[PR]

日別キーワード

第73位  クリーブランド - 2018年03月14日


関連するイメージは見つかりませんでした



クリーブランド
クリーブランド(Cleveland)は、アメリカ合衆国オハイオ州北東部に位置する都市。エリー湖の南岸、ペンシルベニア州との州境から西へ約100km、州都コロンバスから北東へ約220kmに位置する。人口は396,815人(2010年国勢調査)で、全米で第45位、オハイオ州内ではコロンバスに次ぐ第2の都市である。クリーブランドを中心とするクリーブランド都市圏は人口2,077,240人、また、クリーブランドの南約60kmに位置し、タイヤの町として知られるアクロンや、その南にあり、プロフットボール殿堂で知られるカントンなどを含む広域都市圏は人口3,515,646人(ともに2010年国勢調査)を数える。 市は1796年、カヤホガ川がエリー湖に流れ込む河口の近くに創設され、いくつもの運河や鉄道の起点となる立地から工業都市として発展した。かつてはオハイオ州最大、全米でも上位10位以内に入る大都市であったが、1960年代以降、それまで市の経済を支えていた重工業は衰退し、市の地位も低下していった。 (Wikipedia:クリーブランド)

クリーブランド・キャバリアーズ
クリーブランド・キャバリアーズ(Cleveland Cavaliers)は、アメリカ合衆国オハイオ州クリーブランド市に本拠を置く全米プロバスケットボール協会(NBA)のチーム。イースタン・カンファレンス、セントラル・ディビジョン所属。略してCAVS(キャブス)、キャブズとも呼ばれる。cavalierとは騎士を意味する。 初期 クリーブランド・キャバリアーズは、1970年に創設された。チームが初代監督に迎えたのはビル・フィッチだった。多くの新興チームと同様設立後数年は低い成績にとどまることを余儀なくされ、1年目は15勝67敗、その後数シーズンも勝率4割に届かない時代が続いた。 5年目の1975-76シーズンにチーム成績は49勝33敗、フィッチは最優秀監督賞を受賞。プレーオフにも初めて進出した。その後勝率は5割前後を行き来し、1979年を最後にフィッチはチームを去ることになった。 1980年代には、新たにオーナーになったテッド・ステピエンが頻繁に監督を交替させ、チーム成績は低迷した。 (Wikipedia:クリーブランド・キャバリアーズ)

クリーブランド (オハイオ州)
クリーブランド(Cleveland)は、アメリカ合衆国オハイオ州北東部に位置する都市。エリー湖の南岸、ペンシルベニア州との州境から西へ約100km、州都コロンバスから北東へ約220kmに位置する。人口は396,815人(2010年国勢調査)で、全米で第45位、オハイオ州内ではコロンバスに次ぐ第2の都市である。クリーブランドを中心とするクリーブランド都市圏は人口2,077,240人、また、クリーブランドの南約60kmに位置し、タイヤの町として知られるアクロンや、その南にあり、プロフットボール殿堂で知られるカントンなどを含む広域都市圏は人口3,515,646人(ともに2010年国勢調査)を数える。 市は1796年、カヤホガ川がエリー湖に流れ込む河口の近くに創設され、いくつもの運河や鉄道の起点となる立地から工業都市として発展した。かつてはオハイオ州最大、全米でも上位10位以内に入る大都市であったが、1960年代以降、それまで市の経済を支えていた重工業は衰退し、市の地位も低下していった。 (Wikipedia:クリーブランド (オハイオ州))

クリーブランド級軽巡洋艦
クリーブランド級軽巡洋艦(クリーブランドきゅう けいじゅんようかん、英語: Cleveland-class light cruisers) はアメリカ海軍の軽巡洋艦の艦級。クリーブランド級に改良型のファーゴ(CL-106)以降を含む資料も存在する。 1937年1月1日のロンドン海軍軍縮条約失効に伴い、列強各国に課せられていた巡洋艦の保有制限は解除された。同時にワシントン海軍軍縮条約も失効したことから、各国は一斉に海軍軍備の拡張に乗り出しており、1938年5月には、アメリカでも第2次ヴィンソン海軍法と通称される一大海軍拡張計画が議会を通過した。同計画には10,000トン型軽巡洋艦が盛り込まれていたが、これによって建造されたのが本級である。 設計 当初は基準排水量8,000トン、6インチ両用砲 連装5基搭載という、アトランタ級の拡大型として計画されたものの、搭載砲の開発が間に合わなかったことから、ブルックリン級軽巡洋艦後期型(セント・ルイス級)の船体設計を踏襲することとされた。 (Wikipedia:クリーブランド級軽巡洋艦)

クリーブランド級
『クリーブランド級軽巡洋艦』より : クリーブランド級軽巡洋艦(クリーブランドきゅう けいじゅんようかん、英語: Cleveland-class light cruisers) はアメリカ海軍の軽巡洋艦の艦級。クリーブランド級に改良型のファーゴ(CL-106)以降を含む資料も存在する。 1937年1月1日のロンドン海軍軍縮条約失効に伴い、列強各国に課せられていた巡洋艦の保有制限は解除された。同時にワシントン海軍軍縮条約も失効したことから、各国は一斉に海軍軍備の拡張に乗り出しており、1938年5月には、アメリカでも第2次ヴィンソン海軍法と通称される一大海軍拡張計画が議会を通過した。同計画には10,000トン型軽巡洋艦が盛り込まれていたが、これによって建造されたのが本級である。 設計 当初は基準排水量8,000トン、6インチ両用砲 連装5基搭載という、アトランタ級の拡大型として計画されたものの、搭載砲の開発が間に合わなかったことから、ブルックリン級軽巡洋艦後期型(セント・ルイス級)の船体設計を踏襲することとされた。 (Wikipedia:クリーブランド級)

クリーブランド・インディアンス
クリーブランド・インディアンス(英語: Cleveland Indians、略称:CLE)は、メジャーリーグベースボール(以下、MLB)アメリカンリーグ中地区所属のプロ野球チーム。本拠地はオハイオ州クリーブランドにあるプログレッシブ・フィールド。通称「トライブ(Tribe)」(部族)とも呼ばれる。実際の英語の発音は「インディアンズ」に近いが、日本のメディアでは慣習的に「インディアンス」と表記される。 1901年創設。球団創設の頃はナップスと呼ばれ、名の通りナップ・ラジョイが中心となって活躍したチームだった。1915年にインディアンスと改名し、1920年と1948年にワールドシリーズ制覇を果たした。しかし、その後は長い低迷を続け、1954年のリーグ優勝を最後に1994年までワールドシリーズからは遠ざかった。そのため、1989年には映画『メジャーリーグ』のモデル球団になるなど、弱小チームの代名詞として知られた。 1990年代後半になるとマニー・ラミレス、ジム・トーミといったスター選手を擁し、1995年から1999年まで5年連続で地区優勝を果たすなど、黄金期を築いた。 (Wikipedia:クリーブランド・インディアンス)

クリーブランド・ナップス
『クリーブランド・インディアンス』より : クリーブランド・インディアンス(英語: Cleveland Indians、略称:CLE)は、メジャーリーグベースボール(以下、MLB)アメリカンリーグ中地区所属のプロ野球チーム。本拠地はオハイオ州クリーブランドにあるプログレッシブ・フィールド。通称「トライブ(Tribe)」(部族)とも呼ばれる。実際の英語の発音は「インディアンズ」に近いが、日本のメディアでは慣習的に「インディアンス」と表記される。 1901年創設。球団創設の頃はナップスと呼ばれ、名の通りナップ・ラジョイが中心となって活躍したチームだった。1915年にインディアンスと改名し、1920年と1948年にワールドシリーズ制覇を果たした。しかし、その後は長い低迷を続け、1954年のリーグ優勝を最後に1994年までワールドシリーズからは遠ざかった。そのため、1989年には映画『メジャーリーグ』のモデル球団になるなど、弱小チームの代名詞として知られた。 1990年代後半になるとマニー・ラミレス、ジム・トーミといったスター選手を擁し、1995年から1999年まで5年連続で地区優勝を果たすなど、黄金期を築いた。 (Wikipedia:クリーブランド・ナップス)

クリーブランド・インディアンズ
『クリーブランド・インディアンス』より : クリーブランド・インディアンス(英語: Cleveland Indians、略称:CLE)は、メジャーリーグベースボール(以下、MLB)アメリカンリーグ中地区所属のプロ野球チーム。本拠地はオハイオ州クリーブランドにあるプログレッシブ・フィールド。通称「トライブ(Tribe)」(部族)とも呼ばれる。実際の英語の発音は「インディアンズ」に近いが、日本のメディアでは慣習的に「インディアンス」と表記される。 1901年創設。球団創設の頃はナップスと呼ばれ、名の通りナップ・ラジョイが中心となって活躍したチームだった。1915年にインディアンスと改名し、1920年と1948年にワールドシリーズ制覇を果たした。しかし、その後は長い低迷を続け、1954年のリーグ優勝を最後に1994年までワールドシリーズからは遠ざかった。そのため、1989年には映画『メジャーリーグ』のモデル球団になるなど、弱小チームの代名詞として知られた。 1990年代後半になるとマニー・ラミレス、ジム・トーミといったスター選手を擁し、1995年から1999年まで5年連続で地区優勝を果たすなど、黄金期を築いた。 (Wikipedia:クリーブランド・インディアンズ)

クリーブランドインディアンス
『クリーブランド・インディアンス』より : クリーブランド・インディアンス(英語: Cleveland Indians、略称:CLE)は、メジャーリーグベースボール(以下、MLB)アメリカンリーグ中地区所属のプロ野球チーム。本拠地はオハイオ州クリーブランドにあるプログレッシブ・フィールド。通称「トライブ(Tribe)」(部族)とも呼ばれる。実際の英語の発音は「インディアンズ」に近いが、日本のメディアでは慣習的に「インディアンス」と表記される。 1901年創設。球団創設の頃はナップスと呼ばれ、名の通りナップ・ラジョイが中心となって活躍したチームだった。1915年にインディアンスと改名し、1920年と1948年にワールドシリーズ制覇を果たした。しかし、その後は長い低迷を続け、1954年のリーグ優勝を最後に1994年までワールドシリーズからは遠ざかった。そのため、1989年には映画『メジャーリーグ』のモデル球団になるなど、弱小チームの代名詞として知られた。 1990年代後半になるとマニー・ラミレス、ジム・トーミといったスター選手を擁し、1995年から1999年まで5年連続で地区優勝を果たすなど、黄金期を築いた。 (Wikipedia:クリーブランドインディアンス)

クリーブランドインディアンズ
『クリーブランド・インディアンス』より : クリーブランド・インディアンス(英語: Cleveland Indians、略称:CLE)は、メジャーリーグベースボール(以下、MLB)アメリカンリーグ中地区所属のプロ野球チーム。本拠地はオハイオ州クリーブランドにあるプログレッシブ・フィールド。通称「トライブ(Tribe)」(部族)とも呼ばれる。実際の英語の発音は「インディアンズ」に近いが、日本のメディアでは慣習的に「インディアンス」と表記される。 1901年創設。球団創設の頃はナップスと呼ばれ、名の通りナップ・ラジョイが中心となって活躍したチームだった。1915年にインディアンスと改名し、1920年と1948年にワールドシリーズ制覇を果たした。しかし、その後は長い低迷を続け、1954年のリーグ優勝を最後に1994年までワールドシリーズからは遠ざかった。そのため、1989年には映画『メジャーリーグ』のモデル球団になるなど、弱小チームの代名詞として知られた。 1990年代後半になるとマニー・ラミレス、ジム・トーミといったスター選手を擁し、1995年から1999年まで5年連続で地区優勝を果たすなど、黄金期を築いた。 (Wikipedia:クリーブランドインディアンズ)

クリーブランド・キャバリアーズのチーム記録
クリーブランド・キャバリアーズチーム記録はNBAのクリーブランド・キャバリアーズのチーム記録である。
現役選手の記録も取り上げる。各部門のランク中(現役)は現在このチームに在籍していることを表す。
name=クリーブランド・キャバリアーズ
通算得点=10,415
レブロン・ジェームズ
通算リバウンド=5,227
ブラッド・ドアティ
通算アシスト=4,206
マーク・プライス
通算ブロック=1,200
ホット・ロッド・ウィリアムス
通算スティール=734
マーク・プライス
1試合最多得点=56
レブロン・ジェームズ
1試合最多リバウンド=25
リック・ロバートソン
1試合最多アシスト=27
(Wikipedia:クリーブランド・キャバリアーズのチーム記録)

クリーブランド・ブラウンズ・スタジアム
スタジアム名称 クリーブランド・ブラウンズ・スタジアム
愛称 Cleveland Browns Stadium
所在地 1085 West Third Streetクリーブランド (オハイオ州) Cleveland, オハイオ州 Ohio 44114
起工 1997年5月15日
開場 1999年8月21日
所有者 クリーブランド市
グラウンド 芝 天然芝(Kentucky Bluegrass)
建設費 2億8300万ドル
設計者 HOK Sport Venue Event HOK Sport
使用チーム、大会 クリーブランド・ブラウンズ(開場~現在)
収容能力 73,200人}}
File:DSCN4569 clevelandbrownsstadiumramp e2.jpg thumb 300px クリーブランド・ブラウンズ・スタジアム入場門
File:Brownsstadium.png thumb 300px クリーブランド・ブラウンズ・スタジアム衛星写真
クリーブランド・ブラウンズ・スタジアム(”Cleveland Browns Stadium”)は、アメリカ合衆国のオハイオ州クリーブランド (オハイオ州) クリーブランドにあるスタジアム。NFLクリーブランド・ブラウンズの本拠地スタジアムである。
(Wikipedia:クリーブランド・ブラウンズ・スタジアム)

クリーブランド・スタジアム
『ミュニシパル・スタジアム (クリーブランド)』より : クリーブランド・スタジアム(Cleveland Stadium)は、アメリカのオハイオ州クリーブランドにかつて存在したスタジアム。クリーブランド・ミュニシバル・スタジアムまたは単にミュニシパル・スタジアムと呼ばれたこともある。MLBクリーブランド・インディアンスが1932年から1993年まで(1932年から1946年までは前本拠地リーグ・パークと併用)、NFLクリーブランド・ラムズ(現セントルイス・ラムズ)が1937年から1945年まで(1938年と1942年を除く)、同クリーブランド・ブラウンズが1946年から1995年まで本拠地にしていた。 「1932年に開催される夏季オリンピック誘致のために建設された」と言われているが、これは間違い。開催地は既にロサンゼルスに決まっていたため。 秋から春にかけて冷たい風が吹き込み、夏には蚊やカゲロウの群れが飛来することから観客の評判が非常に悪く、また選手からも「グラウンドのコンディションが酷い」「ダグアウトで下水が逆流する」と文句が絶えなかった。 (Wikipedia:クリーブランド・スタジアム)

クリーブランドスタジアム
『ミュニシパル・スタジアム (クリーブランド)』より : クリーブランド・スタジアム(Cleveland Stadium)は、アメリカのオハイオ州クリーブランドにかつて存在したスタジアム。クリーブランド・ミュニシバル・スタジアムまたは単にミュニシパル・スタジアムと呼ばれたこともある。MLBクリーブランド・インディアンスが1932年から1993年まで(1932年から1946年までは前本拠地リーグ・パークと併用)、NFLクリーブランド・ラムズ(現セントルイス・ラムズ)が1937年から1945年まで(1938年と1942年を除く)、同クリーブランド・ブラウンズが1946年から1995年まで本拠地にしていた。 「1932年に開催される夏季オリンピック誘致のために建設された」と言われているが、これは間違い。開催地は既にロサンゼルスに決まっていたため。 秋から春にかけて冷たい風が吹き込み、夏には蚊やカゲロウの群れが飛来することから観客の評判が非常に悪く、また選手からも「グラウンドのコンディションが酷い」「ダグアウトで下水が逆流する」と文句が絶えなかった。 (Wikipedia:クリーブランドスタジアム)

クリーブランド (曖昧さ回避)
クリーブランド/クリーヴランド (Cleaveland, Cleveland) とは、英語圏の地名および姓。
クリーブランド (オハイオ州) - オハイオ州北東部の大都市。全米の「クリーブランド」という名の都市の中で最も規模が大きく、知名度が最も高い。
クリーブランド (防護巡洋艦) - 上記地名に由来する合衆国海軍の防護巡洋艦。
クリーブランド (軽巡洋艦) - 上記地名に由来する合衆国海軍の艦船 艦名。
クリーブランド (ドック型輸送揚陸艦)
クリーブランド・インディアンス - 上記都市に本拠を置くメジャーリーグベースボール メジャーリーグのチーム。
クリーブランド・ブラウンズ - 上記都市に本拠を置くNFLのチーム。
クリーブランド・キャバリアーズ - 上記都市に本拠を置くNBAのチーム。
(Wikipedia:クリーブランド (曖昧さ回避))

クリーブランド・スパイダーズ
クリーブランド・スパイダーズ(Cleveland Spiders)は、アメリカ合衆国オハイオ州クリーブランド (オハイオ州) クリーブランドを本拠地としていたメジャーリーグベースボール メジャーリーグの球団である。
1887年にクリーブランドで結成され、アメリカン・アソシエーション (19世紀) アメリカン・アソシエーションに加盟。当初なかなか勝てず、大きく負け越すシーズンが2年続いた後、1889年にナショナルリーグに移る。
チームの転機となったのは、1890年に大投手サイ・ヤングと契約した時である。ヤングはデビュー直後から桁外れの実力を発揮し、1892年にチームはシーズン通算93勝を上げプレーオフに初めて進出したが、ボストン・ビーンイーターズ(現アトランタ・ブレーブス)の前に屈した。その後チームはなかなか優勝に手が届かず。苛立ちを隠せなかったスパイダーズのオーナーらは1898年、セントルイス・ブラウンズのフランチャイズ権を取得し、セントルイス・パーフェクトズとする。そしてヤングを始めとする主力を次々とパーフェクトズへ移籍させた。
(Wikipedia:クリーブランド・スパイダーズ)

クリーブランド・ホプキンス国際空港
クリーブランド・ホプキンス国際空港(英: Cleveland Hopkins International Airport)は、アメリカ合衆国オハイオ州クリーブランドにある国際空港。ユナイテッド航空のハブ空港の1つである。IATAのコードはCLE、ICAOのコードはKCLEとなっている。 空港はクリーブランド市のマネージャー、ウィリアム・R・ホプキンにちなんで1925年に設立された。同空港は全米最初の市営空港となった。1930年に空港照明装置と管制施設が設けられた。その後、アメリカ合衆国の主要都市として、さまざまな航空会社が乗り入れ、ユナイテッド航空のハブ空港となる。2005年の記録では、11,460,002人の利用が記録され、開港から80周年を記念して、正式ロゴマークと、これからの整備計画が公表された。 ターミナルビル ターミナルビルは、A、B、C、Dの4つのコンコースがある。 コンコースA アメリカン航空 フロンティア航空 USエアウェイズ コンコースB デルタ航空 サウスウエスト航空 コンコースC エア・カナダ ユナイテッド航空 コンコースD ユナイテッド航空 交通アクセス クリーブランド地下鉄 (RTA Rapid Transit - Red Line) タクシー レンタカー 脚注 関連項目 アメリカ合衆国の空港の一覧 外部リンク 公式ウェブサイト(英語)。 (Wikipedia:クリーブランド・ホプキンス国際空港)

クリーブランド級ドック型輸送揚陸艦
艦種 ドック型輸送揚陸艦
艦名 都市名。一番艦はオハイオ州クリーブランド (オハイオ州) クリーブランドに因む。
前級 オースティン級ドック型輸送揚陸艦
次級 トレントン級ドック型輸送揚陸艦
排水量 満載: 17,326 t
全長 173.7 m
全幅 30.4 m
吃水 6.7 m
機関 蒸気タービン2基(24,000shp)2軸推進
乗員
兵装 Mk 38 25 mm 機関砲 25mm単装機銃 2基ファランクス (火器) ファランクスCIWS 2基
搭載機 ・V-107 CH-46 2機またはCH-53E (航空機) CH-53E 2機、・UH-1 (航空機) UH-1 4機またはAH-1 コブラ AH-1 4機またはハリアー II (航空機) AV-8B 2機
クリーブランド級ドック型輸送揚陸艦(クリーブランドきゅうどっくがたゆそうようりくかん、Cleveland class of amphibious transport dock)は、アメリカ海軍のドック型揚陸艦 ドック型輸送揚陸艦。
(Wikipedia:クリーブランド級ドック型輸送揚陸艦)

クリーブランド公爵
『クリーヴランド公爵』より : クリーヴランド公爵(クリーヴランドこうしゃく、英: Duke of Cleveland)は、イギリスの公爵位の一つ。イングランド北部のクリーヴランドにちなむ。最初に叙爵されたときはイングランド貴族、2度目に叙爵されたときは連合王国貴族であった。現在保持者はいない。 1670年、チャールズ2世が自らの愛人であるバーバラ・パーマーに対して叙爵したことに始まる。チャールズ2世は自身とバーバラ・パーマーの間に生まれた私生児チャールズ・フィッツロイが爵位を継承することを特別に認め、1675年に彼をサウサンプトン公爵(Duke of Southampton)・チチェスター伯爵およびニューベリー男爵に叙爵した。 チャールズ・フィッツロイは1709年に母バーバラ・パーマーの死去によって第2代クリーヴランド公爵となった。その息子ウィリアム・フィッツロイはクリーヴランド公爵とサウサンプトン公爵の両方を継承したが息子がおらず、分家のグラフトン公家には爵位の継承が認められなかったため、彼の死去によって空位となった。 (Wikipedia:クリーブランド公爵)

クリーブランド公
『クリーヴランド公爵』より : クリーヴランド公爵(クリーヴランドこうしゃく、英: Duke of Cleveland)は、イギリスの公爵位の一つ。イングランド北部のクリーヴランドにちなむ。最初に叙爵されたときはイングランド貴族、2度目に叙爵されたときは連合王国貴族であった。現在保持者はいない。 1670年、チャールズ2世が自らの愛人であるバーバラ・パーマーに対して叙爵したことに始まる。チャールズ2世は自身とバーバラ・パーマーの間に生まれた私生児チャールズ・フィッツロイが爵位を継承することを特別に認め、1675年に彼をサウサンプトン公爵(Duke of Southampton)・チチェスター伯爵およびニューベリー男爵に叙爵した。 チャールズ・フィッツロイは1709年に母バーバラ・パーマーの死去によって第2代クリーヴランド公爵となった。その息子ウィリアム・フィッツロイはクリーヴランド公爵とサウサンプトン公爵の両方を継承したが息子がおらず、分家のグラフトン公家には爵位の継承が認められなかったため、彼の死去によって空位となった。 (Wikipedia:クリーブランド公)

クリーブランド郡 (アーカンソー州)
クリーブランド郡 (クリーブランドぐん、英: Cleveland County) はアメリカ合衆国アーカンソー州に位置する郡である。2000年現在、ここの人口は8,571人である。ここの郡庁所在地はライゾンである。 アーカンソー州議会は州選出上院議員スティーブン・ウォーレス・ドーシーに因んで1873年4月17日に ドーシー郡 (Dorsey Cuonty) を設立した。ドーシーは郵便局をだまし取る事件を起こしたため、議会は大統領に立候補したグロバー・クリーブランドの名を取って1885年3月5日に改名を行った。 地理 アメリカ合衆国統計局によると、この郡は総面積1,551 km² (599 mi²) である。このうち1,548 km² (598 mi²) が陸地で3 km² (1 mi²) が水地域である。総面積の0.18%が水地域となっている。 隣接する郡 グラント郡 & ジェファーソン郡 (北) リンカーン郡 (東) ドリュー郡 (南東) ブラッドリー郡 (南) カルフーン郡 (南西) ダラス郡 (西) 人口動静 2000年現在の国勢調査で、この郡は人口8,571人、3,273世帯、及び2,513家族が暮らしている。 (Wikipedia:クリーブランド郡 (アーカンソー州))


クリーブランド - 関連ブログ

データが取得できませんでした

クリーブランド - アマゾン検索


「クリーブランド」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す