[PR]

日別キーワード

第41位  東京大空襲 - 2018年03月14日


関連するイメージは見つかりませんでした



東京大空襲
東京大空襲(とうきょうだいくうしゅう)は、第二次世界大戦末期にアメリカ軍により行われた、東京に対する焼夷弾を用いた大規模な戦略爆撃の総称。日本各地に対する日本本土空襲、アメリカ軍による広島・長崎に対する原爆投下、沖縄戦と並んで、都市部を標的とした無差別爆撃によって民間人に大きな被害を与えた。 早乙女勝元によれば、空襲としては史上最大規模の大量虐殺とされる。 東京は1944年(昭和19年)11月14日以降に106回もの空襲を受けたが、特に1945年(昭和20年)3月10日、4月13日、4月15日、5月24日未明、5月25日-26日の5回は大規模だった。その中でも「東京大空襲」と言った場合、死者数が10万人以上と著しく多い1945年3月10日の空襲(下町空襲)を指すことが多い。この3月10日の空襲だけでも罹災者は100万人を超えた。 対日戦略爆撃計画 焼夷弾爆撃有効度別地域 1942年にはナパーム焼夷弾M69が開発され、1943年の国家防衛調査委員会 (NDRC) 焼夷弾研究開発部のレポートでは、住宅密集地域に焼夷弾を投下して火災を起こさせ、住宅と工場も一緒に焼き尽くすのが最適の爆撃方法であるとした上で、空爆目標の日本全国20都市を選定し、さらに東京、川崎、横浜など10都市については焼夷弾爆撃の有効度によって地域を以下のように区分した。 (Wikipedia:東京大空襲)


東京大空襲 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

東京大空襲 - アマゾン検索


「東京大空襲」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す