[PR]

日別キーワード

第72位  ギガンテ - 2018年03月14日


関連するイメージは見つかりませんでした



ギガンティック ドライブ
ギガンティック ドライブ(GIGANTIC DRIVE)は、株式会社 エニックス(現スクウェア・エニックス)が2002年 8月29日に発売したプレイステーション2専用ゲームソフト。開発は合資会社 サンドロット。突如、世界各地に現れ、破壊の限りを尽くす謎の巨大人型兵器“ヴォルガーラ”と人類の戦いを描く。ユーザーからは一般的に「ギガドラ」と呼ばれる。
本作は巨大ロボット同士の戦いを描いた3次元コンピュータグラフィックス 3D アクションゲームである。本作の最大の特徴は、主人公(プレイヤー)がロボットの内部に乗り込む“コックピット 方式”ではなく、漫画『鉄人28号』のようにコントローラーによる“遠隔操作”を採用していることである。そのため、ロボットを第三者的に見る主人公の視点がそのままゲーム画面になるのである。(厳密にはカメラは主人公の後ろを追うように動く為、基本は客観視点となる。任意で主観視点に切り替え可能。)
(Wikipedia:ギガンティック ドライブ)

ギガンテス
『ギガス』より : ギガース(古希: Γίγας, Gigās)は、ギリシア神話の巨人を指す言葉である。ただし、この語形は比較的稀で、複数形のギガンテス(古希: Γίγαντες, Gigantes)で巨人族として言及されることが多い。日本語では長母音を省略してギガスとも呼ばれる。 ゼウスの支配を終わらせようと、山々すら簡単に投げ飛ばす怪力を武器に大軍でオリュンポスの神々に戦いを挑んだ。ギガースは神には殺されない能力を持っていたが、神々によって島や山脈を投げ付けられて封印されたり、半分人間である大英雄ヘーラクレースによって射殺されたりと、結局は惨敗を喫してしまった。 ヘーシオドスの『神統記』によれば、ウーラノスがクロノスに男性器を切り落とされた時、そこから滴り落ちた血でガイアがみごもって生まれた種族とされる。トラーキアのパレーネー半島で生まれた。 クロノスによってタルタロスの底に沈められる。しかし、ゼウスがクロノスから王座を奪う戦い「ティーターノマキアー」においてキュクロープスやヘカトンケイルたちと共にゼウスに助け出され、彼を援助し、王座を彼のものとした。 (Wikipedia:ギガンテス)

ギガンティックドライブ
『』より : (Wikipedia:ギガンティックドライブ)


ギガンテ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ギガンテ - アマゾン検索


「ギガンテ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す