[PR]

日別キーワード

第68位  エナガ - 2018年03月14日


関連するイメージは見つかりませんでした



エナガ
エナガ(柄長、学名:Aegithalos caudatus)は、スズメ目エナガ科エナガ属に分類される鳥類の一種。エナガ科は世界で7種類が知られる。 分布 ユーラシア大陸の中緯度地方を中心にヨーロッパから中央アジア、日本まで広く分布する。 日本では九州以北に留鳥または漂鳥として生息する。 形態 体長は約14 cm(12.5-14.5 cm)、翼開長は約16 cm。体重は5.5-9.5 g。左記体長には長い尾羽を含むので、尾羽を含めない身体はスズメ(体重約24 g)と比べるとずいぶん小さい。 黒いくちばしは小さく、首が短く丸い体に長い尾羽がついた小鳥である。目の上の眉斑がそのまま背中まで太く黒い模様になっており、翼と尾も黒い。肩のあたりと尾の下はうすい褐色で、額と胸から腹にかけて白い。雌雄同形同色で外観上の区別はできない。羽毛は薄褐色色の初列風切が10枚で野外では黒く見え、次列風切りが6枚で重ねると黒く見え、3列風切が3枚で他の風切羽より褐色味が強く、尾羽は6枚で内側3枚は黒色、外側3枚は黒色に白色の模様が混じる。 (Wikipedia:エナガ)

エナガ科 (Sibley)
エナガ科 (エナガか、学名 Aegithalidae) は、鳥類スズメ目の科である。エナガ(柄長)と総称されるが、狭義にはこの1種をエナガと呼ぶ。 ユーラシアと、1種ヤブガラのみが北米大陸に住む。 系統と分類 ウグイス上科の中で、メボソムシクイ科 Phylloscopidae・ウグイス科 Cettidae と近縁である。 かつてウグイス科 Sylviidae にあったフジイロムシクイ属 Leptopoecile が、エナガ科に移された。 属と種 属と種は国際鳥類学会議 (IOC)より。4属13種。 Aegithalos エナガ属 Aegithalos caudatus, Long-tailed Tit, エナガ Aegithalos glaucogularis, Silver-throated Bushtit (A. caudatus から分離) Aegithalos leucogenys, White-cheeked Tit, ホオジロエナガ Aegithalos concinnus, Black-throated Tit, ズアカエナガ Aegithalos niveogularis, White-throated Tit, ノドジロヤマガラモドキ Aegithalos iouschistos, Rufous-fronted Bushtit, ヤマガラモドキ Aegithalos bonvaloti, Black-browed Bushtit Aegithalos sharpei, Burmese Bushtit (A. bonvaloti から分離) Aegithalos fuliginosus, Sooty Bushtit, ギンガオエナガ Leptopoecile フジイロムシクイ属 Leptopoecile sophiae, White-browed Tit-warbler, フジイロムシクイ Leptopoecile elegans, Crested Tit-warbler, カンムリムシクイ Psaltria Psaltria exilis, Pygmy Tit, ジャワエナガ Psaltriparus Psaltriparus minimus, American Bushtit, ヤブガラ 出典 ==。 (Wikipedia:エナガ科 (Sibley))

エナガ科 (Sibley)
エナガ科 (エナガか、学名 Aegithalidae) は、鳥類スズメ目の科である。エナガ(柄長)と総称されるが、狭義にはこの1種をエナガと呼ぶ。 ユーラシアと、1種ヤブガラのみが北米大陸に住む。 系統と分類 ウグイス上科の中で、メボソムシクイ科 Phylloscopidae・ウグイス科 Cettidae と近縁である。 かつてウグイス科 Sylviidae にあったフジイロムシクイ属 Leptopoecile が、エナガ科に移された。 属と種 属と種は国際鳥類学会議 (IOC)より。4属13種。 Aegithalos エナガ属 Aegithalos caudatus, Long-tailed Tit, エナガ Aegithalos glaucogularis, Silver-throated Bushtit (A. caudatus から分離) Aegithalos leucogenys, White-cheeked Tit, ホオジロエナガ Aegithalos concinnus, Black-throated Tit, ズアカエナガ Aegithalos niveogularis, White-throated Tit, ノドジロヤマガラモドキ Aegithalos iouschistos, Rufous-fronted Bushtit, ヤマガラモドキ Aegithalos bonvaloti, Black-browed Bushtit Aegithalos sharpei, Burmese Bushtit (A. bonvaloti から分離) Aegithalos fuliginosus, Sooty Bushtit, ギンガオエナガ Leptopoecile フジイロムシクイ属 Leptopoecile sophiae, White-browed Tit-warbler, フジイロムシクイ Leptopoecile elegans, Crested Tit-warbler, カンムリムシクイ Psaltria Psaltria exilis, Pygmy Tit, ジャワエナガ Psaltriparus Psaltriparus minimus, American Bushtit, ヤブガラ 出典 ==。 (Wikipedia:エナガ科 (Sibley))

エナガ科
『エナガ科 (Sibley)』より : エナガ科 (エナガか、学名 Aegithalidae) は、鳥類スズメ目の科である。エナガ(柄長)と総称されるが、狭義にはこの1種をエナガと呼ぶ。 ユーラシアと、1種ヤブガラのみが北米大陸に住む。 系統と分類 ウグイス上科の中で、メボソムシクイ科 Phylloscopidae・ウグイス科 Cettidae と近縁である。 かつてウグイス科 Sylviidae にあったフジイロムシクイ属 Leptopoecile が、エナガ科に移された。 属と種 属と種は国際鳥類学会議 (IOC)より。4属13種。 Aegithalos エナガ属 Aegithalos caudatus, Long-tailed Tit, エナガ Aegithalos glaucogularis, Silver-throated Bushtit (A. caudatus から分離) Aegithalos leucogenys, White-cheeked Tit, ホオジロエナガ Aegithalos concinnus, Black-throated Tit, ズアカエナガ Aegithalos niveogularis, White-throated Tit, ノドジロヤマガラモドキ Aegithalos iouschistos, Rufous-fronted Bushtit, ヤマガラモドキ Aegithalos bonvaloti, Black-browed Bushtit Aegithalos sharpei, Burmese Bushtit (A. bonvaloti から分離) Aegithalos fuliginosus, Sooty Bushtit, ギンガオエナガ Leptopoecile フジイロムシクイ属 Leptopoecile sophiae, White-browed Tit-warbler, フジイロムシクイ Leptopoecile elegans, Crested Tit-warbler, カンムリムシクイ Psaltria Psaltria exilis, Pygmy Tit, ジャワエナガ Psaltriparus Psaltriparus minimus, American Bushtit, ヤブガラ 出典 ==。 (Wikipedia:エナガ科)


エナガ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

エナガ - アマゾン検索


「エナガ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す