[PR]

日別キーワード

第100位  アウディ - 2018年03月13日


関連するイメージは見つかりませんでした



アウディ
アウディ(ドイツ語:Audi)は、フォルクスワーゲングループに属しているドイツの自動車メーカーである。 現在株式の99.55%をフォルクスワーゲンAGが保有している。本社所在地はドイツ・バイエルン州、インゴルシュタット。ドイツ国内には、インゴルシュタット、ネッカーズルムに組み立て工場がある。過去にはKarmann-Rheineにカブリオレモデルの80(1997年 - 2000年)、A4(2002年 - 2009年)を一部生産委託していた時期もあった。 2012年現在、ドイツ国外の生産拠点はハンガリー・ジェール、ベルギー・ブリュッセル、スペイン・マートレル、スロヴァキア・マルティン、ブラティスラヴァ(両工場はVWのプラント)、インド・アウランガーバード、中国・長春市の7箇所に置いている。 なお、2013年度から中国仏山市でも生産(年間生産能力15~20万台)が開始される予定。 同グループでは、主に中〜上級価格帯をカバーするブランドと位置づけられている。「クアトロ」(Quattro )という名称の四輪駆動システムを持ち、アルミボディなど先進的な技術を用いる傾向がみられる。 (Wikipedia:アウディ)

アウディ・R8
アウディ・R8 アウディ・R8 (レーシングカー):ドイツのアウディが開発したプロトタイプレーシングカー。 アウディ・R8 (市販車):同社が発売しているスポーツカー。 (Wikipedia:アウディ・R8)

アウディ・A3
A3(エースリー)は、ドイツの自動車会社アウディが製造・販売するハッチバック型、およびセダン型の小型(Cセグメントクラス)乗用車である。 プラットフォームには、アウディの親会社であるフォルクスワーゲンの小型乗用車・ゴルフなどと共通のフォルクスワーゲンAを使用する。 ここでは、A3の高性能バージョンのS3についても便宜上記述する。 初代(1996年-2006年) 「小さな高級車」のコンセプトで、1996年に発売された。デビュー当時はアウディのエントリーモデル。後に発売されるゴルフIV(1997年-)のベースともなる関係もあり、縦置きエンジンFFというアウディ独自のスタイルではなく、より一般的な横置きエンジンFFとなっている。ガソリンエンジンのうち、5バルブシステムを採用した1.8L直4DOHCには、ターボモデルも設定された。 = 日本での販売(初代) = 日本では、1997年初頭に発売された。初期にはNAエンジンの3ドアハッチバックボディとFFに4速ATという仕様であったが、1998年にはFFのターボモデル、さらに1999年には4WDであるクワトロ・5速MT仕様が加わり、NAモデルには5ドアボディが与えられた。 (Wikipedia:アウディ・A3)

アウディ A3
『アウディ・A3』より : A3(エースリー)は、ドイツの自動車会社アウディが製造・販売するハッチバック型、およびセダン型の小型(Cセグメントクラス)乗用車である。 プラットフォームには、アウディの親会社であるフォルクスワーゲンの小型乗用車・ゴルフなどと共通のフォルクスワーゲンAを使用する。 ここでは、A3の高性能バージョンのS3についても便宜上記述する。 初代(1996年-2006年) 「小さな高級車」のコンセプトで、1996年に発売された。デビュー当時はアウディのエントリーモデル。後に発売されるゴルフIV(1997年-)のベースともなる関係もあり、縦置きエンジンFFというアウディ独自のスタイルではなく、より一般的な横置きエンジンFFとなっている。ガソリンエンジンのうち、5バルブシステムを採用した1.8L直4DOHCには、ターボモデルも設定された。 = 日本での販売(初代) = 日本では、1997年初頭に発売された。初期にはNAエンジンの3ドアハッチバックボディとFFに4速ATという仕様であったが、1998年にはFFのターボモデル、さらに1999年には4WDであるクワトロ・5速MT仕様が加わり、NAモデルには5ドアボディが与えられた。 (Wikipedia:アウディ A3)

アウディ・A5
車種=乗用車
車名=
1枚目画像の説明=A5 3.0 TDI quattro
1枚目画像名=AudiA5.jpg
2枚目画像の説明=
2枚目画像名=
3枚目画像の説明=
3枚目画像名=
製造期間=2007年 –
ボディタイプ=2ドア クーペ
エンジン=1.8L 直列4気筒 直4 DOHC TFSI 160PS/25.5kg·m3.2L V型6気筒 V6 DOHC FSI 265PS/33.7kg·m2.7L V6 TDI 190PS/40.8kg·m3.0L V6 TDI 240PS/51.0kg·m4.2L V型8気筒 V8 DOHC FSI 354PS/44.9kg·m
トランスミッション=6速マニュアルトランスミッション MT無段変速機 CVT
サスペンション=前:5リンク後トライペゾイダル・リンク
駆動方式=二輪駆動 FF、四輪駆動 4WD
全長=4,625mm
全幅=1,854mm
全高=1,372mm
ホイールベース=2,751mm
(Wikipedia:アウディ・A5)

アウディ・TT
アウディ・TTは、ドイツの自動車メーカーアウディが製造、販売するスポーツカー。クーペとロードスターがラインナップされる。車名はイギリス・マン島で開催されていたレースイベント「ツーリスト・トロフィー」に由来する。 初代(1998-2006年)タイプ8N アウディが1995年に発表したTT デザイン・スタディ・モデルを、ほぼそのままの形で市販化したモデルが、このTTである。TTのデザインの方向性は、その後のアウディ車に反映されただけでなく、他社のデザインにも影響を与えている。プラットフォームはアウディ・A3やフォルクスワーゲン・ゴルフなどと共通であり、1998年にバックハッチを持つTTクーペを発売、2000年には電動ソフトトップを備えたTTロードスターが追加された。 初代TTのデザインはドイツ系アメリカ人のフリーマン・トーマスによるもので、Audi DKW Monzaのオマージュであるとも言われる。円のモチーフをエクステリア・インテリアともに反復表現していることも特徴である。 (Wikipedia:アウディ・TT)

アウディ・A6
アウディ・A6 は、ドイツの自動車会社アウディが製造する高級乗用車である。
1968年から販売されていたアウディ・100の後継モデルとして販売されている乗用車である。セダンと「アバント」と呼ばれるステーションワゴンがあり、駆動方式は前輪駆動(FF)か「クワトロ」(quattro)と呼ばれる四輪駆動(4WD)である。欧州ではEセグメントに分類される。
車種=乗用車
車名=
車名補=初代
1枚目画像の説明=セダン
1枚目画像名=Audi-A6-C4.jpg
2枚目画像の説明=アバント
2枚目画像名=Audi A6 Avant front-1.JPG
3枚目画像の説明=
3枚目画像名=
製造期間=1994年-1997年
ボディタイプ=4ドア セダン/5ドア ステーションワゴン
エンジン=
トランスミッション=
サスペンション=
駆動方式=前輪駆動 FF/四輪駆動 4WD
(Wikipedia:アウディ・A6)

アウディ・A4
A4(エーフォー)はアウディが製造するミドルセダン(Dセグメント)型の自動車である。アウディ・80(北米ではアウディ4000と呼ばれた)、アウディ・90に代わって日本では1995年に導入された。 初代(1994-2001年)B5系 フォルクスワーゲンの5代目パサートと共有するB5プラットフォームを元に、1994年に発表された。パサートと同様に縦置きエンジンの前輪駆動を基本とし、クワトロ(四輪駆動)システムも選択できた。ステーションワゴンのアバントも1年後に追加された。 ヨーロッパでは、VWの新技術(pumpe-düse)が投入された出力110PS(81kW)の1.9Lディーゼルエンジンを含む、1.6Lから2.8Lまでのエンジンのモデルが展開されていた。ただし2.8LのV6エンジンは、旧型の80/90からのキャリーオーバーで1998年まで北米でのみ販売された(日本でも1996年モデルのみ2.8クワトロに搭載し販売されていた)。 (Wikipedia:アウディ・A4)

アウディ・A2
A2(エーツー)は、ドイツの自動車会社アウディが、1999年から2005年まで製造していたスーパーミニ・カー。 特徴はオールアルミニウムボディを使用していることである。アウディ・A8同様のアルミスペースフレーム構造であり、A8以上に機械生産化率が引き上げられている。 アメリカや日本では販売されなかった。 アウディのエントリーモデルとして開発された。オールアルミニウムボディの採用は軽量化に貢献し、ライバルとして挙げられるメルセデスベンツ・Aクラスと比較して、200kg以上軽量である。また、ディーゼル直噴エンジンで低燃費を目指すために開発された1.2LTDIエンジンを搭載した仕様は、走行抵抗の小さい専用のタイヤやアイドリングストップ機構の採用、さらに標準のA2に比べて135kgもの軽量化が行われ、100kmを3Lの燃料で走る、いわゆる3リッターカーとして発売された。 (Wikipedia:アウディ・A2)

アウディ A2
『アウディ・A2』より : A2(エーツー)は、ドイツの自動車会社アウディが、1999年から2005年まで製造していたスーパーミニ・カー。 特徴はオールアルミニウムボディを使用していることである。アウディ・A8同様のアルミスペースフレーム構造であり、A8以上に機械生産化率が引き上げられている。 アメリカや日本では販売されなかった。 アウディのエントリーモデルとして開発された。オールアルミニウムボディの採用は軽量化に貢献し、ライバルとして挙げられるメルセデスベンツ・Aクラスと比較して、200kg以上軽量である。また、ディーゼル直噴エンジンで低燃費を目指すために開発された1.2LTDIエンジンを搭載した仕様は、走行抵抗の小さい専用のタイヤやアイドリングストップ機構の採用、さらに標準のA2に比べて135kgもの軽量化が行われ、100kmを3Lの燃料で走る、いわゆる3リッターカーとして発売された。 (Wikipedia:アウディ A2)

アウディ・Q7
アウディ・Q7は、ドイツの自動車メーカーアウディが製造、販売するクロスオーバーSUV型四輪駆動車。アウディがオールロードクワトロに続いて手がけた最上級クロスオーバーSUVである。 名前が示すように、A6とA8の間に位置することが意図されている。後にA6とA8の間にA7が位置づけられた。 初代(2005-2015年)タイプ4L 2003年1月のモーターショー、デトロイト・オートショーでパイクスピーククワトロ・コンセプトが、2005年9月にフランクフルトで行なわれたIAA2005にて市販版であるQ7が正式に発表された。 アウディ自慢の4輪駆動であるクワトロシステムを積むQ7の特徴のひとつに、3列シート(多くの市場ではオプション扱い)がある。プラットフォームは、フォルクスワーゲン・トゥアレグ / ポルシェ・カイエンと共通のフォルクスワーゲンL7型と呼ばれるものである。クワトロシステムはアウディ・RS4と同じメカニズムを採用する。エクステリアのデザインは、和田智。 高級クロスオーバーSUVとして、前述のトゥアレグよりもオンロード指向のセッティングとなっている。 (Wikipedia:アウディ・Q7)

アウディQ7
『アウディ・Q7』より : アウディ・Q7は、ドイツの自動車メーカーアウディが製造、販売するクロスオーバーSUV型四輪駆動車。アウディがオールロードクワトロに続いて手がけた最上級クロスオーバーSUVである。 名前が示すように、A6とA8の間に位置することが意図されている。後にA6とA8の間にA7が位置づけられた。 初代(2005-2015年)タイプ4L 2003年1月のモーターショー、デトロイト・オートショーでパイクスピーククワトロ・コンセプトが、2005年9月にフランクフルトで行なわれたIAA2005にて市販版であるQ7が正式に発表された。 アウディ自慢の4輪駆動であるクワトロシステムを積むQ7の特徴のひとつに、3列シート(多くの市場ではオプション扱い)がある。プラットフォームは、フォルクスワーゲン・トゥアレグ / ポルシェ・カイエンと共通のフォルクスワーゲンL7型と呼ばれるものである。クワトロシステムはアウディ・RS4と同じメカニズムを採用する。エクステリアのデザインは、和田智。 高級クロスオーバーSUVとして、前述のトゥアレグよりもオンロード指向のセッティングとなっている。 (Wikipedia:アウディQ7)

アウディジャパン
アウディ(ドイツ語:Audi)は、フォルクスワーゲングループに属しているドイツの自動車メーカーである。 現在株式の99.55%をフォルクスワーゲンAGが保有している。本社所在地はドイツ・バイエルン州、インゴルシュタット。ドイツ国内には、インゴルシュタット、ネッカーズルムに組み立て工場がある。過去にはKarmann-Rheineにカブリオレモデルの80(1997年 - 2000年)、A4(2002年 - 2009年)を一部生産委託していた時期もあった。 2012年現在、ドイツ国外の生産拠点はハンガリー・ジェール、ベルギー・ブリュッセル、スペイン・マートレル、スロヴァキア・マルティン、ブラティスラヴァ(両工場はVWのプラント)、インド・アウランガーバード、中国・長春市の7箇所に置いている。 なお、2013年度から中国仏山市でも生産(年間生産能力15~20万台)が開始される予定。 同グループでは、主に中〜上級価格帯をカバーするブランドと位置づけられている。「クアトロ」(Quattro )という名称の四輪駆動システムを持ち、アルミボディなど先進的な技術を用いる傾向がみられる。 (Wikipedia:アウディジャパン)

アウディTT
『』より : (Wikipedia:アウディTT)


アウディ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アウディ - アマゾン検索


「アウディ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す