコの病気に興味を持った。病気になったカイコは白い粉で覆われた。この病気はイタリアでは1805年に発生し、1841年までにはフランスにも広がった。1849年の後、カイコの養殖場はこの病気によって壊滅的な被害を受けた。 (Wikipedia:アゴスティーノ・バッシー)

アゴスタ級潜水艦
アゴスタ級潜水艦 (Classe Agosta) は、フランスが開発した攻撃型通常動力型潜水艦。フランス海軍のほか、スペイン海軍やパキスタン海軍が導入した。 ダフネ級潜水艦に続くフランスの通常動力型潜水艦で、乗員数は士官5名、水兵36名と最大規模である。 運用 フランス海軍 4隻を導入した。2001年までに全て退役した。後継はリュビ級原子力潜水艦となった。 スペイン海軍 ガレルナ級潜水艦として4隻を導入した。S-80型潜水艦により更新される予定である。 南アフリカ海軍 2隻をフランスに発注したが、1977年の国連安保理決議418号に基づく国連制裁により、キャンセルされた。 パキスタン海軍 南アフリカが発注していた2隻を購入したほか、改良型のAgosta 90Bを3隻導入した。 マレーシア海軍 スコルペヌ型潜水艦の導入にあたり、乗員訓練のためフランス海軍で最後まで就役していたウェッサンを練習潜水艦として2005年から2009年まで運用した。 (Wikipedia:アゴスタ級潜水艦)

アゴンネットワーク
アゴンネットワーク(あごんねっとわーく)は、阿含宗の行事に使われる最新の中継システム。
現在は毎月の阿含宗の例祭護摩法要、朔日縁起宝生護摩法要、各種イベントの中継に使われているシステムである。
状況に応じて衛星中継とテレビ会議システムが組み合わされて使われる場合もある。
阿含宗朔日縁起宝生護摩:衛星中継 
阿含宗冥徳祭:アゴンネットワーク
阿含宗例祭:アゴンネットワーク
阿含宗フォーラム:アゴンネットワーク新システム
阿含宗万燈会:アゴンネットワーク
阿含宗お彼岸法要:アゴンネットワーク新システム
阿含宗 あごんねっとわーく
(Wikipedia:アゴンネットワーク)

アゴゴベル
『アゴーゴーベル』より : アゴゴ(もしくはアゴゴー、アゴゴベル、ブラジルポルトガル語:Agogô)は、体鳴楽器に分類される金属製の打楽器。いわゆる、2連の鉄琴。 アゴゴは、大小2つの三角錐を細い棒を曲げてつないでいる楽器である。小さい方が高音、大きい方が低音となっている。写真のアゴゴは一般的に日本の楽器店で売られている非ブラジル製のものである。非ブラジル製のアゴゴは曲がっている細い棒の部分が固い。しかしブラジル製のアゴゴはこの部分が柔らかく、利き手でない方の手で大小の三角錐を当てて(ぶつけて)アクセントをとって演奏することができる。 利き手で小太鼓のバチあるいはドラムスティック、またすりこぎなどを持って大小を交互に叩く。また類似の楽器に、サルサなどで使われるカウベルがあるが、このカウベルを叩くカンパーナ(ビーター)などで叩く場合もある。アゴゴはカウベルにくらべて甲高く澄んだ音が特徴である。ラテン系の音楽、中でもサンバで多く使用されるが、ポップス系の楽曲を中心に吹奏楽の演奏でも使用されることがある。 (Wikipedia:アゴゴベル)

アゴーゴーベル
アゴゴ(もしくはアゴゴー、アゴゴベル、ブラジルポルトガル語:Agogô)は、体鳴楽器に分類される金属製の打楽器。いわゆる、2連の鉄琴。 アゴゴは、大小2つの三角錐を細い棒を曲げてつないでいる楽器である。小さい方が高音、大きい方が低音となっている。写真のアゴゴは一般的に日本の楽器店で売られている非ブラジル製のものである。非ブラジル製のアゴゴは曲がっている細い棒の部分が固い。しかしブラジル製のアゴゴはこの部分が柔らかく、利き手でない方の手で大小の三角錐を当てて(ぶつけて)アクセントをとって演奏することができる。 利き手で小太鼓のバチあるいはドラムスティック、またすりこぎなどを持って大小を交互に叩く。また類似の楽器に、サルサなどで使われるカウベルがあるが、このカウベルを叩くカンパーナ(ビーター)などで叩く場合もある。アゴゴはカウベルにくらべて甲高く澄んだ音が特徴である。ラテン系の音楽、中でもサンバで多く使用されるが、ポップス系の楽曲を中心に吹奏楽の演奏でも使用されることがある。 (Wikipedia:アゴーゴーベル)

アゴン
アゴン アゴン (ストラヴィンスキー) - イーゴリ・ストラヴィンスキーのバレエ音楽。 『アゴン (テレビドラマ)』 - フジテレビ系で放送された日本電波映画製作の特撮ドラマ。また、その劇中に登場した同名の怪獣。 テレビドラマ『仮面の忍者 赤影』に登場した怪獣。 マレーシアの国王のこと。 (Wikipedia:アゴン)


アゴ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アゴ - アマゾン検索


「アゴ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す