[PR]

日別キーワード

第64位  218 - 2018年03月13日


関連するイメージは見つかりませんでした



218
218は自然数、また整数において、217の次で219の前の数である。
218 は合成数であり、約数は1,2,109と218である。
第218代教皇 ローマ教皇はハドリアヌス6世 (ローマ教皇) ハドリアヌス6世である。
数の一覧
2月18日
218 (number)
218 (nombre)
ht:218 (nonm)
it:218 (numero)
(Wikipedia:218)

2180年代
『22世紀』より : 22世紀(にじゅうにせいき)とは、西暦2101年から西暦2200年までの100年間を指す世紀。この項目では、国際的な視点に基づいた22世紀について記載する。 予定・予測される主なできごと 2100年代 2102年 - 北極星 (ポラリス) が天の北極に最も接近する。 2109年 - 日本の旧暦で閏9月が出現する(前回は2014年)。 2110年代 2113年 - 冥王星が遠日点を通過する。 2114年6月3日 - 最大6分32秒にわたる日食がおこる。 2117年12月11日 - 2012年以来105年ぶりに金星の日面通過が起こる。 2120年代 2123年9月14日 - 金星が木星と星食を起こす。 2125年12月8日 - 金星の日面通過が起こる。次回は2247年6月11日。 2128年 - 日本の旧暦で閏9月が出現する。 2130年代 2132年6月13日 - 最大6分55秒にわたる日食がおこる。 (Wikipedia:2180年代)

2180年
『22世紀』より : 22世紀(にじゅうにせいき)とは、西暦2101年から西暦2200年までの100年間を指す世紀。この項目では、国際的な視点に基づいた22世紀について記載する。 予定・予測される主なできごと 2100年代 2102年 - 北極星 (ポラリス) が天の北極に最も接近する。 2109年 - 日本の旧暦で閏9月が出現する(前回は2014年)。 2110年代 2113年 - 冥王星が遠日点を通過する。 2114年6月3日 - 最大6分32秒にわたる日食がおこる。 2117年12月11日 - 2012年以来105年ぶりに金星の日面通過が起こる。 2120年代 2123年9月14日 - 金星が木星と星食を起こす。 2125年12月8日 - 金星の日面通過が起こる。次回は2247年6月11日。 2128年 - 日本の旧暦で閏9月が出現する。 2130年代 2132年6月13日 - 最大6分55秒にわたる日食がおこる。 (Wikipedia:2180年)

2181年
『22世紀』より : 22世紀(にじゅうにせいき)とは、西暦2101年から西暦2200年までの100年間を指す世紀。この項目では、国際的な視点に基づいた22世紀について記載する。 予定・予測される主なできごと 2100年代 2102年 - 北極星 (ポラリス) が天の北極に最も接近する。 2109年 - 日本の旧暦で閏9月が出現する(前回は2014年)。 2110年代 2113年 - 冥王星が遠日点を通過する。 2114年6月3日 - 最大6分32秒にわたる日食がおこる。 2117年12月11日 - 2012年以来105年ぶりに金星の日面通過が起こる。 2120年代 2123年9月14日 - 金星が木星と星食を起こす。 2125年12月8日 - 金星の日面通過が起こる。次回は2247年6月11日。 2128年 - 日本の旧暦で閏9月が出現する。 2130年代 2132年6月13日 - 最大6分55秒にわたる日食がおこる。 (Wikipedia:2181年)

2182年
『22世紀』より : 22世紀(にじゅうにせいき)とは、西暦2101年から西暦2200年までの100年間を指す世紀。この項目では、国際的な視点に基づいた22世紀について記載する。 予定・予測される主なできごと 2100年代 2102年 - 北極星 (ポラリス) が天の北極に最も接近する。 2109年 - 日本の旧暦で閏9月が出現する(前回は2014年)。 2110年代 2113年 - 冥王星が遠日点を通過する。 2114年6月3日 - 最大6分32秒にわたる日食がおこる。 2117年12月11日 - 2012年以来105年ぶりに金星の日面通過が起こる。 2120年代 2123年9月14日 - 金星が木星と星食を起こす。 2125年12月8日 - 金星の日面通過が起こる。次回は2247年6月11日。 2128年 - 日本の旧暦で閏9月が出現する。 2130年代 2132年6月13日 - 最大6分55秒にわたる日食がおこる。 (Wikipedia:2182年)

2183年
『22世紀』より : 22世紀(にじゅうにせいき)とは、西暦2101年から西暦2200年までの100年間を指す世紀。この項目では、国際的な視点に基づいた22世紀について記載する。 予定・予測される主なできごと 2100年代 2102年 - 北極星 (ポラリス) が天の北極に最も接近する。 2109年 - 日本の旧暦で閏9月が出現する(前回は2014年)。 2110年代 2113年 - 冥王星が遠日点を通過する。 2114年6月3日 - 最大6分32秒にわたる日食がおこる。 2117年12月11日 - 2012年以来105年ぶりに金星の日面通過が起こる。 2120年代 2123年9月14日 - 金星が木星と星食を起こす。 2125年12月8日 - 金星の日面通過が起こる。次回は2247年6月11日。 2128年 - 日本の旧暦で閏9月が出現する。 2130年代 2132年6月13日 - 最大6分55秒にわたる日食がおこる。 (Wikipedia:2183年)

2184年
『22世紀』より : 22世紀(にじゅうにせいき)とは、西暦2101年から西暦2200年までの100年間を指す世紀。この項目では、国際的な視点に基づいた22世紀について記載する。 予定・予測される主なできごと 2100年代 2102年 - 北極星 (ポラリス) が天の北極に最も接近する。 2109年 - 日本の旧暦で閏9月が出現する(前回は2014年)。 2110年代 2113年 - 冥王星が遠日点を通過する。 2114年6月3日 - 最大6分32秒にわたる日食がおこる。 2117年12月11日 - 2012年以来105年ぶりに金星の日面通過が起こる。 2120年代 2123年9月14日 - 金星が木星と星食を起こす。 2125年12月8日 - 金星の日面通過が起こる。次回は2247年6月11日。 2128年 - 日本の旧暦で閏9月が出現する。 2130年代 2132年6月13日 - 最大6分55秒にわたる日食がおこる。 (Wikipedia:2184年)

2185年
『22世紀』より : 22世紀(にじゅうにせいき)とは、西暦2101年から西暦2200年までの100年間を指す世紀。この項目では、国際的な視点に基づいた22世紀について記載する。 予定・予測される主なできごと 2100年代 2102年 - 北極星 (ポラリス) が天の北極に最も接近する。 2109年 - 日本の旧暦で閏9月が出現する(前回は2014年)。 2110年代 2113年 - 冥王星が遠日点を通過する。 2114年6月3日 - 最大6分32秒にわたる日食がおこる。 2117年12月11日 - 2012年以来105年ぶりに金星の日面通過が起こる。 2120年代 2123年9月14日 - 金星が木星と星食を起こす。 2125年12月8日 - 金星の日面通過が起こる。次回は2247年6月11日。 2128年 - 日本の旧暦で閏9月が出現する。 2130年代 2132年6月13日 - 最大6分55秒にわたる日食がおこる。 (Wikipedia:2185年)

2186年
『22世紀』より : 22世紀(にじゅうにせいき)とは、西暦2101年から西暦2200年までの100年間を指す世紀。この項目では、国際的な視点に基づいた22世紀について記載する。 予定・予測される主なできごと 2100年代 2102年 - 北極星 (ポラリス) が天の北極に最も接近する。 2109年 - 日本の旧暦で閏9月が出現する(前回は2014年)。 2110年代 2113年 - 冥王星が遠日点を通過する。 2114年6月3日 - 最大6分32秒にわたる日食がおこる。 2117年12月11日 - 2012年以来105年ぶりに金星の日面通過が起こる。 2120年代 2123年9月14日 - 金星が木星と星食を起こす。 2125年12月8日 - 金星の日面通過が起こる。次回は2247年6月11日。 2128年 - 日本の旧暦で閏9月が出現する。 2130年代 2132年6月13日 - 最大6分55秒にわたる日食がおこる。 (Wikipedia:2186年)

2187年
『22世紀』より : 22世紀(にじゅうにせいき)とは、西暦2101年から西暦2200年までの100年間を指す世紀。この項目では、国際的な視点に基づいた22世紀について記載する。 予定・予測される主なできごと 2100年代 2102年 - 北極星 (ポラリス) が天の北極に最も接近する。 2109年 - 日本の旧暦で閏9月が出現する(前回は2014年)。 2110年代 2113年 - 冥王星が遠日点を通過する。 2114年6月3日 - 最大6分32秒にわたる日食がおこる。 2117年12月11日 - 2012年以来105年ぶりに金星の日面通過が起こる。 2120年代 2123年9月14日 - 金星が木星と星食を起こす。 2125年12月8日 - 金星の日面通過が起こる。次回は2247年6月11日。 2128年 - 日本の旧暦で閏9月が出現する。 2130年代 2132年6月13日 - 最大6分55秒にわたる日食がおこる。 (Wikipedia:2187年)

2188年
『22世紀』より : 22世紀(にじゅうにせいき)とは、西暦2101年から西暦2200年までの100年間を指す世紀。この項目では、国際的な視点に基づいた22世紀について記載する。 予定・予測される主なできごと 2100年代 2102年 - 北極星 (ポラリス) が天の北極に最も接近する。 2109年 - 日本の旧暦で閏9月が出現する(前回は2014年)。 2110年代 2113年 - 冥王星が遠日点を通過する。 2114年6月3日 - 最大6分32秒にわたる日食がおこる。 2117年12月11日 - 2012年以来105年ぶりに金星の日面通過が起こる。 2120年代 2123年9月14日 - 金星が木星と星食を起こす。 2125年12月8日 - 金星の日面通過が起こる。次回は2247年6月11日。 2128年 - 日本の旧暦で閏9月が出現する。 2130年代 2132年6月13日 - 最大6分55秒にわたる日食がおこる。 (Wikipedia:2188年)

2189年
『22世紀』より : 22世紀(にじゅうにせいき)とは、西暦2101年から西暦2200年までの100年間を指す世紀。この項目では、国際的な視点に基づいた22世紀について記載する。 予定・予測される主なできごと 2100年代 2102年 - 北極星 (ポラリス) が天の北極に最も接近する。 2109年 - 日本の旧暦で閏9月が出現する(前回は2014年)。 2110年代 2113年 - 冥王星が遠日点を通過する。 2114年6月3日 - 最大6分32秒にわたる日食がおこる。 2117年12月11日 - 2012年以来105年ぶりに金星の日面通過が起こる。 2120年代 2123年9月14日 - 金星が木星と星食を起こす。 2125年12月8日 - 金星の日面通過が起こる。次回は2247年6月11日。 2128年 - 日本の旧暦で閏9月が出現する。 2130年代 2132年6月13日 - 最大6分55秒にわたる日食がおこる。 (Wikipedia:2189年)

218年
218年(218 ねん)は、西暦(ユリウス暦)による、平年。 他の紀年法 干支 : 戊戌 日本 神功皇后摂政18年 皇紀878年 中国 後漢 : 建安23年 朝鮮 高句麗 : 山上王22年 新羅 : 奈解王23年 百済 : 仇首王5年 檀紀2551年 仏滅紀元 : 761年 ユダヤ暦 : 3978年 - 3979年 できごと 6月8日 - ローマ皇帝マクリヌス殺害される ヘリオガバルス、ローマ皇帝に即位(-222年) 誕生 死去 6月8日 - マクリヌス、ローマ皇帝(* 164年?)。 (Wikipedia:218年)


218 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

218 - アマゾン検索


「218」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す