[PR]

日別キーワード

第21位  オスマン帝国 - 2018年03月13日


関連するイメージは見つかりませんでした



オスマン帝国
オスマン帝国 دولتِ عليۀ عثمانيه‎‎‎, Devlet-i ʿAliyye-i ʿOs̠māniyye‎ 国の標語: دولت ابد مدت‎, Devlet-i Ebed-müddet‎(オスマン語: 永遠の国家)国歌: オスマン帝国の国歌オスマン帝国の位置オスマン帝国の最大領土(1683年) オスマン帝国(オスマンていこく、ota: دولتِ عليۀ عثمانيه‎, ラテン文字転写: Devlet-i ʿAliyye-i ʿOs̠māniyye)は、テュルク系(後のトルコ人)のオスマン家出身の君主(皇帝)を戴く多民族帝国。 (Wikipedia:オスマン帝国)

オスマン帝国憲法
オスマン帝国憲法(オスマンていこくけんぽう、Kanun-ı Esasî)は、1876年に発布されたオスマン帝国における成文憲法。当時は「基本法」と呼ばれており、憲法作成に中心的役割を果たしたミドハト・パシャの名にちなみ、ミドハト憲法とも呼ばれる。1861年に公布されたフサイン朝チュニジアの憲法に次いでイスラーム世界二番目の憲法典である。一説にはベルギーの憲法を参考にしたといわれる。ただし2年後の1878年に憲法停止となり、1908年まで30年間専制政治に復することになった。 制定の経緯 憲法が発布された1876年当時のオスマン帝国の情勢は、前年からのボスニアでの反乱(ボスニア蜂起)がブルガリアに飛び火し(4月蜂起)、これらのバルカン半島で起きたオスマン帝国に対する諸反乱に対して、ロシア帝国が正教徒の保護を口実に介入の構えを見せているという状態であった。 (Wikipedia:オスマン帝国憲法)

オスマン帝国軍
オスマン帝国軍(オスマンていこくぐん)は、かつてオスマン帝国に存在した軍隊。1923年のトルコ共和国成立にともない、現在のトルコ軍に取って代わられる形で解体した。 創設 13世紀末期にオスマン1世によってアナトリア半島西部にトルコ遊牧民軍事勢力が確立される。これが最初のオスマン軍とされる。初めはトルコ人や周辺のムスリム(ガーズィー)で成りたっていて、勢力拡大につれて精鋭軍が創設される。そのなかの代表的なものがイェニチェリ(新軍)である。それは創設当初、敵軍の捕虜によって構成されていたが、帝国領が拡大していくにつれて領内(主にバルカン半島)のキリスト教徒の子弟から徴兵(デウシルメ)されることになる。 また、オスマン帝国が内陸部からエーゲ海などの沿岸部に進出するにしたがって海軍も成立した。海軍は初め弱体であったが、北アフリカの海賊のオスマン帝国への帰順などによって強化され、16世紀には地中海の制海権を握るまでに成長した。 さらに、エジプトを制圧した際に、地元のマムルーク勢力と結託し、軍の主力として組み入れられる。 (Wikipedia:オスマン帝国軍)

オスマン帝国の君主
オスマン帝国の君主は、オスマン家の成員によって世襲され、20世紀初頭まで広大な版図を誇ったオスマン帝国に君臨した。 君主は初代オスマン1世の父エルトゥールルの代から「ベイ」(君侯)の称号を帯びていたが、3代ムラト1世の代には「スルタン」を自称した。これ以降、オスマン帝国の君主は「スルタン」と呼ばれることが多い(日本語では「皇帝」、または「スルタン」と表記されることが多い)。また、公式には「ハン」、「シャー」、「地上における神の陰」、「両聖都(マッカとマディーナ)の守護者」、「パーディシャー(大王あるいは皇帝の意)」など、様々な称号が用いられていた。加えて一部の君主は、東ローマ帝国の継承者として「ルーム・カイセリ(ローマ皇帝)」の称号も用いていた。 19世紀には、「オスマン帝国の皇帝は、世俗の軍政の最高権力を持つスルタンの職権と信徒の長としてイスラム世界全体に精神的影響力を持つカリフの職務権を併せ持つ」とされ、「スルタン=カリフ制」の理論が形成された。 (Wikipedia:オスマン帝国の君主)


オスマン帝国 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

オスマン帝国 - アマゾン検索


「オスマン帝国」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す