[PR]

日別キーワード

第42位  内閣総理大臣 - 2018年03月14日


関連するイメージは見つかりませんでした



内閣総理大臣
内閣総理大臣(ないかくそうりだいじん、英: Prime Minister of Japan)は、日本の行政府である内閣の首長であり特別職国家公務員である(憲法第66条1項)。国会議員の中から国会の議決で指名され(憲法第67条)、これに基いて天皇によって任命される(憲法第6条)。現任は安倍晋三。 総理大臣(そうりだいじん)または総理(そうり)と略され、内閣の首長(首班、首席)たる大臣(相)として首相(しゅしょう)とも通称される。 地位 内閣総理大臣は「行政権の属する内閣(行政府)の首長」と位置付けられている(憲法第66条1項)。 指名と任命 内閣総理大臣は、国会議員の中から国会の議決(首班指名)でこれを指名する(憲法67条1項)。指名の資格要件は国会議員であることと文民であることである。指名選挙は衆議院と参議院の両院で行われ、両院の指名が食い違った場合は両院協議会が開催されるが、両院協議会で成案が得られない場合は衆議院による指名が国会議決となる。 (Wikipedia:内閣総理大臣)

内閣総理大臣の一覧
内閣総理大臣の一覧(ないかくそうりだいじんのいちらん)は、日本の行政府の長である内閣総理大臣を務めた人物一覧。 凡例 初代と第2代は、明治18年太政官達第69号及び内閣職権に基づいて任命された。 第3代から第45代までは、内閣官制に基づいて任命された。 第46代以降は、日本国憲法に基づいて任命された。なお、第45代は、同憲法103条により、同憲法に基づいて任命されたものとみなされた。 代は内閣(内閣総理大臣)の代数、人は何人目の内閣総理大臣かを表す。 期間・日数は在職期間と在職日数を表す。ただし、在職期間が連続していない場合は、各次の在職日数を挙げ、最終次の在職日数の後に通算の在職日数を記した。 出生地はその人物が出生した場所であり、出身地や選挙区とは必ずしも一致しない。なお、出生地と選挙区が異なる場合には注を付した。 一覧 ジャンプリンク #1912年(大正元年) #1926年(昭和元年) #1945年(昭和20年、終戦) #1989年(平成元年) #直近3代の内閣総理大臣 時系列 ImageSize = width:800 height:auto barincrement:12 PlotArea = top:10 bottom:50 right:130 left:20 AlignBars = late DateFormat = dd/mm/yyyy Period = from:22/12/1885 till:30/09/2018 TimeAxis = orientation:horizontal ScaleMajor = unit:year increment:10 start:22/12/1885 Colors = id:ind value:rgb(0.8,0.8,0.8) BarData = barset:PM PlotData= width:5 align:left fontsize:S shift:(5,-4) anchor:till barset:PM from: 22/12/1885 till: 30/04/1888 color:pink text:"Ito" fontsize:10 from: 30/04/1888 till: 24/12/1889 color:pink text:"Kuroda" fontsize:10 from: 24/12/1889 till: 06/05/1891 color:pink text:"Yamagata" fontsize:10 from: 06/05/1891 till: 08/08/1892 color:pink text:"Matsugata" fontsize:10 from: 08/08/1892 till: 18/09/1896 color:pink text:"Ito" fontsize:10 from: 18/09/1896 till: 12/01/1898 color:pink text:"Matsugata" fontsize:10 from: 12/01/1898 till: 30/06/1898 color:pink text:"Ito" fontsize:10 from: 30/06/1898 till: 08/11/1898 color:pink text:"Okuma" fontsize:10 from: 08/11/1898 till: 19/10/1900 color:pink text:"Yamagata" fontsize:10 from: 19/10/1900 till: 02/06/1901 color:red text:"Ito" fontsize:10 from: 02/06/1901 till: 07/01/1906 color:pink text:"Katsura" fontsize:10 from: 07/01/1906 till: 14/07/1908 color:red text:"Saionji" fontsize:10 from: 14/07/1908 till: 30/08/1911 color:pink text:"Katsura" fontsize:10 from: 30/08/1911 till: 21/12/1912 color:red text:"Saionji" fontsize:10 from: 21/12/1912 till: 20/02/1913 color:green text:"Katsura" fontsize:10 from: 20/02/1913 till: 16/04/1914 color:green text:"Yamamoto" fontsize:10 from: 16/04/1914 till: 09/10/1916 color:pink text:"Okuma" fontsize:10 from: 09/10/1916 till: 29/09/1918 color:green text:"Terauchi" fontsize:10 from: 29/09/1918 till: 13/11/1921 color:red text:"Hara" fontsize:10 from: 13/11/1921 till: 12/06/1922 color:red text:"Takahashi" fontsize:10 from: 12/06/1922 till: 02/09/1923 color:green text:"Kato" fontsize:10 from: 02/09/1923 till: 07/01/1924 color:green text:"Yamamoto" fontsize:10 from: 07/01/1924 till: 11/06/1924 color:green text:"Kiyoura" fontsize:10 from: 11/06/1924 till: 30/01/1926 color:blue text:"Kato" fontsize:10 from: 30/01/1926 till: 20/04/1927 color:pink text:"wakatsuki" fontsize:10 from: 20/04/1927 till: 02/07/1929 color:red text:"tanaka" fontsize:10 from: 02/07/1929 till: 14/04/1931 color:green text:"hamaguchi" fontsize:10 from: 14/04/1931 till: 13/12/1931 color:green text:"wakatsuki" fontsize:10 from: 13/12/1931 till: 26/05/1932 color:red text:"inukai" fontsize:10 from: 26/05/1932 till: 08/07/1934 color:green text:"saito" fontsize:10 from: 08/07/1934 till: 09/03/1936 color:green text:"Okada" fontsize:10 from: 09/03/1936 till: 02/02/1937 color:green text:"hirota" fontsize:10 from: 02/02/1937 till: 04/06/1937 color:green text:"hayashi" fontsize:10 from: 04/06/1937 till: 05/01/1939 color:green text:"konoe" fontsize:10 from: 05/01/1939 till: 30/08/1939 color:green text:"hiranuma" fontsize:10 from: 30/08/1939 till: 16/01/1940 color:green text:"abe" fontsize:10 from: 16/01/1940 till: 22/07/1940 color:green text:"yonai" fontsize:10 from: 22/07/1940 till: 18/10/1941 color:red text:"konoe" fontsize:10 from: 18/10/1941 till: 22/07/1944 color:red text:"tojo" fontsize:10 from: 22/07/1944 till: 07/04/1945 color:red text:"koiso" fontsize:10 from: 07/04/1945 till: 17/08/1945 color:red text:"suzuki" fontsize:10 from: 17/08/1945 till: 09/10/1945 color:blue text:"higashikuninomiya" fontsize:10 from: 09/10/1945 till: 22/05/1946 color:green text:"shidehara" fontsize:10 from: 22/05/1946 till: 24/05/1947 color:blue text:"yoshida" fontsize:10 from: 24/05/1947 till: 10/03/1948 color:pink text:"Katayama" fontsize:10 from: 10/03/1948 till: 15/10/1948 color:blue text:"Ashida" fontsize:10 from: 15/10/1948 till: 10/12/1954 color:blue text:"Yoshida" fontsize:10 from: 10/12/1954 till: 23/12/1956 color:green text:"Ichiro Hatoyama" fontsize:10 from: 23/12/1956 till: 25/02/1957 color:green text:"Ishibashi" fontsize:10 from: 25/02/1957 till: 19/07/1960 color:green text:"Kishi" fontsize:10 from: 19/07/1960 till: 09/11/1964 color:green text:"Ikeda" fontsize:10 from: 09/11/1964 till: 07/07/1972 color:green text:"Sato" fontsize:10 from: 07/07/1972 till: 09/12/1974 color:green text:"Tanaka" fontsize:10 from: 09/12/1974 till: 24/12/1976 color:green text:"Miki" fontsize:10 from: 24/12/1976 till: 07/12/1978 color:green text:"Takeo Fukuda" fontsize:10 from: 07/12/1978 till: 12/06/1980 color:green text:"Ohira" fontsize:10 from: 17/07/1980 till: 27/11/1982 color:green text:"Suzuki" fontsize:10 from: 27/11/1982 till: 06/11/1987 color:green text:"Nakasone" fontsize:10 from: 06/11/1987 till: 03/06/1989 color:green text:"Takeshita" fontsize:10 from: 03/06/1989 till: 10/08/1989 color:green text:"Uno" fontsize:10 from: 10/08/1989 till: 05/11/1991 color:green text:"Kaifu" fontsize:10 from: 05/11/1991 till: 09/08/1993 color:green text:"Miyazawa" fontsize:10 from: 09/08/1993 till: 28/04/1994 color:red text:"Hosokawa" fontsize:10 from: 28/04/1994 till: 30/06/1994 color:red text:"Hata" fontsize:10 from: 30/06/1994 till: 11/01/1996 color:pink text:"Murayama" fontsize:10 from: 11/01/1996 till: 30/07/1998 color:green text:"Hashimoto" fontsize:10 from: 30/07/1998 till: 05/04/2000 color:green text:"Obuchi" fontsize:10 from: 05/04/2000 till: 26/05/2001 color:green text:"Mori" fontsize:10 from: 26/05/2001 till: 26/09/2006 color:green text:"Koizumi" fontsize:10 from: 26/09/2006 till: 26/09/2007 color:green text:"Abe" fontsize:10 from: 26/09/2007 till: 24/09/2008 color:green text:"Yasuo Fukuda" fontsize:10 from: 24/09/2008 till: 16/09/2009 color:green text:"Aso" fontsize:10 from: 16/09/2009 till: 08/06/2010 color:red text:"Yukio Hatoyama" fontsize:10 from: 08/06/2010 till: 02/09/2011 color:red text:"Kan" fontsize:10 from: 02/09/2011 till: 26/12/2012 color:red text:"Noda" fontsize:10 from: 26/12/2012 till: 30/09/2018 color:green text:"Abe" fontsize:10 脚注 注釈 出典 関連項目 内閣総理大臣・摂政・関白 内閣総理大臣夫人 日本国歴代内閣 外部リンク 内閣総理大臣一覧(首相官邸) 山口県出身の宰相(山口県観光情報)。 (Wikipedia:内閣総理大臣の一覧)

内閣総理大臣臨時代理
『副総理』より : 内閣総理大臣臨時代理(ないかくそうりだいじんりんじだいり)は、日本の内閣総理大臣が欠けた場合又は事故のある場合に、臨時にその職務を担う国務大臣としてあらかじめ指定された大臣が用いる職名である。この職名の使用は、実際に当該事態が発生しその職務を行う場合に限られる(俗称「副総理」と異なり、当該指定をされた大臣が日常的に称することはできない)。 内閣法第9条は「内閣総理大臣に事故のあるとき、又は内閣総理大臣が欠けたときは、その予め指定する国務大臣が、臨時に、内閣総理大臣の職務を行う」と規定している(内閣法第9条)。 内閣総理大臣が死亡・病気・海外出張等で不在となったときは、あらかじめ指定された国務大臣が「内閣総理大臣臨時代理」の職名で職務を代行する。なお、指定されていても実際に総理不在の状態が生じなければ、当該指定された大臣の権限・呼称等は他の大臣と変わるところはない。 内閣総理大臣臨時代理の権限は基本的に内閣総理大臣と同一であるが、内閣総理大臣の専権事項については及ばない。 (Wikipedia:内閣総理大臣臨時代理)

内閣総理大臣指名選挙
内閣総理大臣指名選挙(ないかくそうりだいじんしめいせんきょ)は、日本の国会において内閣総理大臣を指名する選挙である。 首相指名選挙(しゅしょうしめいせんきょ)または首班指名選挙(しゅはんしめいせんきょ)、あるいは単に首班指名とも呼ばれる。 内閣が総辞職した場合、又は内閣総理大臣が欠けた場合、日本国憲法第67条の規定により、国会において文民である国会議員から内閣総理大臣を指名する。 (憲法の規定上は文民の「国会議員」であれば衆議院議員でも参議院議員でもよいが、 衆議院議員であることを本則とするものと考えられており、2015年現在までの総理大臣は全て衆議院議員である)。   通常の議事とは異なり衆議院と参議院での先議・後議はなく、内閣総理大臣の指名は衆参の両議院がそれぞれ独立して行う。 内閣総理大臣指名選挙の手続は、国会法、議院規則、先例に基づいて、以下の通り行っている: 衆議院、参議院双方別々に記名投票を行い、各院一名の指名者を決める。 (Wikipedia:内閣総理大臣指名選挙)

内閣総理大臣補佐官
内閣総理大臣補佐官(ないかくそうりだいじんほさかん、英訳:Special Adviser to the Prime Minister)は、内閣官房の官職の一つ。内閣総理大臣のスタッフとして、内閣の特定の重要政策の企画・立案に当たることを職務とする。通称は首相補佐官。 内閣官房に設置され、定員は5人以内である(内閣法第22条第1項)。 以前の内閣法の規定では、職務は「内閣の重要政策に関し、内閣総理大臣に進言し、及び内閣総理大臣の命を受けて、内閣総理大臣に意見を具申する」こととされていたが、アドバイザー的な役割にとどまり不十分であるとして機能強化を求める声もあり、また実際の活動が規定の範囲を超えているケースもあった。2014年の一部改正により、その職務は「国家として戦略的に推進すべき基本的な施策その他の内閣の重要政策のうち特定のものに係る内閣総理大臣の行う企画及び立案について、内閣総理大臣を補佐する」ことと改められた(法第22条第2項)。 (Wikipedia:内閣総理大臣補佐官)

内閣総理大臣補佐
『内閣総理大臣補佐官』より : 内閣総理大臣補佐官(ないかくそうりだいじんほさかん、英訳:Special Adviser to the Prime Minister)は、内閣官房の官職の一つ。内閣総理大臣のスタッフとして、内閣の特定の重要政策の企画・立案に当たることを職務とする。通称は首相補佐官。 内閣官房に設置され、定員は5人以内である(内閣法第22条第1項)。 以前の内閣法の規定では、職務は「内閣の重要政策に関し、内閣総理大臣に進言し、及び内閣総理大臣の命を受けて、内閣総理大臣に意見を具申する」こととされていたが、アドバイザー的な役割にとどまり不十分であるとして機能強化を求める声もあり、また実際の活動が規定の範囲を超えているケースもあった。2014年の一部改正により、その職務は「国家として戦略的に推進すべき基本的な施策その他の内閣の重要政策のうち特定のものに係る内閣総理大臣の行う企画及び立案について、内閣総理大臣を補佐する」ことと改められた(法第22条第2項)。 (Wikipedia:内閣総理大臣補佐)

内閣総理大臣秘書官
内閣総理大臣秘書官(ないかくそうりだいじんひしょかん、英訳:Executive Secretary to the Prime Minister)は、国家公務員の役職の一つである。内閣総理大臣に常に付き従って、機密に関する事務を取り扱い、また総理大臣の臨時の命により政府各部局や与党等との調整に当たる役職である。法令上は「内閣総理大臣に附属する秘書官」と呼称される。 俗に総理秘書官、首相秘書官。 根拠法令 内閣法第20条により内閣官房に置かれ、内閣官房組織令(政令)第11条によりその定数は5人と定められている。ただし、内閣官房組織令の改正により、当分の間7人とするとされている(附則第9項、2011年9月現在)。 内閣総理大臣秘書官は、国家公務員法第2条により特別職の国家公務員とされ、同法の序列では、大臣補佐官の下、国務大臣秘書官と、人事院総裁秘書官、会計検査院長秘書官、内閣法制局長官秘書官、宮内庁長官秘書官と同位、同条で特別に記載のない国会同意人事が必要な職などの上に位置している。 (Wikipedia:内閣総理大臣秘書官)

内閣総理大臣官邸
『総理大臣官邸』より : 総理大臣官邸(そうりだいじんかんてい)は、内閣総理大臣の執務の拠点。一般に総理官邸(そうりかんてい)、首相官邸(しゅしょうかんてい)、あるいは単に官邸(かんてい)ともいわれる。所在地は東京都千代田区永田町二丁目3番1号。 隣接して内閣総理大臣が居住する総理大臣公邸がある。官邸と公邸は庇でつながっている。 なお「官邸」は、総理大臣および内閣官房スタッフによる、内閣運営の核となるチームを指す俗語としても用いられるが、本項では本義である建物について記述する。 内閣総理大臣の公的事務所であり、また日本の行政府である内閣の閣議が開催される場所である。 日本において「官邸」という名がつく施設はこの「総理大臣官邸」だけである。 正式名称 官邸の名称については複数あるため、公文書にも表記ゆれがみられる。 内閣総理大臣官邸 国会議事堂、内閣総理大臣官邸その他の国の重要な施設等、外国公館等及び原子力事業所の周辺地域の上空における小型無人機等の飛行の禁止に関する法律2条1項ロの規定および内閣官房の告示のほか、国会議員の質問主意書に対する政府答弁書、外務省告示、他省の主催行事の場所表示などに用例がある。 (Wikipedia:内閣総理大臣官邸)

内閣総理大臣顕彰
内閣総理大臣顕彰(ないかくそうりだいじんけんしょう)は、内閣総理大臣が授与する顕彰である。1966年に総理大臣決定された総理大臣顕彰実施要項によって運用されている。顕彰の対象は個人に限らず団体も含まれる。顕彰状と盾が授与される。
+ おもな内閣総理大臣顕彰受賞者一覧
受賞年月日
(授与内閣)!!受賞者!!職業!!受賞事由 他の栄典
rowspan="4" nowrap 1968年11月26日
(佐藤栄作) colspan="2" オリンピック競技大会日本男子体操チーム オリンピックの各大会において体操日本の名声を博するとともに国民に大きな感動を与えた功績特定の大会の代表チームでなく1932年ヘルシンキ大会以降授賞時までの歴代同チームの功績を顕彰
nowrap 上武洋次郎 オクラホマ州立大学生 オリンピック東京・メキシコ両大会でバンタム級フリースタイルアマチュアレスリング レスリング連覇の功績 賞杯 銀杯一組(菊紋)2回
(Wikipedia:内閣総理大臣顕彰)

内閣総理大臣 織田信長
『内閣総理大臣 織田信長』(ないかくそうりだいじん おだのぶなが)は、志野靖史による漫画作品。白泉社刊行『ヤングアニマル』に1994年から1997年まで連載されていた。単行本全8巻。 混迷続く日本に412年ぶりに成立した織田政権。非常に高い支持率と共に政権をスタートさせ、その持ち前の型破りな行動で日本中を混乱(?)に陥れる。 歴史上語られている「改革者」織田信長の人となりを基にした社会風刺ネタを痛快に展開しつつも、しばしば真面目な問題提起もなされる。また、歴史マニアの好むネタが各所に散りばめられている。 主な登場人物 織田信長 本作の主人公。内閣総理大臣。新党のぶなが党首。愛知県選挙区。 子供のように純粋で常識に囚われず、物事を根本から考え直す発想力と、だだっ子のような実行力を併せ持つ。(おそらくは)平和主義者。国内外の諸問題に対し常識外れの政策を打ち出し、その大半は(当初の目論見とはいささか異なる形で)成果を上げている。しばしば、無謀な行動を取って肉体的な窮地に陥り、秀吉らに救出される。 (Wikipedia:内閣総理大臣 織田信長)

内閣総理大臣織田信長
『内閣総理大臣 織田信長』より : 『内閣総理大臣 織田信長』(ないかくそうりだいじん おだのぶなが)は、志野靖史による漫画作品。白泉社刊行『ヤングアニマル』に1994年から1997年まで連載されていた。単行本全8巻。 混迷続く日本に412年ぶりに成立した織田政権。非常に高い支持率と共に政権をスタートさせ、その持ち前の型破りな行動で日本中を混乱(?)に陥れる。 歴史上語られている「改革者」織田信長の人となりを基にした社会風刺ネタを痛快に展開しつつも、しばしば真面目な問題提起もなされる。また、歴史マニアの好むネタが各所に散りばめられている。 主な登場人物 織田信長 本作の主人公。内閣総理大臣。新党のぶなが党首。愛知県選挙区。 子供のように純粋で常識に囚われず、物事を根本から考え直す発想力と、だだっ子のような実行力を併せ持つ。(おそらくは)平和主義者。国内外の諸問題に対し常識外れの政策を打ち出し、その大半は(当初の目論見とはいささか異なる形で)成果を上げている。しばしば、無謀な行動を取って肉体的な窮地に陥り、秀吉らに救出される。 (Wikipedia:内閣総理大臣織田信長)

内閣総理大臣の異議
内閣総理大臣の異議(ないかくそうりだいじんのいぎ)とは、行政訴訟のうち取消訴訟において、行政処分の執行停止の決定が出る前または出た後に、内閣総理大臣が裁判所に対し執行停止についての異議を述べること。行政事件訴訟法27条に規定がある。行政事件訴訟法について以下では、条数のみ記載する。 この制度は、もとは行政事件訴訟特例法に定められたものであり(GHQの指示によって作られたとされる)、現行の行政事件訴訟法27条に引き継がれている。 内閣総理大臣は、取消訴訟における処分の執行停止について、裁判所に対し、異議を述べることができる(第27条第1項)。 裁判所は異議を受けた場合、執行停止をすることができず、すでに執行停止の決定をしているときは、これを取り消さなければならない(同条第4項)。 また、この制度は内閣総理大臣の権限が大きいので、理由を付さねばならず(第2項)、理由には処分の効力を存続し、処分を執行し、又は手続を続行しなければ公共の福祉に重大な影響を及ぼすおそれのある事情を示さねばならず(第3項)、やむを得ない場合でなければ異議を述べてはならず(第6項前段)、異議を述べた場合は次の常会で国会に報告しなければならない(同項後段)。 (Wikipedia:内閣総理大臣の異議)

内閣総理大臣の辞令
内閣総理大臣の辞令(ないかくそうりだいじんのじれい)
辞令は縦書きで、発令年月日は和暦、数字は漢数字での記載となる。漢数字には壱・拾などの大字 (数字) 大字は用いられず、また、十の位は簡略化せずに記載される (例:「一七年」でなく「十七年」、「二一日」でなく「二十一日」)。
国会は衆議院議員○○君を
内閣総理大臣に指名いたし
ました。
よってここに奏上いたしま
平成○年○月○日
衆議院議長    (自署)
衆議院事務総長  (自署)
日本国憲法第六条第一項に
依り○○を内閣総理大臣に
任命するについて
右謹んで裁可を仰ぎま
平成○年○月○日
内閣総理大臣 氏 名
裁可を表すため、この書面に天皇はみずから「可」の文字の印章を押印する。
氏 名  (新内閣総理大臣)
(Wikipedia:内閣総理大臣の辞令)

内閣総理大臣専用車
内閣総理大臣専用車(ないかくそうりだいじんせんようしゃ)は、日本国の内閣総理大臣が使用する公用リムジンである。 2016年現在では、いずれもトヨタ自動車製の「センチュリー」および「レクサスLS600hL」の2車種が併用されている。 内閣総理大臣が外出のため移動する際は、公用・私用(選挙の遊説も含む)問わず総理専用車を使用し、警視庁のセキュリティポリス(SP)による身辺警護がなされる。 総理専用車はテロ対策として、防弾ガラスや特殊鋼の装甲が施された防弾車仕様であるが、セキュリティ上の理由から詳しいスペックは明らかにされていない。他の国務大臣の公用車には防弾改造は施されておらず、この点でも日本国政府のトップたる総理専用車は特別な扱いである。フロントグリルの内または外およびリアバンパーには、LED光源の青灯が装備されており、総理大臣乗車時にはこれを点灯させて走る。 運転手は総理大臣官邸の職員(内閣技官)。内閣総辞職と共に退任し、新しい首相が誕生すると選任される。 一般の自動車と同様にナンバープレートを取得しているが、老朽化等で車両の入れ替えがあっても番号が不変であるのが特徴的である。 (Wikipedia:内閣総理大臣専用車)

内閣総理大臣杯
内閣総理大臣杯(ないかくそうりだいじんはい)は、様々な競技・分野で最優秀を取ったものに対して内閣総理大臣から贈られる賞杯のことである。 競技名になっているものもあり、総理大臣杯や総理杯などと略して呼ばれる場合が多い。 本来、内閣総理大臣杯を授与するのは内閣総理大臣であるが、公務で時間の取れない場合などが多く、その場合は内閣官房長官や副長官などが代読することがある。また、内閣総理大臣の交代を控えている場合は就任前の次期総理大臣が役目を全うすることもある。 寄贈されている競技・賞典 全日本総合バドミントン選手権大会 日本プロスポーツ大賞 大相撲本場所 全日本相撲選手権大会 全国空手道選手権大会 全日本オープン硬式空手道選手権大会 総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント 全日本大学レスリング選手権大会 総理大臣杯競走(競艇) 全日本社会人体操選手権大会 日本社会人ゴルフ選手権 全国トラックドライバーコンテスト 全国都道府県対抗ボウリング選手権大会 全日本社会人ウエイトリフティング選手権大会 全国社会人団体囲碁選手権大会 職域団体対抗将棋大会 ものづくり日本大賞 全国花火競技大会(「大曲の花火」) 土浦全国花火競技大会 プロ野球日本選手権シリーズ 全国ママさんバレーボール大会 日本オープンゴルフ選手権競技 日本車椅子バスケットボール選手権大会 日本卓球リーグプレーオフJTTLファイナル4 出雲全日本大学選抜駅伝競走 全日本トライアスロン宮古島大会 関連項目 天皇杯 内閣総理大臣賞。 (Wikipedia:内閣総理大臣杯)

内閣総理大臣賞
内閣総理大臣賞は日本の国内において様々な分野で顕著な活躍或いは成果を挙げた個人又は団体に対し、内閣総理大臣の名により授与する賞のこと。
内閣総理大臣賞には、内閣または内閣府が定めるものと、公共の観点から授与に値すると認められた事象に対し、申請に応じて適宜授与するものとがある。
国民栄誉賞
桜花賞、皐月賞、優駿牝馬、東京優駿、菊花賞(中央競馬)
日本選手権競輪
みどりの学術賞
ものづくり日本大賞
オーライ!ニッポン大賞
みどり都市賞
富士登山競走
全日本こけしコンクール
内閣総理大臣杯
賞の一覧
日本の賞
日本の内閣総理大臣 *
(Wikipedia:内閣総理大臣賞)


内閣総理大臣 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

内閣総理大臣 - アマゾン検索


「内閣総理大臣」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す