[PR]

日別キーワード

第37位  新選組 - 2018年03月14日


関連するイメージは見つかりませんでした



新選組
新選組(しんせんぐみ)は、江戸時代末期(幕末)に、京都において反幕府勢力を取り締まる警察活動に従事したのち、旧幕府軍の一員として戊辰戦争を戦った武装組織である。 なお、「選」の字は「撰」とも表記されることが多く、実際「新撰組」と表記された史料も多くある。局長の近藤勇も表記には両方の字を用いている。 幕末の京都は政治の中心地であり、諸藩から尊王攘夷・倒幕運動の過激派志士が集まり、治安が悪化した。従来から京都の治安維持にあたっていた京都所司代と京都町奉行だけでは防ぎきれないと判断した幕府は、清河八郎による献策で浪士組の結成を企図。 江戸で求人した後、京に移動した。しかし清河の演説でその本意(後述)を知った、近藤勇や芹沢鴨らが反発、京都守護職の会津藩主、松平容保の庇護のもと、新撰組として発足した。 同様の配下の京都見廻組が幕臣(旗本、御家人)で構成された正規組織であったのに対して、新選組は浪士(町人、農民身分を含む)で構成された「会津藩預かり」という非正規組織であった。 (Wikipedia:新選組)

新選組!
『新選組!』(しんせんぐみ!)は、2004年1月11日から12月12日まで放送されたNHK大河ドラマ第43作である。作・脚本:三谷幸喜。主演:香取慎吾。 作品内容と反響 近藤勇を主人公に、京都守護職下の警備組織として知られる新選組が題材。既存の歴史小説を原作としないオリジナル作品。原作・脚本は舞台や民放ドラマを手がける三谷幸喜。近藤と坂本龍馬や桂小五郎が江戸で知り合っている、野口健司、浅野薫など史実では新選組に粛清された隊士を生存させたまま退場させる等、史実と異なる大胆な創作を盛り込みながら、同じ三谷脚本の『竜馬におまかせ!』(日本テレビ系列)でも掲げた「幕末青春グラフティ」(尊皇攘夷の名の元に若者達が繰り広げる青春群像劇)をテーマに、「近藤勇の人生における重要な49日」を取り上げ、基本的にその1日を1話で構成するスタンスをとった。 (Wikipedia:新選組!)

新選組!! 土方歳三 最期の一日
『新選組!! 土方歳三 最期の一日』(しんせんぐみ ひじかたとしぞう さいごのいちにち)は、2006年(平成18年)に放送された『NHK正月時代劇』の一作である。2006年1月3日(総合、デジタル総合 午後9時~10時29分)と1月1日(デジタル衛星ハイビジョン 午後7時20分~8時49分)に放送された。再放送は1月7日(BS2 午後7時30分~8時59分)。作·脚本三谷幸喜。主演山本耕史。 これを再編集したものが、2007年12月13日、20日に2日にわたって前・後編で放送された。 あらすじ 新政府軍の総攻撃を翌朝に控えた1869年(明治2年)5月10日夜、土方歳三と新選組は敵に向け奇襲をかけ、敵の兵糧を巻き上げていた。その頃、箱館政府総裁・榎本武揚、陸軍奉行・大鳥圭介ら幹部は、武蔵楼で別れの杯を交わしていた…。 大河ドラマ初の続編 第43作大河ドラマ『新選組!』では、主人公である局長・近藤勇の死によって締めくくられたが、近藤の盟友である副長・土方歳三は新選組を率いて宇都宮まで転戦しているところで終わってしまい、主な転戦地である会津・箱館までが描かれなかった。 (Wikipedia:新選組!! 土方歳三 最期の一日)

新選組!!
『新選組!! 土方歳三 最期の一日』より : 『新選組!! 土方歳三 最期の一日』(しんせんぐみ ひじかたとしぞう さいごのいちにち)は、2006年(平成18年)に放送された『NHK正月時代劇』の一作である。2006年1月3日(総合、デジタル総合 午後9時~10時29分)と1月1日(デジタル衛星ハイビジョン 午後7時20分~8時49分)に放送された。再放送は1月7日(BS2 午後7時30分~8時59分)。作·脚本三谷幸喜。主演山本耕史。 これを再編集したものが、2007年12月13日、20日に2日にわたって前・後編で放送された。 あらすじ 新政府軍の総攻撃を翌朝に控えた1869年(明治2年)5月10日夜、土方歳三と新選組は敵に向け奇襲をかけ、敵の兵糧を巻き上げていた。その頃、箱館政府総裁・榎本武揚、陸軍奉行・大鳥圭介ら幹部は、武蔵楼で別れの杯を交わしていた…。 大河ドラマ初の続編 第43作大河ドラマ『新選組!』では、主人公である局長・近藤勇の死によって締めくくられたが、近藤の盟友である副長・土方歳三は新選組を率いて宇都宮まで転戦しているところで終わってしまい、主な転戦地である会津・箱館までが描かれなかった。 (Wikipedia:新選組!!)

新選組!!~土方歳三 最期の一日
『新選組!! 土方歳三 最期の一日』より : 『新選組!! 土方歳三 最期の一日』(しんせんぐみ ひじかたとしぞう さいごのいちにち)は、2006年(平成18年)に放送された『NHK正月時代劇』の一作である。2006年1月3日(総合、デジタル総合 午後9時~10時29分)と1月1日(デジタル衛星ハイビジョン 午後7時20分~8時49分)に放送された。再放送は1月7日(BS2 午後7時30分~8時59分)。作·脚本三谷幸喜。主演山本耕史。 これを再編集したものが、2007年12月13日、20日に2日にわたって前・後編で放送された。 あらすじ 新政府軍の総攻撃を翌朝に控えた1869年(明治2年)5月10日夜、土方歳三と新選組は敵に向け奇襲をかけ、敵の兵糧を巻き上げていた。その頃、箱館政府総裁・榎本武揚、陸軍奉行・大鳥圭介ら幹部は、武蔵楼で別れの杯を交わしていた…。 大河ドラマ初の続編 第43作大河ドラマ『新選組!』では、主人公である局長・近藤勇の死によって締めくくられたが、近藤の盟友である副長・土方歳三は新選組を率いて宇都宮まで転戦しているところで終わってしまい、主な転戦地である会津・箱館までが描かれなかった。 (Wikipedia:新選組!!~土方歳三 最期の一日)

新選組隊内において粛清された隊士
本項では、新選組隊内において粛清された隊士について列挙する。 新選組の内部粛清 近藤・土方体制をつくり上げる過程において 殿内義雄・家里次郎 - 主導権をにぎるため。 新見錦 - 切腹。近年水戸浪士新家粂太郎と同一人物であり、長州で死亡したという説が出ている。その場合は粛清とは関係がない。 田中伊織 - 暗殺される。 芹沢鴨・平山五郎 - 近藤一派が主導権を奪うため、寝込みを襲い惨殺。 野口健司 - 何らかの理由でとがめられ切腹(詳細不詳)。 平間重助 - 切腹こそ免れたが立場上居場所がなくなり逐電。 佐々木愛次郎・佐伯又三郎 - 長州のスパイであったらしい。暗殺した犯人は不明だが、芹沢に暗殺されたとの説がある。 荒木田左馬之助・御倉伊勢武・楠小十郎 - 長州のスパイとされ粛清。芹沢鴨暗殺の罪をかぶせられたという説もある。 葛山武八郎 - 永倉新八・原田左之助の造反に加担した責任を全部とり、見せしめのため切腹。 山南敬助 - 脱走の罪で切腹。 谷三十郎 - 暗殺(病死説あり)。 分隊行為・背反行為の粛清 田中寅蔵 - 御陵衛士の接触。 (Wikipedia:新選組隊内において粛清された隊士)

新選組 戊辰戦争戦死者
本項では、新選組に所属した隊士のうち、戊辰戦争においての戦死者及び脱走者について列挙する。 戊辰戦争とは、1868年1月3日から1869年5月18日まで、長州や薩摩の官軍と、新選組を含む旧幕府軍が戦った戦いの事である。 新選組は鳥羽・伏見の戦い直前は148名を抱える大所帯であったが、江戸に帰還した時には116名まで人数を減らし、仙台に着く頃には48名に落ち込んだ。 鳥羽・伏見の戦い 宮川数馬(伏見で戦死) 和田重郎(伏見で戦死) 池田小三郎(伏見で戦死、淀もしくは甲州板戸で戦死とも) 吉村貫一郎(伏見で戦死、脱走とも) 正木織之助(戦いの直前に脱走) 中村吉六(戦いの直前に脱走) 森庵六之助(伏見で脱走、会津如来堂で戦死とも) 淀千両松の戦い 井上源三郎(淀千両松で戦死) 今井祐次郎(淀千両松で戦死) 諏訪市二郎(淀千両松で戦死) 桜井数馬(淀千両松で戦死) 小林峰太郎(淀で戦死、八幡とも) 真田四目之進(淀で戦死、伏見とも) 鈴木直人(淀で戦死、伏見とも) 古川小二郎(淀で戦死、伏見とも) 水口市松(淀で戦死、伏見とも) 田村大三郎(淀で戦死) 三品一郎(淀で戦死) 林小五郎(淀で戦死) 逸見勝三郎(淀で戦死) 本多太一郎(淀で脱走) 玉川将之助(淀千両松で脱走) 橋本の戦い 青柳牧太夫(橋本で戦死) 宿院良蔵(橋本で戦死) 坂本平三(橋本で戦死) 向館登(橋本で戦死) 大阪敗走 村上清(自刃) 三浦常次郎(病死) 鹿内主税(脱走) 辛島昇司(脱走) 船中 山崎烝(5日に淀千両松で負傷、13日に病死(異説あり)) 江戸脱走者 市村辰之助(脱走後、1872年死亡) 斎藤清一郎(脱走後の消息は不明) 大石鍬次郎(脱走後、12月頃捕縛。 (Wikipedia:新選組 戊辰戦争戦死者)

新選組リアン
新選組リアン(しんせんぐみリアン)は、男性アイドル音楽ユニット。日本テレビ系列で放送されているバラエティ番組『人生が変わる1分間の深イイ話』から生まれた。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。 「新撰組リアン」と誤表記されることが多いが、正しくは「新選組リアン」である。 2009年、『人生が変わる1分間の深イイ話』で当時司会を務めていた島田紳助が地元である京都の観光人気を取り戻すことを目的として、京都市とタイアップしてアイドル開発プロジェクト「平成の新選組プロジェクト」をスタート。自らプロデューサーとして男性アイドルユニットをデビューさせるべくオーディションを行う。オーディションの様子は番組内で伝えられ、7月27日放送分の番組内で京都市及び近郊の大学生2518人の応募者の中から選ばれた5人が発表された。グループ名の「リアン(lien)」はフランス語で「絆」を意味する。しかし、メンバー全員がその意味を紳助に教えてもらうまで知らなかった。 同年10月14日にシングル『男道』でCDデビュー。オリコン3位を記録した。デビュー前後は『深イイ話』のほか、紳助が司会を務めていた『行列のできる法律相談所』、『クイズ!ヘキサゴンII』、『オールスター感謝祭』やその他の多くのテレビ・ラジオ番組や学園祭に出演し多忙を極め、2009年度は森公平以外のメンバー4名は大学を留年をしている。 (Wikipedia:新選組リアン)

新選組群狼伝
『新選組群狼伝』(しんせんぐみぐんろうでん)は、2005年2月10日にレッドカンパニー製作、セガ(後のセガゲームス)から発売されたPlayStation 2用アクションゲームソフトである。 新選組の沖田総司を操作して、新選組の隊士1人と組み、京都に蔓延る不逞浪士を退治していくアクションゲーム。 毎回沖田と帯同する隊員一名を選び、浪士と対すると瞬時に矢印が表示され、その方向にレバーを倒すと攻撃を交わし、隙ができて相手へカウンターの連続攻撃する見切りが攻撃の軸となる。ある程度ゲージが溜まると選んだ隊員との合体攻撃とボタンを順に押すことで発動する必殺技、一定時間攻撃力が上がる機能がついている。また、隊員選びにはステータス補助があり、例えば原田左之助を選ぶと攻撃力が大幅に上がるが防御力が下がる。 スタッフ 和月伸宏(キャラクター原案) 松原秀典(キャラクターデザイン) 雨宮慶太(題字) 登場人物 新選組 沖田総司(声:川上とも子) 斉藤一(声:立木文彦) 近藤勇(声:玄田哲章) 土方歳三(声:子安武人) 原田左之助(声:関智一) 永倉新八(声:三木眞一郎) 藤堂平助(声:浪川大輔) その他 岩田コウ(声:真田アサミ)- 沖田と惹かれあう女性。 (Wikipedia:新選組群狼伝)

新選組 鳥羽・伏見の戦い戦死者
本項では、新選組に所属した隊士のうち、鳥羽・伏見の戦いにおいての戦死者及び脱走者について列挙する。 鳥羽・伏見の戦いとは、1868年1月3日から6日まで、長州や薩摩の官軍と、新選組を含む旧幕府軍が戦った戦いの事である。 鳥羽・伏見の戦い 宮川数馬(3日に伏見で戦死) 和田重郎(4日に伏見で戦死) 中村吉六(4日に伏見で脱走) 高山次郎(4日に伏見で脱走) 玉川将之介(5日に淀千両松で脱走) 井上源三郎(5日に淀千両松で戦死) 今井祐次郎(5日に淀千両松で戦死) 真田四目之進(5日に淀千両松で戦死) 桜井数馬(5日に淀千両松で戦死) 諏訪市二郎(5日に淀千両松で戦死) 逸見勝三郎(5日に淀千両松で戦死) 青柳牧太夫(6日に橋本で戦死) 宿院良蔵(6日に橋本で戦死) 坂本平三(6日に橋本で戦死) 向館登(6日に橋本で戦死) 山崎烝(5日に淀千両松で負傷、13日に高熱により病死(異説あり)) 関連事項 壬生浪士組 淀千両松の戦い 橋本の戦い 富士山丸 新選組 戊辰戦争戦死者(脱走者) 戊辰戦争。 (Wikipedia:新選組 鳥羽・伏見の戦い戦死者)

新選組始末記
『新選組始末記』(しんせんぐみしまつき)は、子母澤寛の小説。新選組を題材にした作品で、関係者への取材などを取りまとめられていることから、新選組に関する代表的な資料とも捉えられており、その後の幕末を題材にした創作作品に影響を与えた。 なお本項では、本作の映像作品についても併せて記述する。 彰義隊隊士で箱館戦争にも従軍した祖父を持つ子母澤は、読売新聞記者時代に社会面の続き物の記事で近藤勇を取り上げることになり、いろいろ調べているうちに、殺人鬼・近藤勇という虚像と違うものが出てきたので、それ以後、実像の近藤勇に興味を持ち、研究を始めたという。1923年(大正12年)頃から幕末史の権威・尾佐竹猛、井野辺茂雄、藤井甚太郎らを訪ねて、新選組について根掘り葉掘り訊き出すようになり、昭和に入ってからはしきりに京都通いして取材した。 1926年(大正15年)、東京日日新聞(現毎日新聞)社に移り、1928年(昭和3年)『新選組始末記』を万里閣書房から処女出版した。 (Wikipedia:新選組始末記)

新選組顛末記
新選組顛末記(しんせんぐみてんまつき)は、新選組に関する史料の1つ。永倉新八の口述による回顧録を記録したもので、1913年3月17日から同年6月11日にかけて、「新撰組 永倉新八」という題で『小樽新聞』で連載された。執筆は小樽新聞社の記者、吉島力。聞き書きであることからくる誤記や晩年の口述であるための記憶違いなどがふくまれる可能性があることを新人物往来社より出版された同書の解説で尾崎秀樹が指摘している。 『新選組顛末記』は、永倉新八の長男、杉村義太郎が、父の十三回忌をむかえて、編集発行した『新撰組永倉新八』を改題して出版されたものである。 1998年10月に新人物往来社より新装版が出版され、「新撰組 永倉新八」の他、関係者の話や永倉の遺稿の一つ「同志連名記」なども収録された。 参考文献 永倉新八 『新撰組顛末記』 新人物往来社、1998年10月。ISBN 978-4404026705。 (Wikipedia:新選組顛末記)


新選組 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

新選組 - アマゾン検索


「新選組」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す